大相撲東風西雅
5:「番附」のはなし

大正13年夏場所番附
(三笠市立博物館)
平成18年9月21日

 力士だけでなく、行司や年寄(親方)の地位もまとめて示されている紙、これが「番附」です。正式名は「番附表」ですが、一般に番附で通っているので、これでいきます。 転じて、地位のことを指して「番附」とも言っています。例えば、「○○錦の今場所の番附は西の前頭3枚目です」やら、「先場所大きく負け越して、番附が大きく下がりました」とか言う場合がこれです。 そして、地位によって待遇も変わってきます。今回は、番附の見方と、力士の待遇のはなしをまとめてやります。


現在の形態の番附
平成9年1月
上から

・地位

・出身地

・力士名
・番附の見方

 現在の番附は、長方形の枠の中を5段に分けてあり、そのど真ん中を縦に一マスぶち抜いてあるので、5段は左右に分かれている形です。 左右は東西に対応していて、右側に東方の力士、左側に西方の力士が書かれます。内容に移り変わりがありますが、もともとは東と西との対抗という形式で行われていたことの名残ということができます。 今は部屋別総当たりになっていて、同部屋でなければ原則として対戦しますので、東西に分ける意味は失われています。 現在、同じ地位の人については東を上としています。

 5段を上から眺めます。最上段は幕内力士で、横綱・大関・関脇・小結・前頭(平幕)が書かれます。 以下、2段目には十枚目(十両)と幕下、3段目にはその名の通り三段目、4段目に序二段がきます。 最下段には序ノ口と年寄が書かれていますが、西方(左側)の一番最後の部分には、細字とやや太めの字で何かが書かれています。 細字では「此外中前相撲東西ニ御座候」と書かれます。つまり、番附に書かれている力士のほかにいますよということです。 前相撲といって、入門したてで新弟子検査に合格したばかりの力士や、病気や怪我で休場が続いて落ちてしまった力士がここにいます。

十枚目と幕下の地位表示
平成9年1月

三段目の地位表示
平成9年1月
他に「中」という字が入っていますが、前相撲と序ノ口の間に「相中」「本中」という地位があった名残です。 相中は明治年間になくなり、本中も昭和48年3月を最後に廃止されましたが、「中」の字が削られないまま残っています。 やや太めのほうは、「千穐万歳大々叶」です。これは「千年も万年も大入りが続きますよう」という意味です。 力士に限らず、行司などもすべて、上位の人ほど太く大きく書かれ、当然目立ちます。力士は、一人一人について地位・出身地・力士名の順で書かれます。

 ここで、最上段には前頭が書かれると記しておきましたが、2段目を見ると、十枚目には少し小さく「前頭」と書かれていて、幕下力士については数人分の幅で「同」の字を詰め込むようにしてあります。 3段目より下になると、「同」の略字が連ねられています。もともと前頭とは「前相撲の頭」を略したものなので、本来の意味においては横綱から小結までと前相撲を除いた力士はすべて前頭で、 番附にもその通りに記されていますが、普通「前頭」というときには、幕内力士の小結以上を除いた力士のみを指します。


御免札
平成9年8月25日
 番附の真ん中、上に「蒙御免」の3文字が太く書かれ、その下に開催期間と場所、行司、若者頭、世話人、十枚目格以上の呼出の名が記載されて、最後に財団法人日本相撲協会の名とその所在地が載ります。 「蒙御免」とは、江戸時代に勧進相撲の開催許可を寺社奉行から受けたということを示すものですが、今でもそのまま残されているだけでなく、 本場所の会場に立てられる「御免札」にも開催期間とともに書かれます。


張出がある最後の番附
平成6年5月
 左は平成6年5月の番附です。左右に出っ張りがあります。これは「張出」といいました。小結・関脇・大関は少なくとも東西に1人ずついなければなりません(大関が1人以下ならば、横綱が兼ねます)。 逆に言えば、東西に1人ずついればいいということです。横綱はいなくても構いません。これはあくまで最低人数なので、多くなる場合もあります。ですが、原則としては枠内で隣の行に書かれるということは、 地位に1枚差があるということを意味します。なので、「横綱・大関・大関・関脇…」というように書けば、同じ大関なのに地位に差があるのかということになります。 ですので、この例の場合は、下のほうの大関を枠外に出して書いていました。枠内のほうを「正位」といい、枠外は「張出」です。 しかし、この平成6年5月の番附には943人もの力士が載っていて、スペース不足が深刻になりました。 そのため、翌場所からは張出を全廃して、4人いた大関を全員枠内に書くことになりました。ただ、このときの横綱は曙1人で、形だけの張出にして目立たせて、3場所続きました。 ですが、平成16年1月以来ずっと1人で横綱を務めている朝青龍は、ずっと枠内のままです。

・番附のつくり方

 本場所が終わりました。次の場所の番附をつくらなければなりません。そこで、番附編成会議が行われます。 千秋楽から3日以内に開かれるこの会議には審判部の年寄が出席して、監事の年寄も同席します。また、行司が書記を務めますが、発言権はありません。

 基本資料は前場所の成績です。それが記されているのが「巻」というもので、全力士を番附順に一覧にしてある巻紙です。 この紙には取組の結果が日々記されていきます。毎日の取組もこれを使って編成されています。番附編成会議でも、目の前に広げられた「巻」を見ながら、 審判委員が翌場所の地位を定めていきます。最上位から編成していき、決まった地位は行司が記録します。 行司が記録する紙もまた細長い巻紙で、地位順に書き込み、番附の原稿とします。なお、行司と呼出の番附については、毎年9月場所後の理事会で編成されます。


実際の番附と元書き
平成9年1月2日目(V)
 これでいよいよ実際に番附を書き始めることになります。現在は式守與之吉が中心となって書いています。 使う紙は縦110cm、横80cmのケント紙、印刷用の原稿となるもので、これを「元書き」といいます。 最初の作業は、枠線引きです。鉛筆で下書きをし、それから毛筆で実際の枠線を引きます。こうして欄ができ上がったので、いよいよ力士名が書かれる…前に、確認作業です。 番附原稿と前場所の一門別力士一覧表とを照合して、2日かけて確認をし、さらに1日使って見直しをします。 これが済んでから、いよいよ字を書いていきますが、それでもまだ力士名は入りません。一番最初に書かれるのは、何と一番左下の「不許複製」なのです。 それから一番左下の枠に取りかかり、左から右へ、埋まったら一つ上の段へ、という順序で埋めていきます。 書き終えたらまた番附原稿との照合をして、これで元書きの完成です。完成したら、縮小印刷され、初日13日前の番附発表まで保管されます。 実際の番附に使われている紙は福井県産の和紙で、大きさは縦58cm、横44cm、つまり元書きの4分の1程度になります。

 番附に限らず、相撲にかかわるものに見られるあの黒々とした文字は「相撲字」といい、古くは「根岸流」と称されました。 江戸時代から昭和26年夏場所まで番附の版元を世襲して務めた根岸治右衛門(屋号は三河屋)に由来します。 明治20年代に登場した「兼吉」という書き手の字が基礎になっているようです。それより前にさかのぼると、何の変哲もない楷書だったり、もっと古くなると、草書のようなひねくれた文字だったりします。 現在の相撲字は、楷書をベースにした肉太な書体です。立錐の余地もないほどの大入りを願って隙間の少ない書体としているといわれます。

 横綱・大関・十枚目の昇進については、決まった日に発表することになっています。横綱や大関については、昇進が決まったときからその待遇を受けることになっているので、即日発表されて当然なのですが、 十枚目については、昭和46年6月の改正で即日発表とされました。化粧廻しの準備に時間を必要とするためです。それ以外については番附発表当日まで極秘とされます。


天保10年冬場所番附
(葛城市(当時當麻町)相撲館)
平成12年10月21日
・番附の移り変わり

 元禄12年(1699)の「大江俊光記」や元禄14年の「鸚鵡籠中記」のの記事の中に、大関から前頭の順で力士名が載っています。 少なくとも元禄年中には番附があったらしいことがうかがえます。初期の番附は横長2枚組のもので、享保17年(1732)5月の京都二条河原興行のものが現存する最古のものです。 東方と西方に各1枚を充てていました。現在見られる縦1枚の番附は、宝暦7年(1757)10月の江戸浅草蔵前八幡興行のもので、江戸興行の番附はその後一貫して縦1枚番付です。 最初のものは7段ありましたが、宝暦11年10月に5段のものが現れ、6段のものも混在しますが、明和7年(1770)3月以降は5段で落ち着きました。 江戸以外では形態に変化があるものの横2枚番附が維持され、大阪相撲の場合、縦1枚になったのは明治2年3月のことです。

 ストライキなどで一時脱退した力士が、再び戻ってきて本場所に出場する際、別に番附がつくられることがありました。 これを「別番附」といい、明治6年に脱退した高砂一派が11年夏に和解した際や、昭和7年に脱退した天竜一派から戻ってきて8年春に出場する際につくられました。

 偽番附として著名なものが、宝暦3年(1753)のものと称されるもので、架空の力士名を並べ立てたものでした。 当時まだいなかったはずの式守伊之助が載っているところからボロが出て、後代の創作ということで落着しています。 また明治20年代の末、元横綱陣幕が横綱力士碑を建てるための資金集めの一環として、さまざまな時代の力士をチャンポンにして寛永元年(1624)興行と銘打った番附を創作したり、 明和8年(1771)春や慶応2年(1866)冬の番附を複製して配布したりしたことがありました。


佐渡ヶ嶽部屋の番附札
平成13年5月4日
・番附札

 今回の対象から少し離れますが、相撲部屋の稽古場を眺めると、年寄や力士などの名が入った木札が壁にぶら下げられています。 これは「番附札」といって、師匠や親方を先頭にして、力士名が地位順に並べられています。行司・呼出・床山(力士の髷を結う人)がいる部屋はそれも掲げますし、 若者頭(幕下以下力士の監督に当たる元力士)や世話人(相撲の用具類の運搬及び保管に当たる元力士)、マネージャーまで掲げる部屋もあります。


新序出世披露
平成17年9月8日目
・新序出世披露

 前相撲で相撲を取って新序となった新弟子が、土俵上で紹介される儀式です。 3月場所は入門者が多いので、前相撲は2日目から始まり、だいたい(新弟子の数にもよりますが)5日目までに2勝すれば5日目に「一番出世」として披露され、 次いで9日目に「二番出世」、残りの力士(全休を除く)を12日目に「三番出世」として披露します。 他の場所では8日目に「一番出世」のみを行います。師匠や兄弟子の化粧廻しをつけた出世力士が東の花道から入場し、正面を向いて土俵に4〜5列に並び、 蹲踞します。場内のアナウンスで一人一人紹介されるので、自分の名が呼ばれると、立ち上がって一礼をします。 全員の紹介が済むと、呼出しの「東西東西」の触れに続いて、行司が「これに控えおります、力士儀にござります。 只今までは、番附外に取らせおきましたところ、当場所成績優秀につき、本日より番附面に差し加えおきまする間、 以後相変わらずご贔屓お引き立てのほど、ひとえに願いあげたてまつります」という口上を述べます。 この「出世披露言上」は「出世触れ」ともいいます。口上が終わると、全力士が立ち上がり、正面・東・向正面・西・正面の順で礼をし、 東京場所の場合、黒房側の通路から帰っていきます。なお、一度でも過去に出世披露を受けた力士については、「再出世」ということになりますが、披露はありません。 披露を受けた力士たちは、協会内の各部署に赴き、所属部屋としこ名を言って挨拶をして廻ります。

・力士の待遇

 十枚目以上と幕下以下で大きく異なります。十枚目以上の力士を総称して「関取」といいますが、幕下以下にも総称する言葉があります。 「力士養成員」略して「養成員」といい、また「取的」とも「若い者」とも呼ばれます。以下「養成員」とします。力士としては関取になって一人前というで、そうなるよう養成されている者という意味です。 地位の昇進とともに待遇も上がりますが、十枚目に上がるとガラリと変わります。序ノ口から順を追って書いていきます。

序ノ口力士の主な待遇

・優勝賞金:10万円
・手当:7万円
・電車賃:乗車券
・幕下以下奨励金:勝星1,500円
         勝越星3,500円
・髷:丁髷
・着物:浴衣またはウールの着物
・帯:兵児帯
・履物:下駄
・稽古廻し:木綿の黒廻し
・取り廻し:稽古廻しと同じ
・下がり:木綿の紐
・取組:原則7番
・敷物:共用の畳
・序ノ口


下駄履の力士
(西鉄津屋崎駅前)
平成18年11月7日目
 まとめると右の表のようになります。「手当」は養成員に本場所ごとに支給されるもので、「場所手当」といわれます。 また、本場所中は、養成員には必要な者について電車の乗車券が支給されます。成績に応じて支給されるのが「幕下以下奨励金」というもので、 勝星と勝越星によって決まります。取組は原則7番あるので、もし序ノ口力士で5勝2敗ならば、5勝しているので勝星について1,500×5=7,500(円)、勝越星は5−2=3(点)なので、勝越星について3,500×3=10,500(円)、合算して18,000円となります。 髷は丁髷ですが、もしも弓取式や初っ切りをやることになったら、その際だけ大銀杏髷が許されます。また、断髪式の際も大銀杏髷にします。 廻しは黒い木綿の廻しで、本場所でも同じです。本場所では下がりをつけますが、木綿の丸紐で柔らかいものです。 また、取組は原則7番、つまりおよそ2日に1番という計算になりますが、帳尻が合わなくなる場合もあるので、序ノ口下位の力士で8番取る人も出てきます。 この相撲に勝てば「勝ち得」と言われ、負けても「負け得」と言われます。もし勝てば、次の場所の番附編成のときに考慮されます。負けた場合は、この黒星は無視されます。 具体的にいきましょう。3勝4敗で8番目の相撲を迎えた場合、勝てば4勝4敗の五分扱いになります。ところが、4勝3敗で8番目の相撲に負けた場合でも4勝3敗扱いのまま変わりません。 なお、序ノ口には定員がなく、だいたい100人前後ではありますが、5月場所が一番多くなります。

序二段力士の主な待遇

・優勝賞金:20万円
・手当:8万円
・電車賃:乗車券
・幕下以下奨励金:勝星1,500円
         勝越星3,500円
・髷:丁髷
・着物:浴衣またはウールの着物
・帯:兵児帯
・履物:下駄
・稽古廻し:木綿の黒廻し
・取り廻し:稽古廻しと同じ
・下がり:木綿の紐
・取組:7番
・敷物:共用の畳
・序二段

 以下、右表で赤字にした部分は、昇進によって変わる部分です。とはいえ、序ノ口とほとんど変わりません。 序二段にも定員はありませんが、およそ300人ぐらいいます。

三段目力士の主な待遇

・優勝賞金:30万円
・手当:10万円
・電車賃:乗車券
・幕下以下奨励金:勝星2,000円
         勝越星4,500円
・髷:丁髷
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
・帯:兵児帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の黒廻し
・取り廻し:稽古廻しと同じ
・下がり:木綿の紐
・取組:7番
・敷物:共用の畳
・三段目

 賞金も手当も上がりますが、奨励金も初めて上げられます。また、ここで初めて衣装に変化が目立って出てきます。正装する際に着物の上につける羽織は、三段目にならないと許されません。 しかしそれよりももっと大きな違いは、歩くときに現れます。序二段までは下駄の「カランカラン」とした音を響かせて歩くことになりますが、 三段目になると雪駄履きが許され、「サッサッ」という音になります。定員は200名です。

幕下力士の主な待遇

・優勝賞金:50万円
・手当:15万円
・電車賃:乗車券
・幕下以下奨励金:勝星2,500円
         勝越星6,000円
・髷:丁髷
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の黒廻し
・取り廻し:稽古廻しと同じ
・下がり:木綿の紐
・取組:原則7番
・敷物:共用の畳
・幕下

 正式名称は「幕下二段目」ですが、幕下と通称されます。ここに上がって初めて外套、つまりコートの着用が許されます。襟巻つまりマフラーもやっと許されます。 三段目までは、どんなに寒かろうと、外套を着ることができません。また、幕下に上がると、博多帯を使えるようになります。

幕下時代の武雄山
平成11年8月8日
取組はこれまで同様7番ですが、右表をよく見ると「原則」が復活しています。序ノ口下位と同じ理由で、幕下上位も8番取る力士が出ることがあります。 勝ち負けの扱いは序ノ口下位と全く同じです。髷は丁髷としてありますが、もし十枚目の力士と対戦することになった場合は、 上を敬うという意味で大銀杏を結うことになります。また、幕下以下では原則として土俵で塩を撒くことができませんが、時間が余って調整する場合には、塩を撒くことになります。 定員は120名です。現在、アマチュア相撲出身者が入門する場合、大会の成績によって幕下10枚目・15枚目・最下位のいずれかにつけ出されます。 この場合、つけ出された場所の手当は、序ノ口力士の手当が支給されます。

 ここまでが養成員の待遇ですが、「給与」が出てきません。なにしろ養成員は無給なのです。手当が出ますし、衣食住に困ることとてありはしないのですが、 この手当、よく考えると2ヶ月分です。月額として2で割って考えると…小遣い銭に毛が生えた程度ということになってしまいます。 また、衣食「住」といいましたが、養成員は相撲部屋の中でも個室が与えられず、大部屋暮らしで過ごします。

十枚目力士の主な待遇

・優勝賞金:200万円
給与1,036,000円
力士褒賞金16万円以上
力士補助費25,000円
旅費宿泊費5,300円/日
    日当1,200円/日
力士養老金資格者475万円
       非資格者115万円+(勤務場所数−1)×15万円
勤続加算金15万円
・髷:丁髷
   大銀杏髷が許される
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
    紋付の羽織袴が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の白廻し
・取り廻し:博多織の繻子の廻し
・下がり:取り廻しの共布を布海苔で固めたもの
・取組:15番
・敷物:共用の座蒲団
・十枚目


貴闘力の大銀杏姿
平成11年8月8日
 ここからいよいよ関取です。十枚目は通称「十両」と呼ばれます。幕末の頃、幕下上位10枚目までの力士も関取として10両の給金を与えたことによるといわれていますが、はっきりしません。 「番附の移り変わり」では触れませんでしたが、幕下10枚目までを太字で区別するようになったのは明治21年春で、翌年夏からは、番附で幕下力士に通常冠する「同」ではなく、上位10枚目に限っては各々の力士に「前頭」と記すようになりました。 驚くほど待遇が変わります。まず、やっと給与がもらえるようになります。給与は基本給と手当を足した月給で、昭和32年5月から導入されました。 また、それとは別に「力士褒賞金」が出ます。いわゆる「給金」というもので、これは複雑ですので、改めて説明します。 地方場所では旅費も35日分出るようになりますし、「力士養老金」と「勤続加算金」は引退時に支給されるものですが、計算が若干面倒です。 力士養老金は、その地位に昇進した力士が引退時にもらえるもので、右表の計算式に出てくる「勤務場所数」に全休場所数は含まれません。 ここでいう「資格者」とは勤続加算金をもらえる資格のことで、十枚目の場合は十枚目を連続20場所勤めるか、または通算で25場所勤めることが条件ですが、これにも全休場所は含まれません。 大銀杏髷や紋付の羽織袴が許されます。大銀杏髷は、結えるほどに髪が伸びていない場合を除き、本場所で相撲を取る場合は必ず結うことになります。 相撲を取る際には、水をつけてもらえますし、塩を撒けます。取り廻しは繻子の艶やかな廻しをつけられます(なお、色については黒または紺系統と定められているものの、他の色もだいたい黙認されています)。

左:黒廻しの潮丸(平成11年8月8日)
右:白廻しの潮丸(平成15年8月3日)
土俵入りができるようになりますし、その際の化粧廻しも許されます。廻しなどなど相撲を取るのに必要なものを入れるつづら、つまり「明け荷」を1つ支度部屋に持ち込めます。 控えでは畳ではなく、共用ではありますが紫の座蒲団に座れます。土俵下に手拭いを持って行けます。会場の周囲に立つ力士幟、これも自分の名入りのものが立てられます。 養成員の時代には、関取や親方などについて身の周りの世話をするつけ人として働いていたのが、関取になると自分につけ人をつけられます。 個室が与えられて、大部屋暮らしから卒業できます。稽古場では白の廻しをつけられます。そして「○○関」という敬称で呼ばれます(幕下以下に下がった関取経験者にも「○○関」と呼ぶことがありますが、これは例外といえます)。 力士会にも参加できます。一言で言えば、「一人前になった」ということです。定員は28名です。

 ちなみに、もし不成績で、翌場所は幕下へ陥落することが決定的となった場合、例えば1月場所で大敗して関取の地位を保てなくなった場合でも、2月の月給はもらえます。

 幕内最高優勝者がオープンカーに乗ってパレードする場合、優勝力士の隣には旗手が乗りますが、旗手については十枚目力士でも務めることができます。

幕内(前頭)力士の主な待遇

・優勝賞金:1,000万円
三賞賞金200万円
・給与:1,309,000円
・力士褒賞金:24万円以上
・力士補助費:25,000円
・旅費:宿泊費5,700円
    日当1,400円
懸賞金6万円
・力士養老金:資格者763万円
       非資格者475万円+(勤務場所数−1)×12万円
・勤続加算金:資格者20万円
       非資格者15万円
・髷:丁髷
   大銀杏髷が許される
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
    紋付の羽織袴が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の白廻し
・取り廻し:博多織の繻子の廻し
・下がり:取り廻しの共布を布海苔で固めたもの
・取組:15番
・敷物:自前の座蒲団
・前頭


場所入りする濱ノ嶋
平成12年5月14日目
 ついに番附の最上段まで到達しました。「幕内」です。略して「幕」ともいいます。幕内の定員は42人です。従って、小結以上の人数によって前頭の人数も変わってきます。 前頭は、小結以上と違って「役のついていない幕内」なので、「平幕」ともいいます。各段ごとに優勝制度がありましたが、ここから上は天皇賜盃を抱ける幕内最高優勝の対象になりますし、優勝すればオープンカーに乗ってパレードができます。 関脇までは殊勲・敢闘・技能の各賞、あわせて三賞の対象にもなります。平幕力士の特権としては、(相手の休場や反則を除きますが)横綱に勝てば「金星」となり、給金が大きく上がります。 平幕から大関までは、十枚目力士とは別に土俵入りを行います。幕内力士の取組は懸賞金の対象となります。右表には6万円としてありますが、実際に土俵上でのし袋に入れて渡されるのは3万円で、 25,000円は税金対策(源泉徴収用)として力士各人名義の口座にまわります。残る5,000円は懸賞の手数料で協会にいきますので、「待遇」に含めるのは現実には誤りかもしれません。 意外に目立っていないのかもしれませんが、控えの座蒲団は幕内に上がると自前のものになり、色とりどりでデザインもとりどりにできます。 自分の名を入れた反物をつくれるようになるのは幕内からで、また、目にも鮮やかな染め抜きの着物で場所入りできるもの幕内力士になってからです。 十枚目で出てきた「資格者」は、幕内の場合は幕内連続20場所勤務または通算25場所勤務です。「勤務」の数え方も十枚目と変わりません。

小結・関脇力士の主な待遇

・優勝賞金:1,000万円
・三賞賞金:200万円
・給与:1,690,000円
・力士褒賞金:24万円以上
本場所特別手当5万円
・力士補助費:25,000円
・旅費:宿泊費6,500円
    日当1,600円
・懸賞金:6万円
・力士養老金:763万円
・勤続加算金:25万円
・髷:丁髷
   大銀杏髷が許される
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
    紋付の羽織袴が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の白廻し
・取り廻し:博多織の繻子の廻し
・下がり:取り廻しの共布を布海苔で固めたもの
・取組:15番
・敷物:自前の座蒲団
・小結・関脇


千秋楽協会御挨拶
平成16年5月千秋楽
 いよいよ三役力士の登場ということになります。「三役」とはその名の通り3つの役、つまり小結・関脇・大関を指すのが正しいのですが、多くの場合は小結と関脇を指します。 これといって定員というものがあるわけではありませんが、最低でも東西に各1人、つまり小結と関脇で合わせて4人はいなければなりません。 なので、三役から平幕上位がおしなべて負け越しに沈んだ場合は、平幕中位で8勝どまりでも大強運で三役に上がれる場合もありますが、 三役に空席がない場合は、前頭筆頭で9番くらい勝っても上がれないこともあります。小結以上になると、初日と千秋楽に行われる「協会御挨拶」のときに土俵に立つことになります。 ですが、横綱に勝ったときの「金星」という特権がなくなります。平成18年9月6日目に稀勢の里が朝青龍に勝った際、翌日の新聞の多くが「大金星」と書きましたが、稀勢の里は小結だったので、大もなにも、金星ですらありません。 三役になると、「本場所特別手当」が出ます。これは場所ごとに出るものですが、無条件に出るものではなく、11日間以上務めた場合に限って全額が支給され、 6〜10日間の場合は3分の2、1〜5日間だと3分の1にとどまり、全休してしまうとゼロです。 「資格者」の語が右表に出ていませんが、三役での勤続加算金は、三役に昇進した場所を全勤して初めて受給資格を得ることになります。

大関力士の主な待遇

・優勝賞金:1,000万円
・給与:2,347,000円
・力士褒賞金:40万円以上
・本場所特別手当:15万円
・力士補助費:25,000円
・旅費:宿泊費7,500円
    日当2,000円
・懸賞金:6万円
名誉賞50万円
・力士養老金:1,000万円
・勤続加算金:40万円
・髷:丁髷
   大銀杏髷が許される
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
    紋付の羽織袴が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の白廻し
・取り廻し:博多織の繻子の廻し
・下がり:取り廻しの共布を布海苔で固めたもの
・取組:15番
・敷物:自前の座蒲団
・大関

 三役でだいたい3場所程度好成績が持続した場合、最近は基準が異常なほど辛くなっていますが、平均して10〜11勝程度の星が続くか、かなり高い成績を挙げ、なおかつその前にも負け越しがないような場合、手っ取り早く言うと安定した力量を大関の地位にあって発揮することが期待される場合には、

馬簾が紫の化粧廻し(武双山)
平成16年5月千秋楽
番附編成会議の議によって大関昇進を理事会に諮り、そこで満場一致の賛同が得られれば、直ちに使者(理事と審判委員各1名)が所属部屋に発せられて、昇進伝達式が行われることになります。 その瞬間から、つまり番附発表を待たずに大関として遇せられます。大関に初めて昇進した場合、名誉賞として50万円が贈られます。関脇までは負け越せば番附降下をまず覚悟する必要がありましたが、大関になると、1場所は猶予されます。 2場所連続で負け越した場合、翌場所は関脇のいちばん下に落とされます。落ちた場所で10勝以上できれば、すぐに大関に復帰しますが、この場合、使者は出ません。 2場所連続負け越しで下げられるのは明治22年春からの規定で、昭和32年9月から44年5月までは3場所連続とされましたが、翌場所(清國の大関昇進に合わせて)から2場所連続負け越し+10勝による復帰の制度となりました。 1場所負け越すと、ひどい表現をすると「陥落候補」ということになります。これを通称して「角番」といいます。大関には定員はありませんが、最低でも東西に1人ずついなければなりません。 1人以下になってしまった場合は、横綱が兼ねます。もしも横綱+大関の人数が1人以下になってしまった場合にどう対処するのか、興味深いところです。

 大関ともなれば、協会を背負って立つ看板力士です。天覧や台覧相撲の場合は、正面玄関に並んで出迎えることになります。 また、化粧廻しの馬簾の部分に紫色を使えるようになります。関脇以下でも特に色に制限はありませんが、紫だけは許されません。 なお、この紫は、大関を陥落した人については引き続き使えます。また、横綱の太刀持ち・露払いを務める力士も使えます。 さて、大関以上の特権に戻りますと、東京場所では車を乗り入れて場所入りすることができるようになります。引退した場合は、理事会の議決を経て特別功労金が支給されます。 背負うべき責任に見合う厚遇といえます。大関の場合の勤続加算金の受給資格は三役と同様で、昇進場所を全勤することとなっていますので、千代大海のように新大関の場所を途中休場してしまうと、あれだけ長く務めていながら資格がないということになってしまいます。

横綱力士の主な待遇

・優勝賞金:1,000万円
・給与:2,820,000円
・力士褒賞金:60万円以上
・本場所特別手当:20万円
・力士補助費:25,000円
・旅費:宿泊費8,000円
    日当3,000円
・懸賞金:6万円
・名誉賞:100万円
・力士養老金:1,500万円
・勤続加算金:50万円
・髷:丁髷
   大銀杏髷が許される
・着物:浴衣またはウールの着物
    羽織が許される
    外套・襟巻が許される
    紋付の羽織袴が許される
・帯:博多帯
・履物:雪駄
・稽古廻し:木綿の白廻し
・取り廻し:博多織の繻子の廻し
・下がり:取り廻しの共布を布海苔で固めたもの
・取組:15番
・敷物:自前の座蒲団
・横綱


横綱朝青龍の土俵入り
平成17年3月8日目
 大関として極めて高い成績(平均して13勝弱程度)を連続して挙げ、抜きん出た力量をある程度の期間にわたって発揮し続けられると認められた力士について、大関昇進のときと同様の手続きによって横綱昇進が決まります。 また、大関昇進とくらべて1つ余計に手続きが多くあり、番附編成会議の日までに開かれる横綱審議委員会において、3分の2以上の賛成を得る必要があります。 現在、横綱審議委員会は横綱推挙の条件として「品格・力量が抜群で、二場所連続優勝するか、これに準ずる好成績を残した大関力士とする」という内規を用いています。 相撲協会は特に自らの定めを持ってはいませんが、横綱審議委員会に諮問するという関係もあって、いきおいこの内規に近い形で判断することになっていきます。「準ずる」の運用次第でかなり柔軟に力士の力量を見極めることができるものですが、この20年ほどは運用に硬直化がみられ、成績と相撲内容で横綱の任に堪えうるかを判断すべきところ、 周囲の状況にも多分に影響される「優勝という結果」のみを尺度としている傾向があり、対象となる力士の力量を充分に測れていないようです。

 横綱の起こりについては、実際には正確なところは分かっていないということになり、複雑を極めるので、次回にまわします。 もともとは称号でしかなく、地位ということになったのは明治42年になってからです。定員はなく、いなくとも構いません。「横綱」とはもともと腰に締める綱のことです。 ですから、横綱の特権として最も目立ち、かつ基本的なこととしては、腰に白い綱をつけることができる、ということです。 そして、この綱をまとって、一人で土俵入りを演ずることができます。しかも、太刀持ちと露払いを従え、堂々たる威容を整えます。 また、明け荷は3つ持ち込めるようになります。太刀持ちと露払いの化粧廻しがありますので、当然といえば当然です。 一度横綱になってしまうと、もう落ちることはありません。正確には、落ちることができません。横綱より責任が軽い地位に戻ることができなくなります。 簡単に言えば、引退するよりなくなります。勤続加算金の受給資格は三役や大関と同じく、昇進場所の全勤です。

・力士褒賞金

 待遇を語る上で欠かせないのが、「力士褒賞金」です。「給金」と言った方がなじみがあるかもしれません。場所ごとに、つまり2ヶ月に1回支給されます。

 これは一種の歩合給です。その基本となる金額が「支給標準額」です。支給標準額は、勝ち越し1点につき50銭増えます。ですから、勝ち越すことを「給金を直す」と言いますし、勝ち越しが懸かる相撲を「給金相撲」と言います。 負け越しても給金は下がりません。ですが、負け越すことを「向こう給金」と言ったりします。 1点につき50銭なので、8勝7敗ならば50銭、9勝6敗ならば1円50銭です。地位によって最低支給標準額というものが決められていて、下から幕下以下:3円、十枚目:40円、幕内:60円、大関:100円、横綱:150円です。 ですから、力士になった最初の場所では3円ですが、この場所で4勝3敗の成績を残せば、次の場所は3円50銭ということになります。 この安さたるや尋常ではないと思われる方、慌てないでください。「支給割合」というのが定められています。 平成10年1月からは4,000倍となっているので、十枚目に上がると最低でも16万円もらえます。

 「十枚目に上がると」と書きました。幕下以下の力士については、支給標準額の計算はしているものの、実際に給金は支給されません。 もしも全勝を続けて十枚目に到達した場合は、こういうことが起こります。現在は、序ノ口から十枚目まで上がるには最短でも5場所かかりますから、 7点の勝ち越しを5回繰り返したとして計算すると、ベースは3円なので、3(円)+3.5(円)×5=20.5(円)、20円50銭です。 ところが、十枚目の最低支給標準額は40円と決まっていますので、新十両の場所の給金は40円ということになり、19円50銭引き上げられることになります。 このまま順調に出世すればよいのですが、もし、のちのち負け越して幕下に落ちてしまった場合は、19円50銭のかさ上げ分が抜き取られてしまいます。これは幕内でも大関でも同様です。 いい例が片山です。片山は17年3月に43円で場所を迎えて10勝し、5月に新入幕を果たしました。ですから、勝ち越し5点分を加えて45円50銭ですが、最低支給標準額60円に合わせるためにさらに14円50銭も引き上げられました。 新入幕の場所は8勝7敗でしたので、7月は60円50銭になりましたが、大負けして十枚目に落ちました。 ということで、9月の給金は46円に逆戻りです。ここで8勝したので46円50銭ですが、11月は幕内に復帰できたので、13円50銭上がって60円です。 なのに2場所連続負け越してまたまた十枚目行き。18年3月は46円50銭で、9勝。よって5月は48円のところ、幕内に戻ったのでやっぱり60円、12円のアップです。 でも大負けで十枚目に下がりました。ですから7月は48円で、負け越したので給金変わらず、9月の8勝で48円50銭になって11月を迎えるということになります。 文章にするとくどいですが、グラフにするとこうなります。


平成17年3月から18年9月までの各場所終了時点での片山の給金の推移
縦軸は円単位の支給標準額、横軸は場所を示す


 他に特別増加として、金星を取った場合は10円上がります。平幕力士が横綱に1つ勝つと、勝ち越し20点分にもなるわけです。 また、幕内で優勝した場合は30円上がります。もしこの優勝が全勝だったならば、30円ではなく50円上げられます。 もし同部屋で全勝同士の決定戦をやって負けた場合は、全勝ではあるけれど優勝ではないということになります。この場合は特別増加をするのかしないのか、規則には「優勝」と「全勝優勝」しかないので、この通り運用すれば、特別増加はないということになりますが、実際にはどうなるのか、興味のある問題です。 史上最高は大鵬の1,489円50銭ですが、勝ち越し1点50銭となったのが昭和35年9月、大鵬はそれより前にもう幕内にまで上がっていたので、 単純比較することは必ずしも正しくありません。なお、現制度下での最高額は千代の富士の1,447円50銭です。 以下、(平成18年9月現在で)北の湖:1,216円、貴乃花:1,060円、朝青龍:846円50銭、輪島:755円、武蔵丸:669円50銭、曙:613円となり、この次(北勝海、魁皇…)は500円を割ります。 こう見ていくと、優勝による増加がいかにパワフルかが分かります。北の湖を例とすると、優勝決定戦で5敗していますので、それが全部白星になったならば、150円加わって1,366円になります。 これにあと2回優勝を足せば回数では千代の富士に並び、給金も(星数が変わらなかったとして)1,426円になって、千代の富士にかなり近くなります。

 これが番附と力士の待遇のあらましです。関取になった途端に待遇の表が大きくなりました。それだけでも充分に養成員との違いがうかがえます。 最後にした給金のはなしは、ややこしいのがややこしいままに伝わってしまったような気もしますが、昇進による増加を無視すると、勝ち越し点数と金星と優勝(または全勝優勝)の和で決まると考えれば充分です。 次回は、非常に難しい、「横綱」のはなし…
前画面に戻る