大相撲東風西雅
7:「土俵」のはなし

熱戦を待つ
平成17年3月8日目

 「土俵」という言葉は、おおよそ三通りの使われ方をするようです。一つは、右上写真のように、「土が盛られた部分とその上の吊り屋根」。 次いで、狭くとらえて力士が勝負を争う場所だけ。つまり、言ってみれば「台形の天面」。それから、「俵そのもの」。 これももっともな話です。「土を入れた俵」ですから。江戸時代の文献に当たっていると、川が増水したようなときに「土俵」の語が出てきます。 だいたい想像がつくかとは思いますが、これは今でいう「土嚢」です。今回のはなしは、一番広い意味での「土俵」についてです。 力と技をぶつけ合う競技場にして、見事に設えられた舞台装置。土俵を表現するならば、こうなるでしょうか。 それでは、まずは下のほう、土盛りからいきましょう。今後、単に「土俵」という言葉を使うときは、土を盛った部分を指すことにします。


国技館正面二階席から見た土俵
平成16年5月8日目

 先に土俵の由来から…といきたいんですが、全くはっきりしていません。天正年中つまり織田信長の時代からという説が古くから通用しています。 しかし、信長は元亀元年(1570)以来、たびたび相撲を見ていますが、「信長公記」などを見ても、土俵について特別に記述があるわけでもありません。 ただ、境界を設けるという発想はあったらしく、例えば寛永8年(1631)に成立した「元親記」という書物(戦国武将・長曾我部元親の一代記)には「かたや際」という言葉がよく出ます。 寛永14年(1637)成立の「大友興廃記」(戦国大名大友家の興亡を記したもの)には、竹を引き裂き、両端をつないで輪にしたものを境界にしようとしたという記述も出てきています。 いつからかは分かりませんが、戦国時代には「人方屋」といって観客の輪を境界とし、そこに押し込められた人が負けだったといわれてはいます。 それ以前に遡ると、境界はありませんでした。さて、俵を使い出したのはいつなのか、これも正直なところ見当をつけられるような材料はありません。ただ、当時の浮世草子や咄本などの挿絵を見ると、 大雑把にいって貞享と元禄(元禄元年は1688年)とで分かれるようで、貞享までは俵が四角く配置された絵が主流だったのが、元禄に入ると丸く並べられたものに取って代わられます。

 前置きが長すぎました。いま使われている土俵に目を向けましょう。土俵といえばこれぞまさに土の山、規定による定めは意外に大雑把で、高さが34〜60cmで底面の一辺が6m70cmの台形であるということしか決められていません。 底面の一辺を尺貫法に直すと22尺ほどです。天面の一辺の長さについては規定がありませんが、実際には5m70cm前後、19尺ほどになります。 本場所の場合、高さは54cm(1尺8寸)でつくっているようです。戦前は69cm(2尺3寸)でつくっていましたが、昭和13年夏に3寸、14年春に2寸下げて現在の高さに落ち着きました。 また、13年夏には底面の一辺も3寸伸ばすということもやっています。戦後になっても改築前の大阪府立体育会館が狭かったとかで、底面が他の会場よりも小さく、つまり傾斜面が急だったということもありました。 必要になる土の量ですが、ざっと4tトラック8台分つまり32tということになります。 あまり分かりやすい比較ではないですが、幕内力士40人が束になっても体重は6tにしかなりません(それでも充分重いですが)。 使う土は、規定では「荒木田」とされています。これは壁土用の粘土で、粘り気と乾燥の速さが土俵向きでした。今でいう東京都荒川区町屋近辺で採れた土です。 荒木田ヶ原で採れたのでこの名があります。ただ今では採ることが難しいので、東京場所での土俵の土はつくばや我孫子の土を使っています。



ちょっと目立つは徳俵
平成16年5月初日
 土とくれば、次は俵です。土俵に使う俵を「小俵」といいます。藁で作られていて、中に土を詰め込んだものです。 実際には単に「俵」と通称されています。このはなしの中でも「俵」のほうを使って進めていきます。 この俵は、土に埋めるときは六分が土中、四分を土の上に出すことになっています。使う俵は全部で66俵です。俵の数についても江戸時代以来の故実がどうのこうのとありますが、 その頃とは俵の数も変わってしまっているので、バッサリと省略してしまいます。

 まず、誰もが注目する「円」の部分です。この部分だけで20俵使います。円の部分で勝負が決まるので、「勝負土俵」という人もあります。 ですが、よく見れば、ちゃんとした円になっていないということもお分かりでしょう。つまり、4ヶ所だけ外に飛び出しています。 これは「徳俵」と言います。1俵分だけ外側にずれている、つまりその分だけトクになるから「徳俵」、ということのようです。 これは、宝暦13年(1763)に刊行された「古今相撲大全」の「巻之下本」に「古く角力すでに始んとせしに。俄に大雨のふり土俵の中ハ水たまりし故。 すまふを猶予せしとき。左右の土俵一ツ宛のけ水をながせしにより水流しといふ。しかれ共その名目今しる人まれなり」(*1)とあるように、 野外で相撲興行が打たれていた頃、土俵に溜まった雨水を流すために、円形に切れ目を入れるよう俵をずらして設けたのがその始まりといわれています。 ただ、「大全」には「左右」とあるだけで、現在のように四方ともに徳俵が設けられるようになったのはいつからか、それは分かりません。 また、左写真で分かるように、徳俵だけは規定よりも高めに土から出ています。

(*1)木村政勝「古今相撲大全」宝暦13年

 ちょうど徳俵のあたり、力士が登場するところのことを「二字口」といいます。その由来を語るとき、引き合いに出されるのが古い二重の土俵です。 土俵の円が今のように一重になったのは昭和6年の天覧相撲からで、本場所では同年の夏からです。それまでは二重土俵が使われていました。 その徳俵の部分が「二」のように見えたからだ、とよくいわれますが、実は当時から徳俵だけは一重でした。 どうやら、次に出てくる「角俵」とのセットで「二」と見たようです。

 ところで、再び土俵の写真を眺めてみると、目の肥えた人はあることに気がつきます。実は徳俵は短いんですね。この写真を見ればよく分かります。


長さが違う俵
平成17年9月8日目

 徳俵と徳俵との間にはたったの4俵しかないわけですから、その長さの違いは一目瞭然です。同じ「俵」でも、使う場所によって長さはそれぞれです。俵のはなしの最後にまとめて書きます。

 円の外側に目を向けると、天面の四方にも俵が埋められています。これは一辺に7俵、また角には斜めに1俵、ですので合計32俵です。 7俵のほうは「角俵」、角の1俵は「あげ俵」と呼びます。ここまでで52俵使いました。あと14俵あります。


踏まれるのを待つ踏み俵
平成17年9月6日目
 14俵のうち10俵は、「踏み俵」に使われます。これは土俵に上がるための(たった1段しかない)階段で、土俵の縁(「土端(どは)」)を削ってつくられています。 この削られた部分全体を含めて「上がり段」といいますが、「上がり段」そのものを「踏み俵」と言ってしまう場合もあります。 東に3ヶ所、西に3ヶ所、向正面にも3ヶ所、正面だけは1ヶ所で、合計10ヶ所、それぞれ1俵ずつ使います。


水桶と水桶俵と塩籠
平成17年9月8日目
 あと4つになりました。これが最も目立ちません。どこにあるかといえば、水桶の下敷きになっています。 2つ束ねて水桶の土台にする俵で、その名もそのまま「水桶俵」といいます。これで66俵全部使い切りました。

 俵の大きさが場所によって異なるということで、ここで大きさをまとめましょう。直径はどれも15cm程度です。 長さはさまざまで、まず円の部分は78cm、徳俵が63cm、角俵とあげ俵は61.5cm、踏み俵は56cm、水桶俵になると小さくて36cmしかありません。 もとは米俵を3つに切ってつくっていたらしいのですが、今では米俵自体が少なくなったので、特に土俵用につくっているようです。 この俵の中は土と小石も入っています。俵は縄で7ヶ所か9ヶ所結び、結び目が下になるようにして土俵に埋めています。

 最後に水桶俵が出てきたので、水桶とそのまわりのこともまとめて書いてしまいます。水桶に水が入っているのは当然ですが、 もちろん水つけに使う柄杓が添えられています。そして紙もぶら下げられていて、水つけ用具一式はここに揃っています。 そのそばには呼出が土俵を掃くための箒が立てかけてあって、反対側には水吐き口が設けられています。

ならされる砂
平成17年9月8日目
ちょうど塩をつかんでいる北桜の頭の下あたりに、その水吐き口が見えています。あげ俵に乗っけるようにして置いてある塩籠、 以前は竹製の籠が多く使われていましたが、現在は塩化ビニール製です。いつから塩化ビニール製なのかは分かりませんが、力士の怪我を防ぐためだそうです。 怪我を防ぐためといえば、水つけ役の呼出が腰掛けている椅子。こちらは発泡スチロール製です。力士が迫ってきたら呼出は水桶を掴んで逃げますが、 塩籠と椅子まではカバーできません。なので、これらについては硬くない素材を使っています。

 土俵には、砂を敷いてあります。呼出2人が土俵に立って箒を入れて、綺麗に掃き清められます。 正面から見ると、右から左へまた左から右へ、箒が弧を描き、箒の目も弧を描く、そのさまも見ものです。 力士はその砂に出足の跡や引き足の跡をつけて相撲を取ります。そしてもしも虚をつかれたら、時に土俵に引っ繰り返されて悲しくも砂にまみれます。 つまり…相撲に負けることを「土がつく」と表現しますが、土俵に転がって負けたら、体につくのは「砂」なのです。

 勝負にかかわる「砂」として重要なのは、「蛇の目」です。土俵の円の外側、縁に沿って敷かれた砂です。 幅は25cmとされています。土俵から足が出たかどうかを確認するために敷いてあるので、呼出が箒の目を入れて常に整えています。 もとの二重土俵のときは、内側の円と外側の円との間に砂を敷いていました。この二つの円を蛇の目になぞらえての「蛇の目土俵」という俗称がありました。 現在の「蛇の目」の称はここに由来します。なお、余談ですが、二重土俵だった頃は円だけで36俵も必要でした。 そのために、土俵を別名「三十六俵」といいます。かなり古い人しか使いませんが、昭和26年に制作された映画「双葉山物語」に「三十六俵、土俵の跡は…」というナレーションがあります。 一重土俵になって20年もたっているのに、です。


整えられる蛇の目
平成17年9月8日目

蛇の目のありがたみ
平成17年9月6日目

 土俵には「仕切り線」が引かれています。「所作」のはなしでも述べたとおりですが、「仕切りの際にこれより前には拳を着くことができませんよ」という意味の線です。 昭和3年春に間隔60cmで登場し、昭和45年5月からは70cmとされているこの線の間隔ですが、これは仕切り線の中央同士の距離ではなく、仕切り線の間に見えている土の部分の距離です。 線の幅は6cmで長さは90cm、エナメル塗料を用いています。当初は仕切り線に相当する部分を削って、石灰を詰めていたそうですが、 簡単に言うと土俵に浅い穴があいているようなものなので、つまずく人が出たようです。そのためにエナメルを土俵平面と同じ高さになるように塗っていて、本場所中は毎日毎日きちんと塗り直しています。 ところがやっぱりエナメルなので、滑ります。「そもそも仕切り線なんていう余分なものがあるのがいけない」とまで言われる所以です。


明日に備えて
平成17年9月8日目

今日も一日ごくろうさま
平成17年9月8日目


脇行司木村孔一による清祓
平成13年5月12日(V)

31代式守伊之助による祝詞奏上
平成13年5月12日(V)

31代式守伊之助による方屋開口
平成13年5月12日(V)

鎮物の儀
平成13年5月12日(V)

賑やかな触れ太鼓
平成13年5月12日(V)
 本場所15日間を乗り切るために、仕切り線だけでなく土俵もきちんと翌日に備えて整備され、カバーをかけられて守られるのですが、 そもそもの土台はやはり土俵づくりです。これを「土俵築(どひょうつき)」といい、20人くらいの呼出が担当しています。一からつくる場合でも2日、既存の土俵を活かす場合は3日かかります。 後者の場合は、土台は残して表面の土を取り替えることになります。これを「打ち返し」といって、通常32t要るのに対し、8tで済みます。 現在、国技館の土俵はこの手法でつくられています。4ヶ月も眠っていると、土俵というものはガチガチになり、まるでコンクリートのようになるそうです。 その表面を削り取り、残った土台をかきならして、水をまいて一晩おきます。これで土俵築初日は終わります。 翌日は、土台に新しい土を盛り上げるところから始まります。前日水をまいたのは、新しい土となじむようにするためです。 また、一から土俵をつくる場合は、この工程(土台はないので、単に土を盛るだけ)からスタートとなります。 土俵築には機械を使うことなく、(残念ながら写真がありませんが)「たこ」や「たたき」という工具で土をつき固めます。 こうして見慣れた盛り土ができ上がります。さて、土俵といえば、円です。円を描くためには、中心が必要です。 その中心は、縄を用いて対角線の交点を得ることによって定めています。中心が決まれば、コンパスさえあれば円がつくれます。 このコンパスも五寸釘とひもという取り合わせです。円ができたら鍬で溝をつくって、俵を埋めるのです。 土俵の直径は現在4m55cm、尺貫法でいう15尺ですが、これは俵の内側までなので、実際は「15尺+俵の幅」だけ土俵を使って相撲を取れるという寸法です。 最終日が仕上げの日ということで、俵の位置を確認しながら土俵を整えます。

 硬さですが、意外に硬いものです。力士が四股を踏んでも足跡がつかない程度、というのが規定です。 相撲は相手を倒せば勝てます。ということは、倒された場合、土俵が柔らかければ怪我はしにくいだろう、という考えは一理あるようにも見えます。 ところが、相撲は相手を倒さなくても勝てます。ましてや立っている時間のほうが長いはずです。 おまけに、場合によっては二人分の重さやら力やらがかかってしまいます。そんなときに、土台がしっかりしなければどうなるか、想像するだけでも恐ろしいものがあります。 実際、昭和23年に横綱羽黒山がアキレス腱を断裂し、復帰に1年半を要したのは雨上がりの柔らかい土俵が原因だったといわれています。

 土俵ができた、ならばあとは相撲を取るだけだ、というわけにはいきません。土俵の安泰を祈願する「土俵祭」が初日前日の午前10時から行われます。 平成12年5月から公開もされていて、極めて荘厳な雰囲気の儀式で、館外でほぼ同時に行われている優勝額の贈呈式とは対照的です。 理事長、審判部長、同副部長、審判委員、行司及び呼出が列席します。祭主は行司の最高位者つまり立行司である木村庄之助と式守伊之助が交代に務めるのが原則で、脇行司は幕内格と十枚目格の行司が1人ずつ務めます。 清祓(いわゆるお祓い)・祝詞奏上(後述する相撲の守り神に対し安泰を願う)・配幣と献酒(幣を然るべき位置に配置する)・方屋開口(相撲の由来を述べる)・鎮物の儀(神への捧げ物を土俵に埋める)・直会(列席者に神酒を注ぐ)・太鼓三周(二組の触れ太鼓が土俵を三周する)の順で、およそ30分ほどです。 鎮物は、勝栗・昆布・するめ・洗米・塩・かやの実で、それを半紙で包んであります。埋めるために土俵中央に穴が開いていて、これは5cm四方です。 土俵祭は前記寛政3年の上覧相撲に先立って行われた記録が最も古いようで、それが最初ではないかとも考えられています。

 たくさんの御幣が立っています。写真で見ても、真っ白い紙が幾重にも重なっているばかりで分かりにくいのですが、全部で7本あります。 正面側に3本、東と西に2本ずつあります。まず正面側の3本は相撲の守り神である戸隠大神(手力男神)・鹿島大神(武甕槌神)・野見宿禰に対応します。 残りの4本は、東西南北の神に対応します。これは屋根の説明のときに出てきます。ということは…土俵祭を見る機会があれば、ぜひ上を見上げてください。 屋根には太い房が4本下がっていて、ふつうは御幣が取りつけられているのですが、この時にはまだついていないのです。

 土俵祭のハイライトは、なんといっても方屋開口です。そこで述べられる文言は、このようになっています。 「天地(あめつち)開け始めてより、陰陽を分かり、清く明らかなるもの、陽にして、上にあり、これを勝ちと名づく。重く濁れるもの、陰にして、下にあり、これを負けと名づく。 勝ち負けの道理は、天地、おのずから然るの理(ことわり)にして、これをなすは人なり。清く潔(いさぎよ)きところに、清浄の土を盛り、俵をもって関所となすは、五穀成就のまつりごとなり。ひとつの兆しありて形となる、形なりて、前後左右を東西南北、これを方(ほう)という。その中にて、勝ち負けを決する家なれば、今初めて(拍子木)方屋と言い名づくるなり(拍子木)」

 「前後左右を東西南北」と言っています。ここで、方角の決め方について書いておきます。会場の都合もあるので、実際の方角とは一致しません。 現在は、正面を決めて、それを北とすることになっています。ですから、正面から見て左側が東になります。ところがこうなったのは明治42年夏、つまり旧両国国技館ができたときからです。 それまでは北が行司溜まりだったので東西が逆でしたが、国技館に玉座を設ける計画があったために、例の吉田家が明治41年の暮れになってから物言いをつけました。 つまるところ、「易経」の「説卦伝」にある「聖人南面而聴天下。嚮明而治」(*2)以来中国や日本で採られてきた「天子南面す」によれば、玉座は当然南を向いているべきだろう、ということでした。 江戸時代からずーっと故実を振りかざしていた吉田家が今さら何をという印象は免れないところですが、以来100年近く、北が正面とされて現在に至っています。

(*2)「易経」(活字本:高田真治・後藤基巳訳、岩波文庫、昭和44年)


国技館の吊り屋根
平成17年9月7日目
 屋根に(やっと)移ります。この屋根の形は神明造りといい、前にも出た昭和6年の天覧相撲から使われています。 伊勢神宮の神殿のつくりを模したもので、神明の名は伊勢神宮に天照大神が祀られていて、その天照大神のことを神明ということからきています。 特徴は、「両端に斜め上方に突き出た千木があること」「てっぺんに鰹木がついていること」「破風(ちょうど垂直に切った断面のようになっている部分)が東西に向いていること」です。 現在、鰹木は5本ですが、蔵前国技館の時代、その前の旧両国国技館の時代は6本ありました。屋根の歴史をさかのぼっていくと、 神明造りの前は破風造り、その前は切妻造りです。説明の都合上、切妻造りからにします。簡単にいうと、並製の読みかけの本(文庫本を想像すればいいでしょう)を伏せて置いたような形の屋根で、破風がついているものです。 これは旧両国国技館ができるまで、つまり屋外興行の時代はずっと続いていました。雨をしのげればよいという感じの単純な構造です。 ところが旧国技館ができた明治42年夏から凝ったつくりになりました。破風造りは、切妻造りの下に屋根が四方に流れたようになっている(ピラミッドの根っこがくっついた感じ)もので、 最初は破風が四方にあるというややこしいものでしたが、のちには正面と向正面にだけ破風がある破風造りになりました。


赤房と出世披露の把瑠都
平成16年5月8日目
 今は屋根は天井から吊るしてあります。ですから「吊り屋根」と称しています。こうなったのは昭和27年秋からです。 それまでは吊るしていなかったので、当然支えるものが必要です。四方に柱が立っていて、その上に屋根がのっていました。 これらの柱を「四本柱(しほんばしら)」と言っていました。この柱、隅の観客からすれば邪魔なことこの上ないわけで、 屋根を吊るすという逆転の発想でもって柱を取ってしまったのでした。ところが、この柱には色のついた布を巻いて季節を示しながら神を祀っていたので、 全廃するわけにもいかず、房で代用したということなのです。房の長さ2m30cm、太さは70cm、重さ25kg、いわば刺繍糸のかたまりで、 土俵から房の先までは3m05cmとなっています。はじめは6尺6寸、2mにほんのわずか足らないだけでしたが、巨人の大内山や不動岩の髷先にさわるということで、 結局いまの両国国技館ができるまでは7尺(2m12cm)ということになっていました。この房の色は、正面東寄り(一番上の大きな土俵の写真でいえば、左手前側)から時計廻りに青・赤・白・黒となっています。 この順で春夏秋冬を意味していて、祀られている神は青龍・朱雀・白虎・玄武です。ちょっと変な感じもしますが、この房は方角をも示していて、 黒が北になります。色をいつからつけていたのかについては、全然分かりません。 錦絵を見ても、柱全部が真っ赤というのがほとんどですし、寛政3年(1791)の上覧相撲では紅と紫の布を使ったとのことです。


水引幕
平成15年5月千秋楽
 吊り屋根の下に張られているのが「水引幕」です。これは北から巻いて北に終わる、冬に始まって季節をめぐって冬に終わるように巻きます。 陰陽道でいけば水は陰なので、これで陽である相撲を鎮めるのだとかいう説もあります。水で出る力士と入る力士を清めるのだという説もあります。 ちょうど真ん中の部分を絞り上げます。絞り上げるために房つきのひもを使いますが、このひもを「揚巻」といいます。


審判の胴上げ
平成16年5月千秋楽
 これで土俵のでき上がりということになろうかと思います。15日間の戦いはここで繰り広げられます。 戦い済んで、表彰式も済んだら、いよいよ手打ち式です。これは新序出世力士のお祝いでもありますが、 本場所の終了を祝うものでもあります。手打ち式というぐらいなので、出世力士や勝負審判が輪になって御酒をいただき、呼出の柝とともに三本締めで締めくくる…だけだったんですが、 平成16年5月から、御幣を持った勝負審判の胴上げが加えられました。正確には昭和40年代まで行われていたことの復活ということで、土俵祭で迎えた神を送るのに相当するとみることができるでしょう。

 土俵は神聖な場所とされていて、土俵祭に代表される儀式によっても明らかなように、神と結びつけられています。 また、さまざまな設備の配置は陰陽道によって解釈されています。これら故実はほぼ後々のこじつけによると見ることもできますが、 それにしてはうまくできた舞台だなぁと思わずにはいられません。
前画面に戻る