現役歿の力士と行司

冷 源 寺


 真宗大谷派の寺で、慶安 2年(1649)の開山。山門は天保 8年(1837)の寄進だそうで、仙台市の登録文化財である。 また本堂は開山当時からのものが登録文化財に指定されていたが、耐震強度の問題から平成15年から16年にかけて解体新築ということになり、真新しい本堂に変貌している。

 ここの左手の駐車場にいくつもの古い墓碑が並んでいるが、まず中央の背の高い 2基のうち、 右側が滝ノ音磯五郎の墓である。中央に「滝ノ音礒五郎碑」と太く彫られ、右に「釈勝崎礒〓(さんずい+「環」の旁)居士」という戒名がある。 歿年月日と出身が左下で、「文政九丙戌年八月初三日 下野国都賀郡野木宿産」とある。文政 9年(1826)当時、滝ノ音が果たしていくつだったのか。 実はまだ31歳だったそうだ。仙台でも相撲興行は満福寺毘沙門堂境内をはじめとして数ヶ所で行われていたが、 この毘沙門堂境内での興行中に亡くなったそうだ。文政 2年11月、岩男波安五郎の名で序二段に出てくるのが最初で、 7年正月から滝ノ音磯五郎と名乗り、 8年10月には幕下二段目10枚目にまで上がっていたが、 9年正月を限りに急逝したのであった。

 すぐ右、背の低い真四角の墓は、行司式守定之助のものである。滝ノ音墓の161cmに対して、こちらは僅か44cm。 正面の戒名は「釈心海居士」、右側面に「東京二所ノ関門人 式守定之助 廿二歳」、左側面は「明治十四巳年 十一月十日」とある。 滝ノ音の31歳さえ充分若いのに、定之助はまだ22歳だ。恐らく仙台巡業中に亡くなったのではあるまいか。 初名は式守倉吉で、明治13年 1月から定之助を名乗っている。本墓より大きな手前の花立てには「仙台大工組合」とあるが、何か関係があるのだろうか。
筆者の訪問日:平成19年 9月13日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る