建碑狂陣幕ここにも現る

湊川神社


 大楠公・楠木正成は延元元年(1336) 5月25日この湊川で戦歿、その後地元の民によって大楠公の塚は守られ続けた。 時代下って元禄 5年(1692)、水戸光圀公が「嗚呼忠臣楠子之墓」を建立、それ以来信仰ますます盛んになり、 慶応 4年(1868) 4月に明治天皇が神社創祀の沙汰を下した。創建は明治 5年である。


 戦歿地(「御殉節地」)は、南側なる表神門から進んで左奥側ということになる。国指定文化財史蹟である。 その左奥側、ぬっと立ちたる一対の棒石、これが今回の目標物である。もとは参道にあって注連縄が張られていたのだという。 創建のとき、この陣幕は地鎮のために土俵入りを行っている。自伝には案外素っ気ないが、 「港川に楠公神社を創立せらるゝに当り地固のため自費を以て三日間相撲を寄附し衆人に縦覧せしめ其神殿竣功に及びて石の注連柱高さ三間半なるを神前に奉納す」とある。

 向かって右側の棒石を(1)、左側のを(2)とすると、彫られている文言は次の通り。
明治四年辛未十月角觝三日(以上(1)正面)
以鎮祠基因献石柱聊表寸誠(以上(2)正面)
明治五年壬申春正月(以上(2)背面)
陣幕久五郎通高謹建(以上(1)背面)
 この字の大きいことといったらない。お世辞にも上手い字とはいえないけれども。奥に引っ込んでいるのが惜しいほどである。 こんなところにも名を残していたのだ。神出鬼没という印象を受ける。他にはどこに現れたものだろう。


筆者の訪問日:平成17年12月16日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る