大相撲東風西雅
12:「行司」のはなし続

九州場所の場内放送席
平成18年11月7日目

 前回で土俵上の仕事をざっとやりました。ということで今回は土俵外での仕事…といきたいところですが、もう少し行司の皆さんには装束を身に着けていていただきましょう。

・階級と装束

 行司の階級は、上から立行司・三役行司・幕内行司・十枚目行司・幕下行司・三段目行司・序二段行司・序ノ口行司の8階級です。 行司は入門後3年間は「見習」とされていますが、それでも階級の昇降は通常通り行われます。幕下以下は「行司養成員」と呼ばれ、 師匠である親方や立行司がその養成に当たり、実務の指導は立行司や行司会が行っています(行司会は昭和33年に力士会から独立した組織で、一種の親睦団体ですが、その目的は「人格向上・修業」で、若手行司が指導を受ける場でもあります)。 晴れて十枚目行司となると、一本立ちしたとみなされ、あとは自分で自分を磨かねばなりません。十枚目以上の定員は22名、行司全体の定員は45名です。

 この行司の階級・順位を編成する際の「成績評価基準」は、次の6項目です。もとは差し違いの数が順位の昇降に大きく影響しましたが、昭和46年12月に現行の評価基準に改められました。

 ・土俵上の勝負判定の良否
 ・土俵上の姿勢態度の良否
 ・土俵上のかけ声、声量の良否
 ・指導力の有無
 ・日常の勤務、操行の状況
 ・其の他行司実務の優劣

 評価は審判部長及び副部長・巡業部長・指導普及部長・監事が場所ごと・巡業ごとに行っていて、そこでつくられた考課表が理事会に提出されます。 順位の昇降は年1回、9月場所後に決められ、翌年1月から実施されます。なお順位の特進もできることになっています。 この評価は立行司を除くことになっていますが、式守伊之助は襲名後2年間に限って継続されます。

 階級の違いは、装束を見ると(ある程度)一目瞭然です。

階 級
(房・菊綴・紐の)色
足 許
右 腰
左 腰
立行司
木村庄之助
総紫足袋・草履印籠短刀
33代木村庄之助
平成18年11月6日目
31代木村庄之助
平成17年9月8日目
31代木村庄之助
平成17年9月8日目
33代木村庄之助
平成18年11月6日目
立行司
式守伊之助
紫白足袋・草履印籠短刀
33代式守伊之助
(のち32代木村庄之助)
平成17年9月7日目
33代式守伊之助
(のち32代木村庄之助)
平成17年9月7日目
33代式守伊之助
(のち32代木村庄之助)
平成17年9月8日目
33代式守伊之助
(のち32代木村庄之助)
平成17年9月7日目
三役行司
足袋・草履印籠なし
式守与太夫
(のち34代木村庄之助)
平成17年9月6日目
式守与太夫
(のち34代木村庄之助)
平成17年9月6日目
式守与太夫
(のち34代木村庄之助)
平成17年9月6日目
式守与太夫
(のち34代木村庄之助)
平成17年9月6日目
幕内行司
紅白足袋なしなし
木村恵之助
平成18年11月6日目
木村恵之助
平成18年11月6日目
木村和一郎
平成17年9月7日目
木村恵之助
平成18年11月6日目
十枚目行司
青白足袋なしなし
木村晃之助
平成17年9月8日目
木村秋治郎
平成17年9月8日目
木村秋治郎
平成17年9月8日目
木村元基
平成18年11月6日目
幕下行司
以下
黒または青裸足なしなし
木村光太郎
平成18年11月6日目
木村悟志
平成18年11月6日目
木村光太郎
平成18年11月6日目
木村悟志
平成18年11月6日目

 「審判規則 行司」の第1条で、規定の装束を着用して軍配を用いることが定められています。規定の装束というのが烏帽子・直垂で、烏帽子は上の写真に出ていませんが、漆塗りの黒い帽子です。 「侍烏帽子」または「折烏帽子」というもので、緒を顎で結んでいます。直垂は上衣と差袴(切袴)で一対をなすもので、十枚目行司以上は正絹製、幕下以下は木綿です。 なお正絹は冬用と夏用に分かれ、前者は固地綾、後者は絹紗です。直垂の色や紋については特段の定めはなく、贈り主の名などが入っている例がよくあります。 ですが、菊綴や胸紐、袖紐、裾紐の色は、階級によって定められた色で統一します。こうなったのは明治43年5月、つまり装束が従来の裃姿から烏帽子・直垂に改められてからです。 幕下以下の「黒または青」は、現在のところ大多数の行司が青を用いているようで、黒については筆者は見覚えがありません。ときどき「幕下・三段目は青、それより下が黒」としている文献もありますが、 実際にそうであったという確証が全く得られておらず、そのような区別はなかったという説が一般的です。 裾紐の色については「足許」の写真にも写っているので一目瞭然かと思います。足許といえば、三役以上になると白足袋に草履を履くことができるようになりますが、 十枚目と幕内は白足袋のみで、幕下以下であれば何も履けず、「裸足行司」とも呼ばれます。しかも幕下以下は裾紐を使って直垂を膝下でくくることになっています。 三役以上の特権としては、草履を履くことのほかに印籠をさげられるというものがあり、立行司になると、左腰に短刀を差します。 実際、この短刀については「特権」という表現は必ずしも相応しくないもので、差し違えた際は責めを負って切腹する覚悟があることを示すとされているものです。 なお、もとは立行司が差し違えた場合には進退伺を出していましたが、26代庄之助のときからはなくなり、口頭で詫びを入れるだけになっています。


木村城之介の軍配
「決断一瞬」
平成18年11月7日目
のち37代式守伊之助

木村恵之助の軍配
「及時当勉励 歳月不待人」
平成18年11月6日目

式守錦之助の軍配
「日月」
平成19年3月9日目

木村秀朗の瓢箪形軍配
平成19年3月6日目
・軍配

 行司にとってなくてはならないものが軍配です。「軍配団扇」とも、単に「うちわ」とも言っていますし、軍配箱には「軍配団扇」と書かれていますが、通常は「軍配」と言います。 欅・樫・紫檀などの木材を用いてつくるもので、重さはだいたい1kg弱、漆塗りのものも白木のものもあり、さまざまな紋様や文言が描かれます。 形から「卵形軍配」と「瓢箪形軍配」に分けられますが、現在「瓢箪形軍配」を見ることは極めて稀です。 古くは「式守家は瓢箪形」というような真偽のほどは分からない俗説が流れていましたが、卵形にほぼ駆逐されてしまったようです。

 この軍配の柄の部分には、先端が房になった長い紐が取りつけられています。これが「軍配の房」で、紐の部分を含めてこう呼びます。 この色も階級によって定められたものを用いることになっています。紐の長さは12尺となっていますが、結びの一番を裁く際、力士を呼び上げるときには必ず房を土俵に垂らすので、 その関係から木村庄之助の房については身長に合わせています。よく「房の長さ12尺で12ヶ月を示し、房の糸が365本あって1年の日数を表している」という解説がありますが、 これはあくまで俗説で、いつから出てきた話なのかも分かりません。太陽暦に切り替わった明治6年以降であることだけは間違いありませんが…


現在も用いられる木村庄之助の譲り団扇
平成17年9月8日目

同じく木村正直の譲り団扇
平成17年9月8日目
 軍配の中には、代々受け継がれているものがあります。これを「譲り団扇」といいます。最も有名なのが木村庄之助の譲り団扇で「知進知退 随時出処」「冬則龍潜 夏則鳳挙」と書かれているものです。 13代庄之助が最初に用いたもので、現在でも特に東京場所では比較的よく見かけるものです。庄之助にはもう1つ譲り団扇があり、これは白檀を材料としたものです。 牡丹と唐獅子の彫金が取りつけられていて、29代庄之助は比較的よく用いていました。昭和46年1月に宝塚市の清澄寺管長から協会に寄贈されたものです。

 式守伊之助の譲り団扇は1本で、ここに書いてある文字が難しく、どう読むのかも分からないというものです。 筆者は平成13年5月の初日に1度実見したことがあるだけで、最近はあまり用いられていないようです。 幕末に愛媛の久松家から式守勘太夫(のち5代伊之助)に贈られたと伝えられているもので、その後は木村銀次郎・21代庄之助・木村今朝三と受け継がれました。 木村今朝三は現役時代から錦島親方にもなっていて、昭和33年1月限りで親方専務となり、しばらくはこの軍配を所有していましたが、 35年5月から伊之助の譲り団扇となり、そのための儀式も行われました。

 現在全く用いられない譲り団扇として、式守勘太夫のものがあります。現在の勘太夫は9代目ですが、 この譲り団扇は2代目の勘太夫(のち7代伊之助)からは少なくとも使われていたらしいものです。「一心一声」「如神」と書かれています。 かなりガタがきているらしく、現状では実用に堪えないようです。

 逆に、現在最もよく用いられているのが、木村正直の譲り団扇でしょうか。「丹心花 忠貞」と書かれているもので、これも幕末に久松家から贈られたものだと伝わっていますが、 その後誰から誰へ伝わったものかも含めて、はっきりしていません。6代木村玉之助が大阪横綱八陣調五郎の土俵入りを引いている写真には、この軍配が写っています。 大阪相撲の大行司として著名な初代の木村正直(のち8代木村玉之助→木村越後)が持っていたことは分かっていて、 そこから代々の正直に受け継がれています。現在の正直は4代目で、この軍配を非常によく用いています。

 最も歴史の浅い譲り団扇が式守錦太夫のもので、のちの29代庄之助がまだ9代錦太夫のときに使っていたもので、「中道実相」と書かれています。 これは10代を経て現在の11代錦太夫に受け継がれています。

 軍配といえば、その握り方のはなしをしなければなりません。よく言われるのが「木村家は掌を下にして、これを陰といい、式守家は掌を上にして、これを陽という」といった内容のことです。 現在、その握り方は自由なのですが、実際に平成18年11月6日目に十枚目行司以上で調べてみると(前回の附録1附録2)、 この区別はしっかり守られていました。19代伊之助が工夫したものだという説もあったりしますが、一応昭和10年代にはこの区別はあったようです(*1)。 ただ、この区別がいつからなのかは全く分かりません。ましてや、もともと行司は木村家と式守家だけではなかったわけですし、 たまたま同じ木村であっても、現存する木村庄之助をトップとする木村家と、今は断絶している木村玉之助をトップとする木村家(木村正直は本来玉之助の系統)と、 年寄名跡になってしまった木村瀬平とは(のちのち一部入り乱れますが)それぞれが別系統なので、木村と式守だけで分けている区別が存在すること自体が理解に苦しむところです。

(*1)松翁20代木村庄之助口述「木村松翁(庄之助)氏に行司の持ち器のことを訊くの記」昭和11年(活字本:33代木村庄之助、根間弘海「大相撲と歩んだ行司人生51年」平成18年)

・行司の歴史

 相撲とは切っても切れないもののように思われがちですが、さほど古くはありません。平安時代に朝廷で行われていた相撲節では、中立の立場で勝負を見定める者は存在していませんでした。 「立合」といって相撲人を立ち合わせる役目の者がいたぐらいのものです。織田信長の頃になって、「信長公記」の元亀元年(1570)3月3日の項に「其時之行事ハ木瀬蔵春庵」(*2)、天正6年(1578)2月29日の項に「行事 木瀬蔵春庵 木瀬太郎大夫也 此両人御服被下頂戴」(*3)と記されるのが最初とされています。 実際にはその80年前、延徳元年(1489)7月23日から行われた興福寺での勧進相撲のとき、「尋尊大僧正記」には「行事京者也」(*4)と、「政覚大僧正記」には「行事京ヨリ罷下」(*5)と記録されています。 さらに遡っていくと、応永26年(1419)10月3日から6日にかけて行われた法安寺造営のための勧進相撲の記録にも「行事」(*6)が出てきますし、もっともっと古く貞応2年(1223)4月13日に鎌倉幕府南庭で相撲勝負があったとき、「嶋津三郎兵衛忠義為行事」(*7)と「吾妻鏡」に記録されていますが、いずれもこれを現在の行司として考えていいのかは、はっきりしません。 むしろ、「行事」は式次第の進行役というのが本来なので、現在の行司と同一視するのは難しいでしょう。

(*2)(*3)ともに太田牛一「信長公記」慶長3年頃(活字本:近藤瓶城原編、角田文衛、五来重編「新訂増補史籍集覧」第18冊、臨川書店、昭和42年)
(*4)尋尊「尋尊大僧正記」延徳元年7月24日条(活字本:辻善之助編「大乗院寺社雑事記」、臨川書店(増補続史料大成)、昭和53年)
(*5)政覚「政覚大僧正記」延徳元年7月23日条(活字本:小泉宜右校訂「政覚大僧正記 二」、続群書類従完成会(史料纂集)、平成7年)
(*6)後崇光院「看聞御記」応永26年10月6日条(活字本:塙保己一編、太田藤四郎補「看聞御記 上」続群書類従完成会(続群書類従(訂正3版))、昭和33年)
(*7)鎌倉幕府編「吾妻鏡」貞応2年4月13日条(活字本:黒板勝美編「吾妻鏡 後篇」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成12年)



8代玉之助の墓
(四天王寺)
平成17年12月18日
 行司が勝負判定専門の職業となったのは江戸時代の半ばとみられ、流派をなす行司家が出てくるようになりました。 大きく分けて2つ、まずは「横綱」のはなしで再三登場した吉田追風で、これは実在しない志賀清林を流祖と称するものです。 他方が信長公記に登場してきた木瀬太郎太夫を祖とする流れです。吉田家については第6回で触れてあります。 木瀬太郎太夫からは岩井播磨(京都)→長瀬越後(南部)、木村喜左衛門(江戸)、木村瀬平(江戸)、木村玉之助(大坂)に伝わっているとされています。 他にも大坂の吉片兵庫、紀州の尺子一学などが有名なところです。玉之助は天明6年(1786)8月に木村槌之助が改名したものでこれが初代、 代々立行司として大正末までに10代を数え、ここで東京相撲と合併しました。11代は大阪相撲を経験していない4代勘太夫が継ぎ、のちに21代庄之助となった人物で、 12代がのちの22代庄之助、最後の13代が定年制施行によって昭和34年11月に退職して、ここで絶えました。

 これに対して、木村庄之助や式守伊之助は江戸に勃興したものです。庄之助は現在公称34代ですが、実在を疑われている者が2人あり、 また系統が違うはずの木村喜左衛門が2代に数えられており、実質的には31代目です。初代に擬せられているのは中立羽左衛門で、 寛永年中の者とされていますが、架空の人物と見られています。木村庄之助の名が出るのは公称4代目からで、5代庄之助からは吉田家の故実門人となり、 以降はほぼ江戸相撲の主席に在り続け、今に至ります。

 伊之助のほうは現在37代、これは庄之助と違って正確な代数です。式守姓は、初代伊勢ノ海五太夫が吉田家に出向いて故実門人に加えられ、行司家として式守家を立てることを許されて「式守五太夫」を名乗ったことに始まるとされていますが、 本当かどうかは定かではありません。初代伊之助は初代伊勢ノ海の弟子で、明和4年(1767)春に初登場しました。 庄之助の次席になったのが安永3年(1774)冬で、6代と8代は庄之助の上に立ったこともあります。 現在の行司装束を発案したのは11代伊之助です。

 上記のように行司の流れは大きく2つですが、のちのち岩井家も尺子家も吉田家傘下に入り、6代と8代の玉之助も吉田家故実門人となっていることから、系統はぐちゃぐちゃになってしまい、吉田家が行司界でも一大勢力をなすことになりました。 系統といえば、木村家と式守家はもとは完全に独立していましたが、一方が欠けると困るという理由からか明治半ばからは交流が見られるようになり、 遂に10代伊之助が明治45年夏から17代庄之助を襲名するまでになりました。

 長く行司は相撲部屋に属していましたが、「勝負判定の公平を期す」という名目で昭和33年1月に「行司部屋」として独立しました。 ところが、下に記すように行司がこなす事務的な仕事が多くあるので、それが円滑に進まないという大きな弊害が見られ、結局48年に解散、もとにように相撲部屋に配属となりました。 もともと相撲部屋に属していた行司はもとの部屋に戻り、そうでない人も、相撲部屋のほうが行司を欲しがったことから、すぐに配属先が決まりました。

・土俵外での仕事

 行司は土俵で勝負を裁くだけではありません。並べてみると…

・場内放送 ・番附編成会議や取組編成会議の書記 ・割場 ・番附書き ・顔触れ書き ・巡業の部屋割書き ・輸送係 ・部屋での雑務

とこれだけあります。三段目になったらいろいろな仕事を経験できるようになります。その割り振りを決めるのが立行司と「行司監督」で、監督は三役から十枚目の行司3人が務めます。 序二段以下の行司はつけ人を務めるのみです。なお、立行司になると各部署の仕事からは外れます。

・場内放送

 10人が交代で務めています。例えば九州場所の場内放送席は最初の写真の通りで、極めて簡単なつくりです。 国技館と大阪府立体育会館の場内放送席は、こうです。


国技館の場内放送席
平成16年5月8日目

大阪府立体育会館の場内放送席
平成19年3月6日目

 この位置に、主に放送をする人とそれを補佐する人の2名が座ります。放送席にはモニターが備えつけられていて、補佐のほうがこれを見ています。 主に放送を担当する人のほうは、土俵を見ています。また、そんなに難しくない場合は、決まり手も放送係自らが判断しています。 判断がつきにくい場合は、決まり手係の親方に相談しています。

 ところで、場内放送席以外から場内放送が行われる場合があります。それは土俵入りの場合です。


土俵入りの場内放送
平成17年9月7日目

 第8回に書いた通りですが、例えば東の土俵入りから順に行われるとします。すると、場内放送係は青房下に座って、各力士の四股名・出身地・所属部屋を読み上げているのです。 使うマイクは、通常物言い協議の結果を放送するためのマイクです。東の力士が全員土俵に上がると、場内放送係はマイクを持って黒房下へ移動し、西の土俵入りを待ちます。 西から始まるにしても同様です。


昭和32年11月の巻き
(九州場所展示)
平成18年11月6日目
・書き物一般

 行司はいくつかの会議に参加しますが、役目は書記です。例えば、取組編成会議には5人の行司が参加して、 その場所の勝負結果を番附順に記したものを「巻き」といいますが、これを見ながら審判委員が取組を決めていきます。 決まった取組を書き取るのは行司の仕事です。会議が進むにつれて巻きを巻いていきますが、これも行司がやっています。

 番附編成会議でも同様に書記の仕事をやります。番附編成会議で決まった翌場所の地位を、行司3人がかりであの5段に分かれた番附に仕立て上げます。 現在は式守與之吉がチーフとなっていて、10日ほど缶詰になって作業をするため、巡業に出られない場合も間々あります。

 書き物の中で最も大変だと思われるのは、割場の仕事でしょう。つまり、巻きにその日の勝負結果を書いていく仕事です。 だいたい20人弱の行司が担当しています。これを間違えると、その場所の対戦相手にも影響してきますし、翌場所の地位までもが変わってしまいます。 人数の多さはすなわち厚いチェック体制の反映です。

 番附はいわゆる相撲字で書きます。相撲字はよく勘亭流と間違えられるようですが、これは(現在は言わなくなりましたが)「根岸流」というもので、 江戸時代から番附の版元を務めていた根岸治右衛門からきている称です。さて、相撲字の出番は番附だけではありません。 相撲場の至るところにあると言ってもいいでしょう。顔触れ言上で披露される翌日の取組、つまり「顔触れ」が代表でしょう。 これも割場担当の行司が書いています。他に相撲字で目立つものといえば、巡業の部屋割りです。現在はあまり個人宅に泊まるということはないようで、 ホテルのエントランスになりますが、相撲字で部屋割りが書き連ねられています。

・輸送係

 荷物の輸送も人員輸送も行司がすべて手配します。地方巡業にしても地方場所にしても、事前に予定を把握し、 電車・バス・タクシー・飛行機の予約を一手に引き受けています。これには5人程度の行司が当たり、1年を通じて一貫して務めています。


式守与太夫の宛名書き
(のち34代木村庄之助)
平成11年8月8日
・部屋での雑務

 冠婚葬祭然り、昇進披露等の各種パーティ然り、引退相撲然りで、席割りや受付業務等を親方の指示のもとでこなします。 そのためには案内状を書いて発送しなければなりません。それを書くのも行司の仕事です。書くといえば、地方場所や巡業先で世話になる人々にも礼状を出したりしますが、 これもまた行司が受け持ちます。相撲字に限らず、書き物といえば行司が担当すると考えていいくらいです。

 とかく「1日に数番裁くのみ」と思われがちな行司ですが、数多い雑務までもカバーし、しかもそのすべてが評価の対象になるという厳しい立場にあります。 義務教育修了後から19歳までというのが年齢の制限ですが、そこから65歳の定年まで務めたとすれば45〜50年ということになります。 神経を遣う仕事の数々をこなしながら、長期間に及ぶ修行の道を全うするということは、並大抵の努力ではなし得ないことです。 次回は「呼出」のはなしです。角界にあって「粋」を体現する人々です。
前画面に戻る