大相撲東風西雅
4:「所作」のはなし

控える隆の鶴と闘牙
平成17年3月8日目

 粗っぽい表現をすると、力士が相撲を取る前や取った後に、何やら腕を伸ばしたり廻したり、足を上げたりしている、あれです。 もっとも、特に土俵入りや弓取式は「所作の塊」といって差し支えないと思いますが、これらについては別項を立てたいと思っています。 今回は、正しく相撲を取る前と取った後との力士の所作に限定することにします。

 と、その前に。前回で終わりにした「技」のはなしで紹介できなかった技のうち、1つだけですが写真を撮ることができましたので、ここで紹介しましょう。 本来であれば前回の前半で紹介すべきもので、「腕捻り」です。似たような技で「小手捻り」もありますので、両方まとめてしまいます。

・腕捻り・小手捻り

 両手で相手の一本の腕を抱えて、自分の体を廻すようにしながら腕を捻って倒すのが「腕捻り」です。ですから、相手の右腕を両手で取ったなら、その腕を自分の左後ろに引っ張る形になります。 似ているのが「小手捻り」です。このとき、相手の右腕を抱えるのは自分の左腕だけです。ですから、片腕だけで相手の片腕を捻り倒します。 今回撮影した腕捻りは、最初は右の小手捻りの形で、途中から左手も加わり、腕捻りに変化してパワーアップしたものです。

平成18年11月7日目
光法(腕捻り)時津海

 では、改めて。今回の本題「所作」のはなし。


高見盛の座蒲団をつけ人が持ってくる
平成17年9月6日目

その座蒲団は呼出がしつらえる
平成17年9月6日目

控えに入る高見盛の会釈
平成16年5月初日
・呼び上げられるまで

 まだ所作といえるほどのものはあまりありませんが、力士が土俵周囲の控えに入るまでの流れから始めます。

 関取になると、控えで座蒲団(「控え座蒲団」という)を使えるようになります(力士の階級については今後必ず説明しますが、ここではとりあえず「出世すると座蒲団の使用が許されるようになる」というぐらいで結構でしょう)。 幕内力士になると自分専用の座蒲団を使うことができます(昭和36年5月に一旦個人用の控え座蒲団は廃止されましたが、幕内のみ46年3月から復活しました)。 もう一つ、関取になると、身の廻りの世話をするつけ人がつきます。ということで、幕内力士の控え座蒲団はどうやって準備されているのか、の説明ができるようになります。 幕内の場合は、力士が控えに入る前につけ人が座蒲団を抱えて土俵近くまで運んでいるのです。ところが、つけ人が自ら控えの座蒲団を取り替えるのではなく、水桶のところにいる(水つけ役の)呼出に託し、自分は蹲踞して待っています。 座蒲団を受け取った呼出は、所定の位置へ座蒲団を持っていきます。するとそこには今まさに土俵で仕切っている力士の座蒲団があります。 なので、持っている座蒲団と置いてある座蒲団とを取り替えて、待っているつけ人のところへ持っていって手渡します。 つけ人は座蒲団を受け取って、花道を下がっていきます。これで座蒲団の交換はおしまい、いよいよ幕内力士が控えに入ります。 幕下以下でも(いつからかは分かりませんが)長らく座蒲団を使っていましたが、平成14年5月から畳に戻されました。

 準備が整うと、いよいよ力士は花道を入場してきます。悠然として入ってくる力士もあれば、突っ走ってくる力士もあります。 水桶の手前まできたら、立ち止まって土俵に向かって立礼をひとつ、そして自分の控えに入って腰をおろします。 その際、控え力士や勝負審判の前を通るときは、会釈の意味で片手を差し出して通ります。


東西の控えで睨み合う琴欧州と普天王
平成17年9月6日目
 控えでは、土俵の向こうに座っている相手を睨みながら、自分の取組を待ちます。ただし、その間に取組は2番あります。 勝負審判だけでなく、控え力士も土俵上の取組に対して責任を持つことになっていて、物言いをつける権利も持っていますので、相撲そのものはちゃんと見ていなければなりません。 もし目の前で行われている相撲が水入り(長引いて力士に疲労が見えてきたときに、勝負審判の判断により行司が取組を一時中止させ、水をつけてもらうなどの休息を与えること)になったなら、 通常は控えにいる力士のうち次に相撲を取る人が廻しを締め直しにいくことになっています。 ですから、横綱貴乃花のように「よく見ていなかった」と公言した例もありますが、もってのほかです。さて待つこと数分、いよいよ呼出が自分の四股名を呼び上げました…


互いに礼をする朝赤龍と高見盛
平成16年5月8日目


白房下で四股を踏む高見盛
平成17年9月7日目
・立ち合いまで

 呼び上げられた力士は、いよいよ土俵に上がります。控えの目の前には、土俵に上がる段(「上がり段」といいます)が3つありますが、 そのうちの真ん中を使って土俵に上がります。二字口(「土俵」のはなしで必ず説明します。右の写真で朝赤龍と高見盛が礼をしている場所ということで今回は結構です)に立って向かい合ったら、礼をします。 右の写真のように、最近は頭を下げて立礼をしている人が多いようですが、目礼で充分です。そして、東の力士(正面から見ると左側)は赤房(同じく左奥)の下に、 西(同じく右側)の力士は白房(同じく右奥)の下に立って四股を踏みます。やり方としては、まず自分の目の前で柏手を一つ打ち、 それから右腕を右横に伸ばしながら左肘を曲げて左手を脇腹に当て、その後に右足で一つ四股を踏みます。 次いで左右を逆にした腕の構えの後に左足で一つ四股を踏みます。


勝った千代大海が栃東に水をつける
平成17年9月6日目

結びの一番、勝ち残りがいないとき
平成17年9月6日目
 ここで、もし関取以上であれば、水をつけてもらうことになります。関取以上が水を使えると定められたのは明治35年春です。 「水をつける」とは、次に相撲を取る力士に対して水を柄杓に汲んで差し出すことで(ただし柄杓に汲むのは呼出です)、それができるのは、前の取組の勝者です。 ということは、東西のどちらか一方だけです。では、もう一方はといえば、控え力士がやります。 「最初の取組」であれば、「前の取組の勝者」は存在しないので、東西ともにその次に取る力士が水をつけます。こうなると、結びの一番に問題が発生します。 結び前とそのまた前の取組ともに東だけまたは西だけが勝ってしまった場合、もう片方は水をつける力士がいません。 こうなってしまった場合は、結びの相撲を取る力士のつけ人が水をつけます。この場合、浴衣を右の片肌脱ぎにします。 古くからこの恰好でやっていたのですが、いつの間にやら廻しを締めてやるように変わっていて、平成6年3月から元の片肌脱ぎに戻されました。 力士が水を口に含むことによって、口を漱ぐだけでなく身を清めることを意味するとされているので「清めの水」ともいわれ、ほかに「力水」「化粧水」ともいいますが、正式にはそのものズバリ「水」です。

 水の次は紙というわけで、力士が口を漱いでいる間、呼出は紙を差し出していて、それを水をつけた力士が受け取って次に相撲を取る力士に渡します。 この紙は半紙を半分に切ったもので、水をつけてもらったあとに口や汗を拭うために使います。これにも体を清める意味が与えられていて、正式名称は単に「紙」であるにもかかわらず、「力紙」や「化粧紙」の称のほうがよく使われています。 水をつけてもらう力士は、蹲踞(そんきょ)して受けます。蹲踞とは、字面どおりに受け取れば「しゃがむこと」と言えますが、相撲における蹲踞は、両足とも爪先立ちにして、膝を左右に開き、腰をおろして重心を安定させ、上体を正した姿勢で、相手を敬う意味もあるとされます。 もっとも、砕けすぎた表現をしてしまうと、土俵上で力士がしゃがんだり立ったりしている、そのうちのしゃがんでいる恰好だ、と言えば何を指しているかは分かってもらえましょう。 蹲踞のときなど、膝を曲げて腰を落とす体勢になるときは、廻しから下がっている「下がり」は左右に分けます。これを「下がりをさばく」といいます。


左:琴ノ若の標準的な塩まき(平成17年9月6日目)
右:北桜の派手な塩まき(平成17年9月7日目)
 水をつけてもらった力士は、塩籠に盛られている塩を手に取り、正面向きに向き直ってサッと撒きます。 意味としては、「土俵を清めて邪気を祓う」「力士の心身を清めて安全を祈る」ということで、「清めの塩」という別称があります。 普通は塩を撒くのは関取だけですが、時間が余っている場合は幕下でも塩を撒きます。精製塩ではなく粗塩で、1日につき45kgほど消費してしまいます。 塩を撒く恰好やその量ひとつ取っても個性が現れます。大量の塩を撒いた力士といえば関脇若秩父、関脇水戸泉、そして現役の北桜ということになり、 逆にごくごく少量といえば関脇出羽錦です。金開山は上に軽く振り出して、フワッと落ちることを目指しましたが、 塊のままボタッと落ちてしまうことが多くてなかなかうまくいきませんでした。それもそのはず、塩には潮解性があるので、表面が湿ってしまって掌の中でくっついてしまったからです。 大関大受や朝乃若は土俵に叩きつけていましたが、朝乃若は平成12年11月の初日、空中に浮いている塩にパンチを見舞って大爆笑を取りました。当然やりすぎで大目玉を喰い、翌日からは叩きつけることすらやめてしまいおとなしくなりました。


左から右へ、塵浄水の切り方
左:栃乃花(平成16年5月8日目)
中:安馬(平成17年3月8日目)
右:土佐ノ海(平成17年9月6日目)
 昔は、このあと自分の控えのほうを向いて四股を踏んでいたのですが、昭和20年秋から廃止されています。 ということで塩を撒いたあとは、二字口で互いに向かい合って蹲踞して、塵浄水(ちりちょうず)という所作を行います。 これをすることを「塵を切る」と略称します。順を追って説明しますと、まず両手を真下に垂らして会釈の形をします。 同時に頭も下げるのが本来ですが、最近はあまり見かけません。それから顔の前で両手をすり合わせ、一つ柏手を打ちます。 そして両手を上向きに開き、左右に両腕を広げてから、掌を下向きにパッと返しておしまいです。 伝承としては、昔々野原で雑草(塵草)をむしり取り、その露で手を清めたことに始まるといいます。 また、両手を広げることで、武器を何も持っていないということを示すとされています。比較的きちんきちんとやる力士が多いですが、横綱武蔵丸が大関だった頃や現役の雅山の塵を見ると、あまりにもサッサとやっているのでお座なりの感を与えます。 また横綱朝青龍の塵は、最近はそうでもないですが、両腕を広げてから立ち上がるまでの間、腕が広がったまま胴体は塩のほうを向いていた時期があり、恰好が良くありませんでした。


相手と向かい合って四股を踏む
左:追風海(平成17年9月7日目)
右:琴欧州(平成17年9月6日目)
 塵を切ったあと、先ほど塩を撒いた力士は再び塩籠のもとに行き、同様に塩を撒いて土俵中央に入ってきます。 塩を撒かない場合は、塵浄水を切った二字口から直進します。こうして土俵の真ん中寄りに二人が向かい合って立ち、互いに四股を踏みます。 要領は赤房・白房下でやったのと全く同じです。四股は、地面に潜んでいる邪悪なものを足で踏みしめることによって祓い、 大地を鎮めるという意味を込めているといわれています。とかく足が高くあがれば綺麗だと言われがちですが、 本来の四股は脛から足の甲を経て爪先までが一直線になるべきところ、高さを褒められている人は往々この点を忘れていて、足首が直角に曲がったままになっている傾向があります。 ひどい場合は、手は通常膝か太腿に添えるだけなのに、太腿裏にまわして足を引っ張り上げている例まであります。

蹲踞する朝青龍と出島
平成17年9月6日目
この場合、足の裏が当然天井を向きますが、このことは礼を失するとされてもいます。鍛錬の面でも儀礼的な面でも欠陥を抱えているような「四股」を褒めるのは厳に慎みましょう。 足が高く上がるというのは確かに素晴らしい特質ですし、なるべく四股の足は高く上がるほうがいいのですが、それはあくまで四股の形をなしていればこそです。

 四股を踏み終わったら、その場で蹲踞の姿勢をとります。前記の通り、相手を敬う所作ではありますが、ここからますます気合を高めて集中力を増し、戦闘の準備を整えていきます。 行司が「構えて」「見合わして」などと声をかけたら、蹲踞していた力士は立ち上がり、いよいよ仕切りの動作に入ります。

足の位置を決めて腰を割った白鵬
平成17年9月8日目
仕切りというものを言葉で説明すると「対戦する力士同士が土俵上で向かい合って、腰を割って両拳を土俵に着け、呼吸を測って合わせていくこと」ということになりましょう。 腰を割って両拳を着いた姿勢のことを指して仕切りということもあります。腰を割る、つまり膝を開いて腰を低くし、重心を下げて安定させるわけですから、自分にとってちょうどいい足の位置というものがあるはずです。

琴ノ若と玉飛鳥の仕切り
平成17年9月6日目
ですから、蹲踞の姿勢から立ち上がったら、まずは足の位置を決めます。そして腰を下げて、腰を割った体勢になり、両拳を土俵に着きます。

 その拳の位置ですが、昭和3年春から仕切り線が設けられていて、その線より前方に拳を着いてはいけません(線上でもダメというように確認されたこともありますが、実際には線上も許されています)。 但し横綱貴乃花は左拳がしょっちゅう仕切り線を越えていました。線の間隔は当初60cmでしたが、昭和45年5月から70cmとなっています。 仕切り線が設けられる前は、互いに頭をつけ合う仕切りもありました。


制限時間前の安馬、相手を見ていない
平成17年9月6日目
 大切なのは、相手の呼吸を読み、互いに呼吸を合わせることです。そのためには、土俵上での所作を互いに同時にやることと、相手をよく見ることがポイントになってきます。 もし、不幸にして呼吸を合わせることができなければ、仕切り直しとなります…が、昭和3年春のラジオ中継開始に合わせて仕切りにも制限時間が設けられました。 現在は幕内4分、十枚目が3分、幕下以下は2分と定められていますが、運用上は、幕下以下は仕切りを1回だけやったら制限時間いっぱいとなり、 次の仕切りでは必ず立ち上がって相撲を取らなければなりません。関取以上ですと、進行状況によって増減がありますが、十枚目では仕切り2回、幕内では仕切り3回を経て制限時間いっぱいとされます。 制限時間いっぱいは略して「時間いっぱい」、もっと約めて「時間」といいます。


呼吸が合わない高見盛と時天空
両者合わせて4度目の突っかけ
平成17年9月6日目
 時間になって土俵の円から出てしまったら、それがたとえ勘違いで塩を取りに行ったときでも、負けとされてしまいます。 昭和43年9月の初日、時間になってから土俵のゴミ(箒の塵)を拾い、わざわざ円から出て捨てた朝嵐が負けにされました。 また昭和22年夏の優勝決定戦では、大関前田山が時間になってから塩を取りに行ったので、横綱羽黒山も同様に塩を取りに行って何事もなかったようにしたという話もあります。 平成12年9月8日目には貴闘力への時間いっぱいの伝達がうまくいかず、貴闘力だけが時間になってなお塩を取りに行こうとして止められた例がありました。

 制限時間のことを「時間がくるまで立ってはいけない時間」と思っている向きがあるようですが、正しくは、「それまでに立たなければならない時間」で、また「呼吸さえ合えばいつ立ってもいい」のです。

朝青龍と旭天鵬の立ち合い
平成17年9月7日目
昭和15年春の8日目、龍王山は最初の仕切りで横綱双葉山に挑みかかり、投げ捨てられました。昭和46年3月の6日目、大雪も横綱大鵬に1回目の仕切りで当たって玉砕、 この日は玉の海・北の富士の両横綱も時間前に相手の突っ込みを受け、見事にはね返しました。

 制限時間いっぱいになるまでは、呼吸が合わなければ仕切り直しということになり、これまでに塩を撒いているならば、また塩を撒いてから蹲踞と仕切りを繰り返します。 塩を使っていないならば、その場で再度蹲踞からやります。また、制限時間制度が始まるまでは仕切り時間に制限がなく、また制度発足当初も幕内は10分となっていましたので、横綱三代西ノ海のようにいついつまでも仕切り続けているほうが稀だったのですが、 今は制限時間がすぐにやってくるために、「時間いっぱいまでに気を高めておけばよい」「時間になってから呼吸を合わせればよい」という仕切りが横行しています。 そのために、時間前の仕切りと時間いっぱい後の仕切りとが全く別のものになっていて、しかも時間になってから帳尻を合わせようとするところに無理が生じ、一人だけ突っかけるという例も数多くあります。 垣添のように、行司が声をかけるより先にさっさと勝手に仕切っている人もあります。先に仕切るので両手はきちんと土俵に着いていて見た目だけは綺麗ですが、とんでもないことです。 ともかく、時間いっぱいになって、または時間になる前でも呼吸が合えば、仕切りの形から互いに立って相撲を取り、勝負を決します。互いに立つこと、だから「立ち合い」です。 自分有利の恰好になりたいがために、相手より早く立とうとばかりする人がよくあります。ですが、仕切り・立ち合いは相手と呼吸を合わせるのが基本ですから、「早く」立つことを考えるよりも、「速く」立つことを考えるべきでしょう。

・勝負がついたら


勝負がついたら互いに立礼
平成16年5月初日

勝ち名乗りを受ける片山
平成17年9月6日目
 勝負がつきました。そうしたら、両力士ともに最初に土俵に立って目礼をしたところに戻り、互いに立礼をします。 時に負け力士が激昂のあまり、ろくに礼もしないで帰ってしまってやり直しをさせられる例がありますが、恥ずかしいことです。 立礼をしたら、敗者は土俵を下りて退場します。東の場合は赤房に近い上がり段、西でしたら白房に近い上がり段から土俵を下り、

武双山が手刀を切る
平成16年5月8日目

左手で切っていた頃の朝青龍
平成16年5月初日

懸賞金を受ける栃東
平成17年9月6日目

懸賞金を受けた高見盛
平成17年9月8日目
入場のときに一度礼をした水桶の近くのところで再び礼をして、そして花道を引き揚げます。一方、勝者は二字口で蹲踞して、行司があげる勝ち名乗りを受けます。 行司に四股名を呼び上げてもらったら、勝者は右手を右下に垂らしてこれを受けます。右腕が右膝の前にくる感じで右手を下に下げるのが最もいい形ということになっていて、 その形に一番近いのが栃乃洋でしょうか。大抵の力士は右太腿の上にきています。雅山や朝乃若になると挙手に近くなっていますが、これは論外です。

 もし懸賞がこの取組にかかっていなければ、勝ち名乗りだけで勝者は土俵を降ります。使う上がり段は敗者の退場と同じです。 懸賞がかかっていれば、それを受け取ることになります。行司が軍配にのせて(協会は軍配が三方の役割をしていると説明しています)勝者のほうに運んできます。 このとき、勝ち力士は手を動かしてから受け取り、そして勝ち名乗りと同様に右手を右下に垂らし、それから土俵を降ります。懸賞を受け取る前の所作は手刀といっていますが、起源ははっきりしません。 現在は「造化三神への感謝」と説明されていますが、これは昭和のはじめ頃から言われるようになったことです。 三柱の神は「神産巣日神」「高御産巣日神」「天御中主神」で、この神に感謝するための作法だということになっています。

 方法としては、片手の指をすべて伸ばし(人差し指と中指だけを伸ばす人もあります)、掌を親指を上にして垂直に立て、上から下に「切る」恰好を3回やります。 勝者から見て「左」「右」「中」の順で切ります。前記の神の順に対応するということになっています。 なお、切り方の伝承は各部屋系統によってまちまちで、高砂部屋ではごく最近まで「心の字を書く」と教えていましたし、切る順番もバラバラでした。 しかもこの手刀、もともとは千秋楽の最後3番の相撲(「役相撲」という)で勝者が順に「矢」「弦」「弓(ただし弓を実際に受けるのは勝ち力士ではなく弓取式をやる力士)」を受け取る場合の作法です。 ですが、昭和17年頃になって、のちの大関名寄岩が懸賞を受けるときにも切ったらしく、徐々に手刀を切る人が増えていったらしいのです。 その流れもあってか、昭和41年7月からは懸賞を受ける場合はいつも手刀を切ることになりました。切る順序も定められました。

 懸賞金は勝ち名乗りと同様に、原則右手で受けます。さすがに右腕を負傷しても右で絶対に受けろとは言われませんが(横綱貴乃花の例があります)、 原則は右手です。大関になった頃までの琴櫻や、関脇逆鉾は勝ち名乗りも手刀も左でやっていましたが、朝青龍の場合は横綱になってから2年ほど経っても左でやっており、議論になりました。 ましてこの人は入幕当初は右だったのに、平成13年11月から左に切り替えています。協会は節会相撲における種々の仕来りから右を優先させるいわれを説明するようになり、朝青龍本人も平成17年3月からはほとんど右でやるようになりました。 古くは懸賞の目録が渡されることもあり、このときは軍配の上に広げられた目録がのっていましたので、両手で受けていました。現在も異常に多くて右手でつかみにくい懸賞について、両手で受ける光景が見られ、やむを得ないということでしょうか、黙認されています。



稀勢の里が駿傑に水をつける
平成17年9月8日目

勝者稀勢の里の退場
平成17年9月8日目
 また、役相撲のうち最初の勝者が矢を受ける形ですが、もともとは左手を下に添えながら右手で上からつかんで受けていましたが、右手を下から入れて、すくい上げて矢をまわしながら右手を右下に垂らす恰好に変えられていきました。 昭和55年1月、春日野理事長は会見で矢をまわす恰好をしながら「かっこいいだろ?」と言ってご満悦でした。その後も混乱が残っていたようで、平成6年2月に行われた研修会でも議論となり、ようやく統一されました。

 さて、勝者の最後のお仕事といえば、次に相撲を取る力士に水をつけることです。どうやるかは既に書いた通りで、水が汲まれた柄杓と紙を次の力士に差し出します。 それが終わったら、一礼してから花道を退場していきます。これで今日の自分の取組は終了ということになります。

 ところで、さりげなく「柄杓」と書いてきましたが、実は柄杓が主役になったのは昭和16年春のことです。それまでは朱塗りの盃を使っていて、柄杓ですくった水を盃に移していました。


東方三役揃い踏み
平成15年5月千秋楽
・三役揃い踏み

 取り上げるところがないように思われるので、ここで紹介してしまいます。千秋楽の最後3番の相撲、つまり「役相撲」に登場する力士は、まさに最後3番を残したところで土俵に立って四股を踏みます。 例えば、該当する取組が順に「A−B」「C−D」「E−F」(左が東方)だったとすれば、呼出がAとBを呼び上げたところで、A・C・Eがまず土俵に上がります。 左前にA、右前にC、中央後方にEのように三角形に立ち、一度手を擦り合わせてから柏手を打ち、 それから右腕を右横に伸ばしながら左肘を曲げて左手を脇腹に当て、次いで右足で四股を踏みます。 そしてまた右腕を…から右足の四股までをもう一度やり、そのあと左腕を左横に伸ばしながら右肘を曲げて右手を脇腹に当て、左足で四股を踏んでおしまいです。 これでAは赤房下に行って蹲踞の形で待機、CとEは控えに戻ります。その間にB・D・Fが土俵に上がります。 こちらはまずBが中央前方、Dは右後方、Fが左後方となって、東方とは三角形が反対になります。このことを「扇を返した形」と称しています。 この3人も同様に四股を踏み、それからBが白房下へ行き、DとFが控えに戻って三役揃い踏みが終わります。 なお、役相撲直前の相撲で勝った力士は、水をつけることなく引き揚げます。そして三役揃い踏み直後の相撲を取る力士は、 その次の相撲を取る力士から水をつけてもらいます。もしA〜Fの誰かが千秋楽を休場した場合、例えばAが休場したならば、Aはいないので東の三役揃い踏みは2人…ということにはなりません。 そうなったら「A−B」の取組を役相撲の前に終わらせてしまいます。つまり三役揃い踏みの直前にBの不戦勝による勝ち名乗りを終わらせてしまうわけです。 そして、本当は最後から4番目だったはずの取組を役相撲に組み入れて対処するのです。

 このように、相撲を取るだけでなくそれに附随していろいろとやるべきことがあるわけです。 必ずしも截然としてはいませんが、大雑把には「礼法」と「気合を高めるための過程」に大別できるでしょう。
前画面に戻る