大相撲東風西雅
22:「歴史」のはなし終

現在の第一人者・白鵬
平成19年9月2日目

 思いの外長くなった歴史のはなし、ようやく平成20年まで進めます。

・安定の時代


北の湖博多人形
(横綱北の湖記念館)
平成6年7月30日

昭和50年3月の優勝額
(両国ビヤステーション)
平成14年5月19日
 昭和50年代前半は、横綱が絶対的な強さを示した時代です。輪島は腰痛が出て一度崩れましたが、51〜52年は、立ち直った輪島と成長した北の湖が左四つで熱戦を繰り広げる「輪湖時代」のハイライトとなりました。 50年3月には貴ノ花が初優勝を飾り、熱狂というべき大興奮状態を現出しましたが、貴ノ花はもう1度優勝したものの横綱には手が届かず、ファンの切歯扼腕のうちに悲壮感漂う土俵を続けます。 魁傑と三重ノ海は50年に相次いで大関になりますが、肝炎の魁傑と足首捻挫の三重ノ海は続けざまに陥落してしまいました。 三重ノ海は1場所で復帰しましたが、引き続き停頓状態です。51年3月には旭國・鷲羽山に加えて北瀬海弘光が活躍して「小兵トリオ」と呼ばれ、旭國は優勝同点で大関を勝ち取りました。 膵炎を持ち、背中にはレンガ状に鍼治療痕の絆創膏が並ぶ旭國は、しぶとい取り口で3年余大関を務めました。 52年には若三杉が成長して大関となり、輪湖時代に割り込む勢いを示し始めました。魁傑は両肘の故障を抱えていて期間は長くありませんでしたが、再度大関に戻りました。


昭和52年5月の優勝額
(JR両国駅)
平成9年1月10日
 53年には輪島に息切れが見られ、北の湖が独走するようになりました。その中で2場所優勝同点を続けて北の湖に並びかける力量を示した若三杉が、横綱に推薦されて2代目若乃花を襲名し、11月には全勝を果たして北の湖の一人天下に待ったをかけます。 54年、輪島には斑がありますが踏ん張ります。北の湖が相変わらず頂点に立ち、若乃花も安定した土俵を見せていました。 そこに三重ノ海が急激に強みを増してきました。失われていた気合が蘇り、前年から立ち直りを見せていた三重ノ海でしたが、この年には横綱に昇進するまでになりました。 それだけでなく、張り手交じりの攻撃相撲と前捌きの巧みさを存分に発揮し、54年11月に優勝して翌場所には全勝優勝まで達成し、奇跡とさえ言われる充実した晩年を過ごして11月に引退しました。 若三杉が大関として優勝した52年5月を最後に横綱以外の優勝者がなく、55年11月までは4横綱の誰かが優勝していました。 大関に目を転ずると、旭國が54年9月限りで引退したので11月から貴ノ花1人で、55年3月に増位山が不思議な投げ技と足技を駆使して親子二代大関となりました。 大関の候補者ということになると、55年ごろには続々と出てきました。半端相撲の栃赤城敬典は怪我続きで脱落しましたが、 突き押しの朝汐太郎・一度は幕下まで落ちながら復調したがぶり寄りの琴風豪規・速攻出足相撲に目覚めた千代の富士貢・右四つ怪力相撲の隆の里俊英と、まさに粒揃いでした。

 50年、横綱大鵬や大関大麒麟を育てた元佐賀ノ花の二所ノ関が亡くなると、相続をめぐってゴタゴタになりました。 42年に出羽海部屋から千代の山の九重が独立した際にもちょっとした騒動がありましたが、これはその比ではありません。 佐賀ノ花の代はとかく分家独立にまつわるもめごとが絶えなかった二所ノ関部屋ですが、亡くなってなおこの状態です。 亡くなった二所ノ関は、大麒麟に継がせる意向だったそうですが、折り合いがつかないまま時間が経過し、しばらくは元十勝岩の湊川が二所ノ関を襲名してつなぎます。 この間の7月場所で金剛正裕が平幕優勝を飾り、その金剛に佐賀ノ花の次女を結婚させるという案が浮上しました。 こうして話し合いが持たれましたが、十勝岩の二所ノ関派(次期二所ノ関=金剛)と、押尾川派(次期二所ノ関=大麒麟の押尾川)とに分かれて結論が出ません。 9月4日、押尾川一派16人が二所ノ関部屋を飛び出して籠城作戦に打って出ました。9月場所は目の前です。 とりあえず飛び出した押尾川一派は二所ノ関部屋に戻って秋場所を務めましたが、最終的には、後継は金剛で、押尾川部屋が独立するということで10月29日にまとまりました。 佐賀ノ花の二所ノ関が亡くなってからもう7ヶ月も経っていました。

 55年9月、玉ノ富士−荒勢戦を裁いていた行司木村筆之助が腰砕けの恰好で土俵で転倒し、もがいているうちに相撲は終わっていて軍配をあげられず、 糖尿病のため翌日から休場し、そのまま復帰できませんでした。これを契機に行司の体力トレーニングが始められました。

・北の湖から千代の富士へ 蔵前から両国へ 春日野から二子山へ


東西に「横綱大関」が並ぶ番附
昭和56年9月
筆者蔵
 56年、千代の富士が飛び出し、1月に関脇で初優勝して大関、7月に優勝して横綱に飛び上がり、11月にも優勝して、史上初めて年間三段跳び優勝を記録しました。 一方、輪湖時代を支えた力士のうち、貴ノ花が1月に、輪島と増位山が3月に引退し、若乃花は頸椎捻挫から大きく崩れていきます。 そして北の湖も夏巡業で右膝を痛め、秋巡業を休みましたが負傷は良くならず、11月に途中休場となりました。これで初土俵以来の連続出場も止まり、 連続勝ち越しも50場所で止まるなど、不沈艦の名に蔭が差し始めました。千代の富士が横綱になったときに大関が誰もいなくなり、 56年9月の番附は北の湖と千代の富士が「横綱大関」を称する珍しいものになりましたが、この場所で関脇琴風が初優勝して大関に上がり、57年3月からは隆の里も大関となって東西とも埋まりました。 若島津六男や北天佑勝彦が土俵に清新の気を吹き込み、大関にはなれませんでしたが出羽の花義貴が力相撲を展開して関脇にすわっています。 57年7月にはハワイの怪童として小錦八十吉が初土俵を踏み、健在の大ベテラン高見山や富士櫻、そしていまだ大関候補の朝汐がコーチを務め、着々と成長していきました。


昭和58年9月の優勝額ミニチュア
(鳴戸部屋)
平成13年5月4日
 千代の富士が天下を取った裏では、北の湖が苦闘を続け、左四つからの馬力相撲は影を潜めます。若乃花も体調が整わず、往年の右上手投げの切れ味が鈍って58年1月に引退しました。 若乃花が引退した場所から弟弟子の若島津が大関を務め、朝潮(朝汐改め)と北天佑も続きます。この頃昇進した3大関、中でも若島津と北天佑は特に次の横綱を期待されていました。 ところが、大関陣の中から抜け出したのは隆の里でした。千代の富士に絶対的に強いのに加え、右四つの安定感に磨きをかけ、腰高ではありましたが盤石の取り口で58年9月に新横綱として登場、この場所に全勝優勝を記録しました。 翌年1月まで千代の富士と4場所連続相星で雌雄を決し、3勝を挙げています。短期間でしたが千代の富士を圧する勢を示した貴重な力士でした。


松ヶ根審判(若嶋津)
平成17年9月6日目
 59年、千代の富士も隆の里も息切れが見られるようになってきました。朝潮と北天佑は伸び悩んでいます。琴風は安定していましたが緩やかな下降線で、晩年期です。 若嶋津(若島津改め)が3月と7月に優勝し、横綱を目前にしました。この頃、個性豊かな若手力士がいっぺんに幕内に上がり、千代の富士時代の次またはその次あたりを担うだろうと期待されました。 入幕当時の名を挙げると、逆鉾昭廣・大ノ国康・旭富士正也・保志信芳・小錦八十吉・霧島一博・北尾光司・水戸泉政人となります。実に賑やかです。

 しばらく現役力士たちの奮戦を見続けたので、春日野理事長が就任してからをざっと振り返ります。 武蔵川理事長は種々の改革を実行し続けた人でしたが、春日野理事長は改革のあとをうけ、順調に角界を運営していくような方向で進んでいきました。 むしろ裾野を広げるような施策に注目すべきものがあります。例えば51年8月から小中学生対象の夏休み相撲部屋開放を実施したり、62年3月には「草津相撲研修道場」の建設を発表したりしました。 草津の道場は、指導普及部長を所長として、青少年や学生に相撲を指導する者の研修を目的とするもので、63年8月に開設されました。

 武蔵川理事長時代から、新しい国技館の建設というのは大きな懸案事項でした。 蔵前国技館の建設に用いた鉄骨は旧海軍航空隊の飛行機組立工場用だったので、昭和29年落成とは言いながらも実際にはそれ以上に老朽化が進んでいました。 昭和40年代半ばにも一度新国技館の検討が行われていましたが、このときは蔵前国技館大改装(46年1月完成)の道を選びました。 春日野理事長にとっても新国技館の建設は大きな悲願、土地探しを続けます。52年ごろから、新国技館を両国に建てる方向で話が進み始め、 57年には設計にかかって「60年1月開館」の路線が確定、58年4月に起工式が行われ、順調に工事が進んでいきました。


昭和59年5月の優勝額
(横綱北の湖記念館)
平成6年7月30日
 北の湖は横綱になって10年、新国技館の土俵に立つことに執念を燃やし続け、2年半の雌伏を経て59年5月に全勝優勝を飾って新生をアピールしましたが、 蔵前最後の場所となった9月からまた休み勝ちになってしまいます。この9月場所から、立ち合いに手を着くことが再確認されました。 特に昭和30年代からは、繰り返される仕切りのときは手を着きますが、立つ気があるわけではなく形をなぞっているだけで、時間いっぱいになると相手より早く立ちたがって速さの方には目もくれず、 手をおろさぬばかりか腰をも割らず、果たせるかな呼吸も合わせないところまで凋落し、51年7月には大きく乱れて批判を浴びました。 協会としてもその都度注意を与えるなどしてきましたが、59年になって、腰を割って手を着いて立つと加速にすぐれるというようなデータを提示した上で立ち合いに手を着くことを徹底することとし、9月から実施となったわけです。 特に下半身が極端に硬い琴風が慣れるのに苦労していました。この場所は、横綱陣が大きく崩れ、主役を横綱目前の若嶋津が取るはずでしたが小錦旋風に吹き飛ばされ、 その嵐をかわした多賀竜昇司がよもやの優勝を果たし、ちょうど30年に及ぶ蔵前国技館の時代が幕を閉じたのでした。


両国国技館
平成19年9月10日
 昭和もいよいよ60年、両国国技館の開館です。北の湖は体調不良ながら土俵に立ち、2連敗で遂に引退していきました。 前場所やっと復調した千代の富士が、並み居る若手の挑戦を退け、自分の時代を築きます。大関陣は押し寄せる若手の波を前にして、 あるいは揉まれあるいは呑まれ、琴風が11月限りに引退、若嶋津も横綱の野望が叶わぬまま退潮していき62年7月で土俵を去りました。 朝潮と北天佑こそ60年に1回ずつ優勝しますが、伸びを欠いています。さらに隆の里も61年1月に引退しました。 一方、若手の中に琴ヶ梅剛史・寺尾節男の名が加わり、ますます土俵に彩りを加えました。 若手から実力者への道を歩み出し、60〜61年のうちに大関となったのが、大乃国(大ノ国から改名)・北尾・保志です。


八角審判(北勝海)
平成9年1月2日目(V)
 60年9月大乃国が大関として登場すると、追いかけて北尾が61年1月から大関になり、早くも7月場所後には横綱となって双羽黒と改名しました。 この横綱昇進のときから、吉田司家は儀礼的な面でもまったく関与できなくなりました。双羽黒の新横綱の場所は、保志改め北勝海の新大関の場所です。 押し相撲の北勝海は、千代の富士の弟弟子です。北勝海は千代の富士を脅かす若手力士を脅かす存在となり、ついには千代の富士と肩を並べようとし、千代の富士が欠けた場所にはすぐに取って代われる存在になりました。 北勝海が横綱を目前とした頃、しばらく鳴りを潜めていた大乃国も蘇り、62年のうちに北勝海と大乃国が横綱に上がりました。 追いかけるように小錦と旭富士が大関になります。先に名を出した若手力士は、幕内上位から三役で活躍し、逆鉾や琴ヶ梅は大関候補にもなりました。 さらに、62年の前半にほんの僅かな期間ながらまばゆいばかりの煌きを発した益荒雄広生の名を逸するわけにはいきません。 千代の富士は、速攻こそあまり出なくなりましたが、右四つ左上手投げの豪快さは健在で、4横綱の中でも別格という感じです。 懐深い双羽黒と右四つ一点張りの大乃国は、その素質から千代の富士に迫って追い越すことが期待されました。ところが、双羽黒は62年の暮れに師匠と衝突、師匠夫人を負傷させて失踪し、破門に近い恰好で廃業に追い込まれてしまいます。 4横綱は1場所で終わってしまいました。大乃国も63年3月にライバル北勝海を押しつぶして優勝したものの、その後は冴えず苦しみ抜きます。 北勝海は順調に滑り出しましたが、63年5月に支度部屋で腰を痛め、長期療養を余儀なくされる事態に陥りました。 この間の63年1月、春日野理事長が勇退し、好敵手として世に名高い若乃花の二子山理事長がバトンを受けました。

 63年5月、千代の富士の連勝記録が静かに始まりました。それまで30を越す連勝がなく、年齢はとっくに30を越え、6月には33歳です。 しかも5月は休場明けでした。当時の状況を見ると、他の横綱はもう書いたとおりで元気がありません。 大関の中では旭富士が次の横綱とみられて好成績を続けていましたが、それ以外はみんな苦労しています。 関脇以下は、2〜3年前に若手といわれた力士がひしめいていますが、その後に出てきたのが栃乃和歌清隆と安芸ノ島勝巳ぐらいのもので、一時期の活気は薄らいでいて、場所全体の内容も低落傾向にありました。 連勝記録は11月になっても続きましたが、とうとう千秋楽、大乃国の寄りに圧倒された千代の富士は西の土俵に沈み、53連勝で終わりました。 この一番で昭和の大相撲も終焉となり、昭和64年は7日のみで平成元年となりました。

・平成混迷時代

 もう平成になって20年にもなりますが、その大半は主軸の定まらない混沌とした時代でした。


平成2年1月の優勝額
(横綱千代の山・千代の富士記念館)
平成10年8月11日
 平成元年当時は、千代の富士を王者とする構図に変化はなく、大乃国は復調どころか減量失敗で負け越しまで記録し、翌年には右足首骨折で4場所全休と、まったく運が巡ってきません。 北勝海は堂々と復活し、2年と少しに及ぶ全盛期に入ります。問題は旭富士です。数少ない負け相撲が惨敗に近かったというマイナスは確かにありましたが、 とっくの昔に横綱になっていなければならない成績を続け、力量も備わっているのに、双羽黒の事件から横綱昇進の条件が意味もなく厳しくなってしまい、見送りの連続でした。 この悪弊はいまだに正されず、平成5年7月の貴ノ花や18年7月の白鵬など、不当としか言いようのない見送りが数例あります。 旭富士はくたびれてしまい、慢性膵炎と腰痛が出てまわり道を強いられ、横綱をつかんだのは2年7月のことでした。

 ちょうど千代の富士が晩年を迎え、長い土俵生活で積み上げた通算白星や幕内白星の記録が話題になる頃、 貴ノ花の息子である若花田勝と貴花田光司が関取になりました。昭和63年3月に初土俵を踏み、持てる素質を磨きに磨いて急成長を見せ、平成2年には十枚目の相撲が始まる時刻には満員になっているという事態が起こっていました。 同時に初土俵を踏み、花田兄弟に雁行して昇進したのが曙太郎で、揃って平成2年のうちに幕内まで達します。この前後に幕内に上がったのは、琴錦功宗・貴闘力忠茂・琴の若實哉といった力士たちです。 若手の成長と同時に、ベテランになっていた霧島が、左四つからの正面吊りに威力を増して大関に昇進します。 大関といえば、朝潮と北天佑が引退し、小錦はようやく全盛期に向かいつつありました。上昇と下降の相交錯する土俵です。


平成3年11月の優勝額
(両国国技館)
平成9年1月13日
 3年5月、貴花田が幕内上位に初めて上がり、初日に千代の富士を破ります。千代の富士は3日目を最後に遂に土俵を去りました。 この場所は旭富士が優勝しましたが、当時の4横綱のうちの誰か1人でも横綱の貫禄を示せたのはこの場所が最後で、 7月に大乃国、4年1月に旭富士と続けざまに引退していき、5月には北勝海まで引退となり、1年で横綱がいなくなってしまいました。 この期間、小錦と霧島が必死に土俵を務め、特に小錦は3年から4年前半にかけて横綱を目の前にしましたが、届きませんでした。 幕内には舞の海秀平・武蔵丸光洋・貴ノ浪貞博が3年のうちに到達します。

 3年9月、無気力相撲には3日間の出場停止処分を原則とするという決定とあわせて、制限時間いっぱい後の待ったについて、幕内10万円、十枚目5万円の制裁金を科することになりました。 立ち合い正常化から8年、手着きのほうはまださほどの崩れが見られませんでしたが、呼吸を合わせない立ち合いが顕在化してきたためです。 これを金銭で解決することに意味があるのかどうかという疑問は当然ありました。しかも、理由を問わず両者から制裁金を取るという方法が無茶で、 4年1月から一方的な待ったに関しては、待ったをした方のみに科することになりました。二子山理事長は4年1月限りで退き、佐田の山の出羽海理事長の時代に移ります。 甥の貴花田が初優勝し、賜盃を自ら手渡したのが二子山理事長最後のハイライトとなりました。


横綱曙土俵入り
平成9年1月2日目(V)
 戦国時代と呼ばれ、小錦は抜け出すことができず、曙が4年5月に初優勝を飾って大関になりました(このときから「曙」に点を加えます)。 霧島は4年11月限りで大関から下がります。曙は5年1月場所後に横綱になり、貴花田は同時に大関昇進が決まって貴ノ花と改名します。 曙は初めての外国人横綱、長身の巨漢で、足腰には脆さもありましたが突っ張りの威力は猛然たるもので、1年間ほどは第一人者の座にありました。 貴ノ花に横綱を期待しない者はなく、5年7月の時点で横綱に上げても問題がなかったのにあっさりと見送られてしまい、さらに腰痛と肝炎が出て11月に負け越し、 6年に入り優勝と不成績を繰り返す一進一退です。若花田は5年5月から若ノ花と改め、9月から大関になり、おっつけを主体とした技能相撲で土俵を沸かせます。 魁皇博之と武双山正士が幕内に上がり、6年3月から大関となった貴ノ浪や武蔵丸に続く大関を期待されます。舞の海は極小力士として左下手投げや切り返しを主武器に奮迅の活躍を見せ、 27歳で教師から転身した智ノ花伸哉とともに、小兵力士の旗頭となりました。逆に巨大漢の小錦は、5年11月限りで大関から落ちました。


横綱貴乃花土俵入り
平成10年9月2日目(V)

横綱若乃花土俵入り
平成10年9月2日目(V)
 曙の天下は、6年の春巡業で左膝を痛めたことで早くも先が見え、5月の途中休場と9月までの全休で確定的なものになりました。 貴ノ花はようやく安定し、貴乃花と改名した11月(若ノ花も若乃花と改めました)に横綱昇進を決め、期待されていた「曙貴時代」がやっと到来するかに見えました。 実際、貴乃花の力量は上り坂で四つは右も左も取りこなし、曙も復調の路線を歩んでいて、7年5月まではまあまあ順調でした。 ところが、7月から曙が大きく崩れ出して負傷も繰り返し、貴乃花も星の上では間違いなく第一人者なのですがもたつきが目立ち、 8年9月に急激な進化を見せたのも束の間、背筋を切って大きく頓挫し元の杢阿弥、それどころかどんどん中身が失われていきました。 土俵の上は5年間ほど沈滞状態になりました。魁皇や武双山は8〜9年にかけて大関を狙いましたが上がれません。 そうしているうちに、土佐ノ海敏生・栃東大裕・出島武春・栃乃洋泰一・千代大海龍二・若の里忍・雅山哲士という順番に期待される力士が幕に上がり、 魁皇や武双山もその波に巻き込まれ、同時に大関争いをすることになりました。また、8年9月には旭鷲山昇がモンゴル人として初めて幕内に昇進し、すぐにやってきたモンゴル時代の先駆けとなりました。 10年7月から若乃花が横綱として土俵に立ちましたが、相次ぐ負傷で長くは保てず、12年3月限りで引退しました。 11年、突き押しから右差しに切り替えた武蔵丸が7月から横綱になり、3月から突っ張りの千代大海が、9月から出足の出島が大関を務めますが、若乃花のみならず曙も貴乃花も怪我続きでまともに務められず、全体の相撲内容も全くなく、 土俵は混乱というよりもうぐちゃぐちゃで、正視に堪えない惨状でした。

 出羽海理事長は、理事長職に専念するため8年に出羽海部屋を鷲羽山の境川親方に譲り、自らが境川を名乗りました。 この頃に手がけたのが、第16回にも書いた巡業改革です。当時、本場所は平成元年11月の11日目からずっと満員御礼が続く盛況で、当時の巡業は協会が売り込んで地方の勧進元に買ってもらう「売り興行」でしたが、 売れに売れて、もちろん大入りが続いていました。そのため、協会よりも勧進元のほうが数倍の利益を得ている場合があったりする一方、勧進元によっては巡業の環境をあまり整えてくれないところがあったりするというのが協会の弁で、 さらに巡業日程が密になりすぎました。これを改めるため、それまでの勧進元には協力を仰ぎこそするものの、協会が自主的に統一的な興行を打つこととし、7年の春巡業から実施されました。 5,000人以上入れる屋内会場での興行を基本として日数を減らし、また力士の栄養バランスを整えるためにちゃんこを廃し、栄養士の意見を参考にしたビュッフェ形式の食事とすることとしました。 こうして環境を整備して、相撲内容を高めて人気を維持し、運営資金の安定した財源を得ようという計画でした。 ところが、地方の勧進元との関係が薄れすぎただけでなく、相撲内容は下がりこそすれ上がりはせず、本場所の満員御礼は9年5月の初日を最後に連続666日で途切れ、そのまま人気も下がっていき、 従って巡業も客入りが芳しくなく、採算が合わなくなっていきました。巡業日数は減っただけでなくゼロに近くなっていきました。 そのため巡業廃止論まで出るありさまでしたが、結局15年春巡業からは従来型の売り興行に戻ることになりました。


時津風理事長による協会御挨拶
平成13年5月初日
 境川理事長が次にやろうとしたのが、年寄名跡の改革でした。8年9月に理事長は「名跡の協会帰属」「名跡売買禁止」を柱とする改革案を提示しています。 名跡は、養子縁組などで弟子に脈々と受け継がれ、代わりに先代とその家族を世話するというのが普通でしたが、その後は先代の養老金という恰好で名跡を買い取る形が主流となり、 年寄の寿命が徐々に伸びてきたことから空きができにくくなり、そのために名跡取得にかかる費用が大きくなっていったとされます。 もちろん、名跡を取得できるだけの財がない場合は、バリバリの現役力士や、複数の名跡を持っている年寄から借りて(借り名跡)年寄となっていたわけです。 なお、借り名跡について、その所有者は公表されていませんでした。この状況下で提案された境川案は、まさしく理想的なものでしたが、 激変の度がすぎたせいか支持を全く得られず、当時の監事以下でつくられた小委員会がこの案を拒否したことから、翌年5月に境川理事長はこの案を撤回することとなりました。 さらに10年1月の理事選挙は大きく荒れ、境川理事長は志半ばでの退任、大関豊山の時津風理事長就任という結果になりました。 時津風理事長が打ち出した新案は、「名跡所有者と使用者の公開」「借り名跡の禁止」「複数名跡所有の禁止」「準年寄制度の新設」にまとめることができます。 10年5月から施行され、透明性が高められました。なお、借り名跡の禁止については、14年9月に取りやめとなりました。 空き名跡が増えて年寄が不足し、協会の運営に支障が出始めたためです。さらに、準年寄も18年で廃止されました。

 時津風理事長の最初の仕事は、立ち合いの正常化でした。3年から続けられてきた待ったの制裁金制度を撤廃し、 その上で立ち合いの手着きを徹底し直し、10年9月から実施されました。制裁金制度では呼吸がずれたままでも立たなければ制裁金の対象になり得ることから、 呼吸を合わせて立つという本旨からずれる負の側面のみが目立ったので、撤廃は当然のことでした。この2度目の立ち合い正常化は、 あからさまに手着きを遅らせる者が数人いましたが、施行当初は上々の成果を挙げました。ところが数年を経過し、11年以降に初土俵を踏んだ力士が上位に出てきたあたりからは、 例えば朝青龍や白鵬のようにまるで片手をおろしもしないで立つような者も出現し、しかもそれが放置された状態になっていて、ほとんど空文化している現状にあります。


第二検査出身の関取第一号・豊ノ島
平成19年3月6日目
 現在の入門規定は13年1月から施行されたものです。身長173cm以上・体重75kg以上という基準は昭和57年5月からのものですが、 これに満たない者(身長167cm以上・体重67kg以上に限る)について運動能力検査(「第二検査」といいます)を通過した者についても入門を認めることになりました。 年齢制限は平成5年1月から23歳未満(幕下つけ出し力士は20歳以上25歳未満)となっています。また、同じく13年1月からは幕下つけ出し規定も改められました。 昭和41年4月に幕下つけ出しは幕下最下位に統一されましたが、この改定で、「アマチュア横綱」「学生横綱」「実業団横綱」「国体成年A優勝」のうちの1つを満たせば幕下15枚目格、 「アマチュア横綱」+「ほかの3大会のうちどれかで優勝」を満たせば幕下10枚目につけ出されるようになりました。


モンゴル出身の関取第一号・旭鷲山
平成17年9月8日目
 この13年1月からは、決まり手が増やされて82手(ほかに非技も増やされて5つ)となりました。昭和35年1月以来40年間全く改訂されなかった公式決まり手でしたが、 その間に相撲ぶりは様変わりし、特に平成年代になってモンゴルからの力士が増えてくると、当時の70手が窮屈に思われるような決まり方が目立つようにもなりました。 「相撲四十八手」と称されるように、相撲の技は投げ・捻り・掛け・反りに12ずつ、合計48に分類される例が古文献をあさると見られますが、 実際には相撲の技は300ほどになろうかというほどあったようです。こうした古文献を参照しながら、相撲教習所長の大山親方(幕内大飛)が中心となって12年11月場所前から検討を始め、 13年1月から正式に施行されたものです。幕内での初適用はこの場所9日目、濱ノ嶋がやられた送り吊り落としで、仕掛けたのは、やはりというか案の定というか、旭鷲山でした。

 土俵に戻ります。結局、「曙貴時代」で内容が伴っていたのは12年だけです。この年は曙が立ち直って武蔵丸をしのぎ、貴乃花は優勝こそありませんし左腕を痛めますが、それでも持ち直しの傾向にありました。 大関には武双山・雅山・魁皇が上がり、前年末で大関から落ちた貴ノ浪はすぐに戻ってすぐに落ち、以降は幕内上位で個性的なクレーン相撲を発揮しようとしました。 13年、曙は1月場所を初日から休んでいましたが、両膝の故障が限界に達して引退を声明しました。貴乃花はガッチリ相手を捕まえてすぐに勝負に出る取り口で蘇ったものの、 5月に右膝を脱臼して7場所連続全休となり、14年9月を皆勤するのがやっとで、翌場所また全休して15年1月引退となりました。この時代、最後に笑ったのは武蔵丸で、 力量のピークは13年でしたが、14年は3回の優勝があり、11月に左手首の故障で療治に入るまで、安定した土俵を務めました。横綱初期まで連続55場所勝ち越しという大記録を続け、 頑丈さと安定性が売りの横綱でした。大関陣では魁皇が途方もない右の怪腕を武器に、13年に横綱昇進を狙いましたが、その都度腰痛に悩まされて野望が潰えてしまいました。 武双山も度重なる左肩の脱臼でパワーを発揮できず、苦戦を強いられます。出島は怪我と病気で、雅山に至っては大スランプで、ともに大関から落ちてしまいました。 14年1月から栃東が大関に加わり、おっつけ主体の技能相撲を見せます。千代大海も14年あたりが全盛です。この頃に幕に上がったのが琴光喜啓司・栃乃花仁・高見盛精彦・朝青龍明徳で、 栃乃花は新入幕で2大関を破って鮮烈な印象を残し、その後膝や腰を痛めて幕下に落ちましたが、再度幕内に戻って魁皇を破った苦労人です。 高見盛は右差し手を返したときの強さと粘りが身上ですが、それよりも独特すぎる挙措で横綱以上の人気を集める異色力士として、敢えて掲げておきましょう。

横綱武蔵丸土俵入り
平成14年5月8日目(V)
貴ノ浪
平成16年5月初日
出島
平成19年9月2日目
雅山
平成18年11月7日目


北の湖理事長による協会御挨拶
平成16年5月千秋楽
 時津風理事長は、定年が近かったこともあって在任4年で退任となり、14年から北の湖理事長の時代に移りました。 力士の大型化傾向は昭和50年代後半から顕著でしたが、それに伴って負傷の重症化も見られるようになっており、その対策としてまず15年2月に怪我対策講座を行いました。 その後も「体重増が最大の要因」という結論を受けて方策を検討していたようですが、出てきたのは15年11月限りの公傷廃止という驚くべきものでした。 自己管理の徹底をさらに求めて怪我を減らすべきだというのですが、競技の特性からして自己管理を完璧にしていても限度があるのは当然のことです。 休場力士が多いと場所の活気をそぐともいいますが、無理な出場のほうが興をさらにそぐことは言うまでもありません。 導入当時には場所数増などの労働過重が指摘されており、それから30年余り状況は全然変わっていないことを考えると、公傷制度はむしろ適切に運用すべき制度のはずで、大変残念なことでした。 なお幕内と十枚目の定員を2名ずつ増やして現在の形にしたのは、公傷廃止によって起こり得る急激な地位降下を緩和するための措置とのことです。

 14年1月、琴光喜が大関を目前にしましたが、星は充分でしたが内容が非常にまずくて見送られ、積極的な相撲がなくなって出足もまるでなく、5年に及ぶ停頓時代に入ってしまいました。 それを横目に朝青龍が伸びてきて、9月に大関となり15年3月からは横綱に上がり、休場続きの武蔵丸に代わって独走します。 突っ張りがあって投げも強く、廻しの引きつけも良く、技も多彩ときて、15年11月に武蔵丸が復調ならず引退したため16年からは1人横綱となり、実際に無敵の横綱として17年11月まで7連覇、北の湖が昭和53年に記録した年間最多勝記録を塗り替えるほどになりました。 ですが、この朝青龍は横綱2場所目の15年5月、旭鷲山に引き落とされたときに蛇の目を指差して土俵上で激怒し、 翌場所は旭鷲山の髷を引いて反則負け、土俵上における所作にも欠陥がいくつか見られるなど、資質には常に疑問符がつきまとっています。 武双山は16年11月で引退し、千代大海も盛りを過ぎました。魁皇は16年に再び横綱を狙いましたが届かず、17年からは綱渡りを続けています。 栃東は負傷で2度大関から落ち、その都度すぐさま復帰し、名大関ぶりを示しましたが、19年3月に激しい頭痛で途中休場し、脳梗塞の治癒痕が見つかったことなどから5月に出場せず引退していきました。

 朝青龍無敵時代にも次代の芽は着実に育っていて、白鵬翔・琴欧州勝紀・稀勢の里寛・琴奨菊一弘・豊真将紀行・栃煌山雄一郎など、続々と出現してきます。 朝青龍のほうは横綱になってから稽古不足を言われ続け、17年後半からは動きが鈍くなり始め、足腰は盤石とは言えなくなりました。 朝青龍とそれ以外の力士との間には差があったため、朝青龍は星だけが伸び、内容は伸びず、落ちぶれていきました。 そして17年末、琴欧州(のち琴欧洲)の大関昇進の頃から徐々に様相が変わり始めます。朝青龍は右・左の順で肘を痛め、その間に白鵬が大関となって琴欧州を抜き去り、 朝青龍をも追い越そうとしました。このあと白鵬は右膝と左足親指を相次いで痛め、一時勢いを弱めましたが、立ち直って19年7月からは横綱となり、 朝青龍の1人横綱を解消して、今度こそ追い越しにかかります。同時に琴光喜も調子をつかみ、19年9月から大関になりました。

横綱朝青龍土俵入り
平成19年3月9日目
千代大海
平成17年9月6日目
武双山
平成16年5月初日
魁皇
平成18年11月7日目
横綱白鵬土俵入り
平成19年9月2日目
栃東
平成17年9月6日目
琴欧洲
平成18年11月7日目
琴光喜
平成19年9月2日目


朝青龍
平成19年3月6日目

休場朝青龍は出場停止
平成19年9月2日目
 追いつかれた側の朝青龍は、凋落の一途です。18年5月に左肘から溜まりに突っ込んで途中休場したあと、人をしてモンゴル巡業実現のための署名活動をさせて厳重注意を受け、 19年3月には稀勢の里を倒したあとに土俵上で膝蹴りを見舞う不始末をしでかしました。翌場所には負けて下がる花道で座蒲団を蹴飛ばし、待機中の出方にぶつけました。 相撲そのものも焦れば焦るほど乱雑で、見るべきところはなくなりました。 19年7月、左肘と腰の故障のために診断書を添えて夏巡業の休場を願い出て承認されましたが、モンゴルに帰ってその身でサッカーにうち興じ、映像が流れて大問題となりました。 いかにモンゴル政府の依頼でいかにチャリティーだとはいっても、本業の巡業を負傷で休むとしておきながらのこの行為は断じて許されるものではなく、 協会と勧進元に泥を塗り、ファンに蹴りを見舞うかの如き振る舞いに巡業部を中心として協会が激怒し、19年9月と11月の出場停止・4ヶ月間の3割減俸・11月千秋楽までの謹慎という処分が朝青龍に下されました。 師匠も監督不行き届きの廉で4ヶ月間3割減俸処分です。朝青龍と白鵬の並立時代が期待されたのも束の間、朝青龍が落馬した形になりました。


時津海最後の巡業
平成19年8月12日
 この年、うち続く朝青龍の失態と並んで角界に暗い影を落としたのが、時津風部屋での力士急死事件でした。6月26日の朝稽古で序ノ口の時太山が倒れて亡くなったのが、 脱走に対する制裁目的の暴行によるものだった疑いが浮上し、9月下旬頃に刑事事件化される見通しが明らかとなったことから、協会内でも調査の上、10月5日に時津風親方の解雇処分が決定されました。 後継の師匠を9日までに決めるように指示された時津風部屋は、幕内時津海が9日に引退して継ぐことになりました。 また「再発防止検討委員会」が立ち上げられ、アンケートと部屋視察から活動が始められました。 年が明けて20年2月7日には前師匠と兄弟子3名が逮捕されて29日に起訴、別の兄弟子3人(うち1人は既に引退)も書類送検されたことで、 起訴された力士については有罪確定の時点で解雇としそれまで出場停止、書類送検された力士は3月場所の出場停止という処分が3月6日に下されました。 この件に関し、相撲界の稽古方法そのものがおかしいだとか、体質がどうとかいうようなことが言われたりしたのは遺憾なことです。 稽古については第15回にざっと書いた通りで、その内容に何ら問題はありません。 一方、外部から役員を起用するということが5月2日に決められてしまいましたが、相撲に理解のある人という視点で考えたとき、 それは角界にいた人が一番だというのは言うまでもなく、従ってこの人々をいかに配置するかを考えるべきで、 それだけでなく協会には外部有識者から成る運営審議会が既に存在していることから、外部役員の導入はまず無意味だろうと思います。

 土俵に戻って、平成20年の今日、土俵の主軸となった白鵬に朝青龍が必死にすがりつこうとしているというのが現在の構図ですが、 5月の千秋楽結びで朝青龍が白鵬に勝ったあと、這っている白鵬に朝青龍が体当たりして両手で突き、対して白鵬が起き上がりざま右肩で小突き、 朝青龍が右で横っ面を張り返し、挙句に土俵のど真ん中で睨み合うという無様な醜態をさらしました。 こんな程度の低い横綱による並立時代はご免蒙りたいところです。これを覆すべき大関陣には横綱をうかがうという様子はあまり見えず、 しばらく不振が続いた琴欧洲が5月に優勝しましたが、これとても真価が問われるのはこれからのことです。 若手による追い上げは徐々に進んでいるようで、半年後、もしくは1年後、上位の顔触れはある程度変わっているでしょう。 若手が大関に達したとき、それは王者たらんとする力士たちのせめぎ合いが始まるときでもあるのです。

 平成18年8月に始めました本連載、今回をもちましてひとまず区切りと致します。筆者の見ている部分の偏りのため、漏らしている部分もある…というよりその方がはるかに多いはずです。 本連載を始めた動機の一つとして、20年以上にわたって大相撲を好んで見続けてきて、ある程度調べたりもしてきましたが、 それらを一度まとめ直してみるのもいいかなというのがありました。それが達成されたかどうかは心許ないところですが、 本連載のどこか一かけらでも大相撲観戦のお役に立てる部分があるならば、筆者の喜びこれに過ぐるはありません。
前画面に戻る