大相撲東風西雅
20:「歴史」のはなし三

両国国技館開館記念の絵葉書
明治42年夏の西方幕内力士ら
筆者蔵

 今回は明治からですが、どう考えても平成まで到達できようはずもありません。しかも昭和時代は激変に次ぐ激変ですので、もう2回延長します。

・揺らぐ明治の相撲界

 江戸時代は去りました。慶応3年(1867)11月7日目、阿波藩抱えの千羽ヶ嶽が国見山を打っ棄った相撲に物言いがつくと、 控えにいる阿波藩の相撲係が刀を抜いて詰め寄ったことがありました。同年4月7日目の鬼面山と陣幕の初対戦では阿波藩と薩摩藩の相撲係が控えで対峙していました。 こんなおっとり刀の風景も、過去のものになろうとしていました。ところが、世情はますます混乱しています。

 明治2年に版籍奉還、4年に廃藩置県が実施されると、力士の生活基盤だった抱え制度が崩壊しました。 つまり力士に生活の資が一切まわらなくなり、資本家が贔屓につくことでどうやらしのぐことになりました。 もちろん、相撲会所から力士に何の恵みもない状態は、全然変わっていません。4年には散髪脱刀令が出ましたが、力士にはどうやら適用されずに済みました。 とはいえ文明開化が叫ばれる世の中、相撲に対する視線は冷たいものでした。このため、錦旗を捧げ持つ役を務めたり、造営やら消防やらに従事して批判をかわしていました。


不知火・陣幕碑より
不知火光右衛門
(富岡八幡宮)
平成9年1月8日

不知火・陣幕碑より
陣幕久五郎
(富岡八幡宮)
平成9年1月8日
 吉田家の「相撲の司」の権力も危うくなっていました。吉田家が京都の五條家を抑えて司家の地位を確立したのは、7代横綱稲妻に司家が免許を出した文政13年(1830)前後のことですが、 それから幾星霜、慶応3年(1867)正月になって、五條家は陣幕に横綱免許を出しました。吉田家も同年10月に陣幕に横綱免許を出し、 さらに明治2年2月には鬼面山にも横綱免許を与えて対抗します。この間、慶応4年に陣幕は前回書いたとおり大坂へ下ってしまいます。 陣幕は明治2年に引退して頭取総長になります。大阪相撲は明治2年3月に縦1枚番附に切り替えました。 江戸→東京相撲にならったかのように見えますが、実はこれまでの三都勧進相撲から独立するという宣言でした。 不知火光右衛門も明治3年に引退するなり大阪に下り、京都や大阪で土俵入りだけを披露しました。他にも東京から上方に流れる力士が出ました。 五條家はこの流れに乗り、京阪の相撲会所を傘下に収めてトップに君臨しようと画策、明治3〜6年にかけて小野川才助(京都)・八陣信蔵(大阪)・兜潟弥吉(京都)・高越山谷五郎(大阪)に立て続けに横綱免許を出し、 9年には東京大関の境川浪右衛門にまで横綱免許を与えました。一方の吉田司家は、吉田家を抱えていた細川家の没落に加え、10年の西南戦争で西郷軍についた23代吉田追風が捕らえられてしまってどうすることもできず、 境川に横綱免許を出せないで承認するだけのありさまです。東京相撲内部でももめごと続きで、いよいよ東京も落日かと思われるでしょうが、実は上方のほうもリードできませんでした。 大阪は6年から何回も分裂やら紛擾やらを繰り返しています。京都も明治10年代に入って独自の興行を打てない状態に落ち込み、7年から定期的に行われた三都合併相撲にすがって生き延びていました。

小野川之碑
(善導寺)
平成18年11月19日
小野川信蔵之碑
(四天王寺)
平成17年12月18日
兜潟弥吉墓
(鳥辺山)
平成12年10月17日
高越山谷五郎墓
(鵯越墓園)
平成17年12月16日

 幕末から活躍していた陣幕らのあとに出てきた力士の代表が、既に出ている境川浪右衛門で、幕末の大関境川の弟子です。 太鼓腹を使った腹櫓を武器に、安定した土俵を展開しました。対抗馬としては、上手投げ大関の綾瀬川山左衛門や、色黒の怪力士雷電震右衛門らがいて、 少し遅れて美男の大関朝日潟鶴之助も出てきました。

 ここで角界を揺るがす高砂騒動が起こります。もともと明治の声を聞く前から会所の専横に不満を持ち、250名の同志とともに脱走準備を整えたことがあった高砂浦五郎は、 明治6年の巡業中に再び同志を集め、名古屋で基盤を整えにかかります。そして綾瀬川らを東京に送って年寄連の説得に当たらせましたが、綾瀬川は逆に丸め込まれてしまい、 ちょうど出された11月の番附では、高砂一派の名が墨塗りになっていました。翌年、高砂は愛知県の許可を受けて「改正相撲組」を立ち上げ、 東京会所を脱退して名古屋を拠点を置き、8年には東京神田に本部を移して興行を打ちました。高砂一派には自分の弟子の響矢や、京都からの力士がいて、のちの16代横綱西ノ海も含まれていました。 11年、東京府が「角觝並行司取締規則」を出し、東京府下における相撲団体は1つのみに限られ、高砂一派には営業鑑札が与えられなかったので、東京を出て宮相撲に従事する一方で、 調停工作が進められ、和解と合併が成りました。高砂が対等合併を強硬に主張したことで、響矢は幕内力士に加えられ、高砂自身は検査役に納まりました。 11年5月の番附は、もともと会所にいた力士の番附とは別に復帰してきた力士の番附をつくったので、「二枚番附」と呼ばれています。 この11年5月に会所は「角觝営業内規則」を定め(のち19年1月に改正されて「角觝仲間申合規則」となりました)、高砂が目指した待遇改善が実現しました。その後高砂の勢力はますます強まり、16年に取締となって実権を握りました。


初代梅ヶ谷藤太郎出生地
(うきは市)
平成18年11月19日
 さて、吉田家と五條家との争いは、凋落を極めたはずの吉田家が立ち直っていき、勝負の帰趨が見えてきます。 例の「角觝並行司取締規則」は東京相撲にとって実に好都合なことで、崩れていた秩序が体制側のバックアップによって整え直される意味をもったからです。 そして行われたのが17年3月の天覧相撲で、このときの梅ヶ谷と大達との大激戦が高い評判を得て、東京相撲の興行は順調に行われるようになりました。 この天覧相撲に先立ち、梅ヶ谷に五條家から横綱免許が出ることになりました。その際、梅ヶ谷は吉田家からの免許が欲しいと熱望し、五條家と吉田家との同時免許になりました。 これはまさに吉田家復活を意味していました。京都や大阪を中心に勢力を張っていた五條家ですが、京都相撲はほとんど沈黙状態で、 大阪相撲も21年に起こった「広角組脱退事件」で大分裂を起こして弱体化してしまったので、五條家の権威は落ちていき、29年に五條家は東京の小錦に横綱免許を出しましたが、 この免許は忘れ去られてしまいました(知られるようになったのは平成5年のことです)。なにしろ上方の側が東京との合併相撲に頼って生きているような状態で、 逆に東京は、それまでの「角觝仲間申合規則」に代えて22年1月に「東京大角力協会申合規則」を定め、これによって従来からの会所は「東京大角力協会」という組織に生まれ変わりました。 かくして、東京を押さえている吉田家が果たせるかな再び司家として君臨するようになりました。


三代鯨波与兵衛之墓
右側面に高砂と西ノ海の名がある
(鳥辺山)
平成12年10月17日
 境川の次の時代を担ったのが、堅実な取り口で鳴らした怪力の梅ヶ谷藤太郎で、これに対抗しようとしたのが筈押しの大関若島久三郎でしたが、梅ヶ谷にはとうとう1回しか勝てませんでした。 代わって、徳利投げの荒技を得意とした大達羽左衛門が上がってきて、明治17年の天覧相撲で引き分け、次の5月場所で勝ち、東京の好角家を興奮させました。 梅ヶ谷は18年11月の天覧相撲で西ノ海に完敗して土俵を退きます。大達や西ノ海、そしてほぼ同時期に出てきて大関にもなった一ノ矢藤太郎、このいずれもが高砂門下の力士です。 年寄として高砂は得意の絶頂にあり、門下生も土俵で大勢力を築き上げ、まさに我が世の春です。土俵上での対抗馬は大関剣山谷右衛門や大関大鳴門灘右衛門でしたが、早く衰えました。 西ノ海は23年に横綱免許を受けます。ところが横綱は地位ではないので、免許をもらっても地位は大関でした。 しかも前場所の成績からみると、西ノ海と同じ片屋の正大関は、新大関の小錦で、横綱免許力士西ノ海は張り出しです。 我慢のならない西ノ海はごねにごね、恐らく師匠が飛ぶ鳥も落とすあの高砂ということもあったのでしょう、初めて番附に「横綱」と書くということで落ち着きました。 第一人者西ノ海の下で小錦が大関で元気に土俵を務め、反対の片屋は対抗馬がなかなか現れず、しばらく高砂一門の王座は安泰とみられましたが、 ここで大戸平広吉が昇進してきて雲行きが変わってきます。

 絶対の権力者である高砂には反発する者も多くあり、これを押さえ込むために24年1月に高砂は「永久取締就任」を宣言しました。 ところが、雷をはじめとする年寄が強く反発し、永久取締就任は果たせず、逆に取締を毎年選挙で改選するという制度が設けられました。 この頃、高砂の言動におかしな点があるといわれていましたが、それがはっきりと見られたのが28年6月6日目の相撲に始まる大事件です。 この日の呼び物は、泉川を得意とする両力士の対戦、東横綱西ノ海に西筆頭の鳳凰です。鳳凰が左差し一気に攻め込むと、西ノ海が正面で打っ棄りましたが先に踵を踏み切り、軍配はもちろん鳳凰ですが、 西ノ海陣営である東の控えから物言いがつきました。裁きいかんで高砂や鳳凰が何を言い出すか知れないとて検査役は戦々兢々としながら協議をしていましたが、 そうするうちに役員室から高砂がやってきました。そして高砂、鍬で土俵を掘るや「この下は俵だから踏み切りはない」という屁理屈をこねました。当然鳳凰側の西控えは激怒します。 結局日もとっぷりと暮れ、翌日になろうというところで「預かり」としてごまかしました。明けて29年1月、鳳凰は西筆頭のままでしたが、 初日の取組を見た西方力士はぶったまげました。鳳凰が東に組み入れられています。鳳凰は休場を決め、西方力士も同調して、大関となっていた大戸平をはじめとする33人の力士は、 協会に檄文を叩きつけて中村楼に籠城したのです。これを「中村楼事件」と言っています。檄文にある「我々は、不正なる取締の配下にあるを、潔とせず」という一文が象徴的です。 これに対する回答文は改革の実行を約束するもので、名を連ねた年寄はすべて反高砂派でした。つまり西方の力士と年寄がともに高砂派を追い落としにかかったということになります。 2月に「東京大角力協会申合規則」が改正されて、協会と力士とが和解しました。取締には雷(梅ヶ谷)と高砂とが一応選ばれはしましたが、 奇々怪々な言動が目立った高砂は脳病の診断を受け、30年に取締を辞めて33年に亡くなりました。


待乳山楯之丞之墓
(回向院)
平成19年9月9日

常陸山谷右衛門像
(塚原運動公園)
平成19年9月11日
 高砂の没落とともに、高砂派も没落します。小錦は横綱の免許を受けてから調子を崩しました。その次を期待された朝汐太郎は大関になりましたが早く衰え、人材の供給が止まってしまいました。 一方、西方は鳳凰馬五郎や大戸平広吉のあとに巨人の大砲万右衛門が頭角を現しました。ですが、もう多くの好角家は、2人の逸材に期待をかけていました。 それが梅ノ谷音松と常陸山谷右衛門です。緻密な四つ相撲の梅ノ谷と豪快な力相撲の常陸山は、一度三段目で当たってはいますが、 本当に注目されるようになってからの初対決は31年5月、まだ常陸山は入幕していませんでした。そして期待以上の出世を見せた両者は、33年から34年にかけて相次いで大関になります。 ちょうどこの時に大砲が横綱免許を受け、突いて叩くか右四つに組むかの不細工な取り口ながらなかなか取りこぼさず、無難に土俵を務めていましたが、なんと日露戦争に出ていってしまいました。 しかし大砲の穴は梅ノ谷改め梅ヶ谷藤太郎や常陸山がしっかりと埋め、まわりを摩利支天といわれた名大関荒岩亀之助や早業得意の名人関脇逆鉾与治郎、 合掌捻りの怪力関脇海山太郎、そして相手の臍と相撲を取った関脇玉椿憲太郎などの個性派が固めていました。 36年、常陸山に横綱推薦の話が出ました。すると常陸山は、梅ヶ谷も同時に推薦するのが望ましいと答えたそうです。 こうして、戦野から還ってきた大砲とあわせて3横綱の時代がやってきました。大砲は必要以上とも思える慎重な取り口になり、 右四つになったら全然動かず、ついに41年1月には初日から勝ちもせず負けもせず、9戦9引分の堂々たる成績を残して土俵を去り、年寄待乳山になりました。

 この頃、雨天でも相撲興行が打てる常設館を建設する動きが具体化しました。もともと高砂が早くから構想を持っていたものの、 周囲がまじめに取り合わなかったということがありました。ですが、梅ヶ谷や常陸山を代表とする名力士が屋台骨を支え、 地力ある名大関国見山悦吉もそれに加わり、次代を背負うと期待された太刀山峰右衛門と駒ヶ嶽国力が伸びてきて、このライバル同士の相撲と、 常陸山に挑む太刀山の相撲には大きな注目が集まっていました。空前の人気に応える常設館の設置は時代の要請であると踏んだ協会は、 37年になって計画を実行に移し、天保4年(1833)10月以降ずっと興行を打った回向院に別れを告げ(工事の関係で明治40年5月から42年1月までは東両国本町の川原で本場所を行いました)、42年6月の開館を迎えました。

 4階建てのこの建物、名称が「国技館」と決められました。これは小説家の江見水蔭が草した「大相撲常設館完成−初興行御披露−」という題の披露状にあった「抑も角力は日本の国技」に目をつけた検査役尾車文五郎(中村楼事件のときの大戸平です)の提案によるものです。 平安時代に相撲節会が朝廷で400年にわたって行われたことをよりどころとしましたが、勧進相撲以来興行として行われている大相撲と相撲節会とが直結しているとは必ずしも言い切れないので、根拠としては薄弱なものです。 ところが、以来「相撲は国技だ」といわれるようになってしまい、不安定なはずの「国技」という言葉が独り歩きし、この語に安易に寄りかかる傾向が正されないまま現在に至ります。

 国技館開館に合わせてさまざまな改革が行われました。土俵まわりでは、正面と向正面が入れ替わりました。 また、相撲場のまわりに目を転ずると、力士幟が廃止されました。安政3年(1856)4月を最後に幕内力士が千秋楽に出ることはありませんでしたが、 国技館が開館してからは千秋楽まで出場するようになりました。贔屓が土俵に祝儀を投げ込む「投げ祝纒」は数場所前から禁止されていましたが、徹底されました。 関取が場所入りする際には羽織袴を着用することが義務づけられました。また、東西対抗制度が導入され、東方幕内力士と西方幕内力士それぞれ勝数を合計し、多いほうに優勝旗が授与されました。 幕内の最高優勝力士には、時事新報社から優勝額が贈られることになりました。翌年夏には行司の装束がそれまでの裃姿から現行の烏帽子直垂に改められました。


小野川調五郎墓
(鳴尾墓地)
平成19年3月18日

大木戸森右衛門生誕之地
(神戸市東灘区)
平成19年3月17日
 ここで大阪と京都の状況に触れておきましょう。大阪相撲は28年に広角組との和解が成立し、30年になって申合規則を定めて「大阪角力協会」という組織になりました。 東京より約10年遅れている計算になります。この30年には八陣調五郎が横綱免許を受けましたが、大阪の協会と吉田司家との話し合いが失敗したために神理教という団体に免許を与えられました。 なぜ五條家免許がないのかは、はっきり分かりません。次いで若島権四郎が第一人者となり、36年から横綱を張り(五條家免許といわれていますが、はっきりしません)、 38年に吉田家の免許も受け、大阪相撲史上最強の力士と今でも考えられていますが、同年秋に山口県で自転車にうちまたがって坂を下っていたところ、そのまま溝に突っ込んで再起できず、40年に引退しました。 若島と伍して活躍したのが大木戸森右衛門で、これも吉田家との話し合いが決裂したために43年に住吉神社で大阪協会が独自に横綱免許を出しました。 のちに和解が成って大正元年に司家免許を得ましたが、このときには下り坂で、翌年には脳溢血に見舞われ、結局引退に追い込まれました。興行自体は順調でしたが、第一人者が不運に見舞われるなど、軸がはっきりしなかった時代でもありました。 京都相撲は、東京大関の大碇紋太郎が京都に脱走したのを機に、この大碇を中心とした興行を展開しようとしました。明治32年4月に五條家から横綱免許を与えられた大碇は、10年以上も横綱を務めてはいましたが、 43年になって日英博覧会に招かれ、京都の主要な力士を連れて渡英してしまいました。のちに帰国の噂が立ち、信じた京都相撲では番附も出しましたが、結局大碇は日本に戻ることなくヨーロッパをまわり、 その間に京都相撲はつぶれてしまい、大碇一行も現地で解散したらしく、その後の行方はつかめません。

 東京相撲に話を戻します。時代を築いた梅常陸の両者も晩年に入り、駒ヶ嶽も伸び切れず、太刀山の一人天下です。小常陸に猛烈な一突きを見舞って空中を泳がせ、桟敷にまで吹っ飛ばしたその怪腕、これに敵する者はありません。 勝ち身の遅い左四つの二代西ノ海嘉治郎や、掛け投げ得意の鳳谷五郎らが出てきてはいますが、あまりにも太刀山が強すぎてどうにもなりません。 44年は2つの事件で揺れました。1月10日、通称「新橋倶楽部事件」が起こります。関脇から十枚目までの力士が養老金や配当金の増額などを求めたものですが、 協会は国技館建設の借金があるなどの理由で受け入れませんでした。すると力士54人は新橋倶楽部に立てこもり、 土俵を築いて稽古を始め、独立興行を狙いました。調停が2回かかるなどで少し長引きましたがどうにかまとまり、 もともと春場所は1月21日初日予定だったところ、2月4日から興行されました。ところが早くも2日目に大混乱です。鳳と西ノ海の相撲で鳳が西ノ海を浴びせ倒したところで常陸山が物言いをつけました。 検査役は預かりにし、隠れ星(星取表には表れない評価)として鳳に丸星(勝ちに相当)、西ノ海に半星(勝ちでも負けでもないということ)を与えて片づけようと試みましたが、 鳳と同じ西控えの千年川が納得せず、結局は検査役の判断通りで収めましたが、協議に1時間を費やしたために、結びの千年川に常陸山の相撲は中止(引き分け)となりました。 翌日、西方の幕内力士は友綱部屋に集合し、場所入りを拒否します。国技館では3日目が行われていますが、西の幕内力士がいませんので、梅ノ花に柏戸の取組からは消化できなくなりました。 本所区長が仲裁に入りましたがうまくいかず、取締の雷が友綱部屋に入って一睨み、すると力士たちはつい「取ります」と答えてしまい、 2時間以上の中断を経てどうやら3日目は終わりました。西方力士はさらに「2日目の結果を訂正しなければ4日目から休場」と息巻いています。 この件、取締の雷と友綱、そして12人の検査役が辞表を出すところまで発展しましたが、梅ヶ谷や太刀山が説得した結果、場所後の役員改選まで現役員は留任、また星の問題は撤回ということで落着しました。

・大正出羽ノ海時代


春日野剛史之碑
(谷中霊園)
平成12年2月21日
 大正時代に入ります。鳳も西ノ海も横綱免許を受けましたが、鳳は糖尿病、西ノ海は高齢で、ともに思うように活躍できません。 その頃、常陸山が引退して師匠専任となった出羽ノ海部屋から、大錦卯一郎や栃木山守也、九州山十郎に対馬洋弥吉、さらには常ノ花寛市に大ノ里万助といった俊秀が続々と幕内に達します。 栃木山は太刀山の57連勝を阻み、大錦も太刀山に勝って横綱を許され、逆に太刀山は決して強みは失われていませんでしたが、足を骨折したのが治らず、大錦との相撲を最後に引退しました。 時代は出羽ノ海部屋が握りました。栃木山も横綱となり、とんでもない怪力と筈押しの威力で、速攻早吊りの大錦を凌ぐ実力を見せ始めました。 九州山や対馬洋は病気や怪我で大関を保てませんでしたが、櫓投げなどの派手な相撲で人気があった常ノ花ものちには横綱になり、神様とも謳われた名人大ノ里も大関になり、大正中期から昭和一桁までは出羽ノ海部屋が常に土俵を引っ張っていました。 対抗しようとしたのはまず大関千葉ヶ崎で、突っ張りや左四つからの攻めで横綱目前まで進みましたが、糖尿病が悪化して急速に衰えました。 千葉ヶ崎より先に幕内にいた源氏山は、怪力を持ちながら両差しが得意という風変わりな取り口で、仕切りが非常に長いという難点がありましたが、横綱になって三代西ノ海となりました。 昭和になってからは心臓が悪くなって全く活躍できませんでしたが、大正末期に限ればそれなりに安定していました。

 一気に昭和に入りたいところですが、東京相撲を揺るがす重大な事件があったので、落とすわけにはいきません。 大正12年春場所を前にして1月8日に回向院広間で行われた理事会で、司天竜が「養老金を倍額にすべし」という動議を出しました。 養老金だけでは年寄になるための資金が足らないからです。協会は10日朝から役員会を開きましたが、「現状では無理であるし、春場所は12日からなのだから、回答は2月5日までに」という返事。 力士会はこの返事を蹴りました。ここで横綱大関は力士会から離れて調停の側にまわります。翌朝、協会は触れ太鼓を出してしまいます。関脇以下の力士79人は休場も辞さずとして上野館に移りました。 横綱大関と立行司は上野館に赴いて力士を慰留したあと、協会との交渉に臨みましたが、逆に本場所出場を請われて承諾してしまいました。その際、協会は「本場所に出ない力士は破門し、除名処分とする」と発表しています。 力士会は横綱大関を信用できず、上野館から日本電解工業の工場に籠城、「新角会」を名乗りました。この事件を「三河島事件」というのは、この工場が三河島にあったからです。 協会と力士との間で自主的に解決することができず、警視総監に一任ということになり、「養老金5割増、その財源確保のために本場所を1日延長して11日間とする」ということでまとまり、春場所は26日からということで決着したのが18日深夜のことです。 その後、和解の宴席が設けられましたが、このとき横綱大錦は別室に入り、自らの手で調停ができず横綱としての面目をつぶしたとして、髷を切って廃業してしまいました。 三河島事件は解決しましたが、今度は同年の関東大震災で国技館が焼け落ち、関東一円が焦土と化しているため代替興行地もないので、翌年春場所を名古屋で行うことになりました。 国技館は6年11月にも全焼しましたが、このときは4場所を靖国神社で興行しており、江戸・東京を離れて興行を打つのは初めてのことで、東京の好角家からは反対の声があがり、力士の側でも抗議して休場する者が現れるなど、再びの騒ぎになりました。

 大阪相撲も健在で、大正8年に大阪国技館が開館しました。大木戸が引退したあと、慎重な取り口の大錦大五郎が7年に横綱免許を受け、全盛は過ぎていましたが11年まで務めました。 技能派の宮城山福松があとを追いかけ、11年に横綱となりましたが、翌年早々に右手中指の爪をはがし、この負傷がこじれて満足に相撲が取れず、土俵入りのみを務める場所もありました。 12年5月9日、大関から十枚目までの力士を代表し、当時の大関4人を含む10人が協会を訪ね、養老金に関する7つの要求を出して交渉を始めましたが、 協会は耳を貸しませんでした。そのため力士と行司は堺の大浜公園九万楼に集まり、結束を固めます。 協会は構わず、幕下筆頭以下だけ(横綱宮城山は土俵入りのみ)で予定通り11日から本場所を強行し、しかも協会に対する同情もあって大入りのまま10日間興行を打ち上げました。 紛擾のほうは、まとまりかけてはこじれ、やっと31日に手打ちとなりましたが、この間、鉄ヶ浜以下5人の千田川部屋力士は、師匠が勧進元の本場所を休むわけにはいかないとして力士会を脱してしまいました。 これを受けて力士会側は、手打ち記念の興行を堺で打つことにしていましたが、番附から5力士の名を削除しました。 師匠の千田川は、自らの多年の努力も空しく紛擾を起こされ、手打ちに至ってから自分の弟子に侮辱を加えられたのに耐えかね、角界を去りました。 すると千田川の門下生20人以上が髷を切ってしまいます。再び事態はこじれ、協会役員は全員引責辞任、力士からも大量の引退者が出て大混乱の渦に陥りました。 6月14日に新たに役員選挙を行い、残った力士で陣容を整えて番附を出し、23日から本場所興行を打ちましたが、幕内力士の半分以上が引退しており、興行成績はさんざんでした。 この事件で大阪相撲はほぼ息の根を止められたも同然の状態に落ち込んでしまいました。


天皇賜盃と優勝力士プレート
平成19年9月10日
 14年4月、摂政宮(昭和天皇)の誕生日に相撲台覧が東宮御所で行われ、それに対して下賜金がありました。 東京協会ではこれを記念して純銀製の摂政賜盃(今の天皇賜盃)をつくり、15年1月から幕内最高優勝者に授与することになりました。 紋章が規則に触れた件については、第17回の通りです。この栄誉を東京協会のみが占めるべきものではないとして、 大阪協会に合併を提案、14年7月に調印が行われ、合併の準備団体として大日本大角力連盟が成立しました。この議に基づいて連盟大相撲が2回行われ、力士の実力が審査されました。 12月には東京相撲が財団法人認可を受け、「財団法人大日本相撲協会」となりました。ただし、この名称はすぐには使われず、番附に載ったのは昭和3年春からです。 大阪相撲は大正15年1月に台湾で最後の本場所を興行し、長らく不調だった宮城山が気を吐いたところで、その歴史を閉じました。

・再び揺らぐ昭和の角界


出羽海秀光之碑
(谷中霊園)
平成12年2月21日
 昭和に入りました。最初の本場所は2年春、これが東西合併後最初の本場所です。大阪相撲を失った関西のファンのために、関西地方で年2回の本場所を打ち、 東京場所と合わせて年4場所になりました。横綱は3人で、東京で横綱を張っていた西ノ海と常ノ花はもちろん、大阪最後の横綱宮城山もそのまま横綱として合流し、最初の場所で下馬評を覆すまさかの優勝を果たしました。 大関も3人、名人の大ノ里に加え、太刀山の愛弟子で大錦の最後の相撲に勝った太刀光電右衛門、そしてちょうど新大関だった粘りの能代潟錦作です。 また、すぐに大関になった常陸岩英太郎や小野川喜一郎改め豊国福馬が力をつけ、巨体で人気があった出羽ヶ嶽文治郎がいて、まだ平幕でしたが、出足一本の玉錦三右衛門が上位を狙っていました。 その後数年のうちに玉錦は大関になり、怪力巨人の男女ノ川供治郎(のち朝潮→男女ノ川登三)や右の下手投げが強烈な武蔵山武、吊り寄り得意の天竜三郎ら期待の力士が幕に上がり、極小の大名人関脇幡瀬川邦七郎が「相撲の神様」といわれて技能を披露するようになりました。 横綱はバタバタと引退し、玉錦が第一人者となって横綱を狙います。3年春からはラジオ中継が始まり、放送時間におさめる方策として仕切りに制限時間が設けられました。 同時に土俵に仕切り線が引かれるようになり、5年夏からは、それまで四本柱を背にして座っていた検査役(勝負審判)が、現在行われているように溜まりに座ることになりました。 6年夏には土俵の直径が13尺から15尺に広げられました。検査役と土俵の直径の改革は、それぞれの年の天覧相撲で試行された上で本場所でも実施されたものです。 玉錦と大関候補のせめぎ合いが続いていた7年1月、大紛擾事件が起こりました。

 7年春場所は1月5日に番附が出ました。武蔵山が新大関となっています。その翌日、天竜は西方を占める出羽ノ海部屋の全関取(入院中の出羽ノ花を除く)に「春秋園という中華料理屋に集まってくれ」と誘いをかけました。 そこの2階「勤王の間」に集まったのは32人です。もともと天竜は力士の待遇に強い不満があり、大ノ里や後援会「天竜会」の代表らとも話し合っていて、改革要求計画を練りに練っていました。 改革の要求は10ヶ条、これを受けた協会側の説得を天竜一派は受け入れず、協会から回答があったものの天竜側にとっては受け入れられるものではなく、 9日には東方の力士も春場所出場拒否を宣言するまでになりました。天竜派は交渉決裂とみて脱退届を協会に送りつけ、「大日本新興力士団」を名乗りました。ただしその後武蔵山は協会に戻っています。 残っていた東方力士の一部も脱退して「革新力士団」を名古屋で立ち上げました。調停工作も失敗に帰し、協会は2月13日に十枚目や幕下から力士を幕内に引っ張り上げて番附をつくり直し、22日から8日間の本場所を行いましたが、 力士数が減りすぎたために東西対抗制は無理で、一門系統別総当たりに切り替えられました。客は全く入らず、終わってみたら従来の1日分しか興行収入がありませんでした。 脱退側の2団体は3月に合併して「大日本相撲連盟」となりましたが、5月にまず出羽ヶ嶽が脱走して協会に戻り、組織に綻びが出始めて12月には多数の力士が協会に戻っていきました。 協会は8年春場所を開くに当たって、帰参した力士については別に番附を出したので、この場所の番附は高砂騒動と同様に「二枚番付」といわれます。 天竜一派は「大日本関西相撲協会」を設立して各地で興行を打ちました。この事件は、最初に西方力士が集結した店の名を取って「春秋園事件」と呼ばれています。 なお、天竜一派が関西に本拠を構えたので、2年から行われてきた関西場所は7年限りで廃止となりました。


横綱双葉山之像
(宇佐市総合運動場)
平成18年11月16日
 8年春は玉錦が新横綱として登場し、2年に及んだ横綱不在が解消された場所でもあります。武蔵山を追う形で9年には男女ノ川登三も大関になり、それに先立って7年には上手投げで鳴らした清水川元吉も大関となりました。 強力な左下手投げを武器にして将来を期待された関脇沖ッ海福夫がフグ中毒で亡くなったのは大きな損失でしたが、武蔵山と男女ノ川が横綱を目指し、一時は清水川も絡んで活気があふれていました。 武蔵山と男女ノ川が相次いで横綱になろうとした頃、猛牛と謳われた鏡岩善四郎が大関を狙い、そしてあの双葉山も急成長を遂げます。 11年春の7日目から双葉山は負けを忘れ、夏の全勝を土産に鏡岩とともに大関となり、翌年はとうとう負けないままに終わりました。 夜が明ける前から開場、朝の7時には満員というのがざらという大人気となり、12年夏からはとうとう11日制を捨てて13日制に移行することになりました。 無敵の力士となった双葉山はもちろん横綱になります。双葉山がいる立浪部屋からは羽黒山や名寄岩が幕内に進出し、立浪三羽烏として未来を嘱望されました。 ほぼ同時に前田山が幕に上がり、あっという間に大関になりました。負傷の武蔵山と脆い男女ノ川は、隅に追いやられたような状態です。 覇権を双葉山に奪われた玉錦は、13年12月に現役のまま亡くなりました。また、天竜一派は先細りとなり、13年12月で関西協会は解散、肥州山など21人が東京に復帰しました。


力塚
(回向院)
平成19年9月9日
 相撲に関する史跡は、北は北海道旭川の関脇羽黒花墓から、南は奄美大島の横綱朝潮像あたりまで、全国津々浦々にありますが、その総元締めのような大きな碑が、東京両国の回向院にあります。 故人となった力士や年寄の冥福を祈るために建てられた「力塚」で、高さは15尺5寸(4m70cm)、幅7尺(2m12cm)、厚さ2尺(60cm)、そして重さが実に4,600貫(17.25t)という超の字がつく巨大な仙台石でつくられた碑です。 11年1月6日に除幕されました。除幕式には相撲関係者およそ600人が集まり、横綱玉錦らの手で除幕されました。 力塚を囲う玉垣には、その次の場所、11年5月の番附が彫られています。力塚のまわりには他に4つほど碑があり、平成11年には墨田区教育委員会によって案内板が立てられ、「相撲関係石碑群」と表現されています。 言い得て妙といったところでしょうか。


卅七代横綱安藝の海節男之墓
(榧寺)
平成17年9月18日
 昭和13年も負けなかった双葉山は、14年春の4日目、遂に安藝ノ海に敗れ、空前の大記録は69連勝で止まりました。 この翌場所からは15日制になり、戦争末期から戦後すぐの頃を除いて現在まで15日制が続いています。 土俵は横綱双葉山定次が主軸で、横綱男女ノ川登三もまだ現役ですが、横綱は横綱でも大差がつきました。 武蔵山と鏡岩は14年夏限りで引退し、翌年春の番附を見ると、大関には堅実無比の剛力士羽黒山政司と気合の上突っ張りで鳴らす前田山英五郎が名を出し、 関脇には真面目一本の名寄岩静雄と速攻の妙を体現する安藝ノ海節男がいます。若手一番の注目力士として柔軟巨体の照国万蔵がいて、この時代から戦後にかけて活躍した力士が揃っています。 小結は鬼の右腕と称された怪腕力士玉ノ海梅吉と、童顔ながら足技を交えた巧みな取り口で名脇役として活躍した綾昇竹蔵です。 捻りが強かったのちの大関五ッ島名良男や早稲田大学出身の理論派笠置山勝一が平幕上位にいて、中位には玉錦の秘蔵っ子として知られたのちの大関、出足相撲の佐賀ノ花勝巳の名もありました。 名を出すだけでも賑やかさが知れます。15年春からは東西対抗制が復活しました。16年から17年にかけて羽黒山・安藝ノ海・照国が相次いで横綱となり、男女ノ川は引退していきました。 18年は特に4横綱が熾烈な星争いを展開しましたが、双葉山はまた30日間を勝ちっ放し、完熟した相撲技を天下に披露しました。

 ところがです。日中戦争から太平洋戦争へと雪崩れ込んだこの時代、18年夏には空襲警報で3日間の休場を余儀なくされ、 19年春を最後に国技館が接収されて風船爆弾工場とされるに至り、後楽園球場で本場所を打ちました。 原則どおりであれば相撲は春と夏、つまり1月と5月ですが、野外で1月は…というのが表面上の理由で、実際は軍部の要請だったとも言われていますが、 20年春は19年秋に化けて19年11月に実施されました。ですが夏場所の季節はすぐにやってきます。3月10日の東京大空襲のあとですから(これで現役幕内力士2名が亡くなっています)場所がなく、 当初決められた予定は5月23日から明治神宮外苑で興行ということでしたが、宮中の喪で延期になり、さらに空襲警報と大空襲が続き、神宮外苑もめちゃめちゃになってしまいました。 それでも軍部はやれと命令したため、焼けてしまった国技館を使って6月7日から夏場所を行いました。 前年来下り坂に入っていた双葉山は、顔に腫れ物があるのに無理を押して出場、初日に勝ったものの患部の悪化ですぐに休場し、その後本場所に出ることはありませんでした。 戦争末期、力士たちは「勤労報国力士団」として、力仕事を行っていました。もちろん巡業は打てません。そして8月15日、ようやく終戦となりました。

 落とせない事件が1つあります。18年夏の10日目、竜王山に青葉山の取組は右四つに組んで水入り−2番後取り直し−水入りを経て、あまり動かないままとうとう引き分けとなりました。 この直後に山本五十六戦死という放送が館内になされたせいかどうかは定かではありませんが、翌朝の取締会により決められた処分は敢闘精神不足により両力士の無期限出場停止処分という、とんでもないものでした。 実際は、青葉山は右四つ不得手で堪えるのみ、竜王山は組んだら無芸の見本、果然長引いたというだけのことです。これを受けた力士会では、敢闘の結果の引き分けであるとして処分の解除を要望、 殊に双葉山はかなり強硬だったと伝わり、出場停止は2日で解けて13日目に再戦を行い、すぐに青葉山が勝ちました。

 今回は混乱に始まり混乱に終わりました。次回でいよいよ…いえ、北の湖現理事長がまだ横綱になったばかりのところまでしか進めません。
前画面に戻る