角界席捲花田家の源流

花田勝治氏
初代若乃花生誕の地


 弘前から北上して、板柳方面に向かう途中に、緑色の大きな看板が立っていて、横綱若乃花の花田勝治氏生誕の地を示す案内図がある。 赤矢印で囲まれた三角の区画に「花田建設」があって、ちょうどその裏手にあたる。そこが、若乃花の出生地である。 この地域からは若の里も出ているし、高見盛はこの真北、寶智山は真西のところから出た。尤も、高見盛のご両親がおっしゃるには、 「深浦のほうがすごいんだよ」。なるほど深浦町出身の関取は 4人もいるのだから。

 若乃花は昭和 3年 3月16日の生まれ、地名でいうと弘前市の青女子。この一帯はりんご農家が多数あるが、 もともと花田家も大きなりんご農家だった。ところが 9年、室戸台風の災禍に遭ったため、一家は室蘭に移った。 弟の貴ノ花は室蘭の生まれである。

 少年時代は商船会社で50貫からある荷物を担いでいたという。土俵で後年当たっていた相手は大きくても40貫少々、50貫に近いのは東富士ぐらいのものだから、 力士より重い荷物を扱っていたことになる。もっとも力士は人間だから呼吸をするし、持ち上げたくても呼吸のタイミングを誤れば上げられないから、単純に比べられはしないけれど。 ましては力士は当たってくるわけでもあるし。

 初土俵は21年11月、25年 1月に入幕し、大技荒技に磨きをかけ、33年 3月の新横綱から 2年半はまさに極盛期だった。 盛りが長くはなかったが、栃錦とともに時代を担い、相撲史に確固たる足跡を記して37年 5月に引退。 10代二子山として部屋経営にも協会経営にも心を砕き、弟子からは 2横綱 2大関を出した。63年から平成 5年までは理事長を務めた。 若乃花から貴ノ花、次いで若乃花と貴乃花の兄弟まで、戦後相撲史の半ば以上をこの花田家が占めている。 相撲人としてこれほど偉大な人は、そうそういるものではないだろう。


筆者の訪問日:平成19年 7月 7日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る