例の大舞台がある

清 水 寺


 霊山を下り、南下して、土産物屋が並んでいる長い坂を登る。 6年ぶりの再訪、清水寺だ。 工事が入っていて鉄骨が組まれているが、何とも懐かしい。見学旅行、学級の集合写真を撮ったらば、 どうしたわけか見知らぬ外国人が十数人も紛れ、学級写真らしからぬ仕上がりになったのを思い出す。 でも、この清水寺もはてさて何の関係があるの?

 33年に 1回の御本尊御開帳があり、無論参詣した。かといってこれは相撲と関係があるわけではない。 長寿や学問成就に効験があるという清水もいただいた。だがこれも違う。 清水寺は、階段を上って門をくぐり、やや右寄りに進むと、あの有名な大舞台がある。 右寄り直進ではなく、左へ曲がると、 3つ碑が並んで建っている。右の「贈正三位西郷隆盛公記念碑」が、今回の目的なのである。 塀で囲われ、あまり近くに寄ることはできなかった。ではこの碑と相撲に何の関係があるの?といえば、 実は、建碑の主唱者が、京都力士、巡業で綱を張ったとされるあの華ノ峰なのである。 明治40年 9月24日建であるから、華ノ峰没後の完成ということであるが、華ノ峰は西園寺公望の抱え力士で、紹介者は西郷隆盛だった。 だからというわけでもないけれど、勤皇派代表華ノ峰は、西郷隆盛を尊敬崇拝していたのだ。 自身の存命中に碑が完成することはなかったが、遺志は確と果たされ、それから約 100年、この碑は今もなお多くの人の目に留まり、 東京上野の山の西郷隆盛像とともに、大人物隆盛の偉勲を後世に伝えている。


筆者の訪問日:平成12年10月17日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る