大相撲東風西雅
8:「土俵入り」のはなし

東方幕内土俵入り
平成17年9月7日目

 番附のはなしもしました。横綱のはなしもしました。土俵のはなしもしました。この流れからいけば、次は当然「土俵入り」のはなしです。 関取衆が(階級ごとに)きらびやかな化粧廻しをつけて、土俵に勢揃いします。一種の顔見せです。横綱になると、 「綱を締めて一人で土俵入りを演ずることができる」という特権を持ち、土俵中央で全観衆の注目を集めます。 今回は十枚目と幕内のはなしをします。

・十枚目土俵入り・幕内土俵入り

1:行司の先導で花道を入場
平成17年9月8日目西方十枚目
2:土俵を左廻りに歩く
平成17年3月8日目東方幕内
3:力士は外向きで待つ
平成17年9月7日目西方幕内
6:右手を挙げる
平成17年9月8日目西方幕内
5:擦り手のあと柏手を1つ
平成9年1月2日目(V)東方幕内
4:全員揃ってから内側を向く
平成16年5月8日目西方十枚目
7:両手で化粧廻しをつまむ
平成16年5月千秋楽東方十枚目
8:両手を挙げる
平成17年3月8日目東方幕内
9:土俵を左廻りに歩いて退場
平成17年9月7日目西方幕内


土俵入りのアナウンス
平成14年5月14日目(V)
 十枚目の土俵入りは幕下の取組があと5番になったところで行われます。また、幕内土俵入りは、十枚目の取組が終わったところ、つまり「中入」の時間に行われます。 どちらもやり方は同じです。力士は、呼出しが鳴らす拍子木の音とともに、行司に先導されて花道を進んできます。 先導は、十枚目土俵入りのときは十枚目行司が、幕内土俵入りは幕内行司と三役行司が、それぞれ交代で務めます。 東西に分かれますが、この東西は番附の東西ではなく、その日の取組の東西です。奇数日目は東から、偶数日目は西から土俵入りをします。 現在は拍子木と場内アナウンスが連動するようになっているので、拍子木の音につれて力士が土俵に上がる形になっています。 土俵に上がったら、俵の外側に沿って左廻りに歩いて所定の位置まで進み、観客のほうを向いて立ちます。 先導の行司は、土俵を一周したら土俵中央に向けて3歩半進み、正面を向いて後ろに1歩半下がります。 そして土俵に多くの力士が林立し、いよいよ最後の力士が土俵に上がるというところで、行司は蹲踞します。 最後に上がる力士は、警蹕を発します。警蹕とは、「静かにせよ」という意味で「シー」と発する声のことです。 土俵に立っている力士はこれを合図に「廻れ右」の恰好で土俵中央を向いて、決められた所作に移ります。 その所作は極めて簡単なもので、まずは手を合わせて擦り手をし、柏手を1つ打ちます。 次に右手を挙げ(このとき同時に左肘を曲げて左手を脇腹につけていましたが、昭和30年代あたりからなくなっていきました)、 両手で化粧廻しを少しつまみ上げ、最後に両手を挙げて終わります。終わったら、また力士は左廻りに土俵を歩き、花道を下がっていきます。 行司はそのあとについて退場します。

 現在、この土俵入りの意味としては、最初の擦り手と柏手が塵浄水に対応し、右手を挙げて化粧廻しを両手でつまむのが四股の略体、 最後に両手を挙げるのが終わりを示すものだと説明されています。もともとはちゃんと四股を踏んでいました。 ところが、幕内の人数が明治年中に徐々に増えていったので、四股を踏むスペースが足らなくなりました。 そのために所作が簡単になったということです。

 今は土俵に立った力士は観客のほうを向いて立って待っています。ところが、もとは内向きで待ち、そのまま所作をこなして終わっていたのです。 昭和27年秋、つまり土俵から四本柱が取られたとき、同時に土俵入りも外向きでやろうということになって初日に実行されましたが、 案の定(?)所作がバラバラになって揃わず、翌日からは全員が土俵に立ったら内向きに向き直るということになりました。 また、所作が終わったら、これも古くは二字口さして全員がどやどやと直進していったものですが、これもあまりの呆気なさに失笑が漏れるほどだったそうです。 現在のように所作が終わるとまた左廻りに歩くようになったのは、昭和40年1月からです。

 本場所の会場では、場内放送席は西花道のそばに設置されていますが、十枚目と幕内の土俵入りについては、東方の場合は青房下で、 西方の場合は黒房下で、物言いの結果説明用のマイクを使って力士紹介が行われています。 ですので、一方の土俵入りが終わると、場内放送の担当者が正面を屈みながら歩いていくのが見えます。 アナウンスは「ただいまより、幕内(まくのうち:以下同じ)土俵入りであります。(行司と力士が花道を入場)始めに、東方幕内土俵入り。先導は、○○○○(行司名)、続いて、△△(力士名)、AA県出身、BB部屋、□□(力士名)、CC県出身、DD部屋…」というように力士の紹介が繰り返されます。 役力士となると、「小結、▽▽、EE県出身、FF部屋」という紹介になり、「最後は、大関、◇◇、GG県出身、HH部屋」で終わります。 一方の方屋が済んだら、「代わって、西方幕内土俵入り」のアナウンスの後に、「先導は…」以降型通りに続けられます。

・御前掛かり

 「御前掛かり土俵入り」の略称です。天覧相撲または皇太子の台覧相撲の場合は、通常の土俵入りではなく、異なった作法での土俵入りを披露します。 天覧または台覧は、その対象が幕内だけなので、十枚目力士による御前掛かりはありません。 また、平成18年9月初日の台覧は幕内後半のみだったので、幕内土俵入りも通常通りでした。

1:整列して正面に一礼
平成10年9月初日(V)西方幕内
2:正面向きに4列に並ぶ
平成10年9月初日(V)東方幕内
3:擦り手のあと柏手を1つ
平成10年9月初日(V)西方幕内







6:左腕を伸ばす
平成10年9月初日(V)西方幕内
5:右足で四股を踏む
平成10年9月初日(V)西方幕内
4:右腕を伸ばす
平成10年9月初日(V)西方幕内
7:左足で四股を踏む
平成10年9月初日(V)西方幕内
8:全員で蹲踞する
平成10年9月初日(V)東方幕内
9:各人正面に一礼して退場
平成10年9月初日(V)東方幕内

 正面貴賓席に向かって並び立つように土俵入りを行います。全員が土俵に立つと、最後の力士が警蹕を発し、それを合図に全員が定められた通りの所作を行います。 若い大関が御前掛かりを務めるときは、警蹕が忘れられているのか明瞭でないのか、所作がバラつく傾向があります。 実は、やるべきことは三役揃い踏みと全く同じです。四股を踏む側の腕を伸ばすのは、単にバランスを取るために腕を伸ばしていただけだったのが、 折り目がついて型になっただけということです。

 アナウンスは、「ただいまより、幕内(まくのうち:以下同じ)土俵入りでございます。(行司と力士が花道を入場)始めに、東方幕内土俵入り」まで言ったあとは、行司と力士が蹲踞するまで無言です。 全員蹲踞すると、「東方幕内力士をご紹介申し上げます。行司、○○○○(一礼して退場)、AA県出身、BB部屋、△△(一礼して退場)、CC県出身、DD部屋、□□(一礼して退場)…(中略)…EE県出身、FF部屋、小結、▽▽(一礼して退場)…(中略)…GG県出身、HH部屋、大関、◇◇(一礼して退場)」といった具合に各々紹介され、 「以上、東方幕内力士でございました」で終わります。一方の方屋が済んでもう一方が土俵入りを行う際は、「代わって、西方幕内土俵入り」というアナウンスに始まり、あとは全く同様に行われます。

 次回、華やかで豪壮な「横綱土俵入り」のはなしです。中入時間の最大の華です。

 最後に技を一つ追加します。


平成19年3月9日目
猛虎浪(褄取り)武雄山
・褄取り

 相手の流れた足の爪先を取って引き上げるのが本来で、背後からであれば、爪先から足首あたりまでを取って倒した場合に「褄取り」とされます。 写真は僅かにタイミングが遅れていますが、足首を取って倒しています。しぶとい業師がごく稀にやる技ですが、平成12年3月に横綱曙が土佐ノ海の足にしがみついたらこの形になってしまったという珍しい例もあります。 ときどき「裾取り」と混同されることがあるようですが、読んで字の如しで、「裾を取る」ということは「かかとを取る」ということです。 こちらの「褄」は「着物の前で合わせる部分の下のほう」ですが、「褄取り」の語源自体は「爪先」からきていて、「爪取り」から変化したといわれています。 さらにややこしいことに「小褄取り」というのもあります。これはかなり難度が上がります。正面から足首を取るというもので、至難というべきでしょう。
前画面に戻る