大相撲東風西雅
15:「稽古」のはなし

伊勢海稽古場図(明治24年)
平成12年2月19日

 力士の血となり肉となるもの…といえば、「ちゃんこ」が先に浮かんできそうですが、鍛え込んだ肉体をつくるもの、といえば「稽古」です。 力士生活の大半を占める「稽古」のあれこれについて、今回ははなしをしましょう。

・朝稽古

 相撲部屋の大小にもよりますが、大きい部屋になると、日も昇らぬ頃から始めているところもあります。 巡業先でも、入場は朝8時台からということになるでしょうが、その前から稽古は始められていますし、 会場周辺で思い思いに体を動かしている力士も多くいます。朝食は摂らないのが普通ですが、平成8年からバナナなどを摂るようにした時津風部屋のような例もあります。

 相撲部屋でも巡業でも、稽古の順番は下位→上位というようになっています。平成12年札幌巡業の写真で見ると、こんな感じです。

左から幕下以下の稽古・関取の稽古・横綱大関も登場する稽古
平成12年8月19日

 もちろん、はっきりと境目があるわけではなく、たとえば幕下力士の総仕上げの際には、関取が胸を出すことになります。 上位力士が下位力士の稽古相手をつとめるとき(兄弟子が弟弟子にやるときも含みます)、上位力士(または兄弟子)のことを「稽古台」といいますし、 こうやって上の者が下の者に稽古を指導することそのものを「稽古をつける」といっています。逆に下位力士が上位力士の稽古相手になることを「按摩」といっていて、 上位力士にとっては体をほぐす稽古になることからこのような表現が生まれましたが、「按摩」という語の歴史的経緯(按摩師に視覚障害者が多かったことから、 転じて視覚障害者を按摩と呼ぶことがあったという)もあり、使用頻度は下がっています。

・稽古それぞれ

 ひとくちに「稽古」といっても、そのやり方は多彩です。

・四股


大碇の四股
平成16年5月8日
 そもそも稽古とは、相撲の基本を身につけて、技能を高めていくことです。土俵内で相撲を繰り返し取っているイメージがあるかもしれませんが、そればかりではありません。基本中の基本とされるのが「四股」です。

 言葉で書くと、「(1)足を開いて腰を下ろす」「(2)軸になる足に体重を移動させる」「(3)軸足を伸ばしながら反対の足を上げる」「(4)少しの静止ののち、足を爪先から力強く下ろすとともに、腰も下ろす」「(5)以上を左右交互に繰り返す」という極めて単調な動作です。 ところが、これが非常に難しいものです。(1)のときの足の幅は広すぎても狭すぎてもよくなく、だいたい膝が直角に曲がっているぐらいにします。 足を上げて下ろすまでの間、上体を前に倒すのは禁物です。「稽古場で羽目板に向かって四股を踏むと良い」ともいわれます。 上がっている側の足は、足首を曲げることなく、爪先を伸ばします。手は両方とも膝に当てるようにします。 上げている足の膝に添えている手は、むしろ足を上げまいと押さえるぐらいでもいいほどです。現在は、足を引っ張り上げるような四股が横行していますが、話になりません。 また、足を上げている間を除いて、腰の高さは一定にしなければなりません。四股は、足腰を鍛えるのと同時に、足を開いて腰を下ろした型(「凸」の字型)を身につけるための作業でもあります。だから腰を下げすぎてもいけません。

・鉄砲


大碇の鉄砲
平成12年2月19日
 稽古場の隅に立っている太い棒をボコボコ突いている、という雑な説明でも「ああ、あれだ」とピンとくるでしょうか。 ただ漠然としてやっているのではありません。もし右手で突くならば、右の腰を入れて、同時にすり足で右足を出すという動作を、左右交互に繰り返していきます。 もちろん、脇を締めて行います。鉄砲柱でなくても、羽目板に向かってやっても構いません。 これは突っ張りの稽古になると同時に、攻めるときの手と足の動かし方を身につける稽古です。横綱武蔵丸が大関だった頃、とかく右腕を手繰られてバランスを崩していました。 武蔵丸本人は「手と足が同時に出る(つまり同じ側の手と足が出る)からいけない」と言っていましたが、これは大間違いで、武蔵丸の場合は足が外に出ないでやや内向きに出るのが原因でした。 同じ側の手と足を出すのはごくごく基本的なことです。

 「太い棒」は「鉄砲柱」といい、檜を使います。節のないものを選び、3〜4mの長さに切り、土中に1mほど埋めて立てておくのが普通です。 突っ張りの稽古だけでなく、力士によっては頭から当たってぶちかます稽古に使っていることもあります。

・股割り


股割りの実演
平成10年8月9日

新弟子鎌倉を督励する大碇
平成12年2月19日
 力士の象徴の一つともいえる動作です。重要な稽古で、また難しい稽古でもあります。膝を曲げないで足を左右に開いていくと、必然的に腰が下がっていきますが、 さらに足を開き続けると、ついには尻が地面に着きます。足を180度近くまで開くだけでも柔軟性を感じさせますが、 この恰好から今度は上体を倒します。こうして胸板まで地面に着けるのが、股割りです。目的は言うまでもなく、下半身の柔軟性を養うことです。

 特に新弟子の頃は、兄弟子が背中に乗ったりしての特訓ということになります。たいていは1年もすればだいたいできるようになるそうですが、 小結闘牙のように、最後までできずにしまった例もなくはありません。

・三番稽古


若の里と玉乃島の三番稽古
平成15年8月3日

朝青龍が普天王に稽古をつける
平成15年8月3日
 四股、鉄砲、股割り、さらにすり足などの基本の稽古をやっているうちに、体が暖まってきます。いよいよ土俵での稽古に入ります。

 三番稽古は略して「三番」ともいいますが、3番でおしまいになることは、まずありません。基本的には、実力の近い者2人が、延々と連続して対戦する形式の稽古です。 「三番」というのは「多くの」という意味になり、場合によっては30番程度になることも珍しくありません。 地力をつけるのに有効な稽古で、巡業では横綱が下の力士を指名して行う場合がありますが、他の力士が入り込めなくなるので、さほど多くは見られません。 ただ、時には3人の班をいくつか作り、班ごとに変則三番稽古にして番数を多くするといった手法も見られますし、 場所によってはサブ土俵(会場外に設けられることがある)や、山稽古(適当な平地に円を描いて行う稽古)で見ることもできます。

・申し合い


買ってもらおうとする力士たち
平成13年5月6日
 勝ち抜き制の稽古です。巡業ではこれがよく見られる稽古方法です。「申し合い稽古」ともいいます。 一番取り組んで、勝った力士はそのまま土俵に残って次の相手を指名します。負けた力士は土俵から出て、次の指名を待ちます。 「待ちます」と書きましたが、ただぼんやりと待っていては、声がかからぬままに終わってしまいます。 ですから、勝負がついたとみるや、周囲に立っている力士は自分を指名させようと懸命に勝ち力士に向かっていくのです。 指名することを「買う」といい、指名されること、つまり買ってもらうことを「売れる」といいます。

 こういう稽古ですから、負けてしまうと必然的に稽古量が落ちます。逆に、勝てばどんどん稽古ができます。 申し合いで勝つことを「芽が出る」といいますが、力士は芽が出るようにまず努力するようになるのです。

・ぶつかり稽古

小緑に胸を出す朝青龍
平成13年8月5日

萩原に胸を出す若の里
平成15年8月3日

琴光喜に胸を出す貴乃花
平成13年5月6日

転がる大碇
平成16年5月8日

普天王を引っ張る朝青龍
平成15年8月3日

高見盛に胸を出す曙
平成12年8月19日

 略して「ぶつかり」といいます。総仕上げとして行われる重要な稽古です。ぶつかる側と受ける側に分かれます。 ぶつかる側は、相手の右胸にぶちかましていきます。その際、脇を締め、両筈の形で当たっていきます。 こうして相手を押し込んだら、相手に左肩を突き落としてもらいます。自分は体を丸めて転がり、受け身の稽古をします。 受ける側は、足幅を広めにして腰を割り、両手を広げて右足を前に踏み込み、相手の当たりを受けます。 左足を前に出すと、心臓がある左胸が前に出てしまうので禁物とされていますが、関脇貴闘力はしょっちゅう左胸を出していました。 相手が当たってきたら、自分は足を浮かせずズルズル下がりますが、グッと踏ん張って堪えます。これによって足腰を鍛え、相手の攻めを残す稽古をすることになります。

 兄弟子や上位の力士が、弟弟子や下位の力士に厳しい稽古をつけることを「かわいがる」といいます。 その「かわいがり」が最もよく見られるのが、ぶつかり稽古です。もし当たりがあまり良くなくて、相手を押せなかったならば、 普通は首を上から押さえられた状態ですり足で土俵を歩かされ、そして転がされます。上の普天王がその例です。 ところが、かわいがる時は、こんなこともしばしばです。


羽目板へ一直線
(佐渡ヶ嶽部屋)
平成13年5月4日

足も飛ぶ
平成12年8月19日

 他にも水をかけられるとか、砂を噛まされるとかいうこともざらにあります。もっともこれは、かわいがられる側の気性に合わせてやらないと意味がありませんが。


全員で塵浄水
(佐渡ヶ嶽部屋)
平成13年5月4日

安泰を祈る
(伊勢ノ海部屋)
平成12年2月19日
 相撲部屋であれば、ひととおりの稽古が済むと、最後に四股や屈伸運動、股割り、腕立て伏せなどの稽古を整理運動として行い、 塵浄水を切ったり蹲踞をしたりして、午前11時前後に終わります。終わったあとは、稽古場を箒で掃き清め、土俵中央に土を盛り、そこに御幣を立てておき、塩をまいて安泰を祈ります。 土の盛り方や塩の撒き方は部屋によってまちまちです。

 相撲部屋では毎朝毎朝が稽古、そして巡業もまた鍛錬の期間。他の力士の稽古ぶりを見るだけでもいい稽古になる場合があります。 もっと大きなことを言えば、日常のあらゆる場面において稽古の機会があると言っていいぐらいです。 こうして日々の鍛錬を経て力士は強くなるのです。稽古場でだけ強い力士を「稽古場横綱」とか「稽古場大関」とかいいますが、それではあまり意味がありません。

 次回は「巡業」のはなしです。巡業の楽しみは何と言っても稽古にありますが、「お好み」といって楽しみがいろいろ詰まっています。
前画面に戻る