大相撲東風西雅
11:「行司」のはなし

見るは足許(式守與之吉)
平成17年9月7日目

 ここまで10回の大部分は、力士が中心でした。今回は、きらびやかな装束と、素早い軍配裁きが目を惹く「行司」のはなしを2回にわたってします。


前相撲、裁く行司と控える行司
平成18年11月6日目
・裁き

 行司とはどんな人?といえば、「力士の取組を裁き、勝負の判定に当たる人」ということになります。 ただし、行司の判定に異を唱えたい審判委員や控え力士は物言いをつけることができ、しかも物言いがついてしまったら行司は判定を審判委員にすべてを任せなければならないという事情はあります。 ですが、「審判規則 行司」第2条の言葉をそっくり借りれば、「行司は、両力士が土俵に上ってから競技を終えて土俵を下りるまで、その進退に関して一切の主導的立場にある」人であり、権威は相当なものです。

 ということで、土俵で取組を裁くときの動きです。力士も自分の相撲の2番前に土俵下に入って控えますが、行司も向正面に控えます。 ですが、その日1番取れば終わる力士とは違って、行司の場合は下位になると1日に10番ほど裁くことになります。 ですから、自分の前の行司が土俵に上がったら、自分は軍配を持って花道を入場し、一礼ののち控えに入って待っていなければなりません。 なぜならば、土俵で裁きに当たっている行司が負傷でもしたならば、取って代わらなければならないからで、「審判規則 行司」の第21条に明記されています。 例えば、平成11年3月の5日目、貴乃花が旭鷲山を寄り倒した際、29代式守伊之助が吹っ飛ばされて立ち直れず、控えの29代木村庄之助が代わって勝ち名乗りをあげるというようなこともありました。 軍配が壊れてしまったら、控え行司のものを借りてしのぐことにもなります。軍配には房がついていて、長い房紐でつながっています。 軍配・房・房紐のはなしもしますが、ほとんどの場合房紐を折りたたんだ状態にして軍配を使うのだ、ということで先に進みます。

 「行司溜まり」という言葉がありますが、これは土俵のすぐ脇である「土俵溜まり」のうち、向正面側を指します。 行司が向正面に控えることからきた称です。


歩み出る木村朝之助の2歩目
平成16年5月8日目
のち33代木村庄之助
 さていよいよ出番、自分の前の行司が土俵を下りたら、自分は土俵に上り、向正面の二字口に立ちます。 右手に持っている軍配は、ダラッと下げてしまうことなく、水平になるように持ちます。 その間に力士が呼出に呼び上げられ、土俵に上がって赤房下と白房下で四股を踏むので、 このときに行司は3歩半前に歩み出て、(自分が裁く最初の取組では一礼してから)力士を呼び上げます。この呼び上げは、奇数日目は東が先、偶数日目は西が先です。 東の力士を呼び上げるときは東を向きますし、西の力士を呼び上げるときは西を向きます。十枚目以上の行司が東方力士を呼び上げる姿(平成18年11月6日目)を附録1として載せておきます。

 呼び上げるときは腕を水平に伸ばして、軍配で東や西をさす形になります。通常は、奇数日目を例にとると、 東を向いて「○○に〜」と東の力士を呼び上げ、「に〜」と伸ばしている間に西向きに体をまわし、「●●〜」と西の力士を呼び上げ、 「〜」と伸ばしている間に正面向きに戻り、呼び上げ終わったら右腕を下にさげる、という順序になります。


31代木村庄之助による結びの触れ
平成17年9月6日目
 登場する力士に三役以上の力士がいれば呼び上げ方が変わり、「かたや、○○、○○〜、こなた、●●、●●〜」というように、力士の名を2回繰り返します。 これを「二声」といいます。中入り直前の相撲の場合は、「かたや、○○、○○〜、こなた、●●、●●〜、この相撲一番にて、中入り〜」となります。 また、結びの一番は「番数も取り進みましたるところ、かたや、○○、○○〜、こなた、●●、●●〜、この相撲一番にて本日の〜、打ち止め〜」です。 昭和の末から平成の初めにかけて長期間にわたって立行司を務めた27代木村庄之助などは「この相撲一番にて」のあとに一拍おいていましたが、「この相撲一番にて本日の」は一息でやるのが本来だそうです。 なお、天覧相撲や上覧相撲の場合は「打ち止め」に代えて「結び」といいます。千秋楽だと「この相撲一番にて、千秋楽〜」ということになります。 「番数も取り進みましたるところ」というところでは軍配を立て、また「この相撲一番にて本日の打ち止め(本日の結び・中入り・千秋楽)」のところでは、まず軍配を立て、それから「打ち止め」というあたりでは礼をします。


31代式守伊之助による結びの触れ
平成13年5月初日(V)
のち30代木村庄之助
 階級のはなしはあとで書きますが、行司の中で最も上に立っているのが木村庄之助です。 写真を見ると、庄之助だけが房を垂らしています。結びの一番で力士を呼び上げるときは、房を垂らします。 これは決して庄之助の特権であるということではなくて、結びの一番を伊之助や三役行司が裁くような事態になったならば(例えば上位の行司が空位で、伊之助や三役行司が結びを裁かなければならないときや、本来庄之助が裁くことになっていた結びの一番が力士の休場によって不戦勝負になり、伊之助が裁く結び前の取組が繰り下がったとき)、やはり房を垂らすことになります。


31代木村庄之助による塵浄水
平成16年5月8日目
 力士を呼び上げたら、体を正面に向けたまま1歩半向正面に後退します。そのころ、力士は赤房下や白房下から二字口に向かいます。 そして力士は塵浄水の所作を行うわけですが、行司にも塵浄水があります。十枚目行司以上による塵浄水の姿(平成18年11月6日目)を附録2にまとめてあります。 具体的には、右腕を前に出して、水平にした軍配の先が西に向くようにして持ちます。ただし、三役以上の行司は、軍配の先端を左手で支える形をとります。 力士が塵を切り終わるとき、行司は軍配の先を正面に向け、そして腕を下げ、2歩半後退して二字口に戻ります。


合わせる行司は33代式守伊之助
平成17年9月6日目
のち32代木村庄之助
 力士が土俵中央で四股を踏み終わるころ、行司は二字口から3歩半前進して両者の間に割って入る形になります。 両力士が蹲踞して、気が整ったと見るや、行司は東に体を向け、「構えて」「見合って」「見合わして」「見合うて」というような掛け声で、力士に仕切りを促し、呼吸を合わせるように命じます。 「審判規則 行司」の第5条を引くと、「行司は、勝負の判定を決すると同時に、その協議を円滑に進行させ、両力士を公平に立ち上がらせるために指導し、助言する。 力士の仕切りに際しては、「構えて、まだまだ」等の掛け声をなす」とあります。力士は「今ぞ」と思ったら立ち上がりますが、もしそれが行司から見て公平な立ちでないと判断される場合、 「まだまだ」と声をかけて制止します。また、最近はあまり見かけませんが、両力士の気が合していないと思われる仕切りの場合でも「まだまだ」という声をかけます。


合わせる行司は木村寿行
平成16年5月8日目
 「東に体を向け」と書きましたが、単に東に体をまわすだけではありません。足幅を広くしてしっかりと構え(僅かに左手で装束をたくし上げています)、力士の仕切りの動作に合わせて、軍配を立てます。 その間、顔までも東のほうを向いているのではなく、両力士をきちんと見て、仕切りの呼吸を見定めます。 もしこれで両力士の呼吸が合って立ち上がったならば、行司はサッと軍配を引いて土俵を動きながらその勝敗を判ずることになります。


時計係井筒審判の右手
平成17年9月8日目
 さて呼吸が合わず仕切り直しということになったら、行司は軍配を下ろし、そして現在は仕切り時間に制限があるので、赤房下の時計係審判を見ます。 制限時間いっぱいであれば、時計係の審判がその旨を右手で伝えるので、行司がそれを見た場合には、時計係に一礼をします。 そうして、また正面を向いた直立の姿勢に戻り、もし力士が塩を取るのであれば、行司は3歩半下がって二字口に立ちます。 塩を取った力士がまた土俵に入って蹲踞をするときまでには、行司は3歩半前進して再度両者の間に割って入ります。 力士の階級が低く、塩を取ることが許されていない場合には、両力士はその場で蹲踞に戻るので、行司の立つ位置は変わりません。


33代式守伊之助の軍配が返りました
平成17年9月6日目
のち32代木村庄之助
 制限時間いっぱいになった場合、行司の構えが変わります。左足は左側やや前方、右足は右側やや後方に構え、左手で装束を僅かにたくし上げながら腰を下げ、右手を立てて軍配を自分の体に寄せるような感じに構えます。 こうすると通常下向きになっている軍配の面が見えるようになるので、「軍配を返す」といいます。「行司の軍配が返りました」という実況が聞こえれば、制限時間いっぱいであることが分かります。 この構えは、仕切りの制限時間が設けられた際に発明されたものです。なお、左手を左前下方に出す行司もいましたが、最近は非常に少なくなっています。 このときの行司の掛け声としては「時間です」「待ったありません(待ったなし)」「腰を割って」「手を着いて」「手をおろして」などがあります。


立ち合い、響く掛け声、揺れる房
平成18年11月6日目・36代式守伊之助
のち34代木村庄之助
 時間いっぱいになれば力士は仕切りののち必ず立ち上がらなければなりませんが、その立ちが独善的であるなど、公平でないと思われる場合は、 制限時間前と同様、行司は「まだまだ」の掛け声のもとに制止します。「審判規則 行司」をひもとけば、第8条には「立ち合いに際しては、 両力士を公平に立たせるのが原則であるから、卑怯な立ち合いをしたときには、行司は「待った」をさせて、再度仕切らせることができる」と、 また第10条には「制限時間となって一方の力士が、両拳を下ろしていても、相手が立つ体勢でなく、拳を下ろさずに立った場合、行司はこれを待ったさせることができる」とあります。


「残った」連呼の激戦
平成18年11月6日目・式守錦太夫
 立ちました。行司は声をかけながら、土俵を動きまわります。またまた「審判規則 行司」を引っ張りますと、第7条に「両力士が立ち上がってからは、 「残った。ハッキョイ」の掛け声をなす。(「残った」は、技をかけている場合であり、「ハッキョイ」は発気揚々を意味し、両力士が動かない場合に用いる。)」と記されていますが、いくつかの問題があります。 まずは「ハッキョイ」です。実際には「はっけよい」のほうが多いです。「発気揚々」という解釈自体が戦時中に発明された代物で、これが審判規則に明記されているのは不可解なところで、 実際は由来不明とでもすべきものです。次いで、立ち合いに際してかける声です。これも「はっけよい」派と「残った」派に二分されます。 20代以降の木村庄之助で見ると、前者なのが20・22・23・27〜34代、残りが後者です。式守伊之助はヒゲの伊之助こと19代以降(庄之助になった人を除く)で調べてみますと、前者は26・27・29・30代、後者は19・24・34代です。 中には現在の34代木村庄之助のように、幕内行司の時代に後者から前者に乗り換えた人もあります。


出島の出足から逃れようとする
時天空…から逃れる式守與之吉
平成18年11月7日目
 土俵を動きまわることについては「審判規則 行司」の第18条にいわく、「行司は一ヵ所に止まらず、審判委員や観客の邪魔にならぬように動かねばならない」とのことですが、 これだと審判や客のために土俵を走りまわっているように思われてしまいます。言うまでもないことでしょうが、行司が土俵を走りまわる理由は「正しい判定をするため」この一点に尽きます。 そのために自分にとって最も見やすい位置を確保するのです。そのためには、あまり力士に近すぎても良くないし、また遠すぎても然りです。 四つに組んで止まったならば、その真ん中近辺に位置を取ります。ですが、激しい相撲になると、行司もそれに応じて動きまわり、しかも動きながら勝負の行方を見なければなりません。 蛇の目で滑って転んでしまうこともあります。さらには、正面を避けることになっているので、動くにもある程度の制約が生じます。自分が動いた方向に力士が迫ってきて吹っ飛ばされたり足を踏まれたりした例があります。 大正13年夏には、横綱常ノ花の上手出し投げで三杉礒が吹っ飛ばされ、18代庄之助に激突して二人とも怪我をし、立てない庄之助を西控えの清瀬川が両手に乗せて常ノ花に勝ち名乗りをあげさせ、そのまま花道を下がって(下げられて?)いきました。

 行司の裁きを、平成18年11月7日目の琴奨菊(寄り倒し)安馬の相撲で見てみましょう。この相撲は、すぐ前の相撲で時天空の後退から素早く逃れた式守與之吉が合わせたものです。
(1)立ち合いの瞬間
(2)與之吉軍配を引く
(3)琴奨菊東に押す
(4)なお東に出る
(5)與之吉の視線は安馬の足許へ
(6)土俵中央、與之吉も中央
(7)琴奨菊再度東へ
(8)與之吉の目はまた安馬の足許へ
(9)琴奨菊なお攻める
(10)安馬必死に堪える
(11)琴奨菊ドッと寄り倒す
(12)與之吉の軍配、サッと西へ
 行司は力士の足許を見るのが基本で、そこで一方の負けを認めた場合は、負けた力士とは反対の方屋に軍配をあげます。 ただし、行司が反則まで判断することはありません。髷を引っ張って引き落としたのが見えていてもです。 反則の判断は審判委員の仕事です。軍配差し違いは行司の成績評価に影響を与えますが、反則によって形の上で軍配差し違いになった場合は勘定しません。 さてこの相撲、琴奨菊が東に攻めているので、與之吉は僅かに西寄りに動いて安馬の足許を見ています。 そのあと土俵中央に戻って動きが止まったので、與之吉は両者の中央あたり、赤房寄りのところに行き、体勢を見ています。 力士のまわしが緩んだ場合、行司は両者の動きを止めてまわしを締め直さなければならないので、この場合は足許より上も見ます。 そうするうちに琴奨菊がまた攻勢に出たので、與之吉は両者から見てやや西寄り、つまり向正面二字口で体勢を下げ、足許を見つめて勝負の帰趨を見定めます。 安馬は堪えて右に打っ棄ろうとしましたが、琴奨菊はそのまま重ね餅で寄り倒しました。ここで與之吉は西に軍配をあげるのです。 軍配のあげ方も人それぞれで、腕だけでなく体も勝ち力士の方屋に向け、腕を水平に出す人もあれば高々と天井向きにする人もあり、体は正面向きのままで腕を勝ち力士の方屋に向けて上げる人もあります。 ついでに一つ。與之吉は時間いっぱいになると「時間です」「手を着いて」という掛け声を発する行司です。 ですが、「手を着いて」という掛け声であろうとなかろうと、安馬はほとんど手を着きません。困ったものです。

 「審判規則 行司」の第3条を見てみます。「相撲勝負の判定を公示するため、行司は勝ち力士出場の東または西に軍配を明白に差し上げることによって、 勝負の決定を示し、両力士立礼の後、勝ち力士に勝ち名乗りを与えて競技の終了を示す」。行司にとって最大の難事といえば、これでしょう。 第4条はもっと具体的です。「行司は、勝負の判定にあたっては、いかなる場合においても、東西いずれかに軍配を上げねばならない」。こんな相撲でもです。
若の里に白鵬、軍配は白鵬
平成17年9月6日目
木村光之助・のち34代式守伊之助
 まったく厄介です。輪をかけて厄介なのがこれらです。第16条のいうことには、「行司は勝負決定の軍配を東西いずれに上げても、審判委員または控え力士からその判定に異議を申し出られると、拒否することができない」。 加えて第17条には「異議申し立ての物言い後の判定は、審判委員に一任する」ということで、物言いをつけられたら、行司は協議にこそ参加できるものの、判定権はありません。
物言い協議中
平成17年9月6日目
木村光之助・のち34代式守伊之助
 協議が終わると、行司は一度行司溜まりに座ります。審判長の説明で協議結果が観客にも知らされます。結果は「軍配通り」「差し違い」「同体取り直し」の3通りということになるでしょう。 軍配通りであれば、通常の勝ち名乗りと同じ手順になるので、後述します。差し違いとされたなら、勝ち名乗りの手順の前に、軍配をあげ直します。 同体であれば、行司は向正面から3本半歩いて土俵中央に進み出、軍配を立てて「只今の勝負、取り直しにござります」と口上を述べながら、礼をして軍配をおろし、1歩半下がります。 その後は通常どおり、塵浄水からの一連の流れに戻ります。
同体取り直し
平成17年9月6日目
木村光之助・のち34代式守伊之助
 そしていよいよ勝ち名乗りです。まずは両力士が二字口に立つのと同時に行司も土俵中央に立ち、3人同時に礼をします。 負け力士はそこで土俵を下り、勝ち力士は蹲踞します。行司は勝ち力士のほうを向き、軍配を立て、勝ち力士の名を呼び上げます。 勝ち力士は右手を右下に垂らして受けます。懸賞金がなければ、勝ち力士は土俵を下ります。行司は名を呼び上げながら軍配を下げ、正面を向いて3歩半後退し、二字口に戻ります。 懸賞金があるならば、軍配を水平にして懸賞金を乗せ、左手で軍配の先を支えるようにして捧げ持ち、勝ち力士のもとへ運びます。 たいていの行司は2歩半で進んでいますが、中には3歩半の人もいます。勝ち力士が手刀を切って懸賞金を受け取ったら、行司は軍配を立て、土俵中央まで後退し、それから正面を向いて向正面二字口に後退します。 自分が裁く相撲がすべて終わったならば、ここで一礼をして土俵を下り、花道でまた一礼をして退場です。

 裁く番数は、木村庄之助が1番、式守伊之助・幕内行司・十枚目行司が2番(ただし中入り直後は1番の場合もある)ですが、幕下以下になると多くなります。 平成18年11月7日目で見ると、幕下以下は4〜9番裁いています。

・土俵上の仕事


西方幕内土俵入りを引く
平成17年9月6日目
式守与太夫・のち34代木村庄之助

軍配を捧げ持って蹲踞
平成17年9月6日目
式守与太夫・のち34代木村庄之助
 行司は勝負の判定に主に従事する職業ではあります。ですが、それだけではありません。「土俵」という言葉がつく仕事としては、「土俵祭りの祭主」というものがありますが、 これについては第7回で詳述しましたので、参照ください。

・土俵入り

 「土俵」がつく仕事といえば、土俵入りの先導です。土俵入りを先導することを「引く」といいます。 十枚目のと幕内のとは全く同じです。呼出は赤房下か白房下で柝を打っています。行司は力士を従えて、先頭を切って花道を入場します。 軍配は水平に持ち、左手で支える形です。そして赤房または白房にまで到達したら、いったん止まります。 ちょうどその頃に場内アナウンスで「先導は、式守与太夫」というように行司の名を言うので、そうしたら行司は東または西の二字口から土俵に上がり、反時計まわりに土俵を歩きます。 力士たちもあとに続きます。ですから、行司が堂々と時計まわりに歩いてしまうと、力士もそのまま時計まわりに歩いてしまいます。 行司は、土俵を1周したら、土俵中央に向いて正面側の足から3歩半歩き、正面を向いてしばらくは立っています。 そして最後の力士が土俵に上がろうかというときに、行司は蹲踞して、房を土俵に落とします。そして房紐のちょうど真ん中あたりをつまみ、房をまわします。 行司から見れば時計まわり→反時計まわりの順、ですから正面から見れば反時計まわり→時計まわりの順ということになります。 そして房紐を再度折りたたみ、しばらくはまた元のように軍配を捧げ持った状態で蹲踞し続けます。そして、東の場合は最後の力士が向正面を過ぎる頃、 西であれば最後の力士が正面を過ぎる頃に立ち上がり、自分が出てきた二字口のほうへ向き、正面側の足から歩いて土俵を下り、花道を下がります。

 御前掛かりですと、入場する力士は一度花道で整列して正面貴賓席を向き、一斉に礼をしてから土俵に上がります。 並び方については第8回の通りで、東であれば行司は青房下、西だと黒房下です。 全員が並ぶまでは行司は立ったままで、最後の力士が上がると行司は蹲踞して、同じように房を振ります。 そして全員の所作が終わると、場内アナウンスで最初に名が呼ばれるのは行司なので、呼ばれたら一礼して、そのまま花道を退場してしまいます。 ですので行司にとっては御前掛かりは出番が短くなります。


横綱朝青龍の土俵入りを引く
平成18年11月6日目
36代式守伊之助
のち34代木村庄之助

軍配を捧げ持って蹲踞
平成18年11月6日目
36代式守伊之助
のち34代木村庄之助

房をまわす
平成18年11月6日目
36代式守伊之助
のち34代木村庄之助
 横綱土俵入りでは、軍配を捧げ持った行司の前で、呼出が柝を打ちながら入場します。呼出は赤房下または白房下で柝を打ち続けますが、行司はそのまま溜まりに進み、 土俵に上がって二字口に立ち、正面側の足から3歩半歩いて正面を向き、2歩半下がって蹲踞します。横綱は土俵に上がって塵浄水を行います。 塵浄水が終わったら横綱も行司も立ち上がります。行司は向正面に1歩半下がってまた蹲踞します。横綱はその間に土俵中央に進み出て正面を向きます。 「その間に」としましたが、貴乃花や朝青龍は行司が蹲踞するのを待った上で土俵中央に出てくるようにしていました。 別にこれがいけないということはありません。横綱は土俵中央で拍手を打ち、さらに進んで四股を踏み、せり上がろうとします。 このとき行司は房を土俵に落とし、十枚目や幕内の土俵入りと同じように房をまわします。まわしたら、すぐに房をたたまないで、しばらくは左手で軍配を支えます。 そして横綱が3度目の四股を左足で踏む頃に房を折りたたみます。そうして、横綱が二字口に下がるのに合わせて行司も立ち上がり、正面へ1歩半前進して蹲踞します。 横綱は再び塵浄水を行い、終わって横綱も太刀持ちも露払いも立ち上がるとき、行司も同時に立ち上がります。 横綱によっては礼をするので、行司も合わせて礼をして、2歩半前進して二字口を向き、正面側の足から歩いて土俵を下り、花道を退場します。 天覧相撲や台覧相撲の場合は、花道を入場して赤房下または白房下に達したときに貴賓席に向かって礼をするのが普段と異なるだけです。

 担当する行司は、十枚目の土俵入りは十枚目行司、幕内土俵入りは幕内行司と三役行司、横綱土俵入りは立行司です。 それぞれについて輪番で務めます。といっても立行司は木村庄之助と式守伊之助しかいませんから、輪番制というよりは交代制ということになりますが。 なお立行司が1人以下であれば、三役行司も輪番に加わります。平成6年1月と3月のように、立行司そのものが不在になった場合には、 次代の立行司を選考するために、立行司が行うべき仕事をすべて輪番制で実施しました。

・弓取式


皇牙の後ろに控える33代木村庄之助
平成18年11月6日目
 結びの一番を裁いた行司は、弓取式まで務めます。ほとんど前回に書き尽くしてしまいましたが、 行司は呼出から弓を左手で受け取り、これを垂直に持って弓取力士のほうを向き、「(勝者の四股名)代、(弓取力士の四股名)」と名乗りを上げ、 弓を横ざまに左手で持ちながら軍配でも弓を支えるようにし、弓取力士に渡したら行司は左前に歩いて弓取力士の右脇を抜け、そして向正面二字口で蹲踞して軍配を返します。 弓取式が終わるまでそのままです。弓取力士が二字口に向かう頃に立ち上がり、弓取力士が蹲踞して右手で礼をするときに行司は立礼して土俵を下ります。 これで1日が終わるという寸法です。なお巡業では弓取に行司がつかないようです。

・顔触れ言上

 立行司の晴れ舞台はまだあります。「顔触れ言上」です。幕内土俵入りと横綱土俵入りが終わった直後、まだ中入時間に余裕があるときに、翌日の幕内取組を紹介します。 行司が白扇を使う珍しい仕事でもあります。土俵中央にはマイクが立ち、そこに立行司が登場します。すぐ西寄りには呼出が立ちます。

33代庄之助による顔触れ言上
平成18年11月7日目

つき従う呼出邦夫
平成18年11月7日目
平成18年11月現在、呼出の最高位者である立呼出は不在で、副立呼出の秀男が出てきています。 行司は右手に広げた白扇を持ち、半分に折った紙の束を左手で持ちながら扇の上に置いています。 呼出は柝の音を響かせ、「とざい〜と〜ざい〜」と館内に呼びかけます。行司はここで一礼をし、「憚りながら明日(みょうにち)の取組をご披露仕ります〜」という言上を述べ、一礼します。 呼出は向正面に後退し、「とざい〜と〜ざい〜」と再度言って土俵を下ります。この間に別の呼出が土俵に上がり、行司の左後ろ、つまり西側やや向正面寄りに蹲踞します。蹲踞する呼出は十枚目呼出が輪番でやっています。 現在は入場時点でもう扇を広げているようですが、29代庄之助の頃は、紙を丸めて紙縒りで結わえた状態で土俵に持ってきていて、言上を述べながらその紙の束を上にかざしていました。 そして言上が終わると、紙縒りを外して土俵に落とし、それから扇を広げて紙を乗せていました。 さて、行司は最初の紙を左手に取るわけですが、それには「○日目取組」と書いてあります。「○」は当然翌日の数字が入ります。

36代伊之助による顔触れ言上
顔触れを持ち替える呼出松男
平成18年11月6日目
のち34代木村庄之助
この紙は、東→正面→西の観客に向けて回覧されたあと、蹲踞している呼出に正面向きにして渡します。 呼出はこれを左手で受け取って西→向正面に示し、右手に持ち替えて東→向正面に回覧したあと、正面向きに持ちます。 その間、行司は順番に翌日の取組を紹介します。「□□に、△△〜」というようにやりますが、奇数日目の分を紹介するときには東方から、 偶数日目の分は西方から紹介します。取組を書いてある紙を「顔触れ」といい、大きさは縦48cmの横33cm、十枚目行司〜三段目行司が相撲字で書きます。 この顔触れも、正面から見ると奇数日分は「西東」、偶数日分は「東西」という具合に書いてあります。一つ一つ行司が読み上げ、先に書いた要領で行司と呼出が場内に回覧します。 呼出はいちいち左手で受け取った顔触れを途中で右手に持ち替えるので、右手でつまんでいる顔触れはどんどん重なっていきます。だいたい5〜7番ごとに、最初に土俵に立った呼出が向正面土俵に立っては「とざい〜と〜ざい〜」と言って土俵を下ります。 結びの一番まで紹介した行司は、最後の顔触れを呼出に渡したあと扇を閉ざし、「右、相務めまする間、明日(みょうにち)も賑々しく、ご来場をお待ち奉ります(人によっては「おいでをお待ち奉ります」)」という口上を述べ、一礼します。 この口上の間に、最初の呼出が向正面に立ち、「賑々しく」のあとに柝を入れ、行司の一礼のあとにも柝を打ち鳴らして締めます。 なお、蹲踞していた呼出は、結びの一番の顔触れを左手で受け取ると、右手に持っている結び前までの顔触れの上に重ねてしまい、顔触れを両手で持って立ち上がり、西→向正面→東の順に見せて、土俵を下りていきます。

 顔触れ言上は中入の時間にやりますが、意外に時間がかかるので、十枚目までの取組進行が遅れてしまった場合には、立行司の判断で行わないことになります。 江戸時代から連綿と続けられてきましたが、幕内力士が増えてきた関係もあって昭和34年5月を最後にいったん打ち切られました。 それから10年もたって、45年1月に一人横綱大鵬の休場で時間が余るために復活しましたが、翌場所には3横綱になったために呆気なく打ち切り、 その後47年7月に一人横綱北の富士が休んだために8日目から復活ということになり、それ以降は時間が充分にあるときは行われています。


新序出世披露・行司は木村純之助
平成16年5月8日目
・新序出世披露

 第5回に書いた通りですが、これは幕下以下の行司が務めます。出世力士が花道から入ってきますが、 行司は先導するわけではなく、後ろにくっついてきます。しかも、軍配を持ちません。力士が紹介されている間は向正面に控えています。 そして紹介が終わった頃に呼出と同時に土俵に立ち、呼出が柝を打って「とざい〜と〜ざい〜」と触れている間に行司は一礼し、 口上を述べます。口上は「これに控えおります、力士儀にござります。只今までは、番附外に取らせおきましたところ、当場所成績優秀につき、本日より番附面に差し加えおきまする間、以後相変わらずご贔屓お引き立てのほど、ひとえに願いあげたてまつります」です。 「これに控えおります、力士儀にござります」の間、行司は扇を閉じたまま先を持ち、柄の方を「これ」すなわち力士に向けます。 口上を進め、「ひとえに願い」まで進んだところで呼出が柝をひとつ、行司は続けて最後まで朗々と述べます。 その後力士が立ち上がって四方に向かって礼をしますが、この号令も行司の役目で、まず「起立、礼」、次いで「右、礼」を4回繰り返します。 これで新序出世披露は終了、全員土俵から下りていきます。

 これが土俵での仕事のあらまし、大雑把にいえば、装束をまとってする仕事ということになるでしょうか。 しかし、まだ土俵外での仕事もたくさんありますし、行司の起こりも階級のはなしもしていません。次回は、行司のはなしの後半です。
前画面に戻る