角聖天下を睥睨す

堀原運動公園


 茨城県には、笠松・堀原・東町の 3つの運動公園がある。堀原運動公園は昭和29年に開園し、野球場と球技場のほか、 県議会開設100周年記念事業として昭和57年に開館した茨城県武道館が中央にある。近くにある東町運動公園には体育館とテニスコートがあるので、 2つ合わせてほぼ全てのスポーツに対応できるといえる。

 さて、堀原運動公園のど真ん中、茨城県武道館の前庭に、仁王立ちする見事な偉躯、彼ぞ横綱常陸山、角聖大常陸その人である。 これまた水戸市制100周年記念の顕彰事業の一環として建てられた銅像で、平成元年 7月20日に除幕式が行われた。 高さは174cm、ほぼ等身大で、山崎猛氏の作品である。

 像の左手前には高さ1mに満たないくらいの丸石に、常陸山一代の略歴を刻んだ碑板がはめ込まれた石碑があり、 満年齢と数えの年齢とが混在してはいるが、事蹟が簡潔にまとめられている。「常陸山谷右衛門像」は当時の茨城県知事である竹内藤男氏の書である。

 常陸山には八面鏡の写真がある。明治42年、靖国神社で撮影されたものだ。御幣の形から察するに、それをモデルにしてつくられた銅像であろう。 このとき身に着けていた化粧廻しは、月桂樹にダイヤモンドを鏤めた超高級品として知られるもの。 この銅像でも、御幣の隙間の部分は忠実に再現されている。そして、この時代の横綱であるから、結び目は輪が 1つでも、現在のと違う片輪結びである。 これまた間違いなく再現されている。お見事。
筆者の訪問日:平成19年 9月11日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る