大相撲東風西雅
10:「弓取式」のはなし

皇牙の弓取式
平成18年11月7日目


1:行司の名乗りを受ける
平成17年9月7日目・皇牙
 相撲場の一日を締めるのが、豪壮無比の「弓取式」です。もちろん、むやみやたらにぶん廻しているわけではありません。


2:手刀を切る
平成17年9月8日目・皇牙
・弓取式の歴史

 「起こり」と言ったところで、分からないという表現が正しいということになってしまいます。よく言われているのは、織田信長が催した相撲でのはなしです。 「古今相撲大全」の「巻之下末」には、「勝相撲に弓を渡す起りを尋るに。元亀元年二月廿五日織田信長公。江州堂楽寺におゐて。国中の角力取共を召あつめ給ひ。 勝負を御覧有けるに。宮居眼左衛門といへる者につぐ相手なかりけれバ。御褒美に御秘蔵の重藤弓を賜りける是濫觴なり」(*1)と書かれていますが、

3:弓を手に取る
平成17年9月6日目・皇牙
これを「信長公記」などに当たってみても、弓が与えられたという記述はありません。ですから、織田信長をここに結びつけるのは難しそうです。 同じ「古今相撲大全」をさらに読んでいくと、「此弓渡しのこと。元来武門より起りし故。請取渡に。故実作法有て。関直に請取らねバ。方屋のうち。古実の案内をよく知りたる者出て。此弓を請取也」(*2)とあります。 現在は結びの一番の勝ち力士本人ではなく、その代理の力士が専門に弓を振っていますが、この記述もそれと同様のことを語っています。

(*1)(*2)ともに木村政勝「古今相撲大全」宝暦13年・実際の日づけは元亀元年3月3日・「堂楽寺」は「常楽寺」のこと


4:土俵中央へ
(左)平成10年9月初日(V)・若風
(右)平成9年1月2日目(V)・若風
 江戸時代、将軍の上覧相撲の際には、結びの一番に勝った力士が自ら弓を振る例がありました。寛政3年(1791)6月11日に行われた上覧相撲では谷風が振っていて、 「相撲御覧記」には「谷風弓をうけうやまひさゝけ四方にふりまハしなとしうちかたけ拝して入ぬ」(*3)とあります。 (ちなみに、この記述のすぐあとには「この弓を賜ハる事ハ織田内府の近江国常楽寺にして宮地といへる強力を関にて相撲見給ひし時勝たるを賞して給へるより今にかくなんといへり」(*4)ともあります。)

5:弓を3度返す
平成16年5月8日目・皇牙
また、天保14年(1843)閏9月25日の上覧相撲では不知火諾右衛門が同様に弓を振りました。 「剱山と不知火は不知火勝ければ同断。弓を取候て不知火江相渡す。不知火戴き候て少し式有之候て取可申といたし候と。其儘行司の方にても手をかけ候て弓を引合ながら土俵の真中江出。不知火壱人にて弓を以勝相撲之式いたす。其様。鑓を遣ひ。弓のつるをかけ又ははづすが如き体のもの也」(*5)というのが「遊藝園随筆」の記事で、 その弓の振りようまで描かれています。「同断」とは、一番前の相撲で弓の弦、そのまた前の相撲で扇が与えられていることと同様である、という意味です。

(*3)(*4)ともに成島峰雄「相撲御覧記」寛政3年
(*5)川路聖謨「遊藝園随筆」弘化3年以降(活字本:日本随筆大成編輯部編「日本随筆大成第一期23」吉川弘文館、昭和51年)



6:右手を末弥のほうに移す
平成14年5月14日目(V)・武蔵富士
 行司が振った例もあるようです。大正6年4月29日に行われた皇太子(つまり昭和天皇)の誕生日祝賀の際、余興で相撲を行っていますが、 結びで勝った太刀山の代わりに式守与太夫(のち18代庄之助)が振ったとのことです。平安時代の節会相撲は左方と右方の対抗戦でしたが、「立合(たちあわせ)」という相撲人を立ち合わせる者が左からも右からも出ていました。 そして勝負がついた場合は、勝った相撲人が属する側の立合が舞を披露しました。これを「立合舞(たちあいまい)」と言いました。 勝った力士の代理が舞を披露していることから、このことが弓取式に結びつけられて説明されることもありますが、かなりの無理があり、こじつけの感は否めません。


7:左に右に弓を振る
平成18年11月6日目・皇牙
 今は毎日行われている弓取式ですが、こうなったのは昭和27年春からです。それまでは千秋楽だけで、千秋楽以外の日には、弓は土俵の柱に結わえつけてありました。 それもそのはず、千秋楽のこれより三役で勝った力士は、順に矢(古くは扇)・弦・弓を受けることになっているからです。つまりは、千秋楽以外は弓をもらっていないわけで、もらっていないものは振れないはずなのです。

8:右から左へ背を通す
平成11年8月7日・若風
これを毎日にしたのはファンサービスの一環ということですが、毎日にしたためかありがたみが薄れ、今では弓取式の最中には多くの人が帰り支度をしているような状態です。

・弓の振り方

 弓取式の実際です。弓取力士は、結びの一番の仕切りが始まった頃に、行司溜まりに控えます。そして勝負を見つめます。 勝負がつくと、弓取力士は勝ち力士の方屋の方へ移動し、勝ち力士が土俵を降りるのと入れ替わるようにして土俵に上がり、蹲踞します。

9:背の弓を抜き上げる
平成10年9月2日目(V)・若風
このとき、呼出が西花道から持ってきた弓を行司は受け取り、左手で垂直に持って弓取力士の方を向き、名乗りを上げます。 結びで朝青龍が勝って、皇牙が弓を振る場合、「朝青龍代(だい)、皇牙」という名乗りになります。 そして行司は弓を横たえて弓取力士のもとへ渡しにいきますが、このとき、弓を下に凸の形にして、 弓の上部(末弥)を左側にし、左手で下から持つ形にしながら、右側を軍配で支える恰好にします。

10:3回地を打つようにする
平成17年9月6日目・皇牙
行司が弓取力士の前に蹲踞すると、弓取力士は手刀を切り、弓を受け取ります。右手で上から弓をつかみ取る形です。 次いで左手でも弓をつかみますが、その左手は右手よりも右にします。左腕が右腕の上を通って交叉するようになります。 弓を受け取った弓取力士は、目の高さに弓を差し上げ、土俵中央に3歩半で進み出ます。弓を渡した行司は、東であろうと西であろうと、必ず弓取力士の右側を抜けて向正面に行き、そこで蹲踞します。


11:弓を反対の方屋へ
平成13年5月初日(V)・新明
 土俵中央に立った弓取力士は、左手を腰に当て、右手でつかんで水平に掲げている弓を3回クルッと返します。そのあと、ちょうど弓の真ん中をつかんでいた右手の位置を、末弥のほうへずらします。 この持ち替えるところも地味ながら見せ場の一つに数えられます。手の位置を変えるのは、弓を振る際に土俵をこすらないためです。 手の位置が決まったら、いよいよ弓を左に右にと振りながら、ブルンブルンと綾取るようにまわします。ざっと30回弱ぐらいはまわします。

12:2回地を打つようにする
平成18年11月7日目・皇牙
ここがまさに最大の見せ場で、もっとも勇壮、拍手が沸き上がります。

 ひとしきりまわしたら、また右手の位置を弓の中央に戻して、弓をまわしながら右脇を通し、背中で左手に持ち替えてまたまわしながら左脇を通し、 さらにまわしながら頭上に運び、右手に持ち替えて…という順で2周半させます。「半」つまり背中で終わります。

13:弓をもとの方屋へ
平成17年3月8日目(V)・皇牙
頭上や背中で手を持ち替えるところにも個性が出て、そこで弓を止める人もあれば、まったく止めずまわし続ける人もあります。 最近10年の弓取力士は主に若風(平成6年11月初登場)・新明(平成12年3月同)・武蔵富士(平成14年5月同)・皇牙(平成16年1月同)・男女ノ里(平成19年5月同)といますが(他に貴ノ湖が平成14年3月のみ15日間)、 前二者は弓を止めません。武蔵富士以後の3人は弓を止めています。


14:正面で立ち上げる
平成14年5月8日目(V)・武蔵富士
 弓を背中で止めた後は、その弓を末弥が上になるように立て、上に抜き上げて体の前に出します。 そして半身になり、青房か黒房のほうに弓を向ける形にします。どちらに向くかは、結びでどちらが勝ったかによって決まります。 東が勝てば青房向き、西が勝てば黒房向きです。簡単に言えば、勝ったほうが先です。青房に向ける場合は右手を前、黒房に向ける場合は左手を前にして、弓を持ちます。

15:3点杖つく
平成11年8月7日・若風
そうして、弓で3回地を打つようにします。地を打つようにした弓は宙へはね上がるような感じになりますから、そこでは弓をクルッと返します。 写真は、東が勝ったことを想定しています。

 3度打ったら、弓の先を下げたまま、土俵をならすような感じで弓を動かし、反対の方屋を向きます。

16:右腕を差し上げる
平成18年11月6日目・皇牙
このとき、弓を持つ手も反対にします。そしてまた地を打つようにしますが、こちらは2回どまりです。 2度地を打ったら、同様に土俵をならすようにもとの方屋へ弓を動かし、弓を返してまた土俵をならすように正面まで弓を動かします。 そして、末弥が下になるように弓を立ち上げます。

 この状態だと弓は正面に凸なので、反転させて正面側が凹になるようにし、それからが細かいことですが、

17:右で四股を踏む
平成18年11月7日目・皇牙
土俵に3回、杖をつくようにします。天井から見ると「∴」の形で、上が正面になります。ということは、左右は西東に相当します。 現在は、西東正の順でやっているようです。もとは本当に土俵を突っつくようにやっていた人もいたそうですが、 今は形だけで、実際に土俵を突くことはなくなっています。弓道界から物言いがついたとのことでした。


18:せり上がる
平成17年9月6日目・皇牙
 ここまできたら、弓を横たえて両手で頭上に差し上げ、そのまま頭の後ろに持っていって左肩で担ぐ恰好にします。 そして右腕を差し上げ、右足で四股を1つ踏みます。その次にもう一度右腕を差し上げて右足で四股を1つ踏みます…最初に四股を踏んでからもう一度右腕を上げるということは、 これはつまり横綱土俵入りと同じく「せり上がる」ということです。ただ、横綱土俵入りと異なるのは、左で四股を踏まないということです。


19:せり上がった
平成18年11月7日目・皇牙
 四股−せり上がり−四股という一連の流れが終わったら、肩に担いでいた弓を両手で頭上から前に出して右脇に掻き込みながら、 最初に出てきた方屋のほうに向き直り、3歩半で二字口に戻ります。二字口ではまた土俵中央の方向に向き直りざま蹲踞するわけですが、 ここで向き直りながら弓を左手に持ち替えます。

20:また右で四股を踏む
平成17年9月6日目・皇牙
右に持ったり左に持ったり忙しいことですが、最後の最後の見せ場です。そして最後に蹲踞して右手を垂らしての礼で弓取式は終わります。

・弓取力士の移り変わり

 弓は千秋楽の結びに勝った力士が授けられるものですが、上記「古今相撲大全」にある通りで、宝暦の頃には弓の振り方を知っている力士が実際に弓取を担当していたようです。

21:弓を右脇に
平成15年5月13日目(V)・武蔵富士
それがどの地位の力士なのかまでは知ることができませんが、そうこうしているうちに楽日には幕内力士がだんだん出なくなりました。 安政になると全く出なくなりました。必然的に弓取力士も幕下以下に限られていったようです(弓取だけのために幕内力士が出ることも理屈の上では可能でしょうが)。 錦絵をそのまま信じれば、慶応2年春に弓を振ったのは千羽ヶ嶽で、これも幕下二段目の力士です。新聞に本場所の結果が出るようになったのは明治13年夏からだそうですが、

22:弓を左手に
平成13年5月初日(V)・新明
それ以降の弓取力士の変遷をたどると、幕下から序ノ口までさまざまで、場所ごとに変わっているようです。

 明治26〜29年にかけて相生という幕下力士が続けて務めたあと(31年春にも登場、これが最後)、式守伊之助の弟子である幕下力士の白ノ峰が30年春からほぼすべての場所で弓を振り続けました。 この間、別の力士が振ったのはたったの3場所しかありません。明治40年代になると地位はどんどん下降、大正3年春には序二段にまで落ちていますが、 弓取力士の地位は譲らず、とうとう世話人になっても振り続け、大正9年春まで振ること25年、実働30場所に及びました。


23:蹲踞して礼
平成17年9月6日目・皇牙
 この頃には弓取専門力士という役目が確立したのか、連続して数場所振り続ける例が増えてきます。白ノ峰のあとをうけたのが関取になりたてだった常陸嶋で、3場所務めています。 その常陸嶋が入幕した11年春には生田川が振りましたが、これも関取です(12年の両場所も生田川が振っていますが、このときは幕下)。 14年夏に初登場した序二段力士の廣嶋は出羽海部屋の力士、この人は廣錦と改名して幕下に上がり、15年夏から昭和11年春までのほとんどの場所で弓を取り、一時期年4場所だったのにも助けられ、実働31場所の新記録をつくりました。

 廣錦のあとは新谷改メ周防洋が15年夏まで振っていますし、映画もあります。たいへんに激しい振りっぷりです。 戦争が終わり、昭和21年秋には大岩山が1場所だけ振りました。大岩山は新入幕、記録のある中では初めての幕内力士による弓取です。 翌22年夏から24年いっぱいは三段目の日和山が担当しましたが、25年から26年春まで務めたのが幕下の御神山で、実は元関取の瀬戸錦でした。


若風
平成10年9月2日目(V)
 ここから10年は弓取力士の地位がやけに高いです。なぜならば、26年夏から大岩山が復活したからです。27年春から毎日弓を振るようになり、 28年夏からのテレビ中継スタートと合わせて幕内力士の大岩山は名を売りました。29年夏、弓取力士史上最高の人気力士が登場します。 もう既に関取だった江戸っ子大田区出身の大田山が、童顔と太鼓腹を見せながら堂々と弓を振り始めたのです。 お世辞にも強い力士とは思われていませんでしたが、関取からも落ちないでいて、そればかりか32年9月には入幕してしまいました。


新明
平成12年5月千秋楽(V)
 それ以降の力士を少し並べますと(カッコ内は登場期間。初日からとは限らず、千秋楽までとも限らない)、緑岩(34年5月〜9月・元十枚目)・十三ノ浦(34年11月〜36年5月)・若熊(36年7月〜42年3月)・雲仙山(37年1月・元十枚目・のち十枚目)・克田山(38年9月〜41年7月)・柏錦(41年9月)・栃桜(41年11月〜45年5月・のち十枚目)・大地(42年7月〜44年1月)・陸前(44年3月〜45年9月)・太光山改メ太晃山(45年11月〜51年3月)・岡部(48年5月〜9月・のち十枚目千代の海)・板倉(48年11月〜50年3月・のち幕内大豪)・福錦(50年5月〜60年1月)と続きます。


武蔵富士
平成15年5月13日目(V)
 弓取力士の系譜を追いかけるとき、昭和50年代の大弓取力士として名を逸することができないのが江戸の華です。 地位は序二段と三段目を行ったりきたりでしたが、部屋の横綱北の湖をはるかにしのぐ巨体で独特の存在感を示していました。 50年7月6日目に初登場以来、僅か3日しか休みがなく、57年7月の千秋楽まで43場所、史上最多の637回を数える弓取界の横綱です。


皇牙
平成17年3月8日目(V)
 また名前だけを列記しますと、秀の龍(57年9月〜58年1月)・香久山(60年3月〜9月)・花武蔵改メ小金富士(60年11月〜62年9月)・鳳龍(62年1月〜平成元年7月)・六甲山改メ日の出富士(62年11月〜平成2年9月)・巴富士(平成元年9月〜2年5月・のち小結)・秀ノ花(2年11月〜3年7月・元十枚目)・北斗旭(3年9月〜5年5月)・高見若(4年9月〜7年9月)・高見錦(6年7月)というようにつながり、上記の若風以降に至るわけです。 筆者が目の前で見ているのは若風から皇牙まで(貴ノ湖を除く)の4名ということになります。若風の437回は、江戸の華に次ぐ回数で、さしずめ「平成の弓取大横綱」というところでしょうか。 皇牙が追い上げて平成16年1月初日の初登場から平成19年3月まで皆勤、都合300回となり、240回の高見若を追い越して史上5位まで伸ばしました。 4位が部屋の大先輩の大田山で355回、3位の若熊は360回でした。

 十三ノ浦からあとはだいたい横綱のいる部屋から出ています。もし担当の力士が休場してしまった場合は、経験者が代役をこなします。 極端な例が58年1月で、秀の龍が初日に振っただけで、2日目からは福錦に代わっています。福錦は50年7月5日目以来7年半ぶりの復活で、しかも60年1月まで振り続けてしまいました。 経験者もいない場合は、器用そうな力士に頼むことになってしまいます。通常は巡業でスペアを立てて練習をさせておくものですが。

・あれこれ


(左)東京場所の化粧廻し(平成17年9月6日目)
(中)大阪場所の化粧廻し(平成19年3月6日目)
(右2枚)皇牙自身の化粧廻し(平成18年11月6日目・平成19年3月6日目)
 弓取の化粧廻しは、それ専用のものを使っています。大阪春場所以外では、相撲協会の徽章(明治42年6月制定・東京大角力協会の「大」を上下にして円形に囲み、国花の桜を中央にしたもの)があしらわれた紫地のものを用います。 巡業の場合も、やや紫が濃いような感じはしますが、ほぼ同じものです。大阪だけは東西会から贈られたもので、 軍配があしらわれたものです。ところで、弓取力士は(新序出世力士を別とすれば)関取と並んで化粧廻しを使える特権を持ちますが、 皇牙は弓取力士でありながら関取でもありました。自分の化粧廻しを当然持っています。大岩山は自分の化粧廻しを締めて弓を振っていました。 皇牙は幕下時代の2年強を弓取力士として務め、「弓取の皇牙」として名も通っていましたので、関取になって贈られた化粧廻しにも弓取姿があしらわれたものがあります。 皇牙ばかりが目立っても…という気もしないではありませんが、せっかく関取になったんだから…という感じも受けます。

 その皇牙の最後の場所、平成19年3月の11日目、大阪場所なのに化粧廻しは予備としてある協会のものでした。紛失したとかで、「盗難届を出すかどうかはもう一度探してから決める」ということになりましたが、 運良く翌日ちゃんと見つかりました。通例東にあるはずの化粧廻しがなぜか西の支度部屋にあったからだそうです。

 弓取力士は「勝ち力士の代理」です。もし結びが引き分けてしまったならば、というのが次の話です。千秋楽しかやっていなかった頃は、理屈通りでした。 つまり、勝ち力士がいない以上振りようがないので、弓取式自体が行われていません。ところが毎日振るようになって数年、 昭和33年11月の7日目、若乃花に出羽錦の相撲は、この割3回目の引き分けでした。そうなると、勝ち力士はいないけれども、やらなければファンサービスのためという当初の目的から外れることになります。 ということで、結局やりました。しかも、弓取の大田山は向正面から登場するという強引な演出で行われました。


たとえ座蒲団が飛び交っても
平成18年11月7日目・皇牙
 弓取式は結びの一番の直後です。一波瀾でもあろうものなら…九州などは波瀾がなくてもですが…あちらこちらから噴き出す噴き出す座蒲団の雨あられ。 これらの座蒲団は土俵めがけて投げ飛ばされるのが常というもの、つまり弓取力士は恰好の標的となってしまいます。 弓にでも、体にでも、ぶつけられて弓を取り落としたならば、どうするか、という話です。「勝ち力士の代理」を標榜している以上、手を使って土俵の弓を拾うことはできません。 足を使って拾わなければなりません。反動をつけて足の甲で掬い、蹴上げて手で受け止めるということになります。名人大田山は弓を土俵の外へ振り飛ばしてしまったそうです。 こうなると、呼出が拾うまでに時間がかかってしまいます。その間、大田山は四股を踏んでつないでいたそうです。

 大ハプニングといえば、昭和38年9月のことです。36年7月以来弓取を務める花籠部屋の若熊が、胆嚢炎を起こして3日目から休場しました。 代役を探さねばなりません。ところが、37年1月にやっぱり若熊の代役で弓取をやった雲仙山は、惜しくも38年5月限りで廃業していました。 他に経験者がいるわけでもありません。人気のあった大田山はもう錦戸親方になっていましたから、引っ張り出すこともできません。 新人として春日野部屋の克田山に白羽の矢が立てられました。初っ切りをやる器用さを買われての人選でした。 そんなわけで、若者頭の幡昇と組んで相撲教習所で猛特訓を行い。いざ本番に挑みました。やはり器用な克田山のことで、堂々とやったそうですが、 最後に振った弓が向正面の24代庄之助の右顎を直撃しました。本人は全然気づいていなかったようで、部屋の大関栃光に言われて初めて分かったようです。 ぶつけられた庄之助は右顎関節打撲で13日目までの休場を余儀なくされました。

 花相撲などでは専門外の力士が弓を取る例も稀にあります。横綱栃錦の引退相撲で弓を取ったのが親友の関脇出羽錦で、 この評判はなかなかのものがありました。のちのち、小結舞の海も弓を振ったことがありましたが、こちらは司会者に「弓に取られた」と評され、稀代の技巧派も弓相手に苦悶したようです。

 一日の最後を飾る弓取式、これを見ずして帰る人の多いこと多いこと。木戸の混雑を避けたいというのも分かりますが、専門力士の至芸を打ち捨てるほうがずっと勿体ないことでしょう。 さて次回からは、弓取式でも向正面に蹲踞している行司・呼出のはなしを始めます。
前画面に戻る