相撲評論家之頁の構成
 「相撲評論家之頁」の現在の構成は以下の通り(巡業等観戦記や期間限定掲載のものを除く)。

「横綱」について
 神話・伝説が絡みついてややこしい「横綱」について、現在までのところ唱えられた説をまとめて掲載。主に「横綱起源」と「横綱土俵入り」に関して掲げる。
最終更新…新規掲載(1999. 4.20)
     一部改版・簡約化(2000. 9.20)
     (三)明石資料追加(2003. 8.19)
     (二十五)貴乃花・朝青龍せり上がり写真切り替え・(二十八)横綱土俵入り系図補訂(2007. 6. 2)
     (二十五)白鵬せり上がり写真追加(2007. 9.14)
     (二十五)白鵬せり上がり写真切り替え・日馬富士せり上がり写真追加・(二十八)横綱土俵入り系図補訂(2013.10. 9)
     (二十五)鶴竜せり上がり写真追加・(二十八)横綱土俵入り系図補訂(2015. 9.15)
日本相撲史概略
 極めて大雑把ながら古代より旧両国国技館開設までの日本の相撲史をまとめたもの。菲才をも顧みず蛮勇を振るって成った略史。
最終更新…新規掲載(2000. 6.21)
     「史料庫」独立(2002. 7. 8)
     一部修正(2011. 2. 8)
新訂本場所記録
 明治42年 6月の国技館開館以降の各本場所の経過を優勝争いを中心に簡潔にまとめたもの。 写真は入っていない。改版を機に、各場所の好勝負・問題の勝負・珍勝負も併収。
最終更新…「名勝負熱戦譜・武蔵丸−貴ノ浪」追加(2005. 2.12)
     「優勝決定戦総覧」新規掲載(2011. 2.23)
     平成29年 3月分まで追加(2017. 4. 1)
     昭和11年〜平成 6年まで補訂の予定あり
全訂宝暦以降幕内番附総覧
 江戸時代、最古の縦一枚番附が出たとされる宝暦 7年10月場所以降の幕内上段の番附。 寛政までは現在の幕内に相当するのがどの段までか判然としないが、ここではとりあえず番附の上段に書かれている力士を対象とした。
最終更新…番附中央記述追加掲載(2000. 4. 3)
     年月表記変更(2013. 9.14)
      5月番附掲載(2017. 5.11)
優勝力士一覧
 勝負附が現存する宝暦11年10月以降の個人優勝相当力士の一覧表である。
最終更新…無勝負記述追加(2001. 2.27)
     年月表記変更(2013. 9.14)
     29年 5月までの分を追加(2017. 5.28)
三賞力士一覧
 昭和22年11月場所より与えられるようになった殊勲・敢闘・技能の各賞を受賞した力士の一覧表。
最終更新…29年 5月までの分を追加(2017. 5.28)
史料庫
 史書・記録等に残る江戸期までの史料を集積せんがために生まれ、拡充されつつある保存庫。 利用に当たっては正確を期するために引用元史料を必ず確認されたいが、最低でも史料の所在を示すことくらいはできるであろうと思われる。 今なお拡充中で、なおかつ探索中。誤脱及び資料の所在につき情報を求む。
最終更新…史料庫ページ参照のこと。
大相撲東風西雅
 開設10周年に当たって、サイトを広く覆う「硬さ」とは一線を画した…いやそのつもりで連載した大相撲の概説。 必ずしも系統立ってはいないけれども、各テーマについて1〜3回程度とし、全22回で完結した。
最終更新…「22・「歴史」のはなし終」掲載(2008. 5.26)
     引用・誤記修正(2009.12.20)
言わんでもの記
 こちらは気が向いたらものする随筆という名の駄文。ごく稀にひっそりと更新される予定。
最終更新…「30・所作あれやこれや(1)〜入場から控え〜」掲載(2016. 1.17)
大相撲本場所観戦記
 もとは「記念館・史跡案内」−「両国国技館」に含めていたが、その存在が分かりにくいという声があったことと、 観戦記の分量が増してきたこと、及び札幌巡業については大部な観戦記を独立させているにもかかわらず本場所の観戦記を奥深くに押し込めてあることが不釣合いであることから、 分離独立させた。平成 9年 1月の初観戦以来、全ての本場所観戦について掲載している。
最終更新…      平成22年 9月場所13日目観戦記掲載(2010. 9.29)
     平成22年 9月場所千秋楽観戦記掲載(2010. 9.30)
     平成24年 9月場所12日目観戦記掲載(2012.10.24)
     平成24年 9月場所14日目観戦記掲載(2012.11. 3)
     平成25年 5月場所 6日目観戦記掲載(2013. 6.18)
     平成25年 5月場所 7日目観戦記掲載(2013. 6.30)
     平成25年 5月場所 8日目観戦記掲載(2013. 7. 7)
     平成27年 7月場所 8日目観戦記掲載(2015. 8.11
     平成27年 9月場所初日観戦記掲載(2015.10.24)
     平成27年 9月場所 2日目観戦記掲載(2015.11. 5)
     平成27年11月場所 2日目観戦記掲載(2015.12.25)
     平成29年 1月場所初日観戦記掲載(2017. 3.20)
相撲記念館・史跡案内
 編者自身が訪れた相撲関係の記念館ならびに史跡の案内。もとは「北海道内」としていたが、その後、日本各地の史跡を訪ねることができたのでそちらも掲載。 特に国技館に関しては平成22年 9月現在で館内案内記風に書き改め、また優勝額(国技館における撮影は平成 3年 9月以降・現在のところ27年 7月まで。その他の場所でも数枚撮影)も掲載している。 場所等の呼称については、目指すものが記念館そのものである場合は記念館の名、墓地、寺社及び公園等の敷地内にある場合は墓地等の名とし、 そうでない場合に限って「誰々墓」というような表記を採ることとした。
最終更新…「両国国技館」より観戦記分離(2005. 3. 1)
     「国技館」改訂(2010.10.31)
     「索引」新規掲載(2013.12. 3)
     「国技館」おおよそご案内改訂(2015. 9.22)
     「力士雷電之碑」「雷電生家」追加(2015.10. 9)
     「力士雷電の墓」「道の駅雷電くるみの里」追加(2015.10.11)
     「東御市役所」「善光寺」「諏訪大社」追加(2015.10.14)
     「国技館」地方本場所会場概略追加(2015.12.10)
     「浄心寺」「唱行院」追加(2016. 1. 6)
     「万徳院」「深川江戸資料館」追加(2016. 2. 6)
     「国技館」優勝額写真27年 7月まで及び昭和53年11月追加(2016. 2.11)
     「万徳院」訂正・「寒光寺」「玉泉院」「円隆院」追加(2016. 3. 5)
     「霊巌寺」「サンライズ杷木」追加(2016. 4.24)
     「本河内郷有墓地」追加(2016. 4.26)
     「太宰府天満宮」追加(2016.10.15)
     「力士八甲山純司之碑」追加(2016.12.25)
     「国技館」優勝額写真28年11月まで及び 3年 1月追加(2017. 6. 4)
     「笠覆寺」追記(2017. 6.19)
当場所取組結果
 中入後取組の結果を掲載。決まり手は独断によるため、協会発表とは異なる。次場所初日夜まで掲載する。
最終更新…「決まり手概説」掲載(2008. 9.21)
     「決まり手概説」一部基準変更(2010. 1. 4)
      5月場所全結果掲載(2017. 5.28)
その他、土俵祭伝言板がある。


Homeへ