晩成型の優勝経験者綾櫻

勝 岳 院


 勝岳院は弘前城の西、西茂森にある曹洞宗の寺院である。ここにあるのは綾櫻由太郎の墓。 本堂の裏手にある墓地のそのまた右奥、上半分が失われている看板には恐らく「勝岳院霊園」とあったであろうその場所の、 さらに突き当たりのところにあった。

 墓は平成 9年のもの。「相撲」連載「年寄名跡の代々」に綾櫻が取り上げられたのが 5年で、そこにも「墓所は青森県弘前市西茂森の勝岳院」とあるから、 改葬ではなく再建ということになろう。左に墓誌があり、半ば以上を綾櫻が占めている。

 明治31年 3月11日に鯵ヶ沢町で生まれた。本名は清野由太郎。小金崎に碑があった外ヶ濱と同期で師匠も同じ、大正 5年 1月に初土俵を踏んだ。 番附に「早櫻」と書かれたことがあるが、恐らく誤記だろう。綾櫻の名で取り、11年 5月に昇進した十枚目までは順調だったが、 あっさりと幕下に下がってなかなか戻らず、やっと戻ったのが昭和 2年10月で、幕内に上がったのは 5年 5月、もう32歳になっていた。

 頭を上げない左四つの取り口で、昭和 6年10月にはまさかの幕内最高優勝を果たしているが、地方(大阪)場所での優勝のため、後年になってなかなか信じてもらえないとぼやいていたことが伝わっている。 7年 1月は新小結だったが春秋園事件で脱退したので幻と化した。 8年 1月に復帰して、 9年 5月から恩師の綾川五郎次を継ぎ、 10年 1月には新関脇となったのである。このとき36歳。11年 1月から10代千賀ノ浦を兼ね、12年 6月の大阪大場所で双葉山を外掛けで倒したのを土産に39歳で引退した。 晩成とはいっても、39歳でなお盛りというのは稀有といえる。温厚な性格で慕う者も多かったが、酒乱の荒礒(新海)が起こした騒動に巻き込まれて15年 1月に廃業、敗戦までソウルで旅館を経営し、 引き揚げてからは東京柳橋で食堂を出していた。そののちは五所川原で過ごして57年12月 8日に84歳で亡くなった。

 誰が葬られているのか第三者には分からない墓が多かった。綾櫻の墓には墓誌があるから良かったが、 大抵の墓には苗字と建立者と建立年月日しかない。 7代千賀ノ浦(雲龍辰五郎)の墓は弘前に改葬されたそうだが、 未だに見つからない。筆者もあわよくばと思って歩いたが、目に留まらなかった。もし再建されていたら、ますます分かりにくくなっていることだろう。 それとも、「あわよくば」なんて欲張ったのが悪い?


筆者の訪問日:平成19年 7月 7日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る