大相撲東風西雅
14:「脇役」のはなし

前相撲力士を誘導する花ノ国・前進山両若者頭
平成18年11月6日目

 まだ紹介していない「相撲界を支える人々」、今回まとめて紹介していきます。

・年寄

 いわゆる「親方」です。力士が引退して、「年寄名跡(年寄名跡目録に載っている105の名称)」を継いだ者のことをいいます。 継ぐにも資格があって、現在は「日本国籍を有する」という前提のもとに次のいずれかの条件を満たしていて、 引退に当たって「力士引退届」といっしょに「年寄名跡襲名・継承届」を提出し、理事会で承認される必要があることになっています。 その条件とは、(1)横綱・大関(2)三役1場所以上(3)幕内通算20場所以上(4)関取通算30場所以上、です。 また、横綱・大関については、引退後も力士名のまま期限つきで年寄になることができます。横綱は5年間、大関は3年間で、役職についてはもう少し先に書きますが、委員としての待遇を受けることになっています。 年寄は「評議員」でもあり、理事長の諮問する事柄や予算・収支・財産に関係する事項を「評議員会(メンバーは年寄全員と力士代表4名及び立行司)」で評議します。 また、協会内のそれぞれの役職につくことになり、さらに弟子を養成する義務を負います。

 なお、平成10年4月に制定された「準年寄」の制度もありました。これは関脇以下の力士で年寄になる資格を満たしているにもかかわらず、 名跡に空席がない場合、師匠の推薦を受け、理事会での審議を経て、力士名のまま準年寄として相撲協会に在籍できる(ただし評議員の資格を持たない)とした制度です。 もともとは定員10名、在籍期間は2年となっていましたが、14年9月からは定員5名の在籍1年とされ、18年限りで廃止(在籍者は期間満了までそのまま在籍できる)となりました。


師匠伊勢ノ海親方
平成12年2月19日
 自らが相撲部屋を運営している年寄を「部屋持ち年寄」、相撲部屋に属している年寄を「部屋づき年寄」といいます。 「部屋持ち年寄」は「師匠」と呼ばれます。この「師匠」になるための資格は、最近とみに厳しくされました。 まず、既存の部屋を継承する場合については、10年4月から幕内通算12場所または関取通算20場所を務めた人とされています。ただ、その資格に達していない場合は理事会で審議するという例外規定があります。 一方、新規に部屋を興す場合については従来全く規定がありませんでしたが、18年9月に極めて厳格な規定がつくられました。三役15場所または幕内60場所というのがそれで、困難を極めるというよりありません。

 年寄は、いろいろな仕事を分担しています。それぞれの内容については省きますが、名前だけを順不同でざっと挙げると、巡業部・広報部・指導普及部・事業部・総合企画部・生活指導部・警備本部・審判部・相撲教習所・相撲競技監察委員・地方場所部というようになります。 しかも大半の年寄は複数の部を兼ねています。人手が足りているのかどうか心配になるほどです。 なお、従来は「公傷認定委員」もありましたが、平成15年限りで廃止となってしまいました。昭和46年10月に横綱玉の海が亡くなり、場所数の増加による過重労働が疑われて健康管理が問題視される中、 同年11月に龍虎がアキレス腱を切り長期療養を余儀なくされたこともあって、12月の理事会で決定された事項の一つが公傷制度でした。 本場所の土俵上での負傷で翌場所を休まなければならない場合、翌々場所の地位は据え置きとするというものでした。 大ヒットというべき救済制度があっさりと消され、当時の武蔵川理事長や横綱玉の海は泉下で泣いていることでしょう。


居並ぶ理事長・審判部正副部長・審判委員
千秋楽幕内後半の審判は
内閣総理大臣杯授与までその座につく
平成15年5月千秋楽
 話がそれました。さて、年寄にも役職があって、上から理事・監事・委員・主任・参与・(平)年寄ということになります。 理事は10人、監事は3人ということになっていて、全評議員による投票で決められます。ただ、各一門での一門会で候補者が決められていて、投票にまで至る例は多くありません。 理事はそれぞれの部の長として務めます。その理事の中での互選によって決まるのが理事長で、相撲協会を代表する立場となります。 監事は財産や理事の業務を監査する役目です。また、相撲協会の最高議決機関としてあるのが理事会で、その名の通り理事が出席して議決しますが、 監事も出席でき、議決権こそありませんが発言はできます。ここまでが役員で、任期は2年です。

 委員や主任については、理事会でその属する部を決め、理事長が任命することになっています。任期は1年となります。監事と委員の間に「役員待遇委員」というのがあります。 委員の中から必要な者を理事会の議決によって役員として遇するものです。また、役員を5期以上務め終えた年寄や、 委員を10期以上務め終えた年寄などが、理事会の詮衝を経て参与となることがあります。実際には定年が近い人や、療養中の人がなっていることが多いようですが、初代の大島親方(昭和17年春引退の若湊)のように、主任までしか経験していないのに参与となった例もあります。 これが参与になれる条件に「など」と書いた理由で、「その外、理事会にて特にその資格あると認めたもの」と「寄附行為施行細則」にありますが、その典型例です。 相談役という役職もあります。定年を迎えたが理事会の推薦で協会に残ることを求められた年寄や、理事長経験者でまだ定年を迎えていない年寄のうち、理事会で認められた者が就くものです。

 江戸での年寄の起こりは、初代雷(いかずち)権太夫をはじめとする相撲浪人15人が、延宝8年(1680)からたびたび江戸幕府に相撲興行の許可を求めて貞享元年(1684)6月9日にやっと許され、 翌年に「仲間法度之次第」という規約をつくって組織らしい組織をつくった(このときの仲間は20人)ことに始まるとされています。 上方では年寄ではなく「頭取」といい、その起源はよく分かりませんが、頭取になるにも然るべき人物でなければならなかったということだけは、間違いありません。

 現在「一代年寄」として横綱北の湖と横綱貴乃花がそのままの名で年寄を務めています。これは相撲協会に著しい貢献をした横綱に贈られるもので、これも理事会の議決を必要とします。 横綱大鵬には優勝30回を記念して昭和44年8月に贈られ、北の湖と貴乃花には引退時に贈られました。千代の富士には通算勝利数記録を平成元年9月に塗り替えた際に贈られることになりましたが、 本人が近い将来の九重継承を理由に辞退しました。古くは、特に大阪相撲に一代限りの年寄が多く見られます。 また、東京相撲と大阪相撲が合併した際には、大阪頭取から年寄としてそのまま横滑りする形で加入して、一代限りで終わったもの(荒岩や(東京とは別の)鏡山)が一代年寄と呼ばれ、 昭和16〜17年と32〜34年にかけて「横綱は現役のまま一代年寄となることができ、二枚鑑札(現役と年寄を兼ねること)として遇する」という「横綱一代年寄制」も存在しました。

・若者頭・世話人

 「若者頭」は「わかいものがしら」または「わかもんがしら」と読みます。現在は定員8人で、力士養成員つまり幕下以下の力士の監督に当たります。 養成員を別名「若い者」と言い、その上に立つ者つまり「頭」なので「若者頭」ということになります。 規定の通りであれば、引退した十枚目力士・幕下力士で、適格と認められた者が採用されるということになりますが、実際には花ノ国若者頭のように、前頭筆頭まで進んだ人もいます。 他にも「相撲競技その他に関し、上司の指示に従い服務する」とある通りで仕事が多く、土俵のそばでも次のような場面でその顔を見ることができます。


出世披露の進行係
平成16年5月8日目

表彰式の進行係
平成16年5月千秋楽

怪我人の運搬係
平成17年9月8日目


散在する明け荷
平成11年8月8日
 一方、世話人は目に触れる機会もないと思います。主な職務は、相撲協議用具の運搬や保管ですが、 支度部屋の出入りチェックやら巡業中の明け荷の管理やら、雑務の多い職業です。定員は平成15年まで8人となっていましたが、 同年末にまとめて5人採用され、16年の年頭から13人体制となっています。若者頭同様、引退した十枚目力士や幕下力士が採用されるのが原則ですが、 幕内力士もいます。

・床山


四ッ車の結髪をする床一
平成16年5月8日
 床山は力士の髪結いを専門とする人々で、各部屋に配属されます。義務教育修了後、満19歳までの男子が採用の対象となりますが、理美容師の免許はいりません。 床山のいない部屋に優先的に配属されることになっていますが、採用後3年間は見習期間とされるので、 先輩床山のいる部屋に通って修業することになります。この「先輩」は協会が指名するもので、経験豊富な人が選ばれます。 定員は50人ですが、平成9年からは、力士数12名以上でありながら床山がいない部屋からの申請があった場合には、定員を超えて採用できるという規定ができています。

 床山の階級は、原則として次のようになっていますが、定められた年数を満たさなくても、特に成績優秀な者は特進することがあります。  この「特等」は平成6年6月に新しく設けられた地位です。


旭天鵬の結髪をする床勢
平成12年8月19日
 髷を結うためにはさまざまな道具を使いこなさなければなりません。櫛だけでも種類が豊富です。  道具を使うだけではなく、技術も身につけなければならないので、丁髷を結うのに2年、大銀杏を結えるようになるには5年かかると言われています。

 以上の人々のほかに、事務一般を処理する主事等の職員(相撲博物館の学芸員も含まれます)が勤務しています。 現在、相撲協会員の定年は職域を問わず65歳です。行司に「行司会」、呼出に「呼出会」があったように、 それぞれ「年寄会」「若者頭会」「世話人会」「床山会」「さくらの会(職員等の会)」が組織できるようになっています。

 それ以外に「日本相撲協会寄附行為」に規定されているのは、外部に委嘱され理事長の諮問に答申する「顧問」、 規定の維持費を納め、維持員席(溜まり席)で相撲競技に立ち会い、維持員会を組織して協会に提言をしたり三賞選考委員会に出席したり力士適格者を紹介したりする「維持員」、 学識経験者に委嘱して協会運営に関する重要事項の建議を受ける「日本相撲協会運営審議会」の委員、といった人々です。

 巨大な人々が多く集まる巨大な組織をさまざまな立場から支え、動かしている人々を、「行司」のはなしから都合4回にわたって紹介してきました。 次回はまた力士に戻って、「稽古」のはなしをすることにしましょう。
前画面に戻る