双葉の前に御用あり

慈 眼 寺


 「双葉の前に双葉なし、双葉の後に双葉なし」とはよく言われるが、双葉山より100年早く、この宇佐からは名力士が誕生していた。 それが御用木雲右衛門である。

 御用木は文化 6年(1809)に宇佐の下乙女地区に生まれた。ここ慈眼寺も下乙女地区にある。体格にすぐれ、当地で新田開発の指揮を執っていた西国郡代・塩谷大四郎の勧めで力士の道に進んだと伝わり、 大阪では竹縄の門下、江戸では玉垣額之助の門下。三役から幕内上位で長く活躍し、人気も高かったという。 安政 4年(1857)に地元での興行に出場したのを最後に引退し、慶応 3年(1867)に亡くなった。

 これほどの名力士だが、墓はというと、思いもよらぬ小ささだった。右写真にも写っていることは写っているが、草に紛れてさっぱり分からない。 50cmあるかどうかという小さな墓で、正面には「釈天竜位」とあり、左側面に「御用木雲右衛門」と彫られていてやっと分かる。 右側面には「慶応三卯二月廿六日」とあって、これが歿年月日を示しているらしいのだが…実は供養墓に記された年月日とは合致しないのである。 とりあえずは次へ進もう。


筆者の訪問日:平成18年11月16日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る