横綱(二十三)
  三 段 構 え の こ と
 「横綱物語」に続いては、三段構えについて、一応なされている説明を掲げることにする。 過去の事例は脚注(※1)に掲げる。

上段の構え
中段の構え
下段の構え
 栗島狭衣・鰭崎英朋 共著・虚実変化 角觝画談より(表示できない文字は、同義の別字に置換)
  三段構への話
 土俵上の儀式に『三段の構へ』といふのがある。『土俵入り』のやうな通俗なものでなくて、 尤も典故を重んじた角觝道の儀式として、然るべき場合に執行されるのである。 曾て東京国技館が創設された時、常陸山−梅ヶ谷の両大力士が、角觝の司家吉田追風氏から伝授をうけて、 此儀をやつた事があつた。頗る崇重なもので、執行者たる力士も、心魂から力を練り出すと見えて、 総身から汗が流れる位の緊張さであつた。梅と常陸との構へは、実に美事な典型をのこしたものと評判されてゐた。 後に大錦と西の海((現今の井筒))とが、更に吉田氏から伝授を受けた筈である。
 此構へは全く虚実の本義を具体化したもので、上段、中段、下段の三つに備はる呼吸の掛引は、 呵と吐けば吽と結ぶ−そこが即ち虚と実との呼吸で、それを三つの形ちに仕別けたものが此構へである。
 上段は両力士共に、土俵上に向合ふて立つ。此時の足は左右共適度に踏みひらき、互いに左と右との片手は、 グット延し、又他の左と右との手は曲げて、其掌を乳の下((胸部))へ附ける。之れを開口といふ。
 中段はいさゝか左右の足を曲げて腰を入れ、互に左右一方の手を、少しく曲げて中撓めの形となし、 一方左右の手は、乳の下より下げて、横腹のアタリへ附ける。これを方屋びらきといふ。
 下段になると、中段の形のまゝグット腰を入れて、左右一方の手は折曲げて掌をひらき、 他方の体へ附けてゐた手も、其の体から離して、一方の手と同様に掌をひらき、互に相応ずる形をする。 但し前から延してゐた方の手が、双方共に前へ出てゐるのが常法である。これを三段の結び構へといふ。
 要するにこの三つの構へをする間は、双方呵吽の呼吸を合せ、無形の力を闘はして、霊能的に角觝道の真諦をあらわすのだから、 到底平凡な力士の執り行へる儀式ではない(※2)

 三段構えの上段は「本然」の型で「開く世は目出度し」、中段は「攻撃」の型で「国土成就」、下段は「防禦」の型で「仰せもっとも難有し」の意味ともいう。


(※1)過去の三段構えは以下の通り(漏れがあるならば、御教示願いたい)。
明治42. 6両国国技館開館式常陸山梅ヶ谷昭和37. 4二所ノ関部屋
土俵開き
大鵬柏戸
明治43. 1東宮殿下台覧相撲梅ヶ谷常陸山昭和43.10明治百年記念
古式大相撲
大鵬柏戸
大正 6. 3肥後相撲館開館式西ノ海大錦昭和44.10靖國神社創立百年
奉祝大相撲
清國琴櫻
大正 8. 5大阪新世界国技館
開館式
宮城山大錦昭和46. 1蔵前国技館改修
落成記念式典
玉の海北の富士
大正 9. 1両国国技館
再建開館式
栃木山昭和50. 9三保ヶ関部屋
土俵開き
増位山北の湖
昭和 5. 4天覧相撲宮城山常ノ花昭和52. 5二子岳引退相撲北の湖輪島
昭和 6. 4天覧相撲玉錦大ノ里昭和54. 6安治川部屋
土俵開き
輪島若乃花
昭和 9. 5相撲祭玉錦武藏山昭和56. 2放駒部屋土俵開き輪島若乃花
昭和12. 6大阪関目大国技館
開館式
双葉山清水川昭和56.11九州場所前夜祭千代の富士北の湖
昭和15. 2建国2600年奉祝
奉納相撲
男女ノ川双葉山昭和60. 1両国国技館開館式千代の富士北の湖
昭和29. 9蔵前国技館開館式千代の山鏡里平成 7. 2報恩古式大相撲貴乃花
昭和32.11九州場所前夜祭鏡里吉葉山平成 8. 4伊勢神宮奉納相撲貴乃花
昭和34.12時津風部屋道場開き若乃花栃錦
(※2)それゆえに三段構えは横綱若しくは大関がこれを務めることになっているのだが、昭和50年 9月には当時前頭筆頭だった増位山(のち大関)が三保ヶ関部屋道場開きで務めている(相手は横綱北の湖)。

前ページへ 次ページへ
前画面に戻る