仙台相撲興行の中心地

満 福 寺


 「荒町の毘沙門さん」として有名な毘沙門堂は、もちろん毘沙門天を祀るお堂である。その毘沙門天は、藤原秀衡が運慶につくらせたものだという。 時代は文永というから、元が攻めてきた頃だ。そしてその別当寺が満福寺。寛永20年(1643)の開山である。 江戸時代、仙台藩では相撲興行を打てる場所として 5ヶ所指定されていたそうだが、その中で最も多く行われたのがここだったそうだ。

 古めかしい茶色い墓碑がいくつもあるが、その中に「秀の山碑」と肉太の字で彫られた目立つものがある。 これは横綱免許を受けた秀ノ山の供養碑である。正面の「三代目 秀の山碑」の通り、年寄としても 3代目。 164cmで 133kgというからコロンとした肥満体が想像される。そして負けん気の強さで大関の栄位に座り、 横綱免許を得たということになろう。引退は嘉永 3年(1850) 2月限り。文久 2年(1862) 5月19日に歿したが、 その前年までは巡業で横綱土俵入りをやっていた。この碑は門弟である陣幕久五郎らが建てたもので、台石には30人に及ぶ名が刻まれている。

 秀の山碑のすぐ右隣にあるのが「六代目 式守伊之助墓」である。前名は 2代式守鬼一郎で、嘉永 6年11月から 6代式守伊之助となって、53場所を務めた。 この間、安政 3年(1856)に急逝した 5代関ノ戸の遺弟子と名跡を預かっていたようだ。名行司として名を響かせ、 13代木村庄之助の引退を受けて明治10年 1月から主席となった。この場所は14代庄之助が誕生しているが、次席である。 年寄永浜鬼一郎も兼ねていた。13年 9月 2日歿。この墓は14年11月にのちの 7代伊之助である 3代鬼一郎が建てたものである。

 碑のままに記せば秀ノ山は「仙台本吉郡最知村産」、伊之助は「当所大町四丁目ノ産」で、ともに地元ということになる(秀ノ山は今でいう気仙沼市なので、やや遠いが)。 仙台での最高の舞台というべき満福寺毘沙門堂境内というのは、墓所として実に相応しいといえるだろう。
筆者の訪問日:平成19年 9月13日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る