大相撲東風西雅
9:「土俵入り」のはなし
・続

横綱曙土俵入り
平成12年5月14日目

 前回に続く「土俵入り」のはなし、後半の今回は、横綱が一人でやる土俵入りのはなしです。定められた所作の中に個性がにじみ、 白い綱と横綱力士の満々たる気合とが観客の目をとらえて離しません。

・横綱土俵入り

1:花道を入場
平成16年5月8日目・朝青龍
2:土俵に上らんとする
平成17年3月8日目・朝青龍
3:両手を下に垂らして拝礼
平成9年1月2日目(V)・曙
6:再び柏手を打つ
平成14年5月14日目(V)・武蔵丸
5:柏手を打って擦り手
平成9年1月2日目(V)・曙
4:柏手の構え
平成17年9月6日目・朝青龍
7:両腕を広げて掌を返す
平成10年9月2日目(V)・若乃花
8:土俵中央で柏手の構え
平成17年9月6日目・朝青龍
9:柏手を打って擦り手
平成12年5月千秋楽(V)・曙
12:右足で四股を踏む
平成10年9月2日目(V)・若乃花
11:左手を挙げ
平成15年8月3日(V)・武蔵丸
10:柏手打って右腕を伸ばす
平成16年5月8日目・朝青龍
13:腰を割ってせり上がりの形
平成12年8月19日・武蔵丸
14:せり上がった
平成17年9月8日目・朝青龍
15:左手を挙げ
平成14年5月14日目(V)・武蔵丸
18:左足で四股を踏む
平成10年9月初日(V)・若乃花
17:続けて
平成12年8月19日(V)・武蔵丸
16:右足で四股を踏む
平成17年9月6日目・朝青龍
19:二字口に戻る
平成13年5月初日(V)・武蔵丸
20:3〜7を繰り返す
平成17年9月6日目・朝青龍
21:土俵を下りて退場
平成16年5月8日目・朝青龍

 横綱土俵入りは寛政元年(1789)に谷風と小野川がやったのが最初であるとみなしてよく、それ以前の「初代〜3代」については、横綱免許を受けたという証拠すらもありません。 この土俵入りは、幕内土俵入りと同じことを、綱を締めて一人でやったものと考えられます。「幕内土俵入りと同じこと」とはいっても、簡略化される前の型です。 恐らくは、現在の御前掛かりや三役揃い踏みと同じ型だったでしょう。これに、土俵に登場する礼式である塵浄水をくっつけたのが横綱土俵入りである、というように表現できます。

 やり方そのものは、当時の19世吉田追風が「このようにやれ」という感じで教えたものと思われますが、その4年後には、式守蝸牛(初代式守伊之助)が「相撲隠雲解」という相撲の奥義を記した書を著し、横綱土俵入りについての故実も記されました。 それを原文のまま記してみます。難解ですが…

 「尤最手一人ニ限リ天地長久之法横綱ノ伝一人之土俵入古ハ片屋入ト云テ土俵ニ出テ手ヲ二ツ打ツ乾坤陰陽和順ナリ足三ツ踏ハ天地人之三才智仁勇ノ三徳合セテ五ツハ木火土金水仁義礼智信ノ五常ナリ始横綱ヲ帯シテ足踏ヲナス貪ー狼星ー文星ー存星ー曲星ー貞星ー曲星ー軍星 是七星ノ名也七ツ踏シメ気ヲ臍下ニ納ム則動カザルナリ依テ気鋭ニシテ利釼ノゴトク以テ勝負ヲ為ス正ク直成形ヲ以テ出入ヲナスハ則内外清浄六根清浄天下泰平国土安穏五穀成就第一ノ伝授也」(*)

(*)式守蝸牛「相撲隠雲解」寛政5年(影印:「VANVAN相撲界(昭和58年秋季号)」ベースボール・マガジン社、昭和58年)

 「最手」とは1,000年も前の節会相撲での最強者のことで、この文章は節会相撲時代に横綱の起こりを絡めようとしているので、この点は無視して結構です。 横綱土俵入りのやり方に関係するのは、色をつけた3ヶ所です。まずでは柏手を2つ打ついわれ、で四股を3回踏む理由、 は、土俵で7歩歩くことについて書かれています。意味については恐らくあとづけと思われますので、どこまでとらわれるべきかという問題はあります。 ただ、横綱土俵入りでは柏手と四股が必須で、歩く歩数も決まっているということは分かります。せり上がりではないということに注意が必要です。 特に色はつけませんでしたが、結びには四字熟語が5つ並んでいて、横綱土俵入り全体の意味を述べています。天下の平安と五穀豊穣を願う神事とする意図がみられます。 これもあとづけとは思えますが、ともかくもこの意図を持って現在まで横綱土俵入りは伝えられていますので、基本である柏手・四股・足運びと、所作の順序を正しく伝えていくことが肝腎です。

 の部分の7歩というのは、二字口から土俵中央に進み出る歩数と、土俵中央から二字口に戻る歩数との和です。 土俵中央に進み出るのに3歩半、逆もまた3歩半でやります。横綱は東から出てきたり、西から出てきたりしますが、土俵中央に進み出ると必ず正面を向きます。 また、二字口に戻ったときには土俵中央に向いて蹲踞しなければならないので、必ず体を廻さなければなりません。 このことから、どちらの足から歩き始めるかが自然に決まってきます。具体的にはこうなります。

東からなら
右足から3歩半で出て
左足から3歩半で帰る
平成9年1月2日目(V)・曙
西からなら
左足から3歩半で出て
右足から3歩半で帰る
平成10年9月初日(V)・曙


間違え続ける朝青龍
平成17年9月8日目・朝青龍
 簡単にまとめると、「1歩目は正面側」ということです。ところが、この歩数を勝手に改変した横綱がいます。 朝青龍は、横綱土俵入りを曙に教わり、歩数についてもしばらくは正しくやっていました。ところが、平成16年5月の2日目から帰りの歩数を1歩減らし、以降はほぼ全日にわたって間違え続けています。 教える者もいないのか、2年半もの間放置されています。

 細かいことをさらに。塵浄水の最初には、両手を斜め下に垂らして上体を前に倒し、拝礼をします。 拝礼の次が柏手です。ですが、最近はこの両手を垂らす動作を柏手の準備のようにとらえているらしい人が出てきました。
拝礼をする武蔵丸
平成14年5月8日目(V)
拝礼もどきの武蔵丸
平成13年5月初日(V)

 武蔵丸と朝青龍だけがこの恰好です。拝礼は塵浄水だけにつくものですから、土俵中央でやっても意味がありません。 礼に関係してもう1つ。横綱土俵入りの最後に立ち上がって礼をしていますが、これも実際はあってもなくてもいいものです。 意味を考えてみると、塵浄水が礼を意味していることから、やる必要はないという結論が出てきます。 双羽黒(60代)からあとの横綱は全員がやっていますが、いまの国技館ができた昭和60年1月には、最後に礼をやっていたのは千代の富士(58代)だけで、 北の湖(55代)と隆の里(59代)はやっていませんでした。そうかと思えば、北の富士(52代)は土俵入りを始める前にも礼をしていましたし、案外まちまちなものです。

 このへんでいよいよ、見せ場となっている「せり上がり」のはなしに移りましょう。腰を割った状態から、正面ににじり寄りながらジリジリと立ち上がっていくところです。 もう書いた通りで、土俵入りで最も大事なのは柏手・四股・足運びですが、それとは別にせり上がりが最大の見どころとなったのは、その迫力に多分によります。 ですが、せり上がりが谷風の頃から見せ場だったわけではないようです。見せ場であれば錦絵になっているはずですが、そのような場面は全くありません。 どうやら、このせり上がりは、最初に四股を踏んで腰を割った状態から、次の四股の前に右腕を伸ばして左手を脇腹につけた構えをやる間までの動作がもとになったものらしいのです。 そして、その呼吸が上手かったのが幕末から明治初年の11代横綱・不知火光右衛門だったそうで、それ以来徐々に型になっていったようです。 例えば17代横綱小錦(明治29年横綱免許)の映画を見ると、せり上がりらしき動作はありますが、全然腰を割らず、足も動かず、右腕に力を入れて少し上げる程度のものです。 それが、19代横綱常陸山と20代横綱梅ヶ谷(ともに明治36年横綱免許)になると、もう今のせり上がりと同様になっていて、特に後者の巧みさは絶賛されました。

曙のせり上がり・平成12年8月19日(V)

 このせり上がりについて、「三段構え」を演じているのだという説明をよく見ます。三段構えというのは、例えば国技館の開館式というように、土俵がかかわる極めて重要な式典の折に、 たいていの場合番附の最上位者2名が東西に並び立ち、せり上がりの3枚写真で見られるような型を左右対称でやるものです。筆者が知る限りでは、これまでに25回行われています。 曙のせり上がりの写真でいけば、左から順に下段の構え(防禦の体とされる)・中段の構え(攻撃の体とされる)・上段の構え(本然の体とされる)と言われます。 ですが、この三段構えは明治42年6月の国技館開館式で行われたのより古い記録はありません。この開館式の際に23世吉田追風が考案したらしいものです。 このことからして、三段構えより古くからある横綱土俵入りのせり上がりについて、三段構えで説明をつけるのは誤りです。 逆、つまりせり上がりの形から三段構えをつくり出したという可能性は、大いにあります。

 せり上がりを語るとき、「雲龍型」と「不知火型」のことは外せません。この部分だけで分けられています。

「雲龍型」の曙
平成12年8月19日
「不知火型」の若乃花
平成10年8月9日

 最初の四股を踏んだあと、せり上がりに入るときに、右腕を下方に伸ばすのは共通していますが、左腕が異なります。 「不知火型」であれば、両腕とも同じように下方外側に伸ばすので、左右対称になります。「雲龍型」としてまとめられる型は20代横綱梅ヶ谷、「不知火型」は22代横綱太刀山が源流とされています。 それがなぜ雲龍と不知火の名を使っているのかというのには、ややこしい話があります。 明治44年に太刀山(22代)が横綱になったとき、両手を広げてせり上がる見慣れない型を採りました。これが誰の型だったのかを当時の新聞記事から引っ張ってみると、 名の通った好角家が記した記事はみな「雲龍(10代)の型」としていました。太刀山自身が庄之助(16代)の勧めでやることにしたと語ったという記事もあります。 その後、大正4年に横綱になった鳳(24代)のときになると、ほぼ混乱なく「梅ヶ谷と同じ不知火光右衛門(11代)の型」という記事で染まり、翌年の西ノ海(25代)でも同様でした。 以降はしばらく議論になることもありませんでしたが、25年もたって昭和16年、羽黒山(36代)が横綱になったときに、半ば忘れられていた太刀山の型を継ぎました。 このときに、「故実の権威」とされていた彦山光三氏が太刀山−羽黒山の型を「不知火型」とし、他を「雲龍型」と断じてしまうと、そのまま定着してしまいました。 根拠はただ1つ、8代横綱不知火諾右衛門(11代の光右衛門ではなく!)が両手を広げて立っている錦絵、これだけです。そもそもワンショットだけで土俵入りの型の推定はできないことは誰でも分かることです。 ましてや、19代横綱常陸山は土俵中央で柏手を打ったあと、両手を広げていました(これがもとで、せり上がりは今で言う「雲龍型」のそれなのに、「雲龍型」に入れられていません)。 例の錦絵もこの場面かもしれないのです。現在の「雲龍型」「不知火型」の称がいかに根拠のないものかが分かると思います。 土俵入りのうまさが今に伝わる雲龍と不知火を記念することは、決して悪いことではありませんが。

 もっとひどい話は、「曲げた腕は守りを表し、伸ばした腕は攻めを表す」という説明です。これにも根拠はありません。 昭和17年に北京で皇軍慰問の巡業をやったとき、ある将軍が羽黒山の土俵入りを見て、双葉山(35代)と違うがどういう意味があるのかと秀ノ山親方(関脇笠置山)に聞いたそうです。 例の説明は、そのときにとっさに言い繕っただけのもので、それが彦山光三氏の耳に入って、大きく強調されてしまったのが始まりです。

輪が1つの朝青龍
平成17年9月8日目
輪が2つの若乃花
平成10年9月初日(V)

 ついでに、綱の結び目の「輪」のことを書いておきます。今は「雲龍型」の横綱は輪が1つ、「不知火型」の横綱は輪が2つとなっています。 もとは、各人の好みでやっていたようです。18代横綱の大砲(明治34年横綱免許)は輪が2つありました。常陸山と梅ヶ谷は輪が1つでしたが、 現在と違って、普通の片輪結びです。現在の輪が1つの結び方は大正時代の後半に出てきたらしいのですが、大正12年に横綱になった西ノ海(30代)は片輪結びのままで通しました。 今の結び方は、そんなに歴史を持っているわけではないのです。

右の四股を踏む前
平成10年9月2日目(V)・曙
左の四股を踏む前
平成9年1月2日目(V)・曙
左の四股を踏む前
平成17年9月6日目・朝青龍

 土俵入りの型は、各人の演出によって細かい違いが出てきています。四股を踏む前の手の恰好はいい例で、最初に掲げた連続写真(11・15・17)では敢えて武蔵丸だけを例にとりました。 現在主流となっているのは、右の四股を踏む前のはこちらに出した曙のもので、左の場合は朝青龍のものです。 武蔵丸は四股の足と反対の腕を使い、掌は下向きのまま腕を水平に伸ばすだけです。古くはこの形でやっているのが普通でした。 ところが現在主流となっているものは、32代横綱の玉錦(昭和7年横綱免許)がやり始めたもので、戦後の横綱の大多数がこれです。 真ん中の写真、左の四股を踏む前には、曙は右腕は挙げて掌を返していましたが、左腕は下げたままにしていました。 これは珍しい形です。連続写真の17番は、敢えて「右手を挙げ」とはしませんでした。 というのは、遡っていくと、手をまったく挙げていなかった横綱が多いからですが、47代横綱柏戸(昭和36年横綱推挙)を最後に見なくなりました。 例に出した武蔵丸(及び57代横綱三重ノ海)の手の構えは、実は20代横綱梅ヶ谷と全く同じものです。 このあたりは、横綱土俵入りの本質に関わらないことなので、実際にはそうそうやかましくする必要はありません。 少し上に出した朝青龍と若乃花の塵浄水の構え、たまたま全く同じ恰好をしていますが、この2人の腕のまわし方も全く違いますし、もっと大きくまわす横綱もあれば、いきなり手を打つ横綱もいました。 一人一人型が異なっているのに、たった2つの型だけに押し込めて分類することに無理がありすぎるということはいえるでしょう。


足の裏が丸見え
平成13年5月初日(V)・貴乃花
 ここで四股のことも書いておきましょう。横綱土俵入りにおいて四股の足を高く上げるようになってきたのは、これまた玉錦の頃からです。 それより前の横綱土俵入りの映画を見ると(筆者が四股の場面の映像を見たことがあるのは、17代小錦・19代常陸山・20代梅ヶ谷・25代西ノ海・27代栃木山・29代宮城山)、 膝から先はせいぜい水平がいいところで、爪先まで一直線で、足の裏は下向きになっていて、その形からズシンと四股を踏んでいます。 「所作」のはなしでも書いてありますが、四股を踏むときは足の裏を天に向けてはいけないことになっています。 礼を失するとされているからです。初代若乃花の二子山親方もそのことを語っていたことがありましたが、あまり顧みられていない様子です。 右の写真だけでもそのことがうかがえます。


太刀持ち闘牙が先にゆく
平成12年5月千秋楽(V)・曙
 横綱の土俵入りには太刀持ちと露払いがつき従います。これは谷風・小野川のときから一貫して変わっていませんが、錦絵を見ていると、横綱は同じでも太刀持ちと露払いは土俵上にいたり溜まりにいたりして一貫性がありません。 時代が時代で写真などあろうはずもないので、実際のところは分かりません。幕末または明治の初めには土俵に上がっていたともいわれていますが、真相は闇の中です。 また、太刀持ちと露払いの並ぶ順序は、入退場の際は横綱の前に露払い、横綱の後ろに太刀持ちですが、土俵上では横綱の右手に太刀持ち、左手に露払いとなっています。 ですから、東方の横綱の場合は、入場してきて赤房下で順序を入れ替えます。西方だと、退場するときに順序を入れ替えます。 こう決まったのもいつなのかは分かりません。少なくとも昭和の一桁、宮城山と常ノ花(31代横綱)が横綱を張っていた頃までは、規則性がなかったようです。


正面貴賓席へ一礼
平成10年9月初日(V)・曙
 幕内土俵入りには「御前掛かり」がありましたが、横綱土俵入りにはそれに相当する特別なものはありません。 ただ、花道を入場して赤房または白房下に達したら、正面貴賓席を向いて一礼をします。横綱土俵入りそのものは、普段と全く変わりません。

 最後に、警蹕について。十枚目と幕内の土俵入りでは、最後に土俵に立った力士がやりました。横綱土俵入りでは、行司の役目です。 横綱が二字口から土俵の中央に立って正面を向いたとき、かなり力強く「シーッ」と声を出します。 その割には場内は静かにはならないのですが…

 横綱土俵入りの華々しさの裏には、細かい決まりごとがまとわりついています。加えて、昭和になってからも加わり続けた「故実」らしきものが厚い壁になっていて、 訳が分からなくなっていっています。43代横綱の吉葉山(昭和29年横綱推挙)がいわゆる「不知火型」の土俵入りをやっていて、 「不知火型は攻撃一辺倒であるから、邪道だ」という言を吐いた者があって、横綱本人が不安にかられたというとんでもないこともありました。 これらの決まりごとなどなどをある程度説明しようと試みましたが、それによって見通しがつくようになったのか、かえってややこしくなったのか、その判断は皆様に委ねたく思います。 次回は、「弓取式」のはなしです。華麗さでは横綱土俵入りに負けず劣らずです。
前画面に戻る