雷電像めぐり・その二

東御市役所


 次の雷電像…といきたいが、雷電くるみの里から歩くには少し遠い。タクシーを呼んで、次の像を経由して田中駅まで。

 さて 2つ目の雷電像は、昭和61年にできたものなので、雷電くるみの里の像より21歳年上…というのはちょっと無理があるか。 昭和61年は当時の東部町の町制30年、その記念行事の一環として、雷電立像が建つことになったわけである。細かいことを言えば、雷電が出た旧滋野村が東部町に編入されたのは昭和33年のことなのではあるが…ともあれ、 61年 9月20日に除幕式が行われ(雷電生家にあった「力士雷電立像除幕式」の横断幕は、このときのもの)、退職して 2年半の24代伊之助が祝詞を上げている。

 この像は、最初は東部中央公園(のち東御中央公園)にあり、大きな自然石を踏みしめるように立っていた。タクシーの運転手もそこを経由したが、 木々で見えにくくなっていたという銅像は既になく、木立ばかりである。東御市では市内各公共施設の再配置計画を進めていて、市役所前にあった水道局庁舎の跡地が26年 3月に市民交流広場となって、それに合わせて雷電像はそこに移された。

 さてこの横顔、どこかで見たような顔つきであるが…それもそのはず、こちらも竹内不忘作。心なしか、こちらの方が筋肉がゴツゴツしているような気がする。 締め込み姿で、明治の中頃まで下がりが分離していなかったさま(廻しの端を撚り合わせて垂らしていた)もよく分かる。

 ここから田中駅までまたタクシー。運転手が言うことには「なんで雷電市にしなかったかねぇ…。知名度もあるのにさぁ」。東御というのは旧東部町と旧北御牧村から 1文字ずつ取ったものである。 どちらが良いかは一概には言えないが、インパクトならば間違いなく雷電市に軍配があがろうというもの、それとも強烈すぎて禁じ手になってしまうか?
筆者の訪問日:平成27年 9月15日・この文もその当時の資料によっている。
前画面に戻る