ここも上方力士の墓数多

東 大 谷


 八坂さんを経て相撲茶屋「いころ」(嘗ては小結沢光が経営していた)で鍋をつついたあと、東大谷へ。 こちらにもいくつか墓がある。

 まずは「大の松竹次郎之墓」。この大の松は明治30年代に大阪相撲で活躍した力士で、30年 9月に関脇を張った。 番附の頭書は姫路で、33年に引退。検査役などを務めて45年に亡くなった。

 「磐石力勝之墓」。側面に「上総国市原…」とある。磐石なる力士は数々あれど、この磐石は幕末から明治初めの江戸の磐石で、 初名は錦川といい安政 4年(1857)11月に二段目に出た。幕内は慶應 4年(1868)年 6月で、入幕時の地位も同期入幕力士の中では最下位になるので、 まさに江戸時代最後の入幕力士であった。なぜ千葉生まれの江戸力士の墓がここにあるのかといえば、明治 8年10月15日、巡業中に京都で客死してしまったからという。

 次の墓は大物である。華峰善吉、文政12年(1829)京都の産、最初は駒嵐を名乗っていた。 戊辰戦争で「錦の御旗」を持つ役を務め、窮地に立って旗を腹に巻きつけて隠し、守り通すという功を立てた。 孝明天皇の巡幸、明治天皇の東遷いずれも錦旗捧持という大役を任された。華ノ峰の名は華頂宮からいただいたもの。 明治 5年の京阪合併相撲で大関、その後引退して頭取。証跡は無いが、巡業で横綱を張ったらしい。32年に亡くなっている。

 隣に小さな墓がある。明治13年に華ノ峰らが建てたもので、だいぶん剥がれてきた。 上段 4人(駒風弥三郎・駒嵐覚右衛門・釈迦嶽谷五郎・立縄甚八)は京都幕内を務めた力士で、駒嵐・立縄は大関。下の 5人(小納山三五郎・千羽嶽金太郎・山嵐銕蔵・灘風直二郎・鱗達清吉)のうち、小嵐と灘風は不明で、右 2人は二段目、鱗達は五段目の力士であった。 この面々は皆明治一桁年代の力士で、立縄の明治10年限りが最も遅いはず。墓は13年に建ったものだから、相撲をやめてから程なくバタバタと逝ってしまったのだろうか。 惜しい哉筆者としてはよく分からないのだが…


筆者の訪問日:平成12年10月17日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る