出羽一門の徳望集め

力士外ヶ濱
千賀ノ浦弥太郎碑


 弘前市の南東部、小金崎というところ。国道 7号線沿いで、石川入口交叉点を僅かに南に過ぎたあたりに、大きな碑がいくつかある。 そのうちの一つが、13代千賀ノ浦こと外ヶ濱弥太郎を顕彰した巨大な碑である。

 外ヶ濱は明治30年 8月27日にこの小金崎で生まれた。本名を斎藤弥作という。大正 5年 1月の初土俵。 師匠は 8代千賀ノ浦だが、 8代はまだ現役幕内力士綾川五郎次だったので、入間川部屋に預けられた。 12年 5月から 8代が部屋を持ったので千賀ノ浦部屋の力士となり、その間13年 5月に入幕、横綱西ノ海や宮城山、大関能代潟を喰ったこともあった。 昭和 2年10月で師匠が部屋をたたんだので、出羽ノ海部屋に移籍している。

 引退は 9年 1月、 3代峰崎となった。現役時代も幕内中堅から上位で安定した力量を示したが、年寄時代はさらに活躍の度を増した。 特に経理に才を発揮し、理事をも務めるまでになった。 30年 9月に弟弟子の綾昇と名跡を交換して13代千賀ノ浦となり、37年 8月26日を以て定年退職した。歿は41年 5月20日。

 この碑の高さは5.2mにもなる。いかに人望があったかは台座にある「力士外ヶ濱 千賀ノ浦弥太郎事蹟」でも明らかであるが、 末尾の日づけに注目したい。「昭和三十七年八月二十七日」とは、定年退職翌日つまり65歳の誕生日である。 定年退職記念でこんなに大きな碑を建ててもらえるなんて、ありがたい話ではないか。


筆者の訪問日:平成19年 7月 7日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る