大横綱の呱々の声

常陸山谷右衛門生誕地


 水戸駅から東におよそ 1km、JT工場の北東側角地にある。平成元年 9月に建てられた。明治 7年 1月19日、当時の宝鏡院門前町、いまの城東 2丁目に誕生したのが大横綱常陸山で、 角界に一時代を築いてよりおよそ100年、「角聖」としてその偉業を今に伝えられる。

 常陸山関係の顕彰碑は昭和になって建てられたが、伝えられる功績に比べて少ないような印象を受ける。 恐らく遺品の大部分は出羽海部屋か相撲博物館にあるのだろうが、そのためか独立した記念館もない。 顕彰事業は水戸市制100年を記念してのもので、当時の佐川一信市長が常陸山顕彰事業委員会の会長となり、 160名の協力者を得て生誕地碑を建てたのだという。丸型石の高さはおよそ110cm、上段に佐川市長の筆になる「常陸山谷右衛門生誕地碑」の揮毫、そして中央には由来を記した碑板がはめこまれ、 薄く玉砂利が敷かれて整備されている。

 常陸山といい、初代梅ヶ谷といい、そして双葉山といい、他にも何人かあるけれども、大横綱名横綱の顕彰事業は平成になってから始められたものが多いようだ。 もっと早くから行われていてもおかしくはないと思うが、いずれにしても、相撲史に大きすぎるほどの足跡を残した大力士、その功績は、のちのちまで伝えてゆきたいものである。
筆者の訪問日:平成19年 9月11日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る