実兄が経営する観光土産店

第48代横綱
大鵬の実家
納谷観光土産店


 川湯相撲記念館から車で10分ほどの所にある「大鵬の実家」は、 大鵬の実兄である納谷幸治さんが経営する土産店で、こちらも大鵬記念館と並ぶ川湯温泉町の一大名所となっている。

 納谷一家が弟子屈に落ち着いたのが昭和26年、35年 1月の協会の映画にはかつての古い納谷家が映像として残っているが、 大鵬が大出世して横綱となり、そして新築。弟子屈川湯の温泉町、ここは屈斜路湖やら阿寒湖やらがある阿寒国立公園の中、 温泉の硫黄の香が漂う一大観光地である。そして兄の幸治さんは「納谷観光土産店」を始めた。

 まず右側には優勝額ミニチュアが一枚。中に入ると向かって左側の壁は一面大鵬の写真がズラリ。 こちらも大鵬記念館に負けず劣らず。そしてそこに化粧廻し三つ揃いが一組。 「二十年も飾っておいたら色褪せちゃって」と幸治さん。奥には大鵬自筆の揮毫「忍」。 お土産は阿寒国立公園のグッズ、「第四十八代横綱大鵬」通行手形、大鵬羊羹、大鵬手形のTシャツもある。 大鵬の実家特製テレホンカードも「忍」の揮毫と大鵬の手形のデザイン。 幸治さん自らが応対。相撲好きだと見て取るやいろいろな思い出話を聞かせてくれる。 この店には、「昭和の名横綱シリーズA・大鵬 幸喜」が置いてあるが、実はこの本、出版当時には手に入らなかったのだそうである。 大鵬の実兄でありながら、である。


筆者の訪問日:平成 8年 4月28日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る