ここは「せいすいじ」

清 水 寺


 清水寺は応仁 2年(1468)創建という曹洞宗の寺で、地下鉄南北線の北の端、泉中央駅からバスに乗って運転免許試験場まで行き、ちょっと東のほうに歩けばある。 山門をくぐってすぐ左脇、石仏と並んでこの地で生まれた小結荒熊力之助の墓が建てられている。

 台石 2層の上に卵型の石が乗る墓で、表面を平らにして字を刻んである。ど真ん中に戒名「夏岳院実道浄英居士」、 それを挟むように「安政三丙辰年」「六月五日」と歿年月日が刻まれる。右にはさらに「関の戸億右衛門 行年五十八歳寂」。 ここから逆算すると生まれは寛政11年(1799)であるが、他の資料から数えると寛政10年〜享和元年(1801)の間でばらつきが出る。

 新序に出たのが文政 5年(1822)閏正月で、初汐の名。 7年10月から荒熊を名乗り、13年 2月に入幕。 8年10月から雲州藩の抱え力士となっており、時に不出場があるが、非常に強い力士で出世も早かった。 天保 2年(1831) 2月の10日目つまり千秋楽に関の戸億右衛門を襲名し、 4年10月に鋪嶋八郎治と改名したが、 改訂された番附では関の戸億右衛門に戻っていて、関の戸で出場している。併存していたらしい 3代関ノ戸との対立があったものと推測されるが、はっきりしてはいない。 最高位となった小結は 5年10月と 6年正月の 2場所であるが、現在のように実力本位で番附を編めば、 その実力から考えると大関あたりにはなっていただろうと思われる。阿武松や小柳と五分に取る地力があった。

 引退後は伊勢ノ海部屋の年寄として在ったようで、13年に伊勢ノ海部屋の相続争いが起こると、当然関の戸は名乗りをあげたが、 選ばれたのは狭布里錦太夫という現役幕内力士だった。そのため関の戸は当年暮れに御所ノ浦平太夫に名跡も弟子も譲り、隠居の身となってしまった。 安政 3年(1856)に亡くなったのは前記の通りで、関ノ戸代々墓がある江戸深川の万徳院に葬られた。一方、仙台の墓には「門人 田代孫六 同(田代)幸右衛門 藤川伝左ヱ門」と刻まれており、 地元にも門人がいたことが分かる。とすれば、隠居してから、江戸にいたのか仙台にいたのか、果たしてどちらだろう。
筆者の訪問日:平成19年 9月12日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る