童顔の人気関脇綾昇の墓

大 法 寺


 慶長13年(1608)創建の浄土宗寺院である。寛政10年(1798)から11年にかけて制作された本尊阿弥陀如来は、 平成10年に仙台市の有形文化財となっている。ここに仙台生まれの名関脇、戦前戦中の人気力士であった綾昇の墓がある。

 明治41年 5月20日に生まれ、大正13年秋に千賀ノ浦部屋に入門した。税務署で給仕をしながら夜学に通っていたが、当時の 8代千賀ノ浦(「一味清風」を著した関脇綾川)にスカウトされたという変わり種である。 昭和 2年10月限りで千賀ノ浦部屋が閉じられたので出羽ノ海部屋所属となり、 6年 5月に十枚目。新興力士団へ走ったが 8年 1月に戻って別席で取り、 9年 1月に入幕した。四つ身はどちらでもよく、腰が重く軟体で、足は外でも内でも利き、曲者タイプでありながら大関候補になれるだけの実力を持っていた。 名寄岩にとっては大の苦手で、双葉山を引き落としで崩して突き出した一番が最大の殊勲である。19年 1月、双葉山に内掛けを敢行して逆に潰され膝を壊し、20年 6月に引退した。

 12代千賀ノ浦として出羽海部屋に属しながら、フグ料理店を経営して自分でも庖丁を握っていた。 30年 9月に 3代峰崎(弘前に大きな碑がある外ヶ濱)と名跡を交換して 4代峰崎となったが、33年 1月限りで廃業、44年 7月14日に亡くなった。 もともとは多磨霊園に葬られていたが、47年 1月にここ大法寺に改葬され、50年 7月に今の墓石が建てられた。

 この「大場家之墓」は黒御影石の立派なもので、右に「法名碑」と題された墓誌がある。両親に次いで 3番目に「良竹院角誉力道居士」とあるのが綾昇、 残り 2人は幼くして亡くなった綾昇の弟たちである。綾昇の父は46年 1月17日の歿、長男の綾昇が亡くなった 1年半後ということになる。 改葬は父と一緒にするためということになるだろうか。大法寺の墓地は、道なりに歩いていくと山門が右手に見えるが、これに構わず通過すると眼前に広がっている。 おおむね左手側に広く墓が分布しているが、綾昇の墓は逆に右手の塀際である。戒名に「角誉力道」とあるので元力士という見当はつくが、 「綾」「昇」の字はどこにも出てこないので、決して分かりやすくはない。
筆者の訪問日:平成19年 9月13日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る