早世した大力士候補の墓

両 足 院


 両足院には、鬼面山の墓がある。やはり鬼面山も沢山いるが、横綱免許の鬼面山でも、その弟子の五月山改メ鬼面山でもない。 これは出ッ尻鬼面山で、天明から寛政にかけて活躍した鬼面山である。 宝暦12年(1762)、京都市南区の生まれ。笘ヶ嶋の弟子として天明元年(1781) 3月四段目に登場、 6年 3月小結に引き上げられ(前場所前々年10月は二段目)、好成績を続けて小結を保った。 また京坂では 4年の秋に関脇として登場している。谷風戦は 2戦目から分け預かりを続けて互角に取った。 「相撲今昔物語」巻八には、「近頃當時之名物」として34人分の力士名が説明つきで並んでいるが、 その中では一番新しい力士なので最後尾に登場する。それほどの実力派だったが、惜しいことに寛政 2年(1790) 7月19日に亡くなってしまった。

 鬼面山の名は阿波藩主の命名、本当は藩主は小野川を抱えんとしたが、当の小野川は久留米藩抱えになってしまい、 藩主はそれこそご機嫌斜めであった。そこに阿波藩抱えの笘ヶ嶋が、自分の弟子である鬼面山を(代わりに)推し、 藩主のお気に召したのであった。

 この墓も珍しい墓である。何が珍しいのか。それは、竹森章氏が「鬼面山の墓を…」と言うと、住職は「あぁ、森川さんのね」と返したこと。 鬼面山の姓は森川である。古い力士の墓は時代とともに縁がなくなって整理されていく。 その中で、力士名を言うとすぐに苗字が返ってくるというのは、珍しい。 夭折したが、鬼面山は幸せな力士だ。


筆者の訪問日:平成12年10月17日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る