大相撲東風西雅
18:「歴史」のはなし

宿禰と蹶速の決戦・想像図
(両国国技館)
平成9年1月13日

 いよいよこの連載も大詰め、「歴史」のはなしは3回で2000年分を駆け抜けようという、かなり強引な計画です。 今回はだいたい安土桃山時代まで突っ走ります。現在行われている大相撲とは全く別の世界ですので、想像しにくい部分が多いかもしれません。

・そもそも「相撲」とは

 現在「相撲」といえば、土俵があって、その中で2人が対戦して、相手の足裏以外の体のどこかを地面につけるか、相手を土俵の外に出すかすれば勝ちとなる競技、ということになるでしょうが、 第7回で触れたとおりで、土俵ができたのが実はそんなに極端に古い話ではありません。

 今の仮名遣いで書く「すもう」は、旧仮名遣いで書けば「すまふ」です。堅苦しく文法的に表現すると、動詞「すまふ」の連用形である「すまひ」が名詞としても使われるようになったのが、 のちに訛って「すまふ」になって、実際には「すもう」と発音されたということのようです。その後、漢字が中国から渡ってきました。 例えば、「相撲」「角力」「角抵」「角觝」というような漢語がありました。「相撲」は格闘を意味するので、「すまひ」という訓読みがつけられました。 他の言葉に共通してある「角」は「くらべること」です。ですから、「角力」は力くらべの意味になり、これにも「すまひ」という訓読みがつきました。 「抵」やら「觝」やらは「うつこと」などを意味します。そのため、「角抵」「角觝」も「すまひ」と読まれました。 ただ、もともとの「角抵」「角觝」は、格闘に限らず技芸一般を指す幅の広い言葉ではありました。 ほかに「素舞」や「相舞」と書かれたこともありますが、これは単に読みが共通するからあてられただけでしょう。 今は「相撲」で統一されています。

・神話


国譲り・想像図
(両国国技館)
平成9年1月13日
 「古事記」には「国譲りの説話」が載っています。「国譲りを相撲で解決した」と説明されることもありますが、現在の相撲と直結させるのは難しいと思われます。 その内容は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、葦原中津国を邇邇芸命(ににぎのみこと)に支配させようとして、 建御雷神(たけみかずちのかみ)を中津国に送って説得交渉に当たらせたところ、そこを支配していた大国主命(おおくにぬしのみこと)は従う意思を示したのに、 大国主命に服従している建御名方神(たけみなかたのかみ)が納得しません。建御名方神は大胆にも建御雷神に力比べを申し込みました。 このときの方法は互いに手を握り合って攻める「手乞(てこい)」というもので、建御名方神が「手を取らせろ」と言ったのですが、 古事記に「如取若葦」(*1)とあるように、簡単に捻り捨てられてしまったとのことです。

(*1)稗田阿礼誦、太安万侶撰「古事記」和銅5年(活字本:黒板勝美編「古事記・先代舊事本紀・神道五部書」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成10年)


当麻蹶速之塚
平成12年10月21日
 相撲の祖として伝説にその名を残す野見宿禰(のみのすくね)が、当麻蹶速(たいまのけはや)と相撲を取った話のほうが有名でしょうか。 今の奈良県葛城市、大和国当麻村にいた蹶速は「勇悍士」(*2)と評される男で、自分と肩を並べるような力を持つ者などいまい、 どうにか力の強い者と出逢って力比べをしたいものだ、と豪語していました。そして、時に垂仁天皇7年、西暦に直せば300年の7月7日、 その噂は垂仁天皇の耳に達しました。そして天皇が、蹶速と戦える者がいないかと臣下に尋ねると、出雲にいるとの答えです。 これが野見宿禰で、その日のうちに召し出して、戦わせました。その模様を漢字だけで実況すると、「二人相対立。各挙足相蹶。則蹶折当麻蹶速之脇骨。亦蹈折其腰而殺之」(*3)というありさまでした。 つまり、蹴り合いで勝負して、宿禰が蹶速の肋骨を折って腰骨を砕いて殺してしまったわけです。その結果、天皇は蹶速の領地をすべて宿禰に与え、その土地は「腰折田」と呼ばれるようになったという話です。 「腰折田」は奈良県香芝市に今もその名を残します。この説話については、どうやら平安時代までには相撲の起源として考えられていたらしく、 しかも野見宿禰の子孫と称する菅原道真が、日本書紀以下の「六国史」を内容ごとに分類して並べ直した書「類聚国史」の相撲条でこの説話をトップに据えてもいます。 ただ、ルールから考えたならば、今の相撲と直接につなぐのは無理だと言わざるを得ないでしょう。

(*2)(*3)舎人親王ら撰「日本書紀」養老4年(活字本:黒板勝美編「日本書紀 前篇」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成10年)
(参考)菅原道真編「類聚国史」寛平4年か(活字本:黒板勝美編「類聚國史 後編」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成12年)


・平安時代へ

 さて、「相撲」という字が出てくるのは、実はさらに200年近くも下って、雄略天皇13年(469)9月とされる日本書紀の記事です。 韋那部真根(いなべのまね)という木工の達人は、石を台にして斧で木を削っていた人ですが、この人に天皇が「どんなことがあっても斧を石にぶつけることがないのか」と訊ねたそうです。 真根が絶対にないと答えたので、天皇は謀略をめぐらせ、采女を集めて衣裙を脱がせ、それに犢鼻(とうさぎ・褌の一種)をつけさせて、 真根の目の前で「相撲(すまひとらしむ)」(*4)…真根はそれを見ながら木を削ったために斧を破損させてしまいます。そのため、天皇に対して不遜にも豪語したという罪で処刑されそうになりましたが、 同僚の木工によるとりなしのおかげで、どうにか許されたという、ひどい話です。史実というわけではなさそうですが、「裸に褌」というそのいでたち(古墳から出土した埴輪などを「力士埴輪」「力士像」として分類する際の基準もこのいでたちだそうです)は、 日本書紀がつくられた時点か、またはこの伝説が語られた時点での「相撲取りのかっこう」を反映しているのだろうと考えられています。

(*4)舎人親王ら撰「日本書紀」養老4年(同上)

 史実と考えられている最も古い相撲は、皇極天皇元年(642)7月22日の日本書紀の記事にあります。 この日は百済からの使者である大佐平智積(だいさへいちせき)をもてなす饗宴が行われましたが、これとは別に河内にいた百済王族の翹岐(ぎょうき)という者の前で健児が相撲を取ったというのです。 これは智積をもてなすための相撲だという説もありますし、5月に翹岐が子を亡くしていることから智積の饗宴とは別の相撲で、百済の習俗と何らかの関係があるかもしれないという説もあります。 日本書紀には、天武天皇11年(682)7月3日と持統天皇9年(695)5月21日に隼人が相撲を取ったという記事もあります。

・相撲節


相撲節の想像図
(両国国技館)
平成9年1月13日
 日本書紀から続日本紀の時代に移ると、相撲はにわかに儀式化します。養老3年(719)7月4日に「初置抜出司」(*5)という記録があります。 この「抜出司(ぬきでのつかさ)」は、健児の中から特に相撲技にすぐれた者を選び、彼らを指導監督する役割の者で、のちの「相撲司(すまいのつかさ)」に当たる役職であると一般にはいわれています。 何しろ抜出司の史料が他には全く残っていないので、断定はできませんが、これを本当であるとすれば、朝廷の中で相撲の制度が少しずつつくられていた証拠とみることができます。 神亀5年(728)4月25日には、聖武天皇が詔を出しました。その内容は実に苛烈なもので、簡単に言えば「相撲人を差し出せ、さもなくば国司や郡司は罰するぞ」ということです。 その厳しい人集めをうかがわせる記事は「万葉集」の巻第五に載っています。これは天平2年(730)のことで、「相撲部領使」(*6)という言葉が出てきます。 これは旧仮名遣いで「すまひことりづかひ」と通常読むもので、スカウト係です。そしていよいよ天平6年(734)7月7日、「天皇観相撲戯」(*7)という記録にたどりつくことになります。 徐々に制度が整っていく流れの末に出てきた相撲の天覧で、日本書紀に書かれていた相撲の記事とは意味合いが違って、宮中行事として行われるようになった相撲の最初の記録とされるものです。 これを「相撲節(すまいのせち)」といいます。

(*5)(*6)ともに菅野真道・藤原継縄ら編「続日本紀」延暦16年(活字本:黒板勝美編「続日本紀」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成12年)
(*7)「万葉集」天平宝字3年以降(活字本:佐竹昭広・山田英雄・大谷雅夫・山崎福之・工藤力男校注「萬葉集 一」岩波書店(新日本古典文学大系)、平成11年)


 相撲節は、左右対抗制で行われる儀式で、当時の儀式書に細かい規定があります。簡単になぞると、まず1ヶ月ほど前に相撲司が任命されて(「儀式」には「前一月。任相撲司」(*8)とあります。)、彼らが運営に当たります。 その総監督として「相撲司別当」が任命されます。7月7日は内裏の南にある「神泉苑(しんせんえん)」という庭で行われ、天皇もそこに行幸し、その臨席のもとに皇太子などの皇族や臣下が規定通りに入場、着座します。 その次には官人から相撲人まで約300人に及ぶ入場行進が華々しく行われます。そして子供による「占手相撲(うらてずもう・作物の豊凶を占う相撲)」から取組が始められ、合計20番行われます。 この日は全ての官人が参列することになっています。終了後には天皇主催による宴会(「饗饌(きょうせん)」)が行われます。 相撲節が始められた当時は7月7日だけで終わっていましたが、弘仁年中からは8日まで2日間の儀式になったと伝えられています。 「内裏式」は弘仁12年(821)に成立した儀式書で、これには「七月七日相撲式」(*9)とともに「八日相撲式」(*10)の項目が立てられています。 場所が宮中の「紫宸殿(ししんでん、またはししいでん)」に変わり、参列者も限定される内輪の行事という形になって、20番の相撲が行われます。

(*8)「儀式(貞観儀式か)」貞観13年頃(活字本:渡辺直彦校注「儀式・内裏式」神道大系編纂会(神道大系)、昭和55年)
(*9)(*10)ともに「内裏式」弘仁12年(活字本:渡辺直彦校注「儀式・内裏式」神道大系編纂会(神道大系)、昭和55年)


 この相撲節の内容も、時代が移るとともに徐々に変容していきます。まず8世紀後半には神泉苑で行われることがなくなり、内裏で行われる略儀になってしまいました。 相撲司の任命もなくなり、近衛府に設けられた「相撲所」が相撲節をとりしきることになりました。 天皇への奉仕(饗饌はその返礼に当たる)・服属を示す儀式だったはずの相撲節が、いわば単なるコンテストになったという考え方もあります。 2日間というのは変わりませんが、初日は「召合(めしあわせ)」という17番ほどの取組を中心とした儀式で、 2日目は「追相撲(おいずもう)」というお好みの勝負と「抜出(ぬきで)」というトーナメント戦に生まれ変わりました。 「占手相撲」はなくなりました。7月7日という日程もずれていき、7月が大の月なら28〜29日、小の月なら27〜28日というふうになりました。 しかも、です。長元4年(1031)は、本来ならば相撲召合は7月28日に行うべき年でしたが、陰陽道でいう忌日に当たっていたので議論になりました。 そこで出た結論は、相撲召合は「臨時小儀」(*11)で節会と同様に扱うべきものではないから、期日を変更することは構わない、というものでした。 結局、1日遅らせて行われることになったのです。相撲節は、ただの娯楽行事に変貌していました。

(*11)藤原実資「小右記」長元4年7月23日条(活字本:東京大学史料編纂所編「小右記 九」岩波書店(大日本古記録)、昭和54年)


相撲節の想像図より「籌刺」
(両国国技館)
平成9年1月13日
 平安後期の相撲節では、まず2〜3月に「相撲使(すまいのつかい)」が任命されて相撲人の調達に当たり、7月10日前後には「召仰(めしおおせ)」といって相撲節の開催を宣言する儀式が行われます。 稽古である「内取(うちどり)」も始まりますし、内取を天覧に供することもありました。この結果で相撲人の役や順位を決めました。 最高位の者を「最手(ほて)」といい、その次の者を「脇(わき)」といいました。楽や舞などについても打ち合わせが行われます(凶事などがあれば、楽や舞を中止するかどうかも決められます)。 今の相撲と決定的に違う点は、境界線がないということと、中立の立場で勝負を判定する者がいないということです。 当日は、左右からそれぞれ「相撲長(すまいのおさ)」という者が出て、儀式を進行させます。「奏名(ふしょう)」が相撲人を呼び上げ、左右に1人ずついる「立合(たちあわせ)」が相撲人を立ち合わせます。 勝負がついたら、「籌刺(かずさし)」が地面に矢を刺し、勝った側は「乱声(らんじょう)」という勝鬨をあげます。立合は「立合舞(たちあいまい)」を演じて、舞楽が奏されます。 勝敗は左右の近衛次将が判断していましたが、疑問があるときは「論(ろん)」を申し立てます。今でいう物言いです。 なかなか判断がつかないときは天皇が判定します。これを「天判(てんぱん)」といいました。相撲節が終わると、「返饗(かえりあるじ)」という近衛大将主催の宴会が行われていました。

 貞観3年(861)6月28日には子供による「童相撲」が初めて行われ、それ以外にも相撲節を手本にした臨時の相撲が行われたりもしました。 「今昔物語集」をはじめとする説話集には、相撲人の逸話が数多く収められています。こうして隆盛を極めた相撲節も、12世紀に入ってめっきり廃れていきました。 相撲節の重みがだんだん薄らいでいき、相撲人も集まりにくくなっていったようです。例えば万寿4年(1027)や長元4年(1031)の「小右記には、相撲人の弱さを嘆く記事があります。 天永2年(1111)8月12日の「長秋記」によると、左方の相撲人を「右使奪取了」(*12)という事件が起こっています。 天養2年(1145)に行われるはずだった相撲節は、この年出現したハレー彗星が不吉だとかで改元だの何だのと大騒ぎになり、中止になってしまいました。 保元の乱が終わって、権力を握った信西(藤原道憲)が相撲節を復活させましたが、今度は平治の乱で世が乱れ、とうとう承安4年(1174)の相撲節を最後として、二度とよみがえることはありませんでした。

(参考)「今昔物語集」保安元年前後(活字本:今野達・池上洵一・小峯和明・森正人校注「今昔物語集 一〜五」岩波書店(新日本古典文学大系)、平成5〜11年)
(参考)藤原実資「小右記」万寿4年7月23日条(活字本:東京大学史料編纂所編「小右記 八」岩波書店(大日本古記録)、昭和51年)
(参考)藤原実資「小右記」長元4年7月29日条(活字本:東京大学史料編纂所編「小右記 九」岩波書店(大日本古記録)、昭和54年)
(*12)源師時「長秋記」天永2年8月12日条(活字本:増補史料大成刊行会編「長秋記 一」臨川書店(増補史料大成)、昭和40年)


・中世の相撲

 平安時代の記録は、六国史や権威ある儀式書が数多くあり、また貴族にとって日記をつけるということが一種のステータスだったらしく信頼性の極めて高い日記が数多く残されていることもあり、驚くほど豊富です。 ところが、中世に入ると、そうした記録は急減してしまいます。

 まずは、鎌倉幕府がみずから編纂した「吾妻鏡」を眺めてみます。鶴岡八幡宮の祭礼で相撲が奉納されたという記事がいくつもあります(ただし、神事相撲の例は古いところでは神亀3年(726)にもうあります)。 それから、源頼朝が臨席して、相撲人や武士を召し出して相撲を取らせたという記録もあります。 たとえば、文治5年(1189)7月1日に行われた鶴岡八幡宮の放生会について、「競馬。五番。皆老翁也。流鏑馬。十六騎。相撲。十六番。」(*13)という記録があります。 鶴岡八幡宮では、祭礼のときに競馬・流鏑馬・相撲がセットで行われることが多く、源頼朝が自分の権力のもとで武士に奉仕させていたようです。 なお、鶴岡八幡宮の放生会は石清水八幡宮でのそれを模したもので、そこで行われる相撲もまた然りでした。さらにさかのぼって、石清水八幡宮での相撲は、相撲節を模したものだといわれています。

(*13)鎌倉幕府編「吾妻鏡」文治5年7月1日条(活字本:黒板勝美編「吾妻鏡 前篇」吉川弘文館(新訂増補国史大系(新装版))、平成12年)

 鎌倉時代の有名な逸話といえば、まずは「曾我物語」に登場する河津三郎と俣野五郎との勝負でしょう。 伊豆で行われた巻狩のあと、余興の宴会は若い者による相撲大会になりました。勝ち抜き戦が続くうちに、俣野五郎景久が31番を勝ち抜きました。 この男は京で相撲を修行して「日本一番」の称を得たという大物です。この俣野を止めるべく立ち上がったのが河津三郎祐泰という、技のない力だけの男です。 実際に相撲を取ってみると、河津は俣野の両腕をひっつかんで押しまくり、ついには見物人の上に押し込んで「ひさ(膝)をつかせてのきにけり」(*14)という一方的な取り口になってしまいました。 プロ力士の俣野は「木につまずいたのだ」と言って再戦を要求しましたが、目よりも高く差し上げられて、叩きつけられるという散々な結末になりました。 その後の仇討ち物語については、狂言や歌舞伎などに脚色されて親しまれています。

(*14)「曾我物語(太山寺本)」(影印本:「太山寺本曾我物語」汲古書院、昭和63年)

 ほかにも、「古今著聞集」という説話集にも相撲の説話や怪力物語が載っていて、例えば畠山重忠が源頼朝の命で長居という東国最強の力士と対戦して、長居の肩を砕いてしまったという話がみられます。 河津と俣野の相撲といい、重忠と長居の相撲といい、技を特に持たない戦闘用の相撲(つまり組討)を取る側が勝者で、 技を持ち高い評価を得ている(いわばプロらしい)人が敗者となる点で共通しています。この時代の相撲は、戦場で使える実用的な相撲と、 祭礼相撲で見られる様式的な相撲とが分離してしまったらしいのです。「武士による相撲」は「吾妻鏡」に見られますが、 一方、鶴岡八幡宮にゆかりの深い職人が多く登場する「鶴岡八幡宮職人歌合」に「相撲」が出てきます。 ここでいう「職人」というのは、大雑把に言えば「専門家」のことですから、相撲を専門とする者が存在して、祭礼相撲を務めていたようです。 また、「吾妻鏡」の相撲記事の中には、相撲人の名が出てくるものがあって、多くは武士ですが、そうではないらしい人の名も交じっています。

(参考)橘成季編「古今著聞集」建長6年(活字本:永積安明・島田勇雄校注「古今著聞集」岩波書店(日本古典文学大系)、昭和41年)
(参考)「鶴岡放生会職人歌合」弘長元年か(活字本:新編国歌大観編集委員会編「新編国歌大観第5巻」角川書店、昭和62年)



信長上覧相撲の想像図
(両国国技館)
平成9年1月13日
 従来、「室町時代は将軍による相撲上覧がなかった」といわれることがありましたが、実は行われていました。 「満済准后日記」には、正長元年(1428)の6〜7月にかけて集中的に4回、6代将軍義教が「相撲見物」という名目を掲げてさまざまな大名の屋敷を訪ねていたことが記録されています。 6月19日の場合、「今夕室町殿様渡御管領亭。相撲御見物云々」(*15)という感じです。諸大名も盛んに相撲見物を行い、 京には数多くの相撲人が集まっていたようで、応永32年(1425)には「諸国より相撲はおほくのほれとも」(*16)という言葉を含んだ落書が出現したほどでした。 織田信長は、近江国の相撲人を集めて何度も相撲見物をしています。信長が特に高く評価した相撲人は、召し抱えられたりもしました。 他の大名も、相撲を見物するためにすぐれた相撲人を抱えるようになっていきました。相撲人の立場からすると、抱えられたら禄が与えられ、つまり安定した実入りが期待できるようになるわけです。 こうして「抱え力士」のシステムが機能しはじめたところで、時代は近世、江戸時代へと移っていきます。

(*15)満済「満済准后日記」正長元年6月19日条(活字本:塙保己一編、太田藤四郎補「満済准后日記 下」続群書類従完成会(続群書類従(訂正3版))、昭和33年)
(*16)後崇光院「看聞御記」応永32年9月13日条(活字本:塙保己一編、太田藤四郎補「看聞御記 上」続群書類従完成会(続群書類従(訂正3版))、昭和33年)


 宿禰と蹶速の相撲からこれで1300年分です。あと500年分を残り2回で片づけます。次回は、江戸時代の相撲史を飾る「勧進相撲」のはなしから進めていきます。
前画面に戻る