大相撲東風西雅
13:「呼出」のはなし

はね太鼓
平成18年11月6日目

 美声自慢の小粋な人々、それが「呼出」。これぞまさしく名調子、相撲情緒は彼らの存在あってこそ、といえるでしょう。

・呼出の歴史

 相撲を取る人を呼び上げる、という意味では、平安時代の相撲節での「奏名(ふしょう)」という役職の者がこなしていました。 もちろんこれが今の呼出である、と言い切ってしまうことはできません。

 江戸時代にまで下って、宝暦13年(1763)刊の「古今相撲大全」をひもとけば、巻之下本に「前行司格式」という章があります。 まとめると、「行司の前役人」(*1)をつくって、東西の力士の名乗りを触れることなど「勝負を決する前の行ひハ万事」(*2)この職が務めるので「前行司」という名があって、 「近来ハ俗にふれといふ」(*3)ということだそうです。安永6年(1777)序の笑話集「珍作鸚鵡石」にも「かの角力のまへ行司が呼まするやふに」(*4)とあります。 10年弱を経過して、天明5年(1785)の序をもつ「相撲今昔物語」の巻之七には、「また前行司といふ事あり。是も由来のある事と見えたり。当時は是を触と云ひ。あるひは名乗揚といふ」(*5)とあって、 この頃には前行司という呼び名がなくなり、「触(ふれ)」または「名乗揚(名乗り上げ)」と呼ばれるようになったようですが、 寛政3年(1791)6月に行われた将軍徳川家斉の上覧相撲について記録した「相撲の私記」には「名乗揚の行司」(*6)という言葉が出てきますから、 行司と呼出の間にはっきりした区別はまだなかったようです。松浦静山の「甲子夜話」巻四に出てくる、享和2年(1802)9月18日に浅草寺で行われた将軍家斉の童相撲上覧の記録には、 「呼出 追灘金太郎 年九」(*7)という記述があり、これが「呼出」が出てくる最古の例のようです。 「甲子夜話」そのものは著者が60歳を過ぎた文政4年(1821)から書き始められたものですが、それより20年も前の記録ですから、恐らくはもとになる資料があったと思われます。

(*1)(*2)(*3)すべて木村政勝「古今相撲大全」宝暦13年
(*4)福寿軒序「珍作鸚鵡石」安永6年(活字本:武藤禎夫編「おとしはなし珍作あふむ石」、古典文庫、平成3年)
(*5)子明山人「相撲今昔物語」天明5年(活字本:国書刊行会(朝倉夢声か)編「新燕石十種」第4、国書刊行会、大正2年)
(*6)成島峰雄「相撲の私記」寛政3年
(*7)松浦静山「甲子夜話」文政4〜天保12年(活字本:中村幸彦・中野三敏校訂「甲子夜話」平凡社東洋文庫、平凡社、昭和52〜58年)


 ところで、この呼出ですが、長らく一段低く扱われてきたようで、「呼出奴」と称されました。大正時代の名著「一味清風」では、 呼出について一項を設けていますが、「呼出し奴の事(附)」(*8)ということで、おまけ扱いです。 昭和24年夏からやっと呼出の名が番附に載るようになりましたが、35年1月の番附からまた消えてしまいました。 その後、平成6年になってから待遇が見直され、もとは1〜5等という階級だったものが、6月1日からは立呼出を最高位として序ノ口呼出までの9階級に改正され、 それに合わせて7月の番附から十枚目呼出以上の名が載るようになりました。

 呼出といえば当然力士を呼び上げるから呼出なのですが、古くは完全分業制を敷いていて、呼び上げ専門の呼出もあれば、他の仕事を専門とする者もありました。 つまり「呼び上げない呼出」もいただけでなく、「呼び上げたことのない呼出」もいたわけですが、昭和40年1月からは全員が呼び上げをやるようになりました。

(*8)綾川五郎次「一味清風」大正3年(復刻:ベースボールマガジン社、昭和60年)

・その仕事

 無粋ではありますが、規則から引いてみましょう。「日本相撲協会寄附行為施行細則」の第41条には、若者頭・世話人・呼出・床山の業務についての規定があります。 呼出については、「一、呼出は、相撲競技実施にあたり、土俵の構築、太鼓、呼出、その他土俵に関する任務に従事するとともに、その他上司の指示に従い服務する」と書かれています。 このうち「土俵の構築」「太鼓」「呼出」は呼出の三大業務とされます。

・土俵の構築と維持


蛇の目をならす
平成19年3月6日目
 土俵をつくることを「土俵築(どひょうつき)」といいます。第7回で述べたように、決められた寸法の土俵をつくっていきます。 地方場所など、なにもないところに土俵をつくるならば2日間(本場所なら初日の前の週の水曜と木曜)、東京場所のように前々場所の土俵が残っている場合は火曜から木曜の3日間で作業をします。 工程は、(土俵が残っていれば)表面を20cm程度削る→水をまいて一晩寝かせる→(ここからは土俵があったなかったにかかわらず)土を盛る→突き固める→円を描く→溝を掘る→俵を埋める→最後の仕上げ、という具合です。


水を撒く
平成19年3月6日目

応急処置もする
平成18年11月7日目
 驚くべきは、そのすべてが手作業だということでしょう。なので、土俵築独自の工具がたくさんあります。主なものを挙げましょう。  初日の前々日の金曜日には、吊り屋根を取り巻くように水引幕を巻きます。北つまり黒房から巻き始め、東(青房)→南(赤房)→西(白房)と巻いて北の黒房に戻ります。 そして房を取りつけ、これで土曜日の土俵祭を待つのみということになります。

 もちろん、場所中の土俵の維持も呼出の仕事です。乾いたとみるや水を入れますし、時に応じて砂をならします。 蛇の目が荒れれば箒を入れますし、土俵が崩れたらすぐに補修です。息が抜けません。

・太鼓


東京の櫓
平成15年5月13日目

大阪の櫓
平成19年3月6日目
 熟練のバチさばきから響き渡る冴えた音色、これを出せるようになるまで5〜6年かかるといいます。 相撲興行が行われることを宣伝するためにも打たれますし、興行の節目を知らせるためにも打たれるという、これまた相撲には欠くことのできないものです。 大きく分けると、櫓の上で打つ太鼓と、肩にかついで打つ太鼓とがあります。呼出の世界ではどちらも「太鼓」としかいいませんが、俗には「櫓太鼓」「触れ太鼓」とそれぞれを呼んでいます。

 櫓の上で打つからには、当然櫓を建てなければなりません。一応、場所ごとに櫓を建て直すのが作法とされているとのことで、 檜を80本ほど使って縄で結ぶ工法でつくられていました。しかも建てる日にも決まりがあって、場所が始まる2週間くらい前の大安の酉の日ということになっていました。 もっとも、大安と酉とがいつもうまく重なるわけでもないので、大安を優先しました。そしてその日が悪天であろうとも、必ずその日に建て始めて翌日に完成させるというのです。 今でも地方場所の櫓はそのたびごとに建てています。ところが、東京両国の国技館では、平成7年9月から常設の鉄筋製櫓が堂々と聳え立つようになりました。 鉄骨櫓はなにも初めてのことではなく、戦前の両国国技館では、昭和12年1月に事務所ができたとき、その上に鉄骨製の櫓を建てましたが、現在のと何が違うのかといえば、エレベーター完備ということでしょう。 現在の国技館の櫓は、高さが16メートルほど、一辺3メートルほどの正方形を底面とする四角柱で、 太鼓を打つ部分の床は2.1メートル四方です。

 この櫓、てっぺんを見やると、竹竿が2本突き出ています。その先っぽには、麻でできた御幣がぶら下がっています。 これを「出し幣(だしっぺい)」といいます。天の神に向けて捧げているもので、天下泰平五穀豊穣を祈る意味を持つとともに、興行中の晴天を願うという露天興行時代の名残りでもあります。


巡業の太鼓
平成13年8月5日
 櫓で打つ太鼓には、「寄せ太鼓」と「跳ね太鼓」とがあります。「寄せ太鼓」は、街行く人に相撲場への来場を勧めるという意味を持っていて、 現在、本場所では朝の8時から30分間打っています。地方巡業でも、櫓はありませんが、屋外で打っています。別名を「朝太鼓」または「一番太鼓」といいます。「一番」があるからには「二番」もあります…ではなく、ありました。 古く昭和の初期までは、夜明け前に一番太鼓を、関取が場所入りする頃に二番太鼓を打っていました。 ところが夜中に太鼓の音が響くので寝られないという苦情が出るため、一番太鼓の時間が繰り下がり、結果として二番太鼓はなくなってしまいました。 一方の「跳ね太鼓」は、その日の相撲が終わった「打ち出し」と同時に打ち始めます。ちょうどその音が「テンデンバラバラ」と聞こえるので、客が帰っていくさまを描写しているともいわれます。 跳ね太鼓には「明日もまたおいでください」という意味も込められているので、千秋楽には打ちません。この打ち分けの妙技を堪能したい方は、地方巡業に足を運んで、「太鼓打分」を是非ご覧ください。


触れ太鼓
平成13年5月12日(V)

初日の取組を触れる
(ちゃんこ川崎)
平成10年9月12日
 「触れ太鼓」は、実は俗称です。「櫓太鼓」は正式名称ですが、「触れ太鼓」は呼出が「触れ」のときに打つ太鼓だからそう呼んでいる、というのが実際です。 「触れ」というのは、「本場所が行われますよ」「明日の取組はこうですよ」というのを町々をまわりながら知らせることです。 初日の前日、土俵祭の最後に「太鼓三周」があるというのは、第7回で書いた通りです。 写真も載せてあります。国技館の場合、この太鼓を叩いた呼出が相撲茶屋の前で初日の取組を朗々と触れます。 そして街に繰り出して、いろいろなところで初日の取組を触れまわります。「○○には、●●じゃんぞ〜え」という感じです。 太鼓そのものは「寄せ太鼓」と同じなのですが、歩きながら打つせいか、やや速くなります。

 ところでこの太鼓、現在使われている軽妙な響きを出す太鼓は「関西流」の太鼓です。この小柄な太鼓は、もともと上方で用いられていたものです。 ということは「関東流」もあったということです。現在使われている太鼓と比べればはるかに大柄で、 年寄伊勢ノ海家に伝わっていたものです。打てば「ドドンガ」という無骨な響きになり、「墨田の川風にバチ音もひときわ冴えて」という形容はとてもとても似合わないような音でした。 昭和戦前には関東流も残っていて、当時の相撲映画で聞こえる音は紛れもない関東流ですが、戦後になると関西流ばかりになってしまいました。


奇数日目・白房下の拓郎
平成18年11月7日目

偶数日目・赤房下の重夫
平成19年3月6日目
・呼出

 これぞ表芸、前の相撲の勝ち名乗りが済むや、土俵に上がって白扇かざすその間合い、実に絶妙。目立ちこそしませんが、やはり相撲興行に欠くべからざる大きな存在であることがよく分かります。 「前の取組が終わった直後にリプレイを会場で放映して欲しい」という意見が、勝負の判断に迷うような相撲があるたびに出されますが、わざわざ相撲場にまで足を運んでいながら勝敗にしか目が向かないというのでは寂しい限りです。 呼出の至芸に目(と耳)がいかないなんて…

 平成18年11月の7日目における十枚目呼出以上の呼び上げ姿をこちらにまとめてあります。 呼出は赤房下または白房下から土俵に上がり、土俵中央に進んで力士を呼び上げ、最初に上がったところから土俵を下ります。 奇数日目は東から、偶数日目は西から呼び上げます。ですから、初日であれば「ひが〜し〜、○○〜、に〜し〜、●●〜」という具合、2日目になると反対になります。 また、中跳ね(ちゅうばね・中入り直前の相撲)や、東西のどちらか一方でも三役以上の力士が登場している場合には、行司と同じように「二声」で呼び上げます。 つまり「ひが〜し〜、○○〜、○○〜、に〜し〜、●●〜、●●〜」というようにやります。 呼出は、土俵に上がると斜めに歩いて土俵中央に達します。既に書いたように、奇数日目は東から、偶数日目は西から呼び上げます。 つまり、奇数日目の場合は呼出は白房下から土俵に上がります。偶数日目は赤房下からです。

 呼び上げる番数は行司と同じように格が低いほど多くなります。ですので、下のほうの呼出ともなると、 番数が多いだけでなく、自分の部屋の力士以外は知らないということにもなるので、左手にメモを持っている場合もあります。やむを得ないでしょう。 もっとも、ときどき不戦勝負なのに呼び上げようとしてしまう例もありますが…

 古くは隅田川に向かって喉から血が出るような寒稽古を行っていたそうです。現在も入門後3年間は「見習」とされていて、 養成期間に充てられています。呼び上げのときの声の通り具合や声量は評価の対象ともなっていて、精進の結果が反映されることになります。

・その他の仕事

 極端な話、「いくらでもある」という感じです。


大吉の柝が入る
平成19年3月6日目
 例えば「柝(き)」。要するに拍子木のことです。拍子木を打つことを「柝を入れる」といい、拍子木が打たれることを「柝が入る」といいます。 「柝を打つ」とはいいません。興行の進行などは柝の音が合図となります。まず、その日最初の取組が始まる30分前に呼出が支度部屋で入れるのが「一番柝」です。 そのあと、15分前になったらまた東西の支度部屋で「二番柝」を入れます。そのあとに打たれるのが「呼び柝」で、これは最初の取組・十枚目土俵入りのすぐあとの取組・幕内取組、それぞれの5分前に打つものです。 つまり力士の入場を促すものです。最後に弓取式が終わったときに入れられるのが「あがり柝」で、これが入った時刻が「打ち出し」ということになります。 他にも中入り直前や結びの一番の触れの際にも柝が入ります。巡業やまだ客の多くない時刻の国技館であれば、支度部屋から柝の音が聞こえてくることもあります。 柝は太い桜の心材が使われ、少し丸みを持たせた「蒲鉾形」をしています。2本一組なのはもちろんで、ひもでつながっていますが、通し穴が開いているのは1本だけで、 もう1本のほうはひもを巻いています。この柝、右手側の柝をやや手前にして持ち、この中央に左手側の柝の端を当てて音を出すことになっていますが、 理屈通りにはなかなかいい音がしないもので、そればかりか打ち方が悪いと折れてしまいます。

 土俵とその近くでの仕事をまとめてみましょう。


塩の準備をする
平成17年9月8日目

力士の水つけの補助をする
平成17年9月7日目

懸賞旗を掲げる
平成17年9月8日目

不戦や二番後取り直しを触れる
平成17年9月7日目

怪我人の補助をする
平成17年9月8日目

鼻血が出たならタオルを
平成19年3月9日目

勝負審判の世話をする
平成19年3月6日目

西花道に控える
平成17年9月7日目

 水つけの補助もやりますが、勝負審判の時計係が「制限時間いっぱい」を合図したならば、それを力士に伝達するのも呼出の役目です。 その際は、腰掛けから立ち上がり、力士に「時間です」と告げるのです。戦前、仕切り制限時間が10分だったころは、7分になったら呼出が「しちふんですよ」とも教えていたそうです。 この伝達がうまくいかないと、時間いっぱいなのにまた塩に戻ろうとする力士も出てきます。例えば平成12年9月8日目、貴闘力に千代大海の相撲は一度時間前に立ちながらも手着き不充分でやり直しとなり、 直後に時間いっぱいになったのに白房下の呼出は座ってしまい、結果として貴闘力はさらに塩を取りに行こうとして30代伊之助に止められるという事態が起こりました。

 土俵を離れても、呼出は雑用係として多くの仕事をこなします。土俵溜まりで勝負審判の世話をするのは観客の目にも触れますが、 役員室にいる親方の世話をするのも呼出の仕事です。また、相撲場を彩る力士幟も、呼出が立てたり片づけたりしています。 巡業ともなると、先発の親方といっしょに巡業地に乗り込み、土俵をつくります。そして興行が終わったら、後始末をするのも呼出の仕事です。 露天で巡業を行っていた頃、つまり小屋掛け興行の場合は、相撲を取る小屋も呼出がつくっていました。

 これだけの仕事をこなさなければならないので、当然動きやすい作業着を着ていたいところです。 そのため、呼出は「裁着袴(たっつけばかま)」を着用しています。膝から下は細くしてあり、腰のあたりは緩やかにしてあります。 これは相撲茶屋の出方も着ています。この服装は、江戸では早くから行われていたようで、「これ(=前行司つまり呼出のこと)も行司の次席たる者なれば。 江戸のごとく裁付にてもはかせたきものなり。尤当時一歳。此前行司裁付になりし事あれども。また浴衣がけとなり。兎角法令不定事かくのごとく。 甚鄙俚なる風俗は。浴衣がけに丸ぐけの帯。或は刺下ゲ奴となり。甚だ尾漏なる風俗なり」(*9)と前にも引いた「相撲今昔物語」巻之七にあります。 この「相撲今昔物語」は大坂の書です。大坂では浴衣姿で、江戸の裁着袴とくらべて下等であると言っています。

(*9)子明山人「相撲今昔物語」天明5年(同上)

・階級

 一度書きましたが、平成6年に大改正が行われて、9つの階級になりました。上から、立呼出・副立呼出・三役呼出・幕内呼出・十枚目呼出・幕下呼出・三段目呼出・序二段呼出・序ノ口呼出です。 行司の階級に「副立」が加わったものということができます。入門後3年間が「見習」期間であるということも行司と同じです。 見習期間中は、呼出としての基本を学ぶ期間で、立呼出や呼出会(行司会と同様の親睦団体)で指導を受けることになります。 呼出の定員は45人となっていますが、十枚目以上についてはそれぞれの人数が決まっています。これも上から、立行司と副立呼出は各1名、 三役呼出は3名(ただし現在は立呼出不在のため4人います)、幕内呼出は7名以内、十枚目呼出は8名以内です。

 十枚目以上の階級については、次のように定めがあります。  この順位の編成は年1回で、9月場所後に決められて翌年1月から実施されます。行司と非常によく似ています。 定年は65歳です。行司や親方は定年制度が始まった昭和35〜36年からずっと65歳でしたが、それ以外は55歳でした。 この年齢まで延びたのは平成2年のことで、そんなに古い話ではありません。

 これほど「縁の下の力持ち」という呼び名が相応しい職人はありません。次回は、かなり駆け足になりますが、床山などの人々をまとめて紹介します。 このまとめ方は強引粗雑かもしれませんが、「脇役」のはなしと題しておきます。
前画面に戻る