大相撲東風西雅
16:「巡業」のはなし

宿泊力士の人別
(札幌グランドホテル)
平成11年8月8日


自主興行当時の力士幟
平成12年8月19日
 本場所は1年で90日。暦の上では1年は365日。ということは本場所は1年の4分の1しかないわけです。 残りの4分の3、もちろん何もしていないわけではありません。かといって、部屋だけで稽古をしているわけでもありません。 この間を利用して行われるのが、巡業です。昭和32年までは協会主体ではなく、部屋別や一門別で行うことが多く、合同して「巡業組合」をつくって行う「組合別巡業」という形をとることもありました(多くの部屋が合併して巡業を行うと「大合併(おおがっぺい)巡業」となる)が、 現在は(夏巡業をA班とB班とに分ける例はありますが)協会全体で巡業を行っています。時には海外巡業や海外公演も行われ、かえって忙しいありさまでもあります。 巡業は、4月春巡業(関西・中部・関東)、7〜8月夏巡業(東北・北海道)、10月秋巡業(東海・関西・中国・九州)、12月冬巡業(九州)の年4回です。

 巡業の目的も規則に書いてあります。「地方巡業部規定」の第3条に、「地方巡業は、本場所相撲間の期間を利用して地方を巡回し、 相撲競技を公開実施し、地方の要望に応え、国技相撲の普及を図ることを目的とする」とされています。 協会の事業の中でも、本場所と並ぶ2本の柱です。また巡業は、別名を「稽古場所」ともいいます。力士にとっては恰好の稽古場ですし、 行司や呼出、床山などにとっても同じく稽古場となります。日本全国に相撲を正しく伝え、各地のファンとの交流を深め、力士などの側は見聞を広めるというのが巡業の大きな意義です。

 巡業は、長らく興行権を地方の勧進元に売り渡す「売り興行」で行われてきました。一門別などの時代では、一門の年寄が売り込みに出かけ、 協会全体が巡業を行うようになってからは、巡業部が売り込みに出ていました。ところが、平成になってからは巡業日程が詰まりすぎ、 また場所によっては環境が整わないところもあり、稽古の量も質も伴わない場合が目立つようになってきたことから、 平成7年の春巡業からは、協会の「自主興行」として統一した形態で実施することにしました。日数や参加人数を減らし、設備の整った定員5,000人以上の屋内施設での興行を原則とし、 食事も従来のちゃんこから、栄養士の意見を取り入れたビュッフェ形式に改めるなどしました。また、スポンサーもつきました。 これは「巡業改革」と称されていますが、目的は良かったものの、従来からの勧進元との関係が稀薄になりすぎたため、 相撲の人気が下降してからは採算が取れなくなることもあり、また巡業日数が減りすぎる場合もあり、15年の春巡業からは売り興行に戻されることになりました。

 なんといっても巡業の醍醐味は朝稽古にありますが、巡業といえば「お好み」または「番外」です。これは「番外お好み」の略で、余興や特別番組のことをまとめて言います。 例えば同部屋の力士を取り組ませたり、本職力士とアマチュア力士との勝負を行ったりします。最近はあまり見られないようですが、 飛びつき5人抜き(土俵下から次々と飛びついて行われる勝ち抜き戦)や正五番(仕切りも行って取る5人抜き)というものもありました。

 これから、平成10年以降の札幌場所数回を例にとって、1日の流れをなぞってみます。

・開場

 まず朝早くから行われているものといえば、下位力士による稽古ですが、開場前から屋外で体を慣らしている力士もときどき見かけます。 開場すれば、まずは稽古場へ一直線…というのも一法ですが、大相撲の人気が低調になって戻りそうで戻らない平成10年代には、写真撮影会のような企画でお出迎えという形が多く見られます。 関取が立っていて、写真撮影やらサインやら。自分の稽古よりも前に大仕事、といった感じでしょうか。 たいてい、このお出迎えの力士は数十分で交代するので、多少会場入りが遅くても、幕内力士の稽古が始まる前(10時ぐらい)までであれば誰かに会えますし、 早くから会場入りしたなら、何人もの力士と写真が撮れたりします。

 稽古は、地位の下のほうから行われます。だいたい9時過ぎまでが幕下力士の稽古ということになります。 だいたいは、関取のつけ人を務めている力士たちです。将来を嘱望されている力士がいれば、その人の稽古ぶりに注目するもよし、 自分の眼力でそんな力士を探し出すもよし、楽しみ方は数々あります。

 こうして幕下力士の申し合いが終わると、関取が胸を出してのぶつかり稽古ということになります。 これが第一のヤマです。幕下と十枚目、番附では同じ段に書いてあるはずなのに、力の差は歴然。関取はかくも偉大なものなのかと、改めて感じ入ることでしょう。 ましてや幕内力士が相手となるともう…


敷島にぶつかる北勝力
平成12年8月19日

大善にぶつかる泉州山
平成12年8月19日

くたびれた泉州山
平成12年8月19日

 幕下以下の稽古が行われている頃、土俵周囲だけでなく会場のあちらこちらで関取が準備運動をやっています。 巡業の観客は、チャンスとばかりサインやら写真やらをねだることが往々ありますが、他の力士と談笑しているときであればいいでしょうけれども、 集中して準備運動をやっている、またはやろうとしている力士には、あまり求めないようにしましょう。 場面が違いますが、他の力士がサインをした色紙の裏を出して安芸乃島にサインを求め、当然怒られたという呆れるしかない例もありました。

 関取の稽古は、十枚目申し合い→十枚目ぶつかり→幕内申し合い→幕内ぶつかりという順で行われるのが通常ですが、 場合によっては、グループを決めて変則三番を行うこともあります。また、大関や横綱が登場すると、相手を指名して三番稽古に近い状態になることもあります。 特に元気な力士がいると、4番ぐらい連続で勝ち続けて強い印象を残すこともあります。また、横綱や大ベテランが胸を出して若手を徹底的に鍛え、 うまく煽って場内を盛り上げることもあります。ただ、そういった貫禄を見せる力士がいないと、やるべき稽古はちゃんと行われているのに、あまりにも淡々としすぎて盛り上がらないことがあります。 また、最近は高見盛がいじられ役になっているのか、19年の札幌での稽古では、勝ち残った高見盛に買ってもらいたいのか何なのか、時天空が両手で首根をつかんで一見脅すような恰好を見せました。 場内が沸いたことは沸きましたが、盛り上げどころか底の浅い悪ふざけの域を出ず、恥ずかしいばかりです。


四股を踏む白鵬
平成19年8月12日

安芸乃島に引っ張られる雅山
平成11年8月7日

曙にぶつかる高見盛
平成12年8月19日

 土俵を特につくっていないところで、円だけを描いて稽古をするのを「山稽古」といいます。 最近は会場の大半が体育館などで、あまり場所を確保することができないので、なかなかお目にかかりませんが、別のところに仮設の土俵をつくる「サブ土俵」という方法で山稽古を行った例はあります。

 だいたい稽古は11時半ぐらいに終わって、それからは幕下以下の取組やお好みが行われます。

 最後に。稽古を見るなら向正面をお勧めします。なぜならば、巡業部の親方連は向正面に陣取って土俵を見ていて、土俵上に林立する力士たちも、向正面にだけは立たないからです。

・お好み

 幕下以下の取組が通常は先ですが、お好みについていくつか紹介しましょう。

・初切

 相撲の所作・技・禁じ手を交えて実演し、観客に知ってもらうために、力士2名で呼吸を合わせて演ずる滑稽な余興相撲です。 観客をも巻き込んだ一大コントということになります。技の紹介という点についてはあまり期待しないほうがよいと思いますが、 受けを取るためのさまざまな工夫が織り込まれ、場内は爆笑の渦となります。ときには行司も相撲を取ったり、関係のない覆面力士が闖入したり、やりたい放題です。 東西の桟敷は特に要注意、塩が飛んでくるかもしれません。


佐谷−新堂の初切
豪快木村栄之助の突き落とし
平成12年8月19日

神海力−新堂の初切
神海力の霧吹きが決まる
平成15年8月3日

早瀬川−金剛富士の初切
金剛富士の華麗なる跳馬
平成19年8月12日


歌うは大至
平成11年8月7日

歌うは春日錦
平成15年8月3日
・甚句

 甚句は民謡の形態の1つで、7−7−7−5の四句から成ります。相撲甚句ももちろんその形をしています。 ただ、その発祥はよく分かりません。300年近く前の享保年中に、花柳界ではやった甚句を覚えた力士が土俵で歌ったのが始まりという説があります。 「どすこい どすこい」という囃子詞を交え、独特の節に乗せてしんみり聴かせ、囃子歌で笑わせ、興行の最終日には「当地興行」を歌って締めます。


拓郎の撥捌き
平成15年8月3日
・太鼓打分

 第13回で書いておきました。普段は櫓の上で打つことが多い太鼓を、土俵の上で打ち分けるという趣向です。 昭和44年に呼出太郎が始めたものです。「寄せ太鼓」「一番太鼓」「跳ね太鼓」を打ち分ける撥捌きをじっくりと堪能しましょう。 さて、ここで打たれる「寄せ太鼓」は、古くは江戸時代、相談ごとがあるときに年寄などを呼び寄せるために打ったり、あるいは初日を翌日に控えた日に土俵を清めるために打たれた太鼓、というように説明されています。 「一番太鼓」は場所中の毎朝に打たれている太鼓で、現在はこれを「寄せ太鼓」や「朝太鼓」とも称していて、若干のずれが見られます。


モデルは土佐ノ海と魁皇(背)
平成11年8月7日
・髪結実演

 最近は見られない場合も多いようですが、土俵に1名ないし2名のモデルが座って、数分のうちに床山が妙技を発揮して大銀杏姿に仕立て上げるという、太鼓打分と並ぶ職人芸披露の場です。 モデルとしてはご当地力士が選ばれることが多いようですが、それがいないときは、人気のある力士を選抜するか、輪番制にするかという方法を採っていたようです。 技術力とそれを支える道具の数々に目を凝らしてみましょう。


曙の綱締実演
平成11年8月8日

締め上がった白鵬
平成19年8月12日
・綱締実演

 とかく「だれだれ休場のお詫びとして」という言葉をつけられることが多いのですが、そういう理由がなくともたいてい行われている出し物です。 横綱には7人のつけ人がついていて、力を合わせて横綱の腰まわりに綱をつけ、背面の結び目をこしらえていきます。 大相撲はやはり正面寄りから見るのが最も見やすいのですが、稽古と綱締実演は向正面寄りのほうがいいという、いわば変り種です。 しかも、綱締実演は向正面のど真ん中よりも、花道寄りのほうがもっといいのです。


珍しい北勝力の吊り
平成11年8月7日
・相撲基本動作

 現在は行われていませんが、横綱佐田の山の出羽海理事長が力を入れて実現させた企画で、巡業改革後、平成13年あたりまで行われていました。 塵浄水や四股、仕切りや四つ身といった基本的な動きから、よく見られる決まり手をも解説するという、非常にまじめな企画でした。 特に股割りは、場内いつも驚嘆のため息であふれ、これ一つでも価値があると思ったものでした。

・土俵入り

 十枚目は十枚目の、幕内は幕内の、もちろん横綱は横綱の土俵入りが行われます。本場所とほとんど変わりませんが、 十枚目や幕内の土俵入りでは、力士が赤ん坊を抱いていたり、横綱土俵入りのときは、横綱が抱いてきて行司に渡します。 力士に抱かれた子は元気に育つといわれます。よく見ると、抱かれている子にも化粧廻しがつけられていたりもします。 ほほえましい光景です。

 今はほとんどが屋内興行なのでめったに見られませんが、屋外興行で雨となると、横綱土俵入りには露払い・太刀持ちのほかに傘持ちも出てきました。 そして、横綱土俵入りの終盤、横綱が二字口に下がって塵を切り始めると、早くも次の横綱が土俵に上がって塵を切るという不思議なことが起こったりもしました。


赤ん坊を抱く濱ノ嶋
平成12年8月19日

横綱武蔵丸の土俵入り
平成15年8月3日

横綱白鵬の土俵入り
平成19年8月12日

・取組

 巡業は1ヶ所で1〜2日しかないので、地位が近い力士同士で当たる傾向があります。つまり、十枚目から幕内中位ぐらいまでは、本場所でいう初日・2日目ぐらいの割が組まれ、 幕内上位は14日目や千秋楽のような割になります。巡業期間中にいくつかトーナメント戦がテレビで中継放送されるせいか、巡業の取組もトーナメントだと思われている方が多いらしいのですが、 巡業の取組も本場所と同じ形態で、トーナメント戦はまずありません。異なるところといったら、関取以上に休場者が出た場合、不戦にしないで別の力士を充てるというところぐらいです。ですから、2番取る力士も出ます。 めったにありませんが屋外で大雨になると、「逆取り(さかどり)」といって上位から取り始めて途中で切ってしまうというやり方を採ったりします。

 どちらかというと「見せるための相撲」といった風情なので、相撲内容にまで過度の期待をかけるのは禁物ですが、 雰囲気を味わうことはできます。吊りや打っ棄りが多く、突っ張りを宛がう手が非常に的確に出るといったところに特徴があります。

 1日興行や、当地興行の最終日には、本場所の千秋楽と同様に三役揃い踏みも行われます。現在、本場所は奇数日なので、三役揃い踏みは東−西の順ですが、 巡業の偶数日興業であれば、西が先になります。


安美錦、旭天鵬を打っ棄る
平成13年8月5日

西方三役揃い踏み
平成10年8月9日

若乃花、曙を寄り切る
平成10年8月9日


四ッ車の弓取式
平成19年8月12日
・弓取

 本場所の最後を飾る弓取式は、巡業でももちろん行われます。本場所では弓取式の最中に席を立つ人が多すぎるのですが、 巡業ではそういう光景はあまり見られないようです。いいことです。


トラックに詰められた明け荷
平成19年8月12日
 これでめでたく興行は終了です。だいたい午後3時くらいで終わります。興行が大詰めを迎えるころ、力士たちの明け荷は慌しくトラックに詰め込まれ、 当日移動ならば興行が終わると力士たちも慌しく出発していきます。観客が満足して帰る頃、力士はバスなり列車なりに揺られて次の興行地へ移動を始めるのです。

 次回は、本場所の一日です。巡業の成果をとくと拝見、といきましょう。
前画面に戻る