神戸のえびすさま

長田神社


 創祀は神功皇后摂政元年というから恐れ入る。西暦に換算すると201年という。野見宿禰の相撲よりも遡ること99年ということになる。 国家鎮護の神でもあり、各種産業にとり「福の神」でもあり、ありとある方面より崇敬を集める存在となっている。

 ここには力石があって、駒札が立っている…というはずだったのだが、全く目に留まらない。随分歩き廻ったにもかかわらずそれらしきものは見当たらず、 札ではなく石を探してみると、どうやらこれか?というものは出てきた。左上写真、この鳥居から入ると左奥ということになるが、 「奉納 長龍□」と彫られた石とその両脇に幾分小さい石とが置かれている。

 ここには灯籠をはじめとして80に及ぶ石造物があったが、かの阪神淡路大震災で壊滅してしまった。 そのためか、嘉永元年の照日山ら寄進の石灯籠もその存在を確認することができなかった。

 馬場先参道入口には狛犬があるのだが、時間がなくなり見に行かずじまい。また今度のお楽しみ。


筆者の訪問日:平成17年12月17日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る