優勝32回の戦後の大横綱

川湯相撲記念館
大鵬記念館


 戦後相撲史に残る一大巨峯、優勝32回の大横綱大鵬を称える川湯相撲記念館は、 昭和59年に建設された。右前方には現役時の雄姿そのままの銅像が悠然として立っている。 この像はかつて川湯小学校にあったものである。

 大鵬は本名を納谷幸喜といい昭和15年 5月29日樺太敷香の生まれ。終戦で母、兄、姉とともに北海道に引き揚げ、 道内を転々として屈斜路湖畔の跡佐登に落ち着いたのは26年のことである。 31年 7月、16歳で角界入りして 9月初土俵。35年 1月入幕。11月に早くも初優勝を果たして大関。 36年 9月場所後に横綱に推挙された。以来10年、58場所にわたって王者の位を守り、46年 5月引退。 優勝32回、六連覇 2回、45連勝などの記録を残す。一代年寄大鵬を襲名。 血液輸送車「大鵬号」などを毎年贈り、世界人道主義賞を受賞している。

 大鵬の生い立ちから現在までを数多の写真で紹介。また、優勝32回の優勝額ミニチュアが並び、 賜盃レプリカが燦として輝く。行司「式守錦太夫」等身大人形は本人が着付けをしたもの。 ミニ櫓も、呼び出しの永男が出張して作った作品である。 綱・太刀をはじめとして大鵬一代が一目で分かる。映画上映あり。 なお、元幕内の琴ヶ嶽が故郷のこの記念館の職員を務めている。 近くには「大鵬の実家」もあり、観光土産店として名所の一つとなっている。


筆者の訪問日:平成 8年 4月28日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る