大相撲東風西雅
17:「本場所」のはなし

力士幟がお出迎え
平成18年11月6日目

 力士は「稽古」で力を蓄えます。「巡業」はただの旅ではなくて、これまた力を蓄えるための旅です。 それを満天下の相撲ファンに遺憾なく示すのが、「本場所」です。地上波中継は3時間、衛星放送でも5時間ですが、本場所の朝は早いのです。 巷では大相撲の見物料は高いとよく言われます。中入後のみを目当てとするなら、確かに高いでしょう。 ですが、もし時間が許すなら、できるだけ早めに場所入りして、元を取りましょう。力士幟と一番太鼓がお出迎えです。

・チケットを買う

 当たり前ですが、券を買わないことにはどうにもなりません。今では桝席でも取るのが容易になりました。 本場所会場はもちろん、電話予約もできますし、多くのプレイガイドでも買えるようになりました。 春場所以外はコンビニエンスストアでも手に入れられます。土産物もと思ったら、相撲案内所を利用することになるでしょう。


大阪の相撲案内所
入口の両脇に軒を連ねる
平成17年3月8日目
 相撲案内所は「相撲茶屋」と言ったほうが馴染み深いかもしれません。江戸相撲では、早くから桟敷札(入場券と考えていいでしょう)や飲食物を手配する人が出現していましたが、 天保4年(1833)に相撲会所から「永代営業権」を認める証文が交付されました。これが東京相撲になっても続き、 明治42年(1909)の旧両国国技館開館のときに「相撲茶屋」となり、昭和32年9月に「相撲サービス株式会社」に、そして60年1月場所が終わってから「国技館サービス株式会社」に改組されて今に至ります。 大阪や名古屋にも10軒程度の相撲案内所があります。なお、福岡では「大相撲売店」と言っています。

 基本的なことですが、本場所の期間だけでなく、前売券の発売日も調べておきましょう。2〜5日目の券ならば多少の余裕を見込めますが、 13日目から千秋楽までの券は、他の日と比べて早く売れてしまいます。


木戸担当の東関親方
平成14年5月8日目(V)
・本場所朝から晩まで

 せっかくですので、開場と同時に入場してみましょう。午前8時から9時の間ぐらいに開場します。 切符を切るのは、木戸担当の親方です(福岡はそうではありませんが)。懐かしい顔に会うことができます。 券を切ってもらったら、いよいよ入場です。東京場所の場合は、入口が2つに分かれます。相撲案内所以外で券を買ったなら、直進して「国技館」という扁額が掛かっている正面入口から入ります。 相撲案内所で買ったなら、「相撲」と書かれた水引が掛けられている入口が左側にあるので、そこから入ります。 大阪のように、手前側に相撲案内所がある会場では、相撲案内所から券を買ったならば真っ先にそこに立ち寄ることになります。 券を切ってもらうより前に、ということです。


国技館正面入口
平成9年1月2日目

相撲案内所入口
平成12年5月14日目

 東京であれば、案内所入口をくぐると、20軒の相撲案内所が軒を連ねていますので、券を買い求めた案内所のところに顔を出して、案内を乞います。 そうすると、呼出と同じ裁着袴を身に着けた出方さんが、自分の席まで案内してくれます。飲食物も頼めば持ってきてもらえます。 地方場所であれば、相撲案内所で券を買っていなくても、スタッフが席まで案内していますが、東京場所は、相撲案内所以外のところで券を買った場合には自分で席に行くことになります。

 東京の相撲案内所の店頭には、赤提灯のほかに飾りがつけられていますが、この飾りは場所ごとに異なります。 1月は繭玉、5月は藤、9月は紅葉の飾りつけとなっています。


繭玉
平成9年1月2日目(V)


平成12年5月千秋楽(V)

紅葉
平成10年9月初日(V)

 さて席につきました。土俵が熱戦を待っています。

・前相撲


前相撲
平成18年11月6日目

肩透かしで舛名大の勝ち
平成18年11月6日目
 3月場所では2日目から、それ以外の場所では3日目から行われるのが「前相撲」で、新弟子や休場続きで番附外に落ちた力士による相撲です。 仕切りを1回してから取り組みます。昭和19年春までは仕切りをしないで取り組んでいました。これを「散らし取り」といいますが、いきなり飛びかかるような恰好なので別名を「飛びつき」ともいいました。

 だいたいこの時刻から相撲を見ている人といえば、よほどの相撲ファンか、または力士の肉親ぐらいのものですが、 たとえば平成18年11月に名古屋大学出身の舛名大が初土俵を踏んだときなどのように、注目されている人が登場すれば、その力士目当てで相撲場に足を運ぶ人もあります。

 ちなみに、取組表には「前相撲 八時四十分 引続き 取組開始」とあります。前相撲は取組とみなされていません。 生涯成績を計算するときにも、前相撲の成績は勘定に入れません。

・取組開始


序ノ口当時の影山(栃煌山)(右)
平成17年3月8日目

三段目当時の影山(栃煌山)(右)
平成17年9月7日目
 前相撲が終わったら、いよいよ取組開始です。前相撲がなければ、ここからスタートということになります。 番附にどれだけの力士が載っているかにもよりますが、12日目まではだいたい8時半から9時半の間に始まります。 ところで、幕下以下は1場所に7番しか取りません。つまり、ざっと2日に1番ということで12日目までは進行します。 ところが、ここで残りは3日あります。つまり、幕下以下の力士の場合、最後の相撲は残り3日のうちの1日しかないわけです。 ということは、必然的に残り3日間の取組数は減ります。ですから、13日目以降の取組開始は10時から11時くらいになります。 ですが開場はいつも通りに早いので、この3日間は早く入場しても何もすることがありません。

 序ノ口から順番に取り進んで、昼飯時にはだいたい三段目の半分すぎぐらいです。幕下の取組が始まるのはだいたい午後1時半前後になります。 徐々に観客が増えていきますが、だいたいは根っからの相撲好きか、特定の相撲部屋を贔屓にしている人という感じでしょうか。 この辺で取っている若い力士の中から、将来伸びそうな人を探り当てるのも楽しみの一つです。

・新序出世披露


新序出世披露
前列右から露鵬・白露山
平成14年5月8日目
 第5回にも書いておきましたが、前相撲を取って新序となった力士が土俵上で披露される儀式です。 3月場所は別名「就職場所」といわれるように新弟子が多いので、「一番出世」から「三番出世」に分けられて、それぞれ5・9・12日目に行われます。 それ以外の場所では「一番出世」だけを8日目に行っています。時刻としてはだいたい午後1時すぎです。

 力士にとって最初の晴れ姿です。そして、もし番附外に落ちて再出世ということになっても、出世披露はありませんので、ただ一度の晴れ姿ということにもなります。

 彼らはいってみれば「原石」です。磨かれて磨かれて、輝ける光を放つのはいったい誰か、予想してみるのもまた一興といえるでしょう。 つけ出し力士は別ですが、どんな大横綱でも、最初はここからスタートしたのです。

・一休み


国技館1階売店
平成12年5月千秋楽

国技館2階売店
平成12年5月千秋楽

数々のトロフィー
平成18年11月6日目

相撲博物館入口
平成9年1月2日目

相撲教習所
平成16年5月千秋楽

ちゃんこ屋台
平成16年5月千秋楽


場所入りする旭鷲山
平成12年5月14日目
 相撲案内所で券を買って、飲食物もついているというならば、自分の席にいれば出方さんが運んできてくれますが、そうでなければ、自分で買いに行かなければなりません。 国技館であれば4ヶ所、地方場所では福岡のように正面入口すぐにまとまっているところもありますが、そこで弁当なり飲料なりを買ってくることになります。 売店では、飲食物ばかりでなく土産物も揃っていますので、ゆっくりと選んでみましょう。あまりじっくりと吟味しすぎて、お目当ての取組を見逃すことのないように。 なお国技館2階には、軽食喫茶の店があります。

 国技館であればエントランスホールに、地方場所ならば正面入口に、たくさんのトロフィーが並べられています。 千秋楽には、これらが幕内最高優勝力士や三賞受賞力士に贈られます。煌びやかさを目の当たりにしながら、思い描くは副賞の内容でしょうか。 記念撮影のスポットではありますが、なにしろガラス張りのショーケースなので、フラッシュ撮影が意外に難しいところでもあります。

 国技館には「相撲博物館」があります。相撲史の調査研究を行う機関で、昭和29年9月に設立されました。およそ2ヶ月ごとに展示替えが行われます。 国技館での場所中や花相撲などの開催時には、それぞれのチケットを持った人しか入館できませんが、それ以外の平日には午前10時〜午後4時半まで、無料で入館することができます。 大相撲のたどってきた道に思いを馳せてみましょう。ちなみに、相撲博物館の向かいにあるのは、相撲診療所と相撲教習所です。 相撲診療所は「日本相撲協会診療所」が正式名称で、昭和33年1月に設けられました。力士の健康管理に当たるほか、協会員のみならず一般市民も診療を受けられることになっています。 相撲教習所は昭和32年10月に開設されたもので、新弟子を6ヶ月間教育する施設です。東京場所中には、国技館サービス株式会社によってちゃんこ鍋が振る舞われています。 他には、昭和天皇が昭和30年夏10日目に本場所を初めて観戦した際の御製を刻んだ「御製記念碑」や、明治42年6月に当時の相撲茶屋が商売繁盛を願って祀った「豊国稲荷」と、同時に東京大角力協会が力士の出世を願って祀った「出世稲荷」が国技館敷地内にあります。 時間があれば、足を運んでみましょう。

 午後になると、関取が入場し始めます。会場によっては外に出なければならなくなるところもありますが、 国技館であれば、敷地から出ることなく、関取が南門から場所入りするのを見ることもできます。ただ、国技館では横綱大関は地下駐車場から場所入りしますので、お忘れなく。 また、あまり粘りすぎると、十枚目の土俵入りも終わってしまいます。


西方十枚目土俵入り
平成18年11月6日目
・十枚目土俵入り

 だいたい午後2時45分ぐらい(千秋楽は午後2時すぎ)、幕下の取組が残り5番となったところで、十枚目力士による土俵入りが行われます。 その少し前、十枚目行司が登場するところから、土俵周囲の照明が強められ、気分が高まります。

 十枚目行司に先導された十枚目力士が、色とりどりの化粧廻しをつけて、東と西とそれぞれに、土俵に並びます。 奇数日目は東から、偶数日目は西から行われます。朝早くから相撲を見ていると、「ここまできたか」という気分と「いよいよだ」という気分とが交錯します。


十枚目時代の栃煌山
平成18年11月6日目
・十枚目取組

 幕下上位五番が終わって、いよいよ十枚目の取組が始まります。だいたい午後3時すぎくらいからです。 さすがは関取です。確かに序ノ口・序二段よりは三段目のほうが相撲らしく、またそれよりは幕下のほうがさらに相撲らしいのですが、 関取が相撲を取ると、その迫力は段違いに増します。仕切りの制限時間が幕下以下より長くなるので、 仕切りを重ねるごとに気合が乗っていくさまを確かめることができるようになります。制限時間いっぱいになってから、いかにも「間に合わせ」というように気合を入れるのは、本当の仕切りをやっていない証拠とも言えます。

 関取ぐらいにもなると、得意な取り口がだいたい固まってきます。それをある程度でも知っておくと、実際の取組を見て「もう勝負は決まったな」とか「変な恰好になっちゃったぞ」とかいうことも見当がついてきます。 左下手を取るのが得意な人が左下手を取ったのに、やけに体がねじれて窮屈そうだとか、ガチガチの右四つなのに突っ張りだけで勝っちゃったよとか、そういう見方もできるようになります。 得意手を手っ取り早く知りたければ、本場所の会場で450円で売られているパンフレットを買えば、十枚目以上の力士のカラー写真とともに得意な恰好が「突き・押し」や「右四つ・寄り」というように載せられているので便利ですし、観戦の記念にもなるので重宝します。


協会御挨拶
平成16年5月初日
・協会御挨拶

 初日と千秋楽、十枚目の取組があと3番残ったところで、土俵に理事長と横綱以下の役力士が立ち並び、理事長が挨拶をします。 「初日(千秋楽)に当たり、謹んでご挨拶を申し上げます」に始まる挨拶です。

 実際のところ、力士たちは挨拶が終わるまでは立っていて、それが終わると四方に向けて理事長とともに礼をするだけではありますが、 この場に立っているということは、つまり日本相撲協会の看板を背負って立っているということになるので、恐らくはそれを誇りにしていることでしょう。

 十枚目の取組が全て終わると、「中入」です。中入とは休憩時間の意味で、昭和2年春から(昭和21年秋を除く)十枚目取組と幕内取組の間が中入になって、次に紹介する幕内土俵入りや横綱土俵入りも中入の時間に行われるようになりましたが、 その前は十枚目以上の取組が2つに分断されていて、その間を中入といっていました。分断といっても、現在のように幕内中位ぐらいの取組を境に分けていたのではなく、 上位から下位まで均等に2つに分けて、まず半分について下位から大関・横綱までの取組を済ませて、中入を挟んで残りの力士について下位から大関・横綱までの取組をやる、という方法でした。 土俵入りのための時間が特に設けられているのではなく、土俵上で仕切りが行われていても、横綱が土俵入りのために入場してきたら、仕切っていた力士が土俵から下がって、横綱土俵入りを優先して行うということになっていました。

 千秋楽、幕内土俵入りの前に十枚目以下の各段優勝力士の表彰式が行われます。優勝が決まっていない場合、優勝決定戦が先に行われます。各段の力士は、普段はさほど観客の多くない静かな相撲場で相撲を取っていますので、 いつもと違う賑やかな館内で相撲が取れることを、たいていの力士が喜びます。なお、十枚目の優勝争いに関係する取組が中入後に行われる場合は、その取組を消化した直後に決定戦を行いますので、中入後の取組を中断することになります。 また、この場合にもし幕下以下に優勝決定戦があるならば、引きずられて十枚目の優勝決定戦といっしょに中入後に行われますし、表彰式も同様に引きずられます。行司や呼出は、各段それぞれに対応する行司と呼出が務めます。

・幕内土俵入り


東方幕内土俵入り
平成16年5月千秋楽

西方幕内御前掛かり
平成10年9月初日
 早いときで午後3時50分くらい、遅ければ4時10分すぎ(千秋楽は午後3時10分くらい)に、幕内力士による土俵入りが行われます。 先導は幕内行司か三役行司で、東と西のそれぞれに、幕内下位から大関までの順で土俵に上がり、決められた所作を行います。奇数日目は東から、偶数日目は西から、これは十枚目と同様です。 土俵入りの東西は、横綱でも十枚目でもそうですが、その日の取組でどちらから上がるかによって決まります。もし西大関が西横綱と対戦するならば、番附上位の横綱が優先なので、大関は東にまわされます。 こうなったら、土俵入りでも東から出てきます。

 天覧や皇太子台覧の相撲では、通常の土俵入りではなく御前掛かりになります。一人一人が正面を向いて立ちますので、正面観客席に陣取っていれば、それぞれの力士をじっくり見られます。


横綱曙土俵入り
平成12年5月14日目
・横綱土俵入り

 幕内土俵入りが終われば、次は横綱土俵入りです。館内に響き渡る柏手の音、力強い四股、まばゆいばかりの真白き横綱、そのすべてが万余の観衆をひきつけます。

 複数の横綱がいる場合、ローテーションが決まっています。横綱の序列は前場所の成績で決まります。そして成績のいいほうから、東横綱・西横綱・東横綱(もとの東張出横綱・ここでは東横綱2とします)・西横綱(もとの西張出横綱・ここでは西横綱2とします)という順で並びます。 このとき、初日は序列通りの順番で横綱土俵入りをやります。2日目は、東横綱が一番最後にまわって、西横綱・東横綱2・西横綱2・東横綱の順になります。 同様に3日目は西横綱が最後になるので、東横綱2・西横綱2・東横綱・西横綱の順です。こうして14日目までまわしますが、千秋楽はまた序列の順に戻ります。 行司は木村庄之助と式守伊之助が交互に務めます。少なくともいずれかが欠けている場合は、三役行司が加わります。


太刀持ち高見盛
平成17年9月7日目

露払い高見盛
平成19年3月9日目
 横綱につき従うのが、太刀持ちと露払いです。たいていは横綱と同じ一門の幕内力士から選ばれますが、一門が違っても横綱と仲がいいとかいうことで起用される例もあります。 例えば平成2年11月の横綱千代の富士の場合、太刀持ちが関脇寺尾で露払いが小結逆鉾という「井筒兄弟」で話題を集めました。 本場所で大関が太刀持ちを務めるのは極めて稀ですが、ないことはありません。横綱大鵬の土俵入りには弟弟子の麒麟児がついていましたが、 この麒麟児がのちに大麒麟と改名し、出世して大関になっても、太刀持ちを続けていました。また、横綱双葉山には弟弟子の羽黒山がついていて、こちらも大関になっても太刀持ちをやりました。 豪華版といえば、昭和19年春の7日目、横綱双葉山が太刀持ちに大関の前田山、露払いには入幕2場所目の期待の新人、前頭筆頭の東冨士という陣容で土俵入りを披露して、その豪華さが評判になりました。 地位としては、太刀持ちが露払いより上位の力士ということになっています(例外もないことはありませんが)。例えば右写真、高見盛が太刀持ちをやっているほうは、露払いは北勝力で、 高見盛が東前頭5枚目、東前頭7枚目の北勝力より上位です。露払い高見盛のほう、太刀持ちを務めているのは朝赤龍です。 高見盛は東前頭6枚目、朝赤龍は西前頭2枚目で、高見盛が下です。たいてい、太刀持ちと露払いは他の力士に替わらないで15日間通して務めていますが、 場合によっては太刀持ち−露払いで対戦が組まれます。こうなったら、普通は太刀持ちか露払いを別の力士にしますが、横綱曙の土俵入りについていた剣晃と朝乃翔が対戦する日、 なぜかこの両者が普段通りに曙のわきを固めていたことがありました。剣晃は朝乃翔に向かって「バラバラにしてやる」と言っていたそうですが、物騒なことで。 さらには横綱−太刀持ちまたは露払いで対戦が組まれることがあります。こうなったらもちろん、その日は太刀持ちや露払いが別の力士に交代します。

・賜盃優勝旗返還式・優勝額除幕式


賜盃の返還
平成16年5月初日

優勝額除幕式
平成13年5月初日
 土俵入りが終わると、初日には前場所で幕内最高優勝を飾った力士から賜盃と優勝旗が返還されます。 その力士が東の花道から賜盃を持って入場し、土俵上で理事長に返します。また優勝旗も審判部長または副部長に返還します。 もちろん、返還したといっても、14日後にまた取り戻すつもりでいるでしょうが。

 東京場所であれば、返還式の直後に優勝額の除幕式が行われます。贈呈式は初日の前日に国技館正面木戸で行われていますが、 初日の土俵上で改めて賞状が贈られ、そして贈られた力士本人が見上げる中で、除幕が行われます。優勝額は明治42年夏の優勝者から贈られていて、 最初は白黒写真でしたが、昭和18年夏の横綱双葉山の分からカラー写真になりました…が、これを限りに旧両国国技館が使えなくなったので優勝額制度も止まってしまい、 昭和26年春に優勝した横綱照国から、白黒写真に油彩で色を乗せる方法で復活して今に至ります。

 また、1月場所初日には、前年の活躍に対して贈られるいくつかの賞の授賞式もあわせて行われています。


33代木村庄之助による顔触れ言上
平成19年3月9日目
・顔触れ言上

 第11回に書いたように、中入時間に余裕があるときに行われます。翌日の取組を立行司が披露するもので、立行司が朗々と触れていき、 取組を書いた「顔触れ」を立行司と呼出で四囲の観客に回覧します。テレビ中継より先に翌日の取組を知ることができるということになります。 十枚目までの進行が遅れた場合は行われませんので、もし土俵にマイクが出てきたら、じっくりと見せていただきましょう。

・中入後取組


幕内に上がった栃煌山(左)
平成19年3月9日目

攻める豊真将(左)
平成19年3月9日目
 いよいよお待ちかね、幕内力士による取組が始まります。だいたい20番前後が午後4時20分から6時少し前までの間に行われます。 ただし千秋楽は午後3時45分くらいからになります。

 天下を睥睨する横綱や、それを脅かすべき大関はもちろん、その次の時代を取ろうとする若手やら、渋く自分の味を示そうとするベテランなど、 百花繚乱の土俵です。その醍醐味を心おきなく堪能しましょう。


土俵を囲む懸賞旗
平成16年5月千秋楽
 第5回にも書いてありますが、幕内の取組は懸賞の対象にもなります。この数年、あまりにも増えすぎてしまったため、1つの取組について最高で50本までという上限が平成18年1月から設けられました。 特に千秋楽結びの一番ともなると、とんでもない量の懸賞がかかるので、色とりどりの懸賞旗を垂らして歩く呼出が足らず、3回ぐらいに分けて土俵を一周しています。 同じ企業が複数本の懸賞をかける例も多くなってきましたが、場内のアナウンスは1本1本について正直に読み上げますので、全く工夫のない場合は全く同じフレーズを5回も繰り返されてしまうので、館内を失笑が支配することもあります。 企業が宣伝効果を狙ってかけている例がほとんどですが、逆効果になりはしまいかと思うことも時にあります。


西方三役揃い踏み
平成12年5月千秋楽
・三役揃い踏み

 第4回の最後に書いたように、千秋楽の取組も残り3番になったとき、最後の3番を取る力士が三角形に並び、右右左の順で四股を踏みます。 この三角形を「扇」といっていて、東と西で扇の向きが逆になることから、東が終わって西の揃い踏みが始まるときに「扇を返して」と言っています。 揃い踏みが終わると、いよいよ「役相撲」、残り3番を小結相撲・関脇相撲・大関相撲といって、それぞれの勝者に矢・弦・弓が贈られます(実際には弓は弓取力士に渡ります)。

・弓取式


皇牙の弓取式
平成19年3月6日目
 詳しくは第10回に書きました。結びの一番で勝った力士に代わって、専門の弓取力士が弓を振る儀式です。 例えば皇牙は関取になって知名度も上がりましたので、皇牙の弓取式はしっかり見てから帰る観客も比較的多かったのですが、 家路を急ぐ観客が非常に多くて、弓取式はあまりちゃんと見られていないことが多く、見たいと思う人も視界を遮られて見えないでいる例も間々あります。 この名人芸は、ぜひ目に焼きつけておいて欲しいものです。それだけの価値は間違いなくあります。これで「打ち出し」、呼出が「上がり柝」を打って、 千秋楽でなければこの日はこれで終了、「はね太鼓」を聞きながら、帰途に就くことになります。

 千秋楽結びの一番が終わっても幕内最高優勝が決まっていない場合は、弓取式が終わって10分の休憩を挟み、優勝決定戦が行われます。昭和22年夏から導入されました。 2人の場合は一発勝負、3人だと誰かが2番連続で勝たなければ終わらない巴戦、4人以上であれば勝ち抜き戦となり、勝ち抜き戦をやって3人残った場合は、残った3人で巴戦をやって決着をつけます。 行司は木村庄之助と式守伊之助が交代で務めるのが原則で、少なくとも一方が欠けていれば、三役行司も入ってきます。 これは番外勝負ですので、通算成績には反映されません。また、あくまで番外ですから番附にも反映されないという当たり前のことが、つい10年ほど前までは続いていました。 ところが、平成9年5月に西横綱の曙が東横綱の貴乃花を決定戦で破って優勝した際、翌7月の番附でも貴乃花と曙の序列は当然5月のままだったのですが、どうしたことか「おかしい」という声が上がり、 この場所後からは決定戦の結果を反映することになってしまいました。平成13年3月や14年3月の番附にこれが適用されています。

・表彰式


賜杯を受ける朝青龍
平成15年5月千秋楽

技能賞を受ける安美錦
平成15年5月千秋楽
 表彰式です。幕内最高力士が東花道から入場してきて、最初に国歌の斉唱です。演奏は陸海空の自衛隊音楽隊が持ち回りで担当しているようです。 東京場所では、向正面やや東寄りの椅子C席と自由席の一部が「音楽隊席」として用意されています。地方場所でも位置は若干異なりますが、音楽隊が席に着き、演奏しています。 国歌斉唱が終わると、優勝力士とその成績が紹介され、その間に優勝力士が土俵に上がります。そして賜盃拝戴・優勝旗授与・内閣総理大臣杯授与などなど、さまざまな賞を受けます。

 天皇賜盃は、大正14年4月29日に当時の摂政宮(昭和天皇)の誕生日を祝う台覧相撲が行われ、このときに賜った下賜金をもとにつくられたもので、高さ107cm、重さは29kgの銀製です。 大正15年春初日の土俵上で披露されましたが、菊の紋章が「御紋章取締規則」に触れて差し止めとなり、紋章のない小さなレプリカでしばらくしのぎました。 実際に優勝力士に授与されるようになったのは昭和2年3月からです。一方の優勝旗は、もともとは東西対抗制度(正式には「東西対抗競技」といいました)を布いていたときの団体優勝を示すものでした。明治42年夏から使われたのが初代で、昭和29年秋から2代目になり、60年1月から3代目、現在のは平成3年1月から使われている4代目です。

 表彰式を見る楽しみは、さまざまなトロフィーを見るというのが一点ですが、それよりも、大相撲に相応しい副賞のスケールの大きさでしょう。 「1頭」とか「1トン」とか「1年分」とかいう言葉が飛び出してきます。

 優勝力士の表彰が終わると、三賞力士の表彰式です。日本相撲協会からの表彰と、新聞社からの表彰とがあります。 相撲場にいると、三賞力士を知ることができるのは三賞の表彰式の直前ということになります。


出世力士手打式
右手前の一際大きい力士が把瑠都
平成16年5月千秋楽
・出世力士手打式

 表彰式がすべて終わったあとに行われます。この場所に新序出世披露を受けた力士が、審判委員や若者頭などと土俵に立ち、御神酒を捧げ、呼出が打つ柝の音に合わせて手打ちをする儀式です。 平成16年5月からは御幣を持った審判委員の胴上げが復活しました。昭和40年ごろまで行われていてしばらく中絶していたものの復活とのことです。 初日前日の土俵祭で神を土俵に迎えたのに対し、この胴上げで神を送ることを示すといいます。古くは勧進元を胴上げしていたとのことです。

 これで本当の「千秋楽」。次の本場所まで、またまた錬磨の期間です。

・優勝パレード


優勝パレード出発前
平成16年5月千秋楽
 幕内最高優勝力士が旗手を従えてオープンカーに乗り、優勝パレードを行います。旗手は同部屋か同一門の関取(十枚目でもよい)が務めます。 大関朝潮が昭和60年3月に優勝したときに旗手となったのは、この場所限りで引退する名力士、元関脇でこの場所は十枚目だった富士櫻です。 このように報恩の意味を込める場合もあります。パレードは昭和27年夏に横綱東富士が優勝したときから公式に行われるようになりましたが、 それより少し前、昭和26年秋に横綱東冨士が優勝したときにもパレードが行われています。これは角界を離れた元関脇の力道山がオープンカーを貸し、個人的にやったものです。 昭和29年の初場所に大関吉葉山が全勝優勝したときは、大粒の牡丹雪を浴びての非常に絵になるパレードで、今となっては伝説ともなっています。 現在、優勝パレードの際に賜盃を持ち出すことはできないとされていますが、平成6年7月に大関武蔵丸が初優勝したとき、 武蔵川部屋にとっても初めてのことで慣れていなかったせいか、誤って賜盃も車に載せてしまい、しかも大雨でずぶ濡れになってしまいました。 もともとパレードは明治42年夏に東西対抗制度が始められたときから、優勝した団体が行うことになっていました。 この時の旗手は、勝った団体の関脇以下の最高成績者が務めていました。もしも国技館の敷地内でパレードの出発を間近に見ようと思うならば、 表彰式をかなり早い段階で抜け出しておかないと、いい場所が取れません。人垣が十重二十重、まさに黒山というべき人だかりになります。

 本場所の一日は、朝から晩まで盛りだくさんの内容が詰まっています。自己流でもなんでもよいのです。 自分に合った見方を編み出して、楽しんだ者が勝ち、です。次回から、いよいよ最後を飾る、長い長い「歴史」のはなしに突入します。

 最後に一つ、基本的なことを。もし客席を歩いて移動している最中に取組が始まってしまったら、可能であればしゃがむなり何なりして身を低くし、観客の視界を遮らないようにしましょう。
前画面に戻る