大相撲東風西雅
6:「横綱」のはなし

千代の山の横綱
(横綱千代の山・千代の富士記念館)
平成10年8月11日

 今でこそ力士最高の「地位」となった横綱ですが、そうなるまでには紆余曲折がありました。その曲がりくねった道をさかのぼっていくと、達した先は混沌の世界。 そう、その起源は今一つはっきりしません。意外な難物、「横綱」について今回は書いてみます。それにしても、こりゃ難しいわ…

・そもそもの起こり

 …としてはみたものの、諸説紛々で厄介です。そのほとんどが、横綱を必要以上に権威づけようとしているものなので詳述は避けて、 「こんなのがありました」ということで、ざっと流します。まずは、「はじかみ」説。明治になってから、相撲の家元・吉田家が流布宣伝に努めたものです。 平安時代の弘仁年間に、近江の住人「はじかみ」が住吉の相撲会で無敵を誇ったので、行司志賀右左衣門尉なる者がはじかみに住吉社の注連縄をまとわせて、 「この縄に手を掛けたものがあれば、その者を勝ちとする」としたけれども、誰も手を掛けられなかった、というのがその内容です。 古くからあるはじかみ伝説に行司の志賀(吉田家が祖先としている行司ですが、そもそも平安当時は行司というものがありません)をくっつけただけと思われるものでした。 次いで、「三韓征伐」説。神功皇后が戦勝と安産(のちの応神天皇を身ごもっていた)を祈り、住吉社で「神緒」をまとって清祓を行ったのを、相撲人が模して廻しを締めた上から注連縄をつけて手合わせをした、というものです。 「紫化粧廻し説」というものもありました。つまり紫は禁色といわれ、この色の化粧廻しを使えるのは最高位者の証ではあるけれども(現に化粧廻しを見ると、馬簾の部分において紫を使えるのは大関以上または元大関に限られます)、 この紫化粧廻しをさらに神聖にして権威を持たせるのが注連縄である、というのです。以上の説はみな欠陥を持っていて、あっさりと打ち消されましたが、昭和11年以来長く定説として居座ったのが「むすびのかみのを」説です。 「地理宝鑑横綱之図」という地鎮祭の作法を記した文書にある「結神緒」を「むすびのかみのを」と読み、横綱を造化三神の象徴とみて神がかり的な説話を組み立てたものでした。 その「横綱之図」からは別の説も出ましたが、そもそもこの文書の価値そのものに問題があって、やっと否定の流れが定着してきたところです。

 ところで、延享から安永にかけて、西暦にするとざっと1740〜80年前後、芝居絵などを描いている「鳥居派(現在も世襲されて続いています)」の絵師による相撲絵を見ると、 黒白のツートンカラーの綱を締めた力士が多く出てきます。しかも大坂で主に見られ、江戸にはありません。 どうやらこれは既出のはじかみ伝説や住吉の注連縄から発生して流行したものらしいのですが、これに目をつけた吉田家が純白の綱(さらに幣もつけて)を考案して、 寛政元年(1789)11月に谷風と小野川に許したものが、現在にまでつながる横綱らしいのです。

 では、なんでこんなものが必要になったのか?という問題になってくるのですが、実に単純なものです。 当時の年寄たちが寺社奉行に出した文書には「私共渡世の助力にも罷成り申すべくと乍恐奉存候」(*1)とあります。 簡単に言うと観客増を狙ったものです。同時に、吉田家が古くから伝えてきた「故実」と新しくこしらえた「横綱」とを使って相撲界のトップに君臨することを画策しました。 結果は見事な大当たりで、相撲界は寛政黄金時代といわれる好景気に沸き、しかも横綱は現在まで注目され続けています。

(*1)根岸治右衛門家秘蔵文書(引用元:古河三樹「江戸時代の大相撲」、国民体力協会(大相撲鑑識大系第3巻)、昭和17年)


横綱力士碑
(富岡八幡宮)
平成9年1月8日
・横綱の「代数」

 朝青龍は第68代横綱ということになっています。初代から数えると、明石・綾川・丸山・谷風・小野川…とされていますが、「横綱の起こり」で語られたのは谷風と小野川ではないか!と突っ込みたくなった方、仰せの通りにござりまする。 それなら、最初の3人はなんなのさ?という話をやりましょう。

 と、その前に。こんなあやふやな代数がどうして通用しているのか、というところからいきましょうか。 第12代横綱とされている陣幕が明治25年に「横綱力士碑」の建立を計画、そのためには資金がいるので、 集めるために歴代の横綱を表にして配りました。陣幕としては自分なりによく研究をした上で表に仕立てたものです。 確かに当時から異論は多々ありました。ところが、碑は明治33年に無事完成、石に彫ってしまったものをいまさら…というムードになってしまい、 昭和になると相撲協会も吉田家も公認してしまいました。何とも大雑把なはなしです。

 いよいよ問題の3人についてです。まずは明石から。謎のなかでもトップクラスです。存在すらなかったのではないかという説から、複数人いたのではないかという説までさまざまです。 どの時代の人かというのさえも3つの説に分かれます。一つは寛文説。古くから巨人型強豪力士として講談でも語られ、宝暦13年(1763)の「古今相撲大全」には、寛永元年(1624)に江戸の四谷塩町で初めて勧進相撲が行われたときに出場したと書かれています。 ですが、それが何を根拠にしたものかも分からず、それ以外に証跡は何も出てこないので、旗色は極めて悪いということになります。

横綱力士碑に刻まれた初代から3代
(富岡八幡宮)
平成9年1月8日
次は、寛文説。文政13年(1830)の序を持つ「嬉遊笑覧」や天保10年(1839)序の「画証録」という、ともに喜多村信節著の考証随筆の中で掲げられている説で、 延宝年中の京都四条河原での相撲を描いたものがあって、それを根拠にして、寛永は寛文の誤りだろうとしたものです。 また、寛文元年(1661)8月15日に現在の山形県上山市で明石が相撲興行に出場したという記録が「上山三家見聞日記」や「上山見聞随筆」に載っています。 元禄説になると、宝井其角の句に「志賀之助」の名が出てきたり、元禄5年(1692)刊の浮世草子「好色姥桜」の序に「明石。志賀か。曲相撲」(*2)というのが出てきたりします。 もっともこれらが明石志賀之助を指すのかどうかに疑問の余地はありますが、前出「古今相撲大全」には明石が元禄時代の名人力士としても登場するので、元禄の明石は実在性が最も高そうです。

(*2)遊色軒「好色姥桜」元禄5年(活字本:吉田幸一編「元禄好色草子集・三」、古典文庫、平成10年)

 綾川と丸山については、実在したことは間違いがないので、なぜ2代と3代に据えられたかについてだけ触れておきましょう。 最大というよりも唯一というべき根拠は、既に出した年寄たちの文書の一節です。こうあります。 「尤も其の儀は先年丸山権太左衛門、綾川五郎次などゝ申すもの共、右横綱の伝授申請候儀に御座候、尤も記録等焼失仕り御座なく候得共、古き年寄共申伝ひ来り候儀に御座候」(*3)。 この文書の価値をどう判断したかによって説が分かれました。これで綾川・丸山が横綱だったことが確実になったとした人あり、 丸山が先に書いてあるから2代は丸山だとした人あり…という具合でしたが、なにしろこの文書は、寺社奉行に内々に横綱伝授のお伺いを立てたところ、 新例を嫌う幕府のことで「相成間敷候様御内意有之候」(*4)つまりダメだよといわれてしまったことから、前例としてそれなりに名が通っている綾川や丸山の名を引っ張り出したというだけのことです。 だから、実際には綾川や丸山に横綱の免許が下ったということはありません。ほかに元禄時代の大力士だった両國梶之助や、丸山と同時代の阿蘇ヶ嶽桐右衛門を入れる説もありましたが、ここでは省きます。

(*3)(*4)ともに根岸治右衛門家秘蔵文書(同上)

 そんなわけで、いまの朝青龍は第68代と称される65人目の横綱であるよ、というのが実際なのです。まったくもってややこしい。ややこしいといえば、同時昇進のときの代数。 先に引退した方を若い代数とするというのが慣例になっています。谷風と小野川の順序を陣幕がなぜこう決めたのかは、今となっては分かりません。 常陸山と梅ヶ谷の関係にしても、あまり世人が気にかけた様子も見られません。ところが、安藝ノ海と照國が横綱になったときには、議論になりかけました。 すると、現在まで続いている「規則?」をぶち上げたのが例の吉田家で、この発表であっさりと議論が沈静化してしまいました。 ですが、その根拠が「常陸山・梅ヶ谷の故実に倣って」とやらで、論拠薄弱もいいところです。これが踏襲され続けた結果、柏戸・大鵬の代数が決まらないのに栃ノ海も佐田の山も決まっているというひどい現象が発生し、 北玉に至っては、玉の海の死去によって代数が定まるという悲しいことになりました。代数をあまり気にしないようにするというのが一番いい解決法かとも思いますが、現実的には、例えば新横綱の場所における番附上位のほうを若い代数にするなどの解決策を探るべきかと思います。

・横綱昇進

 本当ならば谷風・小野川の時代にまで「昇進」という言葉を用いるのは妥当ではないのですが、便宜上これで一括します。 現在は、前回「番附」のはなしで書いた通り、次元の高い成績を大関に在って連続させた力士について、審判部が横綱とするに足ると判断した場合、 まずは「横綱審議委員会」、略して「横審」に諮ります。横綱審議委員会は、昭和25年春の横綱大不振の際に「横綱格下げ」が決まりかけたものの、 激しい反対を被ったため、横綱の推薦などに関わるさまざまな件について答申する機関を設けることになって誕生したもので、 「相撲を愛好し、相撲に深い理解を有する各方面の良識者」とされる人の中から理事長が委嘱した委員によって構成されています。 横綱に推す基準として現在使われているものは33年1月にできたもので、その運用に危うさを孕みながらも、現在に至っています。 ともかくも横審からよろしいという答えを得たならば、番附編成会議での推挙と理事会での満場一致の賛成を得て、横綱昇進が決まります。 協会からは理事と審判委員各1人が所属部屋に使者として立ち、部屋で伝達式が行われます。これで晴れて新横綱の誕生です。


千代の富士の横綱推挙状
(横綱千代の山・千代の富士記念館)
平成10年8月11日
 次に「綱打ち式」で腰にまとう横綱を賑やかにつくり、いよいよ試着ののち、土俵入りの稽古が行われます。 だいたいは一門の元横綱か現役横綱に教えてもらう形になります。ただ、今いうところの「不知火型」をやる場合は、そもそもこの型をやった横綱が少ない関係から、 例えば立浪一門の双羽黒や旭富士が横綱になったときには二所一門の琴櫻が教えに行くなど、一門の枠を越えることも時にはあります。 そしていよいよ最高の晴れ舞台である、「横綱推挙状授与式」に臨みます。略して「推挙式」と言っています。 これは明治神宮で行われ、神前で理事長から横綱推挙状と、綱打ち式で打ち上がった真新しい横綱が授与されます。 そのあと、この綱を身にまとい、奉納土俵入りを行います。前日の稽古の成果を早速ここで披露することになります。 なお、明治神宮で推挙式を行うのは第41代横綱千代の山が昭和26年に昇進したとき(当時は千代ノ山)からです。 また、横綱昇進が決定した時点で、吉田家がある熊本まで協会が使者を立て、九州場所の前に吉田家で行われていた「横綱奉告祭」で新横綱が土俵入りを披露していましたが、 第59代横綱隆の里の昇進時を最後になくなりました。また、千代の山から隆の里までは、現在ならば推挙式で理事長から受け取る横綱を、吉田家から故実一巻とともに受け取っていました。


谷風等身像
(勾当台公園)
平成16年2月19日
 もとは横綱というものは吉田家が免許を与えるものでした。谷風・小野川に免許を出した寛政元年(1789)以来、昭和23年の第40代横綱東富士(当時東冨士)に至るまで、 36人(第14代横綱境川を除く)に免許を下しています。先に吉田家についてざっと触れましょう。この吉田家は、当主が代々「吉田追風」を名乗り、家伝は眉に唾せねばならないので触れませんが、 元禄16年に当主となった16代追風は肥後の細川家の臣下となりました。寛政3年(1791)6月の上覧相撲に当たって仕切り役をこなしたことから、以後150年ほど「相撲の故実を司る家・吉田司家」として角界に君臨しました。 吉田家は故実門人の証や行司免許などを発して権威を誇示しましたが、横綱免許もその一つです。昭和26年1月に吉田家の権限が大幅に狭められ、これによって横綱を協会自らの意志で誕生させることができるようになりました。


北の湖に与えられた故実一巻
(横綱北の湖記念館)
平成10年8月12日
 協会(その前身であった相撲会所時代も含む)がある力士を横綱にしようとする場合、熊本の吉田家に申請をし、吉田家がよしとした場合は、吉田家から横綱免許が出ました。 谷風と小野川は本場所の土俵上での免許でしたが、これは例外であり、免許を受けた力士が吉田家に赴いて免許を受けるのが例でした。 この式が「横綱免許授与式」略して「免許式」で、協会幹部や現役横綱も列席して行われました。 新横綱は吉田家に起請文を提出し、吉田家からは横綱免許状・故実門人証状・持太刀免許状、そして横綱と故実一巻が渡されました。 その新しい横綱を締めての土俵入りのあと、稽古廻しを締めて初稽古を行い、だいたい1時間強で式は終わったようです。 また、「横綱仮免許」というのもあり、これは横綱になることが決まった力士に対して熊本から仮免許状が東京に送られ、 小石川の細川邸での仮免許式で新横綱に授与されていました。横綱免許状の文言は、谷風のものを例にとると、「右者谷風梶之助依相撲之位授与畢以来片屋入之節迄相用可申候仍如件」です。

 今でこそ横綱は地位なので、「昇進」という言葉が妥当なのですが、最初から地位であったわけではありません。 そもそもの「横綱免許」というものは「横綱土俵入りができる免許」でしかありませんでした。だから地位は大関のままでした。しかも興行政策上の見世物大関(「看板大関」)が存在するときは、実質的な大関が関脇に据えられていた時代です。 谷風・小野川が横綱免許を受けたときは関脇でした。こうして、明治の半ばまでは横綱を許された力士であっても番附にはその旨全く記されることはありませんでした。 ところが、明治23年3月に横綱を免許された第16代横綱西ノ海のときに悶着が起こりました。次の夏場所では小錦が大関になり、西ノ海が小錦の下に入って張出大関になることになっていました。 ですが、西ノ海は横綱免許を受けた身でありながら張り出されるということに納得がいかず、とうとう番附に「大関」ではなく「横綱」と書かせることで折れました。 そうはいってもやっぱり横綱は「横綱免許を受けた大関」でしかなくて、初めて横綱が大関の上の地位として明文規定に載せられたのは、明治42年改正の「東京大角力協会申合規約」からです。

・綱打ち式

 さりげなく書きましたが、横綱の綱をつくることを「綱を打つ」と言っています。賑やかに鐘や太鼓を鳴らしてつくるようになったのは、第32代横綱玉錦の頃からといわれています。 明治に入っても、綱は細い藁だったために、手作業で簡単につくられていたようですが、初代西ノ海あたりから徐々に太い横綱が現れ始めました。 それに伴って、麻やら銅線やらを使って固く撚った綱に変貌していったようです。必然的に作業にかかる人数が増え、大掛かりになっていきました。 現在、横綱をつくるのに必要な材料は、8〜12kgの麻と、晒木綿9反(3反は鉢巻や前掛け用)、そして10番線くらいの銅線です。 麻には米ぬかをまぶし、絹糸のように柔らかくなるまでもみほぐします。これだけで1日を費やします。 この麻を3つに分けて、それぞれ中に銅線を入れ、外側には2反の木綿を巻きつけます。このとき、中央部を太くつくります。 できたら、一端を部屋の鉄砲柱に結わえて、部屋の力士を総動員して左撚りに撚り合わせていきます。 鳴り物に合わせて「ひぃふぅみぃ、それいちにのさん」などと威勢よく声をかけながら撚っていくと、立派な横綱ができあがります。 あとは力士本人が試着して、長さを合わせて完成です。

 今回は、横綱に関するはなしをざっと集めてみただけという恰好になりました。なにぶんにもはっきりしないことが多くて、「後考に俟つ」という遁辞で済まさざるを得ない部分が多々あります。 「横綱」のはなしの次は、「土俵入り」…といきたいところですが、その前に、「土俵」とは?ということで、「土俵」のはなしをやりましょう。
前画面に戻る