同じ町から師弟横綱

横綱千代の山・
千代の富士記念館


 北海道松前郡福島町から千代の山・千代の富士の二横綱が出た。 同じ町から二人の横綱が出たというのも、同じ小学校卒の二横綱が出たというのも、ここが最初である。 福島町は「青函トンネルの町」・「横綱の里」という二つの大きなキャッチフレーズを持つ町である。

 櫓と幟があり、階段を登ると両横綱の銅像が立つ。綱姿の中段の構え、 現実にはない光景ではあるが、筋骨隆々の二横綱が実際にやれば案外壮観かもしれない。 なお、この銅像のミニチュアも作ってもらえるが、金百六十万円也である。

 中に入り、入口からまっすぐ行くと左側に両横綱の優勝額(昭和32年 1月、平成 2年 1月)と土産物、 右には両横綱の下の構えの写真と千代の富士の綱(千代の山の綱は「千代の山メモリアル」なる展示室にある)など、 さらにやや左へいくと千代の富士の陶芸作品があり、相撲資料があり(自由に手に取ることができる)、 上にはブラジル公演での土俵入りが巨きな絵になっている。入口から右に折れ順路に沿って緩い坂を登りながら、両横綱の出世ぶりを見る。上り切って右に曲がれば、映像も見られる。 突き当たりには胸像があって、橋を越えると「千代の富士メモリアル」。賜盃レプリカや国民栄誉賞の賞状、副賞の壺、大銀杏も収まっている。 そこを出ると椅子があり、右に曲がると、そこにはクイズやら手形印刷機やらがあった。 さらに進めば「千代の山メモリアル」。千代の山は達筆である。戦後の横綱では随一の能書家である。 相当まめな人で、愛用のカメラもあれば、自筆の講演原稿まである。階段を下ると千代の富士の絵が描かれた「三尺大皿」がドンとおいてあり、 そしてこの記念館が誇る稽古土俵である。この日は残念ながら朝稽古は休みだった。 羽目板にモニターがあり、両横綱の活躍がここでも見られる。これでこの館内を一周したことになる。前述のとおり、ここは青函トンネルの町でもある。 青函トンネル記念館まで、わずか700mしか離れていないのである。


筆者の初訪問日:平成10年 8月11日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る