雲龍怪力伝説の源流

海童神社


 海寄りの干拓地、皿垣開が雲龍の生地である。ここにある小さな神社が海童神社で、雲龍の怪力伝説が一ヶ所に集まっている。 顕彰碑は昭和35年10月の建設。裏面に事蹟が彫られ、朱が入っている。

 雲龍は文政 5年(1822) 9月に生まれ、天保 4年(1833)に両親を失って生活に苦しんだが、生来の怪力を生かして畑仕事に漁業にと大変な働きを見せ、 弟妹 3人を一人で養っていた。その怪力ゆえ草相撲に出るのは必然のなりゆき。天保12年に江戸の 4代追手風(現役大関黒柳)一行が巡業にきたときに、 相撲を取らされたところが、本職力士を倒してしまうその怪力を遺憾なく発揮、以来土地相撲に参加するようになり、近くにいる頭取に教えを受けていたという。 試したという力石が 2つ、180斤と120斤とやら。

 大坂の 6代陣幕門下で初土俵を踏んだ。天保13年 7月に雲龍久吉の名で初めて名を出し、久蔵とされた時期もほんの僅かあるが、とうとう引退まで雲龍久吉の名で通した。 江戸では例の 4代追手風門下になり、弘化 4年(1847)11月に二段目附け出しで登場、大変な強さを場所ごとに見せていた。 附け出し力士は上昇が遅いのが慣例だったようで、入幕は嘉永 5年(1852) 2月にまでずれ込む。この頃から柳川藩立花家の抱えで、四股名同様、変わることがなかった。 大関は安政 5年(1858)正月で満35歳、いかに怪力といえども衰え始めてはいた。じっくり型の負けない取り口だったらしく、相撲がうまくなかったのか、不知火光右衛門には殆ど勝てていない。 功績を認められて文久元年(1861) 9月に横綱免許を受けた頃には、もう満39歳である。

 翌年、雲龍は地元に帰って披露興行を打った。柳川藩史上最大の大盛況で、藩の印紋が入った幔幕が相撲場を囲い、 観衆は万に余ったという。江戸の大関より…という言葉はあるが、土地の大関さまであるから、これに勝るものはない。 この益金で雲龍が贈ったのが鳥居であり灯籠である。今も残る。鳥居には「奉献寄進 文久二壬戌年四月吉日 日本東大関 雲龍久吉」とはっきり彫られている。 ただしこの鳥居、確かに参道にあるのだが、道が若干入り組んでいる現在は、やや離れたところに建っているような印象を与える。 なおこの鳥居より少し東、ここが雲龍の生家であり、琴奨菊の力士幟には「雲龍生家」と染め抜かれていた。


筆者の訪問日:平成18年11月19日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る